【Illustrator・和柄の作り方】花筏を作る

Illustrator
スポンサーリンク

 このページでは、Illustrator(イラレ)で花筏文様(花筏紋)のパターンを作る方法の一例を紹介します。

スポンサーリンク

花筏の作り方

「流水を作る」の「付属するパーツを作る」までをする

 ベースとなる流水を作ります。ただし、フレームは残しておきます。

「流水を作る」の「付属するパーツを作る」までをする

筏のパーツを作る

 [直線ツール]で少し太めの横線を描きます。線端は「円型線端」にします。

筏のパーツを作る

 アウトライン化し、塗りは白、線は黒にします。

筏のパーツを作る

 [楕円形ツール]で右端に円を描き、丸太の断面を表現します。また、円の左半分をコピーし、丸太を縛る縄を描きます。

筏のパーツを作る

 縦方向にコピーし、3つ並べたうえで、シアーを適用します。これで、筏のパーツは完成です。

筏のパーツを作る

桜の花びらのパーツを作る

 桜の花びらは、5枚揃ったものと、1枚だけのものを用意します。5枚揃ったものの作り方は、「桜を作る(1)」をご覧ください。

桜の花びらのパーツを作る

 1枚だけのものは、「桜を作る」(1)を少しアレンジします。

 まず、「桜を作る(1)」の「花びらを描く」までをしたうえで、花びらの左半分以外のパーツを削除します。

桜の花びらのパーツを作る

 直線のパスの先端を花びらのパスの先端に合わせたうえで、連結して1つのパスにします。

桜の花びらのパーツを作る

 連結した部分のアンカーポイントを、スムーズポイントに切り替え、花びらに少し丸みを持たせます。

 あとは、反転コピーしたうえで、全体を1つのパスにまとめれば、花びらのパーツの完成です。

桜の花びらのパーツを作る

パーツを並べる

 作成した筏と花びらのパーツを流水の上に散りばめます。散りばめたら、外側のフレームを削除します。

パーツを並べる

スウォッチに登録する

 [長方形ツール]で繰り返しとなる部分を囲んだ透明な長方形を描きます。この長方形を最背面に移動したうえで、すべてのパーツを選択し、[スウォッチ]パネルにドラッグして、スウォッチに登録すれば完成です。

スウォッチに登録する
スポンサーリンク

より詳しくは…

 フリー素材として、ここで作ったIllustratorのデータ(CS6のaiファイル)をダウンロードいただけます。利用にあたっては、フリー素材の利用についてをご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました