【Illustrator・和柄の作り方】輪無唐草を作る

Illustrator
スポンサーリンク

 このページでは、Illustrator(イラレ)で輪無唐草文様(輪無唐草紋)のパターンを作る方法の一例を紹介します。

スポンサーリンク

輪無唐草の作り方

花のパーツを作る

 様々なパーツで構成される輪無唐草は、パーツを先に作り、並べていきます。

 花のパーツは、[パスツール]で半分描き、反転コピーします。

花のパーツを作る
花のパーツを作る

 この他に、花菱も作ります。花菱の作り方は、「幸菱を作る」をご覧ください。

花のパーツを作る

がくのパーツを作る

 がくのパーツも、[パスツール]で半分描き、反転コピーします。

がくのパーツを描く
がくのパーツを作る

 2つ目のがくのパーツは、真ん中を貫くパスを描き、パスファインダーで型抜きします。

葉っぱのパーツを作る

 葉っぱのパーツも、[パスツール]で半分描き、反転コピーします。

葉っぱのパーツを作る

 これで、花・がく・葉っぱのパーツができました。

葉のパーツを作る

蔓のパーツに影響されないパーツを並べる

 花菱のパーツなど、位置が蔓のパーツに影響されないパーツを配置します。

蔓のパーツに影響されないパーツを並べる

蔓のパーツを作る

 [パスツール]で太めの曲線3本を描いて蔓のパーツを作ります。描いたらアウトライン化します。

残りのパーツを並べる

 残りのパーツを並べます。

残りのパーツを並べる

パーツが重なる部分を整理する

 パーツ同士が重なっている部分は、パスファインダーで整理します。

 まずは、前面にあるがくのパーツに線を追加し、その線の部分をパスに変換します。赤色の部分が追加した線です。

パーツが重なる部分を整理する

 この線の部分のパスで、背面のパーツをパスファインダーで型抜きします。

パーツが重なる部分を整理する

  同じ要領で、蔓同士が重なる部分も整理します。

パーツをコピーする

 ここまでに作成したパーツを上、右、右上方向にコピーします。

パーツをコピーする

スウォッチに登録する

 [長方形ツール]で繰り返しとなる部分を囲んだ透明な長方形を描きます。この長方形を最背面に移動したうえで、すべてのパーツを選択し、[スウォッチ]パネルにドラッグして、スウォッチに登録すれば完成です。

スウォッチに登録する
スポンサーリンク

より詳しくは…

 フリー素材として、ここで作ったIllustratorのデータ(CS6のaiファイル)をダウンロードいただけます。利用にあたっては、フリー素材の利用についてをご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました