【Illustrator・和柄の作り方】小葵を作る

Illustrator
スポンサーリンク

 このページでは、Illustrator(イラレ)で小葵文様(小葵紋)のパターンを作る方法の一例を紹介します。

スポンサーリンク

小葵の作り方

花菱を作る

 花菱の作り方は、「幸菱を作る」をご覧ください。

花菱を作る

花菱を加工する

 花びらのパーツを細くしたうえで中心から少し離します。中心部分は円を上下左右に少し移動した位置にコピーし、十字型にします。

花菱を加工する

 花びらのパーツを加工して空いた隙間に、花びらのパーツを回転コピーします。コピーしたら、少し縮小し、先端の窪み部分と根元の外側のアンカーポイントを削除します。

花菱を加工する

十字型のパーツをコピーする

 花菱の中心の十字型のパーツを四方にコピーします。

十字型のパーツをコピーする

全体を回転する

 周辺部分を作るために、全体を45度回転します。パーツを作る際の参考とするために、正方形を描きます。

全体を回転する

逆S字状のパスを描く

 [パスツール]で逆S字状のパスを描きます。あとで反転コピーすることを踏まえ、左端は正方形の辺上に揃えます。

逆S字状のパスを描く

中央の葉っぱのパーツを作る

 花菱の花びらのパーツを縮小コピーし、中央の葉っぱのパーツの一部にします。

先端の葉っぱのパーツを作る

葉っぱのパーツを並べる

 中央の葉っぱのパーツを回転コピーしたうえで、パスを編集し、隣に並ぶ葉っぱのパーツを作ります。

葉っぱのパーツを並べる

 さらに、回転と縮小をしながら続く葉っぱのパーツを作ります。

葉っぱのパーツを並べる

中央の葉っぱの先端を描く

 [パスツール]で中央の葉っぱの先端を描きます。

中央の葉っぱの先端を描く

逆S字状のパスの先端を尖らせる

 逆S字状のパスをアウトライン化し、先端部分のアンカーポイントの一部を削除して尖らせます。あとは、中央の葉っぱのパーツ以外を反転コピーします。

逆S字状のパスの先端を尖らせる

パーツをコピーする

 正方形の他の辺に周辺部分のパーツをコピーします。

パーツをコピーする

 正方形を削除し、45度回転していた状態を元に戻したうえで、花菱のパーツを四隅にコピーします。

パーツをコピーする

スウォッチに登録する

 [長方形ツール]で繰り返しとなる部分を囲んだ透明な長方形を描きます。この長方形を最背面に移動したうえで、すべてのパーツを選択し、[スウォッチ]パネルにドラッグして、スウォッチに登録すれば完成です。

スウォッチに登録する
スポンサーリンク

より詳しくは……

 フリー素材として、ここで作ったIllustratorのデータ(CS6のaiファイル)をダウンロードいただけます。利用にあたっては、フリー素材の利用についてをご一読ください。

 ここで作成したパターンは、フリー素材も作成しています。配色の一例としてもご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました