【Illustrator・和柄の作り方】吉原繋ぎを作る

Illustrator
スポンサーリンク

 このページでは、Illustrator(イラレ)で吉原繋ぎのパターンを作る方法の一例を紹介します。

スポンサーリンク

吉原繋ぎの作り方

四角形を描く

 [長方形ツール]で1つの大きい正方形と、その四隅に小さい正方形を描きます。

四角形を描く

型抜きをする

 [パスファインダー]パネルの[前面オブジェクトで型抜き]で、大きな正方形の四隅を切り取ります。

型抜きをする

線を太くして回転する

 線を太くしたうえで、パーツを45度回転します。[線の位置]は「線を内側に揃える」にします。

回転する

パーツをコピーする

 パーツを縦にコピーします。

パーツをコピーする

パーツが重なっている部分を整える

 上下のパーツの線を太くしたうえで、線をアウトライン化します。ここでは、分かりやすいように上下のパーツの塗りを赤にしています。

パーツが重なっている部分を整える

 [パスファインダー]パネルの[分割]ボタンでパーツを分割し、不要な部分を削除します。

パーツが重なっている部分を整える

再度パーツをコピーする

 残したパーツを[パスファインダー]パネルの[合体]ボタンで1つにしたうえで、上下にコピーします。塗りは黒に戻します。

再度パーツをコピーする

スウォッチに登録する

 [長方形ツール]で繰り返しとなる部分を囲んだ透明な長方形を描きます。この長方形を最背面に移動したうえで、すべてのパーツを選択し、[スウォッチ]パネルにドラッグして、スウォッチに登録すれば完成です。

スウォッチに登録する
スポンサーリンク

より詳しくは……

 フリー素材として、ここで作ったIllustratorのデータ(CS6のaiファイル)をダウンロードいただけます。利用にあたっては、フリー素材の利用についてをご一読ください。

タイトルとURLをコピーしました