【Illustrator・和柄の作り方】組亀甲を作る

Illustrator
スポンサーリンク

 このページでは、Illustrator(イラレ)で組亀甲文様(組亀甲紋)のパターンを作る方法の一例を紹介します。

スポンサーリンク

組亀甲の作り方

六角形を描く

 [多角形ツール]で正六角形を4つ描きます。中央に1つ描き、その左上・右上・真下に1つずつ描きます。

六角形を描く

線の設定をする

 [アピアランス]パネルで線を設定します。
 まず、外側の3つの六角形です。[線の位置]は「線を外側に揃える」とし、2本の線を設定します。内側の線は組亀甲の真ん中の空間、外側の線は組亀甲のパーツになります。ここでは、内側の線は赤、外側の線は黒にしています。

 次に、真ん中の六角形です。[線の位置]は「線を内側に揃える」とし、太めの赤線にしました。この線は、隣り合う組亀甲のパーツ間の空間になります。

線の設定をする

パスを合体する

 アピアランスの分割とパスファインダーでの合体により、パーツになる部分のパス、空間になる部分のパスをそれぞれ1つのパスにまとめます。

パスを合体する

パスファインダーで型抜きをする

 パーツになる部分のパスを、空間になる部分のパスで型抜きをします。

パスファインダーで型抜きする

 周りの不要な部分は削除します。

パスファインダーで型抜きする

パーツをコピーする

 パーツをコピーして並べます。

パーツをコピーする

スウォッチに登録する

 [長方形ツール]で繰り返しとなる部分を囲んだ透明な長方形を描きます。この長方形を最背面に移動したうえで、すべてのパーツを選択し、[スウォッチ]パネルにドラッグして、スウォッチに登録すれば完成です。

スウォッチに登録する
スポンサーリンク

より詳しくは……

 フリー素材として、ここで作ったIllustratorのデータ(CS6のaiファイル)をダウンロードいただけます。利用にあたっては、フリー素材の利用についてをご一読ください。

 ここで作成したパターンは、フリー素材も作成しています。配色の一例としてもご覧いただければと思います。

タイトルとURLをコピーしました