光仁天皇〜淳和天皇の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、光仁天皇から淳和天皇までの系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

光仁天皇の系図

光仁天皇の系図

第49代 光仁天皇(こうにん)/白壁王(しらかべ)/天宗高紹天皇(あまむねたかつぐ)【709−781/在位:770−781】
 称徳天皇の崩御にあたり、藤原永手らによって擁立された。

祖父 天智天皇天智天皇の系図
 施基皇子施基皇子の系図

皇后 井上内親王(いのうえ)【717−775】
 斎宮。光仁天皇を呪詛したとして皇后を廃された。その後、難波内親王を呪詛したとして、他戸親王とともに幽閉された。
皇后の父 聖武天皇文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図
 他戸親王(おさべ)【761−775】
 皇太子。井上内親王が光仁天皇天皇を呪詛したとして皇太子を廃された。
 酒人内親王桓武天皇の系図

夫人 高野新笠(にいがさ)【?−789】
夫人の父 和乙継(おとつぐ)
夫人の母 土師真妹(まいも)
 能登内親王(のと)【733−781】
子の夫 市原王(いちはら)
 安貴王(→施基皇子の系図)の子。
 五百井女王(いおい)【?−817】
 嵯峨朝の頃、尚侍をつとめた。
 春原五百枝(いおえ)【760−829】
 参議。藤原種継が暗殺された時には、伊予に流された。

 桓武天皇桓武天皇の系図
 平城天皇平城天皇の系図
 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図
 淳和天皇淳和天皇の系図
 葛原親王万多親王仲野親王葛原親王・万多親王・仲野親王の系図

 早良親王(さわら)【750−785】
 藤原種継の暗殺に関与していたとして乙訓寺に幽閉された。その後飲食を断ち、淡路へ移送される途中に亡くなった。

 尾張女王(おわり)
妃の父 湯原親王施基皇子の系図
 薭田親王(ひえだ)【751−781】

夫人 藤原曹司(そうし)/曹子【758−793】
夫人の父 藤原永手藤原永手の系図

夫人 藤原産子(ただこ・さんし)【761−829】
 藤原百川の娘とも。
夫人 紀宮子(みやこ)
宮人 県主島姫(しまひめ)
 弥努摩内親王(みぬま)【?−810】

 県犬養男耳(おみみ)/勇耳(いさみみ)

 開成(かいじょう)【724−781】
 摂津に弥勒寺(のちに勝尾寺に改名)を建てたとされる。

スポンサーリンク

桓武天皇の系図

桓武天皇の系図

第50代 桓武天皇(かんむ)/山部(やまべ)/日本根子皇統弥照天皇(やまとねこすめろぎいやてり)【737−806/在位:781−806】
 長岡京・平安京への遷都をし、東北の支配拡大を進めたが、晩年は藤原緒嗣の建議によって軍事と造作を停止した。早良親王の怨霊を恐れ、崇道天皇の名を贈った。

祖父 施基皇子施基皇子の系図
 光仁天皇光仁天皇の系図

皇后 藤原乙牟漏(おとむろ)/天之高藤広宗照姫尊(あめのたかふじひろむねてらすひめ)【760−790】
皇后の父 藤原良継藤原良継の系図
 平城天皇平城天皇の系図
 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図
 仁明天皇仁明天皇の系図
 源信源弘源信・弘の系図
 源常源明源常・明の系図
 源定源定の系図
 源生源勤 源澄源勝源啓源生・澄・勤・勝・啓の系図
 源融源融~宛の系図

 高志内親王淳和天皇の系図

夫人 藤原旅子(たびこ・りょし)【759−788】
夫人の父 藤原百川藤原百川・緒嗣の系図
 淳和天皇淳和天皇の系図

 酒人内親王(さかひと)【754−829】
 斎宮。退下後に妃になった。
妃の父 光仁天皇光仁天皇の系図
 朝原内親王平城天皇の系図

夫人 藤原吉子(きっし)【?−807】
 伊予親王とともに幽閉され、服毒自殺した。
夫人の父 藤原是公藤原是公の系図
 伊予親王(いよ)【?−807】
 謀反の疑いで大和の川原寺に幽閉され、服毒自殺した。
 継枝王(つぎえ)【?−846】
 父の謀反に連座して流刑になった。
 高枝王(たかえ)【802−858】
 従三位。父の謀反の際には、連座して遠流になった。

夫人 多治比真宗(まむね)【769−823】
夫人の父 多治比長野(ながの)【706−789】
 参議。
 葛原親王葛原親王・万多親王・仲野親王の系図
 高棟王高棟王・平惟範の系図

 佐味親王(さみ)【793−825】
 賀陽親王(かや)【794−871】
 東大寺の大仏供養会を監修した。『今昔物語集』には、からくり人形を作って旱魃から寺田を守った説話がある。
 道野王(みちの)【?−855】
 忠貞王(たださだ)【820−884】
 参議。
 利基王(としもと)【822−866】
 忠範王(ただのり)【?−880】

 大徳親王(だいとこ)【798−803】
 安濃内親王(あの)【?−841】
 因幡内親王(いなば)【?−824】

夫人 藤原小屎(おぐそ)
夫人の父 藤原鷲取藤原鷲取・鷹取の系図
 万多親王葛原親王・万多親王・仲野親王の系図

女御 橘御井子(みいこ)
女御の父 橘入居(いりい)【?−800】
 神王らと『刪定令格』を編纂した。
 菅原内親王(すがわら)【?−825】
 賀楽内親王(からく)【?−874】

宮人 橘常子(つねこ)【788−817】
 天皇崩御後は出家して尼になった。
 大宅内親王平城天皇の系図

宮人 紀若子(わかこ)
宮人の父 紀船守(ふなもり)【731−792】
 大納言。藤原仲麿の乱の際には、駅鈴・内印を奪いに来た矢田部老を射殺するなどの功を挙げた。
 明日香親王(あすか)【?−834】
 親王の籍を離れることを願うも、許されなかった。
 三夏王(みなつ)
 三常王(みつね)

宮人 坂上春子(はるこ)【?−834】
 天皇崩御後は、尼となり長宝寺を創建して菩提を弔った。
宮人の父 坂上田村麿(たむらまろ)【758−811】
 大納言。征夷大将軍として、蝦夷征討に貢献した。清水寺を創建したとされる。娘が藤原三守(→藤原三守の系図)の妻になった。
 葛井親王(ふじい)【800−850】
 性格は機敏で、射芸を特技とした。
子の妻 斉子内親王(せいし)【?−853】
 嵯峨天皇(→嵯峨天皇の系図)の皇女。

 基兄王(もとえ)【824−881】
 棟氏王(むねうじ)
 棟良王(むねなが)
 棟貞王(むねさだ)
 娘が清和天皇(→清和天皇の系図)の後宮に入った。

 春日内親王(かすが)【?−832】

宮人 藤原河子(かわこ・かし)【?−838】
宮人の父 藤原大継藤原臣継・大継の系図
 仲野親王葛原親王・万多親王・仲野親王の系図

 紀内親王(き)【799−886】
 山城の葛野郡に神応寺を創建した。
 安勅内親王(あて)【?−855】
 大井内親王(おおい)【?−865】
 善原内親王(よしはら)【?−863】

宮人 藤原東子(あづまこ・ひがしこ・とうし)【?−816】
宮人の父 藤原種継藤原清成・種継の系図
 甘南備内親王平城天皇の系図

宮人 坂上又子(またこ)【?−790】
宮人の父 坂上苅田麿(かりたまろ)【722−786】
 従三位。武人として永年仕え、藤原仲麿の乱では中宮院の鈴印を守った。娘が藤原内麿(→藤原内麿の系図)の妻になった。
 高津内親王嵯峨天皇の系図

宮人 藤原上子(うらこ・かみこ・じょうし)
宮人の父 藤原小黒麿藤原鳥養・小黒麿の系図
 滋野内親王(しげの)【809−857】

宮人 河上真奴(まぬ)
 坂本親王(さかもと)【793−818】

宮人 百済教仁(きょうにん)
宮人の父 百済武鏡(むきょう)
 太田親王(おおた)【793−808】

宮人 百済貞香(じょうきょう)
宮人の父 百済教徳(きょうとく)【?−822】
 駿河内親王(するが)【801−820】

宮人 藤原平子(へいし)【?−833】
宮人の父 藤原乙叡藤原乙叡・真葛の系図
 伊都内親王平城天皇の系図

宮人 中臣豊子(とよこ)
 布勢内親王(ふせ)/布施内親王【?−812】
 斎宮。

宮人 橘田村子(たむらこ)
 池上内親王(いけのえ)【?−868】

女御 百済教法(きょうほう)【?−840】

女嬬 多治比豊継(とよつぐ)
 長岡岡成(おかなり)【?−848】

女嬬 百済永継(えいけい)
 藤原内麿(→藤原内麿の系図)の妻にもなった。
女嬬の父 飛鳥部奈止麿(などまろ)
 良峯安世(やすよ)【785−830】
 大納言。『日本後紀』の編纂に参画し、『経国集』を撰んだ。
 遍照(へんじょう)/良峯宗貞【816−890】
 六歌仙の一人。仁明天皇崩御後に出家した。元慶寺を建立した。

女御 紀乙魚(おといお)【?−840】
 紀木津魚の娘とも。

女御 藤原仲子(なかこ)
女御の父 藤原家依藤原家依の系図

女御 藤原正子(まさこ・しょうし)
女御の父 藤原清成藤原清成・種継の系図

 堪久(たんきゅう)
 華厳宗の僧。東大寺の良恵に学んだ。

葛原親王・万多親王・仲野親王の系図

葛原親王・万多親王・仲野親王の系図

  葛原親王(かずらわら)【786−853】
 桓武平氏の祖。永く式部卿を務めていたため、職務に精通した。

祖父 光仁天皇光仁天皇の系図
 桓武天皇桓武天皇の系図

 高棟王 平惟範高棟王・平惟範の系図
 善棟(よしむね)/平善棟【?−829】
 高見王(たかみ)
 無位無官とされる。子孫には平将門や平清盛などがいる。


  万多親王(まんた)【788−830】
 藤原園人らと『新撰姓氏録』を編纂した。

祖父 藤原鷲取藤原鷲取・鷹取の系図

 正躬王(まさみ)【799−863】
 参議。善愷訴訟事件の際には、伴善男らと対立した。
 平住世(すみよ)
 平継世(つぐよ)
 平基世(もとよ)
 平家世(いえよ)
 平助世(すけよ)
 平是世(これよ)
 桂心女王光孝天皇の系図

 正行王(まさゆき)【816−858】
孫の夫 藤原清夏藤原高扶~維幾の系図

 雄風王(おかぜ)
孫の夫 藤原忠行藤原有貞の系図


  仲野親王(なかの)【792−867】
 幼少時から利発であった。藤原緒嗣から音儀詞語を学び、藤原基経・大江音人らに教えた。

祖父 藤原大継藤原臣継・大継の系図

 当宗氏
 班子女王光孝天皇の系図
 是忠親王是忠親王の系図
 宇多天皇宇多天皇の系図
 是貞親王是貞親王・源旧鑑・是恒・貞恒・是茂・香泉・友貞の系図

 平茂世(しげよ)/茂世王
 好風(よしかぜ)
曾孫 貞文(さだふん)/定文【?-923】
 歌人。色好みで知られ、平中と称された。
貞文の子の夫 藤原公行藤原千常~公光の系図

曾孫 等子光孝天皇の系図
曾孫の夫 藤原守義藤原公利・守義の系図
曾孫の子 永頼藤原永頼の系図

 房世王(ふさよ)【?−883】
 当世王(まさよ)【?−855】
 輔世王(すけよ)【?−879】
 平安典(やすのり)
孫の夫 藤原利仁藤原時長・利仁の系図

 秀世王(ひでよ)
 潔世王(きよよ)【820−882】
 基世王(もとよ)
 実世王(さねよ)
 宜子女王(よしこ・ぎし)
 斎宮。
 十世王(とおよ)【833−916】
 参議。
 時世王(ときよ)
 時相王(ときすけ)
 徳姫女王宇多天皇の系図

 康世王(やすよ)
 胤世王(たねよ)
 惟世王(これよ)/平惟世
 利世王(としよ)/平利世

スポンサーリンク

平城天皇の系図

平城天皇の系図

第51代 平城天皇(へいぜい)/安殿親王(あて)/日本根子天推国高彦天皇(やまとねこあめおしくにたかひこ)【774−824/在位:806−809】
 参議を廃し観察使を置いた。譲位後、平城京に移って政務を執ろうとして嵯峨天皇と対立した。薬子の変により出家した。

祖父 光仁天皇光仁天皇の系図
 桓武天皇桓武天皇の系図
祖父 藤原良継藤原良継の系図

 藤原帯子(たいし)【?−794】
妃の父 藤原百川藤原百川・緒嗣の系図

 朝原内親王(あさはら)【779−817】
 斎宮。
妃の父 桓武天皇桓武天皇の系図

 大宅内親王(おおやけ)【?−849】
 甘南美内親王(かんなび)【800−817】
宮人 伊勢継子(つぎこ)【772−812】
宮人の父 伊勢老人(おきな)
 高丘親王(たかおか)/真如(しんにょ)
 皇太子になったが、薬子の変によって廃された。その後出家し、天竺を目指す途中、羅越国で遷化した。
 在原善淵(よしふち)
 在原安貞(やすさだ)

 巨勢親王(こせ)【?−882】
 上毛野内親王(かみつけの)
 石上内親王(いそのかみ)【?−846】
 大原内親王(おおはら)【?−863】
 斎宮。

宮人 葛井藤子(ふじこ)
宮人の父 葛井道依(みちより)
 阿保親王(あぼ)【792−842】
 薬子の変に連座した。承和の変の際には、伴健岑から謀反を誘われたが、橘嘉智子に密告した。娘に源弘(→源信・弘の系図)の妻がいる。
子の妻 伊都内親王(いと)/伊登内親王【?−861】
 桓武天皇(→桓武天皇の系図)の皇女。
 在原仲平(なかひら)
 在原行平(ゆきひら)【818−893】
 中納言。奨学院を創立した。娘が清和天皇(→清和天皇の系図)の更衣になった。
 在原守平(もりひら)
 在原業平(なりひら)【825−880】
 六歌仙・三十六歌仙の一人。『伊勢物語』の主人公のモデルになった。娘に藤原保則の妻(→藤原乙叡・真葛の系図)がいる。

 大江音人(おとんど)【811−877】
 参議。『貞観格式』の撰定に加わった。

宮人 紀魚員(いおかず)
宮人の父 紀木津魚(こつお・きづいお)
 宝亀年間には、山部王(桓武天皇)の病気平癒のために四天王像を造った。
 叡努内親王(えぬ)【?−835】

スポンサーリンク

嵯峨天皇の系図

嵯峨天皇の系図

第52代 嵯峨天皇(さが)/神野親王(かみの)/【786−842/在位:809−823】
 蔵人所・検非違使を置き、『弘仁格式』を施行した。漢詩文や書に優れ、三筆の一人に数えられる。

祖父 光仁天皇光仁天皇の系図
 桓武天皇桓武天皇の系図
祖父 藤原良継藤原良継の系図

皇后 橘嘉智子(かちこ)【786−850】
 橘氏のために学館院を設立した。仏教にも帰依し、檀林寺を建立した。
皇后の父 橘清友【758−789】
 娘に藤原三守(→藤原三守の系図)の妻、藤原真夏(→藤原真夏の系図)の妻がいる。
 正子内親王淳和天皇の系図
 仁明天皇仁明天皇の系図
 文徳天皇文徳天皇の系図
 光孝天皇光孝天皇の系図
 人康親王本康親王 源光人康親王・本康親王・源光の系図

 俊子内親王(としこ)
 秀子内親王(ひでこ)【?−850】
 繁子内親王(しげこ・はんし)【?−851】
 容姿は美麗であったが、長く病気を患い出家した。
 芳子内親王(よしこ・ほうし)【?−838】
 秀良親王(ひでよし・ひでなが)【817−895】

 高津内親王(たかつ)【?−841】
 のちに妃を廃された。
妃の父 桓武天皇桓武天皇の系図
 業子内親王(なりこ)
 業良親王(なりよし)【?−868】

 多治比高子(たかこ)【788−826】

夫人 藤原緒夏(おなつ)【?−855】
夫人の父 藤原内麿藤原内麿の系図

女御 大原浄子(きよいこ・じょうし)【?−841】
 仁子内親王(じんし)【?−889】
 斎宮。

女御 百済貴命(きみょう)【?−851】
女御の父 百済俊哲(しゅんてつ)【?−795】
 長年、蝦夷征討に携わった。
 基子内親王(もとこ)【?−831】
 基良親王(もとよし)【?−831】
 忠良親王(ただよし)【819−876】
 操子女王藤原良房・基経の系図

更衣 秋篠高子(たかこ)
 源清(きよし)
 出家して秋篠禅師と呼ばれた。

更衣 山田近子(ちかこ)
 源啓源生・澄・勤・勝・啓の系図
 源密姫(みつひめ)

更衣 飯高宅刀自(やかとじ)
 源常源明源常・明の系図

宮人 百済慶命(きょうみょう)【?−849】
 源善姫(よしひめ)
 源定源定の系図
 源鎮(しずむ)
 神護寺で出家し、白雲禅師と号した。
 源若姫(わかひめ)

宮人 大原全子(ぜんし)
 源融源融~宛の系図
 源勤源生・澄・勤・勝・啓の系図
 源盈姫(みつひめ)

宮人 交野女王(かたの)
 有智子内親王(うちこ)【807−847】
 初代賀茂斎院。

宮人 高階河子(かわこ)
宮人の父 高階浄階(きよしな)
 宗子内親王(むねこ)【?−854】

宮人 文室文子(ぶんし)
 純子内親王(じゅんし)【?−863】
 斉子内親王桓武天皇の系図

宮人 当麻治田麿の娘
 源潔姫藤原良房・基経の系図
 源全姫(またひめ)【812−882】
 清和天皇の尚侍を勤めた。

宮人 笠継子(つぐこ)
 源生源生・澄・勤・勝・啓の系図

宮人 広井氏
 源信源信・弘の系図

宮人 布勢氏
 源貞姫(さだひめ)
 源端姫(はしひめ)

宮人 上毛野氏
 源弘源信・弘の系図

宮人 安倍氏
 源寛(ひろし)【813−876】
 学問を好んだ一方、官位を求めなかったとされる。
 
 父は源定(→源定の系図)とも。

宮人 田中氏
 源澄源生・澄・勤・勝・啓の系図

宮人 粟田氏
 源安(やすし)【822−853】
 学問を怠り、弓を好んだとされる。

宮人 惟良氏
 源勝源生・澄・勤・勝・啓の系図

宮人 紀氏
 源更姫(さらひめ)

宮人 内蔵影子(えいし)
 源吾姫(あがひめ)
 源神姫(かみひめ)
 源容姫(かたひめ)

宮人 甘南備氏
 源声姫(こえひめ)

 源良姫(よしひめ)
 源年姫(としひめ)
 淳王(あつし)

スポンサーリンク

淳和天皇の系図

淳和天皇の系図

第53代 淳和天皇(じゅんな)/大伴親王(おおとも)/日本根子天高譲弥遠天皇(やまとねこあめたかゆずるいやとお)【786−840/在位:823−833】
 清原夏野ら良吏を登用したほか、勘解由使の再設置や皇室財政の強化を図った。

祖父 光仁天皇光仁天皇の系図
 桓武天皇桓武天皇の系図
祖父 藤原百川藤原百川・緒嗣の系図

皇后 正子内親王(まさこ・せいし)【809−879】
 天皇の崩御後は尼になり、円仁から菩薩戒を受けた。また、嵯峨天皇の離宮を大覚寺とした。
皇后の父 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図
 恒貞親王(つねさだ)【825−884】
 皇太子になったが、承和の変で廃された。
 基貞親王(もとさだ)【827−869】
 恒統親王(つねむね)【829−842】

 高志内親王(こし)【789−809】
 天皇の即位前に亡くなり、皇后を贈られた。
妃の父 桓武天皇桓武天皇の系図
 恒世親王(つねよ)【805−826】
 天皇即位後、皇太子に立てられたが固辞した。娘は藤原衛(→藤原内麿の系図)の妻になった。
 正道王(まさみち)

 氏子内親王(うじこ)【?−885】
 斎宮。
 有子内親王(ありこ)【?−862】
 貞子内親王(さだこ)

女御 永原原姫(もとひめ)【?−868頃】

女御 橘氏子(うじこ)
女御の父 橘永名(ながな)【780−866】
 従三位。承和の変の際には、京外に追放された。

宮人 大中臣安子(やすこ)
宮人の父 大中臣淵魚(ふちな)
 良貞親王(よしさだ)【?−848】

宮人 大野鷹子(たかこ)
 寛子内親王(ひろこ)

宮人 橘船子(ふなこ)
宮人の父 橘清野(きよの)【750−829】
 崇子内親王(たかこ)【?−848】

宮人 丹墀池子(いけこ)
宮人の父 丹墀門成(かどなり)【?−853】
 娘に藤原遠経(→藤原遠経の系図)の妻がいる。
 同子内親王(ひとし・どうし・ともこ・あつこ)【?−860】

宮人 清原春子(はるこ)
宮人の父 清原夏野(なつの)【782−837】
 右大臣。小倉王(→舎人親王・淳仁天皇の系図)の子。『令義解』を撰定した。
 明子内親王(あきこ・あきらけいこ)【?−854】

更衣 藤原潔子(きよいこ)
更衣の父 藤原長岡藤原桜麿・長岡の系図

 統忠子(ちゅうし)

タイトルとURLをコピーしました