後醍醐天皇~称光天皇の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、後醍醐天皇から称光天皇までの系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

後醍醐天皇の系図

後醍醐天皇の系図

第96代 後醍醐天皇(ごだいご)/尊治親王(たかはる)【1288-1339】〔養子:尊信法親王(→亀山天皇の系図)〕
 鎌倉幕府の倒幕を計画し、隠岐に流された。鎌倉幕府滅亡後は、建武の新政を推し進めたが、大内裏の造営などで反発を招き、失敗に終わった。

祖父 亀山天皇亀山天皇の系図
 後宇多天皇後宇多天皇の系図
祖父 五辻忠継五辻雅継の系図

皇后 西園寺禧子(よしこ・きし)/礼成門院(れいせいもんいん)/後京極院【1303-1333】
 西園寺実兼(→西園寺実兼の系図)の娘。
 懽子内親王光厳天皇・光明天皇の系図

皇后 珣子内親王(じゅんし)/新室町院(しんむろまちいん)【1311-1337】
 後伏見天皇(→後伏見天皇の系図)の皇女。吉野遷幸には同行しなかった。
女御 二条栄子(よしこ・えいし)
 二条道平(→二条兼基・道平の系図)の娘。天皇の崩御後は出家した。
典侍 藤原親子(ちかこ・しんし)
 藤原宗親(→五辻雅継の系図)の娘。
 満良親王(みつよし・みつなが)

掌侍 少将内侍(しょうしょうのないし)
 菅原在仲(→菅原在嗣の系図)の娘。
 聖助法親王(しょうじょ)

後宮 阿野廉子(やすこ・れんし)/新待賢門院(しんたいけんもんいん)【1301-1359】〔養父:洞院公賢(→洞院公賢の系図)〕
 阿野公廉(→阿野公佐~公廉の系図)の娘。吉野遷幸にも同行した。
 祥子内親王(しょうし)
 斎宮。
 恒良親王(つねよし)【1322-1338】
 皇太子となるものの、毒殺されたとされる。
 成良親王(なりよし)【1326-?】
 皇太子となったが即位は叶わなかった。
 後村上天皇 長慶天皇後亀山天皇後村上天皇~後亀山天皇の系図
 惟子内親王(いし)

後宮 北畠親子(ちかこ・しんし)
 北畠師親(→北畠師親の系図)の娘。はじめに亀山天皇(→亀山天皇の系図)の後宮に入った。
 護良親王(もりよし)/尊雲法親王【?-1335】
 天台座主。のちに還俗して征夷大将軍になった。中先代の乱の際に殺された。
子の妻 北畠師重の娘
子の妻の父 北畠師重→北畠師重の系図
 興良親王(おきよし)
 征夷大将軍。

 妣子内親王(ひし)
子の夫 近衛基嗣近衛家基~道嗣の系図

後宮 御子左為子(いし)
 御子左為世(→御子左為世の系図)の娘。
 尊良親王(たかよし・たかなが)【?-1337】
 元弘の乱により、土佐に流された。金崎城で高師泰らに攻められて自害した。
子の妻 今出川公顕の娘
子の妻の父 今出川公顕西園寺実兼の系図

 宗良親王(むねよし)/尊澄法親王【1311-?】
 天台座主。のちに還俗して各地を転戦した。和歌にもすぐれ、『新葉和歌集』を撰んだ。
 瓊子内親王(たまこ)【1316-1339】
 欣子内親王(きんし)
 出家して嵯峨の今林に住んだ。

後宮 洞院実子
 洞院実雄(→洞院実雄の系図)の娘。
後宮 洞院守子(もりこ・しゅし)
 洞院実泰(→洞院実泰の系図)の娘。
 玄円法親王(げんえん)【?-1348】

後宮 皇女
 亀山天皇(→亀山天皇の系図)の皇女。
 恒性(こうしょう・つねなり)【1305-1333】
 天皇が隠岐に流された際に、越中に流されて幽閉された。

後宮 権大納言三位局
 御子左為通(→御子左為世の系図)の娘。
 躬良親王/法仁法親王(ほうにん)【1325-1352】
 懐良親王(かねよし・かねなが)【?-1383】
 征西将軍として九州の南朝勢力を統括した。

後宮 遊義門院一条局
 橋本実俊(→橋本実俊~公国の系図)の娘。
 世良親王(ときよし・よよし)【?-1330】
 静尊法親王(せいそん)/恵尊法親王
 元弘の乱により、但馬に流された。

後宮 少納言内侍(しょうなごんのないし)
 四条隆資(→四条隆親~隆宗の系図)の娘。
 尊真(そんしん)

後宮 堀川基時の娘
後宮の父 堀川基時堀川具守の系図

後宮 近衛局(このえのつぼね)
 昭訓門院に仕えた。
後宮 左衛門督局(さえもんのかみのつぼね)
 遊義門院に仕えた。
後宮 坊門局(ぼうもんのつぼね)
後宮 大納言局(だいなごんのつぼね)
 洞院公敏(→洞院公敏・公泰の系図)の娘。
後宮 権中納言局(ごんちゅうなごんのつぼね)
 洞院公泰(→洞院公敏・公泰の系図)の娘。

 無文元選(むもんげんせん)【1323-1390】
 用堂(ようどう)【?-1396】
 鎌倉の東慶寺で護良親王の菩提を弔った。

スポンサーリンク

後村上天皇~後亀山天皇の系図

後村上天皇~後亀山天皇の系図

後村上天皇

第97代 後村上天皇(ごむらかみ)/義良親王(のりよし)【1328-1368/在位:1339-1368】
 南北朝の戦乱で各地を転戦した。

祖父 後宇多天皇後宇多天皇の系図
 後醍醐天皇後醍醐天皇の系図
祖父 阿野公廉阿野公佐~公廉の系図

女御 嘉喜門院(かきもんいん)〔養父:二条師基(→二条兼基・道平の系図)〕
 歌人として活躍した。

 惟成親王(これなり)
 師成親王(もろなり)
 泰成親王(やすなり)
 説成親王(ときなり)
 円胤(えんいん)【1407-1447】
 南朝の再興のために挙兵したが、畠山持国に敗れた。
 聖淳(しょうじゅん)【?-1434】
 足利義教に謀反の疑いをかけられて殺された。

 良成親王(よしなり)
 憲子内親王/新宣陽門院(しんせんようもんいん)【1344-1391】

長慶天皇

第98代 長慶天皇(ちょうけい)/寛成親王(ゆたなり)【1343-1394/在位:1368-1383】
 長らく在位説・非在位説があり、大正15年に歴代に加えられた。『源氏物語』の注釈書『仙源抄』を著した。
 世泰親王(よやす)
 海門承朝(かいもんじょうちょう)【1374-1443】
 尊聖(そんしょう)【1375-1432】
 行悟(ぎょうご)【1377-1406】

後亀山天皇

第99代 後亀山天皇(ごかめやま)/煕成親王(ひろなり)【?-1424/在位:1383-1392】
 南北朝合一によって退位した。
 恒敦(つねあつ)【?-1422】
 聖承(せいしょう)【?-1443】
 小倉宮。北畠満雅に奉じられて挙兵するも、幕府軍に降伏した。

スポンサーリンク

光厳天皇・光明天皇の系図

光厳天皇・光明天皇の系図

光厳天皇

北朝初代 光厳天皇(こうごん)/量仁親王(かずひと)【1313-1364/在位:1331-1333】〔養子:直仁親王(→伏見天皇・花園天皇の系図)〕
 元弘の乱後、幕府の意向によって位に就いた。幕府滅亡後、後醍醐天皇により廃された。

祖父 伏見天皇伏見天皇・花園天皇の系図
 後伏見天皇後伏見天皇の系図
祖父 西園寺公衡西園寺公衡~公宗の系図

典侍 正親町三条秀子(ひでこ)/陽禄門院(ようろくもんいん)【1311-1352】
 正親町三条公秀(→正親町三条公貫~公秀の系図)の娘。
 崇光天皇 栄仁親王崇光天皇~貞成親王の系図
 後光厳天皇後光厳天皇の系図
 後円融天皇後円融天皇~称光天皇の系図

後宮 懽子内親王(よしこ・かんし)/宣政門院(せんせいもんいん)【1315-1362】
 後醍醐天皇(→後醍醐天皇の系図)の皇女。斎宮。

後宮 寿子内親王(ひさこ)/徽安門院(きあんもんいん)【1318-1358】
 花園天皇(→伏見天皇・花園天皇の系図)の皇女。崇光天皇・後光厳天皇の養母。京極派の歌人。

後宮 正親町実明の娘
後宮の父 正親町実明正親町実明~実綱の系図
 尊朝法親王(そんちょう)/尊敦親王(たかあつ)【1344-1378】

後宮 一条局(いちじょうのつぼね)
 正親町公蔭(→正親町実明~実綱の系図)の娘。徽安門院に仕えた。
 義仁法親王(ぎにん)【?-1415】

 華林恵厳(かりんえごん)

光明天皇

北朝第2代 光明天皇(こうみょう)/豊仁親王(とよひと)【1321-1380/在位:1336-1348】
 足利尊氏に擁立され、尊氏を征夷大将軍に任じた。

スポンサーリンク

崇光天皇~貞成親王の系図

崇光天皇~貞成親王の系図

崇光天皇

北朝第3代 崇光天皇(すこう)/興仁親王(おきひと)【1334-1398/在位:1348-1351】
 在位3年で正平の一統により廃位になった。

祖父 後伏見天皇後伏見天皇の系図
 光厳天皇光厳天皇・光明天皇の系図
祖父 正親町三条公秀正親町三条公貫~公秀の系図

女御 洞院公賢の娘
 徽安門院に仕えた。安福殿女御と称された。
女御の父 洞院公賢洞院公賢の系図

典侍 庭田資子(すけこ・しし)
 庭田重資(→庭田経資~重賢の系図)の娘。
 興信法親王(こうしん)【1358-1391】
 勧修寺長吏などを務めた。

後宮 三条局
 弘助法親王(こうじょ)【1378-?】
 阿栄(あえい)【?-1420】
 坂本知恩寺主。

栄仁親王

  栄仁親王(よしひと)【1351-1416】
 伏見宮初代。立太子を望んだが叶わず、出家した。
 三条治子
 三条実治(→正親町三条公貫~公秀の系図)の娘。
 治仁王(はるひと)【1381-1417】
 伏見宮2代。琵琶をよくした。
 智観女王(ちかん)【1412-?】
 真栄女王(しんえい)【1414-1453】
 智久女王(ちく)【1417-?】

貞成親王

  貞成親王(さだふさ)/後崇光院(ごすこう)【1372-1456】
 伏見宮3代。日記は『看聞御記』。

 庭田幸子/敷政門院(ふせいもんいん)【1390-1448】
 庭田経有(→庭田経資~重賢の系図)の娘。
 後花園天皇 後土御門天皇後花園天皇~後柏原天皇の系図
 貞常親王→貞常親王の系図
 性恵女王(しょうえ)【1416-1441】
 三時知恩寺で出家した。
 理延女王(りえん)【1423-?】

スポンサーリンク

後光厳天皇の系図

後光厳天皇の系図

北朝第4代 後光厳天皇(ごこうごん)/弥仁親王(いやひと)【1338-1374/在位:1352-1371】
 当初は仏門に入る予定であったが、足利義詮らによって擁立された。

祖父 後伏見天皇後伏見天皇の系図
 光厳天皇光厳天皇・光明天皇の系図
祖父 正親町三条公秀正親町三条公貫~公秀の系図

典侍 広橋仲子(ちゅうし)/崇賢門院(すうけんもんいん)【1339-1427】〔養父:広橋兼綱(→広橋兼綱~兼宣の系図)〕
 通清(→通清の系図)の娘。
 後円融天皇 後小松天皇後円融天皇~称光天皇の系図
 永助法親王(えいじょ)/煕永親王(よしなが)【1362-1437】
 仁和寺門跡。後常瑜珈院御室と称された。
 尭仁法親王(ぎょうにん)【1363-1430】
 天台座主。
 尭性法親王(ぎょうしょう)【1371-1388】
 妙法院門跡。

典侍 左京大夫局
 長快(→快有の系図)の娘。
 治子内親王(はるこ)
 覚叡法親王(かくえい)【1361-1377】
 三千院門跡。
 道円法親王(どうえん)/久尊親王【1364-1385】
 天台座主。
 聖助法親王(しょうじょ)

後宮 少納言内侍
 橘知繁(→橘知繁の系図)の娘。
 明承法親王(みょうしょう)【1367-1396】
 天台座主。

後宮 右衛門佐局
 亮仁法親王(りょうにん)/尊貞親王【1355-1370】
 妙法院門跡。
 行助法親王(ぎょうじょ)/煕平親王【1360-1386】
 円満院門跡。
 覚増法親王(かくぞう)【1363-1390】
 園城寺長吏。

 見子内親王(けんし)
 崇光天皇の御所であった入江殿を寺に改め、三時知恩寺とした。

スポンサーリンク

後円融天皇~称光天皇の系図

後円融天皇~称光天皇の系図

後円融天皇

北朝第5代 後円融天皇(ごえんゆう)/緒仁親王(おひと)【1358-1393/在位:1371-1382】
 後光厳天皇と崇光上皇による次の皇位を巡る争いを経て、父の譲位により即位した。

祖父 光厳天皇光厳天皇・光明天皇の系図
 後光厳天皇後光厳天皇の系図
祖父 広橋兼綱広橋兼綱~兼宣の系図

典侍 四条今子(こんし)
 四条隆郷(→四条隆郷~隆永の系図)の娘。
 道朝法親王(どうちょう)【1378-1446】

後宮 三条厳子(たかこ)/通陽門院(つうようもんいん)【1351-1406】
 三条公忠(→三条実重~公忠の系図)の娘。
 珪子内親王(けいこ)

後小松天皇

北朝第6代第100代 後小松天皇(ごこまつ)/幹仁親王(もとひと)【1377-1433/在位:1382-1412】
 在位中に南北朝の合一がなされた。
典侍 日野西資子(すけこ)/光範門院(こうはんもんいん)【1384-1440】
 日野西資国(→日野時光・資康の系図)の娘。
 小川宮(おがわのみや)【1404-1425】
 称光天皇の東宮になったが、若くして亡くなった。

典侍 甘露寺経子
 甘露寺兼長(→甘露寺隆長~兼長の系図)の娘。
後宮 日野西資国の娘
後宮の父 日野西資国日野時光・資康の系図

 一休宗純(いっきゅうそうじゅん)【1394-1481】
 母は南朝の遺臣で花山院家の人物とされる。
 紹偵(しょうてい)

称光天皇

第101代 称光天皇(しょうこう)/実仁親王(みひと)【1401-1428/在位:1412-1428】
 病弱で在位中は父が院政を行った。追号は称徳天皇と光仁天皇から一字ずつとった。
典侍 日野光子
 日野有光(→日野時光・資康の系図)の娘。
掌侍 五辻朝子
 五辻朝仲(→五辻仲貞~富仲の系図)の娘。
後宮 伊予局(いよのつぼね)
 持明院基親(→持明院基兼~基信の系図)の娘。
後宮 紀伊局(きいのつぼね)
 天皇の没後に尼になった。

タイトルとURLをコピーしました