天智天皇〜称徳天皇の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、天智天皇から称徳天皇までの系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

天智天皇の系図

天智天皇の系図

第38代 天智天皇(てんじ)/葛城皇子(かずらき)/中大兄皇子(なかのおおえ)/天命開別尊(あめみことひらかすわけ)【626−671/在位:668−671(称制:661−668)】
 中臣鎌足らとともに蘇我氏を倒し、大化改新を推し進めた。

祖父 押坂彦人大兄皇子押坂彦人大兄皇子・茅渟王の系図
 舒明天皇 皇極天皇(斉明天皇)舒明天皇〜斉明天皇の系図

皇后 倭姫王(やまとひめ)
 天皇が大海人皇子(天武天皇)に譲位しようとした際、大海人皇子はそれを固辞し、倭姫王の即位を薦めた。
皇后の父 古人大兄皇子舒明天皇〜斉明天皇の系図

 蘇我遠智娘(おちのいらつめ)/茅渟娘(ちぬのいらつめ)
 中大兄皇子(天智天皇)の婚約者となった姉が異母弟に盗まれたため、身代わりとして妃になった。
嬪の父 蘇我石川麿舒明天皇〜斉明天皇の系図
 大田皇女 持統天皇天武天皇・持統天皇の系図
 建皇子(たける)【651−658】
 話すことが不自由であったとされる。斉明天皇は、その死を悼み、自分の死後に合葬するように命じた。

 蘇我姪娘(めいのいらつめ)/桜井娘(さくらいのいらつめ)
 御名部皇女天武天皇・持統天皇の系図
 元明天皇 元正天皇文武天皇文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図

 阿倍橘娘(たちばなのいらつめ)【?−681】
嬪の父 阿倍内麿→舒明天皇の系図〜斉明天皇の系図
 飛鳥皇女(あすか)【?−700】
 『万葉集』には、皇女が亡くなった際に柿本人麻呂が詠んだ歌が収められている。
 新田部皇女天武天皇・持統天皇の系図
 舎人親王舎人親王・淳仁天皇の系図

 蘇我常陸娘(ひたちのいらつめ)
嬪の父 蘇我赤兄(あかえ)
 左大臣。有間皇子に謀反を勧め、その一方で密告した。大友皇子を補佐し、壬申の乱で捕らえられて配流された。
 山辺皇女天武天皇・持統天皇の系図

宮人 忍海色夫古娘(しこぶこのいらつめ)
宮人の父 忍海小竜(おたつ)
 大江皇女天武天皇・持統天皇の系図
 川島皇子(かわしま)【657−691】
 吉野宮での盟約に参加したほか、大津皇子の謀反を密告した。また、帝紀及び上古諸事の記定にあたった。
子の妻 泊瀬部皇女(はつせべ)【?−741】
 天武天皇(→天武天皇・持統天皇の系図)の皇女。
 泉内親王(いずみ)【?−734】
 伊勢斎宮。

宮人 栗隈黒媛娘(くろひめのいらつめ)
宮人の父 栗隈徳万(とこまろ)
 水主内親王(もいとり・みぬし)【?−737】
 仏教を篤く信仰し、弘福寺に財物を寄進した。

宮人 道伊羅都売(いらつめ)
 施基皇子施基皇子の系図
 光仁天皇光仁天皇の系図

宮人 宅子娘(やかこのいらつめ)
 伊賀国の采女。
 弘文天皇弘文天皇の系図

施基皇子の系図

施基皇子の系図

  施基皇子(しき)【?−716】
 吉野の盟約に参加した。万葉歌人としても知られる。

祖父 舒明天皇祖母 皇極天皇舒明天皇〜斉明天皇の系図
 天智天皇天智天皇の系図

 多紀内親王(たき)【?−751】
 斎宮。
妃の父 天武天皇天武天皇・持統天皇の系図
 春日王(かすが)
 安貴王(あき)
 子に能登内親王(→光仁天皇の系図)を妻にした市原王がいる。

 紀橡姫(とちひめ)【?−709】
妃の父 紀諸人(もろひと)
 難波内親王(なにわ)【?−773】
 光仁天皇光仁天皇の系図
 桓武天皇桓武天皇の系図

 壱志王(いちし)
 海上女王(うなかみ)
 湯原親王(ゆはら)
 壱志濃王(いちしの)【733−805】
 大納言。
 尾張女王光仁天皇の系図

 榎井親王(えのい)
 神王(みわ)【737−806】
 右大臣。桓武朝の政界で天皇をよく輔けた。

 衣縫内親王(きぬぬい)
 坂合部内親王(さかいべ)【?−778】

スポンサーリンク

弘文天皇の系図

弘文天皇の系図

第39代 弘文天皇(こうぶん)/大友皇子(おおとも)/伊賀皇子(いが)【648−672/在位:671−672】
 太政大臣。天智天皇崩御後、壬申の乱で大海人皇子(天武天皇)に敗れた。明治3年、歴代天皇に加えられた。

祖父 舒明天皇祖母 皇極天皇舒明天皇〜斉明天皇の系図
 天智天皇天智天皇の系図

 十市皇女(とおち)【?−678】
妃の父 天武天皇天武天皇・持統天皇の系図
 葛野王(かどの)【669−705】
 高市皇子没後、弓削皇子の発言を抑えて文武天皇の擁立に寄与した。
 池辺王(いけべ)

 藤原耳面刀自(みみのもとじ)
妃の父 藤原鎌足藤原鎌足の系図
 壱志姫王(いちし)

 与多王(よた)

スポンサーリンク

天武天皇・持統天皇の系図

天武天皇・持統天皇の系図

第40代 天武天皇(てんむ)/大海人皇子(おおあま・おおしあま)/天渟中原瀛真人尊(あまのぬなはらおきのまひと)【?−686/在位:673−686】
 壬申の乱で大友皇子に勝利して即位した。中央集権体制を確立しようと努め、八色の姓を制定するなどした。

祖父 押坂彦人大兄皇子押坂彦人大兄皇子・茅渟王の系図
 舒明天皇 皇極天皇(斉明天皇)舒明天皇〜斉明天皇の系図

皇后・第41代 持統天皇(じとう)/鸕野讃良皇女(うのささら)/高天原広野姫尊(たかまのはらひろのひめ)【645−702/在位:690−697(称制:686−690)】
 女帝。天武天皇の方針を継承し、飛鳥浄御原令を施行したほか、中国の様式に倣って造った藤原京に遷都した。
皇后の父 天智天皇天智天皇の系図
皇后の祖父 舒明天皇皇后の祖母 皇極天皇(斉明天皇)舒明天皇〜斉明天皇の系図
 草壁皇子(くさかべ)/日並知皇子尊(ひなみしのみこ)【662−689】
 皇后所生の皇子として重きを占め、皇太子になったが若くして亡くなった。
 元正天皇文武天皇 吉備内親王文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図

 大田皇女(おおた)
 大伯皇女(おおく)/大来皇女【661−701】
 斎宮。名前は、船で百済救援に向かう途中、大伯海に至った時に産まれたことに因む。
 大津皇子(おおつ)【663−686】
 名前は、筑紫の娜大津で産まれたことに因むとされる。天武朝では皇太子・草壁皇子に次ぐ地位にあったが、その後謀反を企てたとして死を賜った。
子の妻 山辺皇女(やまべ)【?−686】
 天智天皇(→天智天皇の系図)の皇女。夫の後を追い、殉死した。

 粟津王(あわづ)

 大江皇女(おおえ)【?−699】
 長皇子(なが)【?−715】
 長田王(ながた)【?−737】
 栗栖王(くるす)【682−753】
 従三位。
 文室浄三(きよみ)/智努王【693−770】
 大納言。
 広瀬女王(ひろせ)
 智努女王(ちぬ)
 文室大市(おおち)/邑珍【704−780】
 大納言。
 川内王(かわち)
 従三位。

 弓削皇子(ゆげ)【?−699】
 高市皇子の没後、皇嗣を巡る朝議で発言しようとしたところ、葛野王に制せられたとされる。

 新田部皇女(にいたべ)【?−699】
 舎人親王 淳仁天皇舎人親王・淳仁天皇の系図

夫人 藤原氷上娘(ひかみのいらつめ)【?−682】
夫人の父 藤原鎌足藤原鎌足の系図
 但馬皇女(たじま)【?−708】

夫人 藤原五百重娘(いおえのいらつめ)
 新田部親王(にいたべ)【?−735】
 舎人親王とともに政界に重きをなした。藤原不比等の没後には、知五衛及授刀舎人事として軍事を統括した。
 塩焼王(しおやき)/氷上塩焼【?−764】
 不破内親王(→文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図)を妻とした。橘奈良麿の乱に加わるも許された。藤原仲麿の乱では今帝と称し、斬刑に処された。
 道祖王(ふなど)【?−757】
 聖武天皇の遺詔で皇太子に立てられたが、振る舞いに問題があったため廃された。

夫人 石川大蕤娘(おおぬのいらつめ)/石川大蕤比売(おおぬひめ)【?−724】
夫人の父 蘇我赤兄天智天皇の系図
 穂積親王(ほづみ)【?−715】
 知太政官事。
 境部王(さかいべ)/坂合部王

 紀皇女(き)
 田形内親王(たかた)【?−728】
 斎宮。
子の夫 六人部王(むとべ)【?−729】
 笠縫女王(かさぬい)

後宮 額田王(ぬかた)
 万葉歌人。天智天皇の後宮にも召されたとされる。
後宮の父 鏡王(かがみ)
 十市皇女弘文天皇の系図

宮人 胸形尼子娘(あまこのいらつめ)
宮人の父 胸形徳善(とくぜん)
 高市皇子(たけち)【654−696】
 太政大臣。現在知られる天武天皇の皇子の中で最年長。壬申の乱では大いに活躍した。
子の妻 御名部皇女(みなべ)
 天智天皇(→天智天皇の系図)の皇女。
 長屋王(ながや)【684−729】
 左大臣。藤原不比等没後に政権を担当し、三世一身法の施行などを行ったが、国家を傾けようとしていると密告され、自害に追い込まれた。

 鈴鹿王(すずか)【?−745】
 知太政官事。
 山形女王(やまがた)
 河内女王(かわち)

宮人 宍人〓(「木」+「穀」)媛娘(かじひめのいらつめ)
宮人の父 穴人大麻呂(おおまろ)
 刑部親王(おさかべ)/忍壁親王【?−705】
 知太政官事。大宝律令の制定に携わった。
 山前王(やまくま・やまさき)【?−723】
 小長谷女王(おはせ)【?−767】

 磯城皇子(しき)
 泊瀬部皇女天智天皇の系図
 多紀内親王施基皇子の系図

 御方大野(おおの)

スポンサーリンク

文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図

文武天皇~孝謙天皇・称徳天皇の系図

文武天皇

第42代 文武天皇(もんむ)/軽皇子(かる)/天之真宗豊祖父天皇(あまのまむねとよおおじ)【683−707/在位:697−707】
 大宝律令の施行や遣唐使の派遣などで律令政治を推し進めた。

祖父 天武天皇 草壁皇子天武天皇・持統天皇の系図

夫人 藤原宮子(みやこ・きゅうし)【?−754】
 聖武天皇を産んでから長年病を患っていたが、玄昉の看護により癒えたとされる。
夫人の父 藤原不比等藤原不比等の系図

 石川刀子娘(とすのいらつめ)
 高円広成・高円広世は、天皇と刀子娘の子とする説がある。
 紀竈門娘(かまどのいらつめ)

元明天皇

第43代 元明天皇(げんめい)/阿閉皇女(あべ)/日本根子天津御代豊国成姫天皇(やまとねこあまつみしろとよくになりひめ)【661−721/在位:707−715】
 女帝。文武天皇の遺詔により、首親王(聖武天皇)の即位を実現するための中継ぎとして即位した。

祖父 舒明天皇舒明天皇〜斉明天皇の系図
 天智天皇天智天皇の系図

 草壁皇子天武天皇・持統天皇の系図
 吉備内親王(きび)【?ー729】
 長屋王の妻。長屋王の変の際には、子供とともに後を追った。
 膳夫王(かしわで)【?−729】
 桑田王(くわた)【?−729】
 葛木王(かつらぎ)【?−729】
 鉤取王(かぎとり)【?−729】

元正天皇

第44代 元正天皇(げんしょう)/氷高内親王(ひだか)/日本根子高瑞浄足姫天皇(やまとねこたかみずきよたらしひめ)【680−748/在位:715−724】
 女帝。首親王(おびと)が幼年のため、中継ぎとして即位した。三世一身法を施行した。

聖武天皇

第45代 聖武天皇(しょうむ)/首親王(おびと)/天璽国押開豊桜彦天皇(あめしるしくにおしはらきとよさくらひこ)【701−756/在位:724−749】
 仏教興隆に尽くし、国分寺建立の詔や大仏造立の詔を出した。藤原広嗣の乱の後には、遷都を繰り返した。

皇后 藤原光明子(こうみょうし)/安宿媛(あすかべひめ)【701−760】
 長屋王の変後、慣習を破って臣下でありながら皇后になった。仏教に帰依したほか、社会救済事業として施薬院・悲田院を設けた。
 基王(もとい)【727−728】
 生後まもなく皇太子になったが夭折した。

夫人 県犬養広刀自(ひろとじ)【?−762】
夫人の父 県犬養唐(もろこし)
 安積親王(あさか)【728−744】
 脚の病気で若くして亡くなった。基王が亡くなった後、天皇の唯一の皇子であったため、暗殺されたとの説がある。
 井上内親王光仁天皇の系図
 不破内親王(ふわ)
 氷上志計志麿を皇位につけようと称徳天皇を呪詛し、京外に追放された。後に、氷上川継の謀反に連座して淡路に流された。
子の夫 塩焼王天武天皇・持統天皇の系図
 氷上志計志麿(しけしまろ)
 称徳天皇を呪詛したとして土佐に流された。
 氷上川継(かわつぐ)
 謀反をはかったとして伊豆に流された。藤原浜成の娘・法壱(→藤原麿・浜成の系図)を妻にした。

夫人 橘古那可智(こなかち)【?−759】
 東大寺大仏開眼会では宝物を献納し、法隆寺には調度などを奉納した。
夫人の父 橘佐為(さい)【?−737】
 聖武天皇の教育係を勤めた。娘・真都我は藤原乙麿(→藤原乙麿の系図)の妻になった。

夫人 藤原南夫人(みなみのぶにん)【?−748】
夫人の父 藤原武智麿藤原武智麿の系図

夫人 藤原北夫人(きたのぶにん)【?−760】
夫人の父 藤原房前藤原房前の系図

孝謙天皇(称徳天皇)

第46代 孝謙天皇(こうけん)/第48代 称徳天皇(しょうとく)/阿倍内親王(あべ)【718−770/在位:749−758・764−770】
 女帝。当初は藤原仲麿を重く用いたが、道鏡を寵愛したことで不和になった。藤原仲麿の乱後、重祚して道鏡を重く用いた。

スポンサーリンク

舎人親王・淳仁天皇の系図

舎人親王・淳仁天皇の系図

  舎人親王(とねり)【676−735】
 知太政官事。『日本書紀』の編纂を主宰した。

祖父 舒明天皇祖母 皇極天皇(斉明天皇)舒明天皇〜斉明天皇の系図
 天武天皇天武天皇・持統天皇の系図
祖父 天智天皇天智天皇の系図

 当麻山背(やましろ)
 淳仁天皇が廃された際、天皇とともに淡路に流された。

 三原王(みはら)/御原王【?−752】
 正三位。
 和気王(わけ)【?−765】
 参議。藤原仲麿の謀反を密告した。その後、謀反をはかったとして伊豆に流されることになり、その途中に殺された。
 弓削女王(ゆげ)
 夫・三方王らとともに桓武天皇を呪詛したとされ、日向に流された。
 細川王(ほそかわ)
 山口王(やまぐち)
 長津王(ながつ)
 淳仁天皇の廃位により、丹後に流された。
 小倉王(おぐら)
 臣籍降下して清原真人を称した。子に清原夏野(→淳和天皇の系図)がいる。
 石浦王(いしうら)
 小宅女王(おやけ)
 斎宮。

 三嶋王(みしま)
 林王(はやし)
 川辺女王(かわべ)【?−810】
 淳仁天皇の廃位により、伊豆に流された。
 葛女王(かずら)
 淳仁天皇の廃位により、伊豆に流された。
 山慢女王藤原仲麿の系図

 船王(ふね)
 従三位。橘奈良麿の乱では、関わった人物の取り調べを行った。藤原仲麿の乱に加わり、隠岐に流された。
 葦田王(あしだ)

 池田王(いけだ)
 従三位。藤原仲麿の乱に連座し、土佐に流された。
 守部王(もりべ)
 笠王(かさ)
 淳仁天皇の廃位により、丹後に流された。
 何鹿王(いかるが)
 淳仁天皇の廃位により、丹後に流された。
 為奈王(いな)
 淳仁天皇の廃位により、丹後に流された。

 飛鳥田女王(あすかだ)【727頃−782】
 室女王(むろ)


第47代 淳仁天皇(じゅんにん)/大炊王(おおい)【733−765/在位:758−764】
 藤原仲麿を重用し、恵美押勝の名を与えた。藤原仲麿が失脚すると、皇位を追われて淡路に流された。明治3年、歴代天皇に加えられた。

 粟田諸姉(もろえ・もろね)
妃の夫 藤原真従藤原仲麿の系図

 安部内親王(あべ)
 斎宮。

タイトルとURLをコピーしました