村上源氏の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、村上源氏の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

村上源氏の略系図

村上源氏の略系図

1-A1 為平親王為平親王の系図
1-A2 顕定源顕定の系図

2 具平親王具平親王の系図
3 師房源師房の系図
3-A1 俊房源俊房の系図
3-A2 師頼源師頼の系図
3-A3 師時源師時の系図
3-A4 師光源師光の系図
3-B 師忠源師忠の系図
3-C 広綱源広綱の系図

4 顕房源顕房の系図
4-A 顕仲源顕仲の系図
4-B 雅俊源雅俊の系図
4-C1 国信源国信の系図
4-C2 信時源信時・顕信の系図
4-C3 清信源清信の系図
4-D1 信雅源信雅・雅仲の系図
4-D2 有雅源有雅の系図
4-E1 雅兼源雅兼の系図
4-E2 雅綱源雅綱の系図
4-E3 雅頼源雅頼の系図
4-E4 定房源定房の系図
4-E5 兼忠源兼忠の系図
4-E6 定忠源定忠・師季の系図

スポンサーリンク

為平親王の系図

為平親王の系図

  為平親王(ためひら)【952-1010】
 源高明の娘と結婚したため、冷泉天皇受禅の際に立太子を避けられた。

祖父 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 村上天皇村上天皇の系図
祖父 藤原師輔藤原師輔の系図

 源高明の娘
妻の父 源高明源高明の系図
 婉子女王冷泉天皇・花山天皇の系図
 恭子女王(きょうし)【984-?】
 斎宮。
 源憲定(のりさだ)【?-1017】
 従三位。
 公綱/公経
 実は源成信(→村上天皇の系図)の子。
孫の夫 藤原頼通藤原頼通の系図

 源頼定(よりさだ)【977-1020】
 参議。
子の妻 橘輔政の娘
子の妻の父 橘輔政→橘輔政の系図

曾孫 頼賢
 父は源頼定とも。
曾孫 国房
国房の子の夫 寛雅源雅俊の系図

子の妻 藤原元子円融天皇・一条天皇の系図
子の妻 藤原綏子三条天皇の系図
子の妻 藤原有国の娘
子の妻の父 藤原有国藤原有国の系図

 源為定(ためさだ)
 源顕定源顕定の系図

 源教定(のりさだ)
 源敦定(あつさだ)
子の夫 具平親王具平親王の系図
 源師房源師房の系図

スポンサーリンク

源顕定の系図

源顕定の系図

  源顕定(あきさだ)【?-1023】

祖父 村上天皇村上天皇の系図
 為平親王為平親王の系図
祖父 源高明源高明の系図

 源済の娘
 資定【?-1070】
 母は源俊(→源定の系図)の娘とも。
子の妻 藤原家業の娘
子の妻の父 藤原家業藤原有国の系図

曾孫 有元〔養父:大江匡房(→大江匡房の系図)〕
有元孫 盛賢/信隆

有政孫 宗賢
 父は源有宗とも。

曾孫の夫 白河天皇白河天皇の系図

曾孫の夫 藤原実兼藤原実兼・通憲の系図
曾孫の夫 源義国→源義国の系図

孫の夫 藤原信長藤原信長の系図

 頼定/頼貞
子の夫 藤原実家藤原資業の系図

スポンサーリンク

具平親王の系図

具平親王の系図

  具平親王(ともひら)【964-1009】
 子孫は村上源氏として栄えた。後中書王と称された。

祖父 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 村上天皇村上天皇の系図
祖父 代明親王代明親王の系図

 為平親王の娘
妻の父 為平親王為平親王の系図

 嫥子女王藤原教通の系図
 源師房源師房の系図
 俊房源俊房の系図
 顕房源顕房の系図
 師忠源師忠の系図
 広綱源広綱の系図

 隆子女王藤原頼通の系図
 祇子女王円融天皇・一条天皇の系図
 藤原頼成〔養父:藤原伊祐〕→藤原頼成の系図

スポンサーリンク

源師房の系図

源師房の系図

  源師房(もろふさ)/資定【1008-1077】〔養父:藤原頼通(→藤原頼通の系図)〕
 右大臣。土御門右大臣と号された。日記は『土右記』。

祖父 村上天皇村上天皇の系図
 具平親王具平親王の系図
祖父 為平親王為平親王の系図

 藤原尊子(そんし)〔養父:藤原頼通(→藤原頼通の系図)〕
 藤原道長(→藤原道長の系図)の娘。
 俊房源俊房の系図
 師頼源師頼の系図
 師時源師時の系図

 顕房源顕房の系図
 雅実源雅実・雅定の系図
 顕仲源顕仲の系図
 雅俊源雅俊の系図
 国信源国信の系図
 信雅源信雅・雅仲の系図
 雅兼源雅兼の系図

 麗子藤原師実の系図
 藤原師通藤原師通の系図

 藤原頼宗の娘
妻の父 藤原頼宗藤原頼宗の系図
 師忠源師忠の系図

 広綱源広綱の系図
 仁覚(にんかく)【1045-1102】
 天台座主。
子の夫 藤原宗実藤原頼宗の系図

源俊房の系図

源俊房の系図

  源俊房(としふさ)【1035-1121】〔養父:藤原頼通(→藤原頼通の系図)〕
 左大臣。堀川左大臣と号した。皇位継承を巡る政争に敗れたため、村上源氏の主流は顕房の流れに移った。

祖父 具平親王具平親王の系図
 師房源師房の系図
祖父 藤原道長藤原道長の系図

 娟子内親王(けんし)【1032-1103】
 後朱雀天皇(→後一条天皇~後冷泉天皇の系図)の皇女。斎王。

 源実基の娘
妻の父 源実基源経房の系図
 師頼源師頼の系図
 師光源師光の系図

 証観(しょうかん)【1067-1136/1137】

 源基平の娘
妻の父 源基平→源基平の系図
 師時源師時の系図

 平重経の娘
 師俊【1080-1141】〔養父:源師忠(→源師忠の系図)〕
 権中納言。
子の妻 源俊頼の娘
子の妻の父 源俊頼源俊頼の系図

曾孫 公国
 実は源雅国(→源国信の系図)の子。

子の妻 源実俊の娘
子の妻の父 源実俊→源実俊の系図
 師盛
孫の妻 高階仲範の娘
孫の妻の父 高階仲範→高階仲範の系図

孫の夫 源雅国源国信の系図
孫の夫 藤原頼長藤原頼長の系図

 藤原重房の娘
妻の父 藤原重房藤原兼隆の系図
 明海/実運(じつうん)【1105-1160】
 醍醐寺座主。兄勝覚にまなんだ。

 藤原朝元の娘
妻の父 藤原朝元藤原朝元の系図
 勝覚(しょうかく)【1058-1129】
 東寺長者。

 仁寛(にんかん)
 輔仁親王の護持僧。鳥羽天皇の暗殺を企てたとして伊豆に流された。
 俊覚
 実は藤原公房(→藤原資房・公房の系図)の子。
 方子藤原長実の系図
子の夫 中御門宗俊中御門宗俊の系図

源師頼の系図

源師頼の系図

  源師頼(もろより)【1068-1139】〔養父:橘俊綱(→橘俊綱の系図)〕
 大納言。小野宮大納言と号した。

祖父 師房源師房の系図
 俊房源俊房の系図
祖父 源実基源経房の系図

 藤原通宗の娘
妻の父 藤原通宗藤原経平の系図

 通能
 実は源雅兼(→源雅兼の系図)の子。
孫の妻 藤原為経の娘
孫の妻の父 藤原為経藤原為経・隆信の系図
曾孫 隆宗/兼能

曾孫 真恵
 実は藤原宗隆(→藤原孝清~実隆の系図)の子。

 藤原忠俊の娘
妻の父 藤原忠俊藤原良頼の系図

孫の夫 藤原範実藤原永実・為真の系図

 藤原能実の娘
妻の父 藤原能実藤原能実の系図
 師光源師光の系図

 藤原令明の娘
妻の父 藤原令明藤原令明の系図

 左京大夫局土御門天皇の系図

子の夫 高倉重通高倉重通・家通の系図
子の夫 壬生光隆→壬生光隆の系図
子の夫 藤原為通藤原伊通の系図
子の夫 藤原顕能藤原顕能の系図

源師光の系図

源師光の系図

  源師光(もろみつ)
 歌人として活躍したが、官途には恵まれなかった。

祖父 俊房源俊房の系図
 師頼源師頼の系図
祖父 藤原能実藤原能実の系図

 藤原高定の娘
妻の父 藤原高定藤原定輔~孝博の系図

 後白河院安芸
 具親(ともちか)
 歌人。後鳥羽院歌壇で活躍した。
子の妻 藤原雅長の娘
子の妻の父 藤原雅長藤原雅教・雅長の系図

子の妻 平重時の娘
 輔通【1204-1249】
 従三位。
曾孫の夫 源雅忠久我通光の系図

輔通孫 具兼
 従三位。

 後鳥羽院宮内卿(ごとばいんのくないきょう)
 歌人。後鳥羽院に仕えた。

 俊信/泰光【1167-?】
 従三位。

源師時の系図

源師時の系図

  源師時(もろとき)【1077-1136】
 権中納言。日記は『長秋記』。

祖父 師房源師房の系図
 俊房源俊房の系図
祖父 源基平→源基平の系図

 源師忠の娘
妻の父 源師忠源師忠の系図
 師仲(もろなか)【1115-1172】
 権中納言。平治の乱で下野に流された。伏見源中納言と号した。
子の妻 光清の娘
子の妻の父 光清→光清の系図
 雅仲/定仲
曾孫 定衡/具定
曾孫の子の夫 源長信源有雅の系図

曾孫 師親/定時

 頼俊の娘
 師任/師季
子の妻 藤原定信の娘
子の妻の父 藤原定信藤原定実~伊行の系図

 師行【?-1172】
子の妻 藤原清兼の娘
子の妻の父 藤原清兼藤原忠清の系図
 有房〔養父:源有仁(→源有仁の系図)〕
 周防中将と号した。
孫の妻 平忠盛の娘
孫の妻の父 平忠盛→平忠盛の系図
曾孫 有通/盛房
 従三位。母は平清盛(→平清盛の系図)の娘とも。
曾孫の妻 丹波重長の娘
曾孫の妻の父 丹波重長→丹波重長の系図

有通孫 有教(ありのり)【1192-1254】
 従二位。
有教の妻 藤原行経の娘
有教の妻の父 藤原行経藤原俊経・盛経の系図

有教の妻 大中臣能隆の娘
有教の妻の父 大中臣能隆→大中臣能隆の系図

有教の妻 藤原行綱の娘
有教の妻の父 藤原行綱藤原義経の系図

有通孫 通清/有平

源師忠の系図

源師忠の系図

  源師忠【1054-1114】〔養子:源有隆(→源隆国の系図)〕
 大納言。沢大納言・壬生大納言と号した。

祖父 具平親王具平親王の系図
 師房源師房の系図
祖父 藤原頼宗藤原頼宗の系図

 俊長の娘
 師隆
子の妻 藤原為房の娘
子の妻の父 藤原為房藤原為房の系図
 俊隆/忠隆
孫の妻 藤原為隆の娘
孫の妻の父 藤原為隆藤原為隆の系図
曾孫 隆暁(りゅうぎょう)【1135-1206】〔養父:一条能保(→一条通重・能保の系図)〕

曾孫 晴俊/明俊

 師経
孫の妻 藤原季範の娘
孫の妻の父 藤原季範→藤原季範の系図

曾孫の夫 崇徳天皇鳥羽天皇~近衛天皇の系図

子の妻 藤原能実の娘
子の妻の父 藤原能実藤原能実の系図

孫の夫 藤原通基藤原基頼・通基の系図
曾孫 一条通重一条通重・能保の系図
曾孫 持明院基家持明院基家の系図

孫の夫 藤原隆頼藤原基隆の系図

 橘俊綱の娘
妻の父 橘俊綱→橘俊綱の系図

 藤原良綱の娘
妻の父 藤原良綱藤原良綱の系図
 藤原師通藤原師通の系図
 師長
子の妻 藤原能忠の娘
子の妻の父 藤原能忠藤原能季の系図

曾孫 師季/忠信
曾孫の夫 楊梅忠行楊梅重季~経季の系図

 師俊源俊房の系図
 実は源俊房の子。
 寛遍(かんぺん)【1100-1166】
 仁和寺の僧で、忍辱山流の祖。
子の夫 輔仁親王後三条天皇の系図
子の夫 源師時源師時の系図
子の夫 藤原尹時藤原尹時の系図
 師綱藤原師綱の系図

源広綱の系図

源広綱の系図

  源広綱
 実は藤原成国(→藤原貞直~親明の系図)の子。

祖父 具平親王具平親王の系図
 師房源師房の系図

 藤原頼季の娘
妻の父 藤原頼季藤原為長~頼綱の系図
 雅光
子の妻 藤原家定の娘
子の妻の父 藤原家定藤原師基の系図

 行忠/忠親
曾孫 季定/親綱

孫の夫 大炊御門忠成大炊御門忠成の系図
曾孫 光能大炊御門光能の系図

 顕俊
 父は源師房(→源師房の系図)とも。

スポンサーリンク

源顕房の系図

源顕房の系図

  源顕房(あきふさ)【1037-1094】〔養子:藤原成俊(→藤原頼成の系図)、源顕康(→清仁親王~源顕康の系図)〕
 右大臣。六条右大臣と号した。摂関家と親密な関係を結び、順調に昇進した。久我に別荘を営んだ。

祖父 具平親王具平親王の系図
 師房源師房の系図
祖父 藤原道長藤原道長の系図

 源隆子
 源隆俊(→源隆国の系図)の娘。
 雅実 雅定源雅実・雅定の系図
 賢子白河天皇の系図
 師子白河天皇の系図藤原忠実の系図
 藤原忠通藤原忠通の系図

 藤原定成の娘
妻の父 藤原定成藤原定成の系図
 顕仲源顕仲の系図

 藤原良任の娘
妻の父 藤原良任藤原季随の系図
 雅俊源雅俊の系図
 国信源国信の系図
 信時源信時・顕信の系図

 藤原伊綱の娘
妻の父 藤原伊綱藤原実範の系図
 信雅 雅仲源信雅・雅仲の系図
 顕雅(あきまさ)【1074-1136】
 権大納言。楊梅大納言と号した。無能を嘲笑された逸話がある。
子の妻 藤原為隆の娘
子の妻の父 藤原為隆藤原為隆の系図

子の妻 藤原顕季の娘
子の妻の父 藤原顕季藤原顕季の系図
 藤原仲実藤原仲実の系図

 顕定源雅俊の系図
 父は源雅俊とも。
孫の夫 難波頼経難波頼輔~宗長の系図
曾孫 飛鳥井雅経飛鳥井雅経~雅孝の系図

 藤原惟子
 藤原惟綱(→藤原頼成の系図)の娘。
 雅兼源雅兼の系図
 雅綱源雅綱の系図
 雅頼源雅頼の系図
 定房源定房の系図

 藤原良綱の娘
妻の父 藤原良綱藤原良綱の系図

 雅隆
 父は源雅兼(→源雅兼の系図)とも。
 季定〔養父:源信雅〕→源信雅・雅仲の系図
 定海(じょうかい)【1074-1149】
 東寺長者。醍醐寺の僧で初めて大僧正になった。
 隆覚(りゅうかく)【1074-1158】
子の妻 源俊頼の娘
子の妻の父 源俊頼源俊頼の系図

 定耀〔養父:源雅光(→源雅兼の系図)〕

子の夫 藤原顕隆藤原顕隆の系図
 顕長藤原顕長の系図

子の夫 白河天皇白河天皇の系図
子の夫 藤原師実藤原師実の系図

源顕仲の系図

源顕仲の系図

  源顕仲(あきなか)【1064-1138】
 従三位。歌人として活躍したほか、笙もよくした。

祖父 師房源師房の系図
 顕房源顕房の系図
祖父 藤原定成藤原定成の系図

 源俊輔の娘
妻の父 源俊輔源朝任の系図
 仲房
子の妻 藤原実宗の娘
子の妻の父 藤原実宗藤原定任の系図

曾孫 行雅
 父は源仲房とも。

 行雅
 父は源親房とも。

 忠季/忠房
孫の夫 藤原成親藤原成親の系図

 有房(ありふさ)
 父は源仲房とも。伯大夫と号した。
子の妻 藤原家範の娘
子の妻の父 藤原家範藤原師家・家範の系図

子の妻 藤原国定の娘
子の妻の父 藤原国定藤原有定の系図
 源行頼→源行頼の系図

 宗仲/宗房
曾孫 有季
 父は源有仲とも。

 俊尭/顕智
 待賢門院堀河(たいけんもんいんのほりかわ)
 歌人。令子内親王・待賢門院に仕えた。『百人一首』に歌が収められている。
 上西門院兵衛(じょうさいもんいんのひょうえ)
 歌人。上西門院に従い出家した。
子の夫 源義泰→源義泰の系図
子の夫 源為義→源為義の系図
子の夫 源雅光源雅兼の系図

源雅俊の系図

源雅俊の系図

  源雅俊【1064-1122】
 権大納言。

祖父 師房源師房の系図
 顕房源顕房の系図
祖父 藤原良任藤原季随の系図

 高階為家の娘
妻の父 高階為家→高階為家の系図
 顕重
子の妻 藤原季仲の娘
子の妻の父 藤原季仲藤原季仲の系図

 顕俊
子の妻 藤原惟信の娘
子の妻の父 藤原惟信藤原永頼の系図

 俊兼/光雅
 俊子徳大寺実能の系図

 顕親【1088-1160】
子の妻 源重資の娘
子の妻の父 源重資源重光の系図

曾孫 家俊
 従三位。
曾孫の妻 源光遠の娘
曾孫の妻の父 源光遠源光遠の系図

顕親孫 資俊
 従三位。
顕親孫 教俊
教俊の子の夫 綾小路信有綾小路信有~資能の系図

曾孫の妻 藤原成親の娘
曾孫の妻の父 藤原成親藤原成親の系図

孫の夫 藤原公行三条実行の系図

 藤原国明の娘
妻の父 藤原国明藤原師基の系図
 憲俊
子の妻 中御門宗忠の娘
子の妻の父 中御門宗忠中御門宗忠の系図

 公胤(こういん)【1145-1216】
 父は行顕とも。
 行顕
 父は源雅俊とも。
孫の夫 源成雅源信雅・雅仲の系図

 顕定〔養父:源雅定(→源雅実・雅定の系図)〕
 父は源顕雅(→源顕房の系図)とも。
子の妻 源光行の娘
子の妻の父 源光行→源光行の系図
 定宗
孫の妻 藤原資隆の娘
孫の妻の父 藤原資隆藤原兼隆の系図

 宗房〔養父:源定房(→源定房の系図)〕
 定遍〔養父:源雅定(→源雅実・雅定の系図)〕

 高階公俊の娘
 元海(げんかい)【1093-1156】
 醍醐寺座主。
 寛雅(かんが)
子の妻 源国房の娘
子の妻の父 源国房為平親王の系図

 俊寛(しゅんかん)
 鹿ヶ谷の陰謀により、硫黄島に流された。
曾孫の夫 源国雅源雅綱の系図
曾孫の夫 平頼盛→平頼盛の系図

 行顕
 父は源憲俊とも。

源国信の系図

源国信の系図

  源国信(くにざね)【1069-1111】
 権中納言。堀河天皇の側近で、歌人としても活躍した。坊城中納言と号した。

祖父 師房源師房の系図
 顕房源顕房の系図
祖父 藤原良任藤原季随の系図

 高階泰仲の娘
妻の父 高階泰仲→高階泰仲の系図
 顕国【1083-1121】
子の妻 仲宣の娘
 国通/信顕
 父は源国信とも。

子の妻 中御門宗忠の娘
子の妻の父 中御門宗忠中御門宗忠の系図
 恵珍【1117-1169】

 雅国
子の妻 源師俊の娘
子の妻の父 源師俊源俊房の系図
 公国〔養父:源師俊〕→源俊房の系図

孫の夫 源顕信源信時・顕信の系図
曾孫 清信源清信の系図

 雅慶〔養父:源雅定(→源雅実・雅定の系図)〕

 高階経成の娘
妻の父 高階経成→高階経成の系図
 信時 顕信源信時・顕信の系図

 俊国/国能
 国通/信顕
 父は源顕国とも。
 信子俊子藤原忠通の系図
 近衛基実近衛基実の系図
 松殿基房松殿基房の系図

源信時・顕信の系図

源信時・顕信の系図

  源信時【?-1163】

祖父 顕房源顕房の系図
 国信源国信の系図
祖父 高階経成→高階経成の系図


  源顕信/国時【1133-?】
 正三位。

 源雅国の娘
妻の父 源雅国源国信の系図
 清信源清信の系図

 成信/宗信/顕成
 父は源清信(→源清信の系図)とも。
 顕子近衛基通の系図
 近衛家実近衛家実・兼経の系図

源清信の系図

源清信の系図

  源清信【?-1217】
 従三位。

祖父 信時 顕信源信時・顕信の系図
祖父 源雅国源国信の系図

 憲頼の娘
 顕平(あきひら)【1188-1248】
 参議。
 資平(すけひら)【1223-1284】
 権中納言。歌人。家集は『資平集』。
孫の妻 源重助の娘
 足助重朝の娘と同一人物か。
曾孫 顕資【?-1317】
 参議。母は足助重朝の娘とも。
顕資孫 資栄【?-1317】
 参議。

曾孫 親教/師教/師親
 従三位。
親教孫 教時/親国

孫の妻 藤原親季の娘
孫の妻の父 藤原親季藤原親能・定季の系図
曾孫 親平【1255-?】
 参議。母は源定平の娘とも。
親平孫 国資
 参議。

孫の妻 姉小路顕朝の娘
孫の妻の父 姉小路顕朝藤原宗隆の系図

孫の妻 足助重朝の娘
 源重助の娘と同一人物か。
孫の妻の父 足助重朝→足助重朝の系図

曾孫の夫 藤原長嗣清水谷公定の系図

 清兼
 父は源清房とも。

 藤原惟方の娘
妻の父 藤原惟方藤原惟方の系図

 清兼
 父は源顕平とも。

源信雅・雅仲の系図

源信雅・雅仲の系図

  源信雅/家定【1079-1135】
 母は藤原良任(→藤原季随の系図)の娘、藤原良綱(→藤原良綱の系図)の娘とも。

祖父 師房源師房の系図
 顕房源顕房の系図
祖父 藤原伊綱藤原実範の系図

 源国房の娘
妻の父 源国房→源国房の系図

 高階為家の娘
妻の父 高階為家→高階為家の系図
 成雅
 父は源季定とも。母は藤原国明(→藤原師基の系図)の娘とも。
子の妻 源憲俊の娘
子の妻の父 源憲俊源雅俊の系図

 季定
 実は源顕房(→源顕房の系図)の子。
子の夫 藤原頼長藤原頼長の系図
子の夫 平忠盛→平忠盛の系図
子の夫 藤原光忠→藤原光忠の系図

曾孫 右京大夫局順徳天皇・仲恭天皇の系図


  源雅仲
 藤原国定の娘
妻の父 藤原国定藤原有定の系図
 有雅源有雅の系図

源有雅の系図

源有雅の系図

  源有雅/雅明
 父は源成雅(→源信雅・雅仲の系図)とも。

祖父 信雅 雅仲源信雅・雅仲の系図

 藤原家長の娘
 信定
子の妻 東一条院少納言局
 長信/信実
孫の妻 源定衡の娘
孫の妻の父 源定衡源師時の系図
曾孫 信基/信宗
曾孫の妻 藤原為綱の娘
曾孫の妻の父 藤原為綱藤原隆範の系図

長信孫 守信/信方

子の妻 藤原兼光の娘
子の妻の父 藤原兼光藤原兼光の系図

孫の夫 藤原家行楊梅季行の系図

曾孫 成経/信朝
 従三位。
曾孫の夫 九条道家九条道家の系図

重房孫 顕綱
 従三位。
重房孫 顕行
 正三位。
顕行の子の夫 藤原冬綱藤原隆範の系図

源雅兼の系図

源雅兼の系図

  源雅兼(まさかね)【1079-1143】
 権中納言。歌人。白河院・鳥羽院に重用された。薄雲中納言と号した。

祖父 師房源師房の系図
 顕房源顕房の系図
祖父 藤原惟綱藤原頼成の系図

 源忠宗の娘
 雅範
子の妻 平兼季の娘
子の妻の父 平兼季→平兼季の系図

 雅綱源雅綱の系図

 源能俊の娘
妻の父 源能俊源俊明の系図
 雅頼源雅頼の系図
 兼忠源兼忠の系図

 通能〔養父:源師能〕→源師頼の系図
 定房源定房の系図
 定忠源定忠・師季の系図

 藤原公基の娘
妻の父 藤原公基山科実教の系図
 季房
 父は源顕房(→源顕房の系図)とも。

 清円の娘
 雅光
 父は源顕房(→源顕房の系図)、源雅定(→源雅実・雅定の系図)とも。
子の妻 源顕仲の娘
子の妻の父 源顕仲源顕仲の系図

 尭仁/尭慶
 定耀
 実は隆覚(→源顕房の系図)の子。

 雅隆
 父は源顕房(→源顕房の系図)とも。
子の夫 藤原俊盛藤原顕盛の系図

源雅綱の系図

源雅綱の系図

  源雅綱【1107-1143】

祖父 顕房源顕房の系図
 雅兼源雅兼の系図

 基隆の娘
 国雅
子の妻 俊寛の娘
子の妻の父 俊寛源雅俊の系図

国雅孫 信雅〔養父:源雅言(→源兼忠の系図)〕

 藤原惟信の娘
妻の父 藤原惟信藤原永頼の系図
 宗雅(むねまさ)【?-1204】
 従三位。
子の妻 光清の娘
子の妻の父 光清→光清の系図
 顕兼(あきかね)【1160-1215】
 従三位。説話集の『古事談』を編んだ。
孫の妻 高階泰経の娘
孫の妻の父 高階泰経→高階泰経の系図
曾孫 顕清/顕時

孫の妻 藤原範隆の娘
孫の妻の父 藤原範隆藤原隆時の系図

 具兼
 父は源顕兼とも。

子の夫 滋野井実国滋野井実国~実宣の系図
 八条公清八条公清~一条公邦の系図

 宰相局順徳天皇・仲恭天皇の系図

源雅頼の系図

源雅頼の系図

  源雅頼(まさより)/雅仲【1127-1190】
 権中納言。猪熊源中納言と号した。

祖父 顕房源顕房の系図
 雅兼源雅兼の系図
祖父 源能俊源俊明の系図

 源盛定の娘
妻の父 源盛定源盛定の系図
 兼定【1149-1216】
 従三位。母は源盛経の娘とも。
 定平(さだひら)【?-1225】
 従三位。
孫の妻 藤原清範の娘
孫の妻の父 藤原清範藤原友実・能兼の系図
曾孫 頼兼/具成

孫の妻 疋田以助の娘
孫の妻の父 疋田以助→疋田以助の系図
孫の妻の夫 藤原基輔藤原道経・鷹司兼基の系図

曾孫 頼信室町家信の系図
 実は藤原長教の子。

 兼遍藤原範光の系図
 父は藤原範光とも。

 藤原家成の娘
妻の父 藤原家成藤原家成の系図
 兼忠源兼忠の系図

 菅原公賢の娘
妻の父 菅原公賢菅原時登の系図
 頼房/仲能

子の夫 西園寺公経西園寺公経の系図
 一条実有一条実有~実連の系図

子の夫 中院通方中院通方の系図

源兼忠の系図

源兼忠の系図

  源兼忠(かねただ)【1160-1209】
 権中納言。壬生中納言と号した。

祖父 雅兼源雅兼の系図
 雅頼源雅頼の系図
祖父 藤原家成藤原家成の系図

 持明院基家の娘
妻の父 持明院基家持明院基家の系図

 二条定能の娘
妻の父 二条定能二条定能の系図

 雅具/重能【1184-?】〔養父:堀川通具(→堀川通具~基具の系図)〕
 権中納言。
子の妻 高階業国の娘
子の妻の父 高階業国→高階業国の系図
 雅言(まさこと)【1227-1300】〔養子:信雅(→源雅綱の系図)〕
 権大納言。
孫の妻 安倍惟範の娘
曾孫 雅憲/兼世/為世【?-1326】
 権中納言。
曾孫の妻 源時経の娘
曾孫の妻の父 源時経源時賢・有資の系図

雅憲孫 雅康【1286-1347】
 権中納言。
雅憲孫 兼頼/雅重
雅憲孫 雅顕【1306-1349】
 参議。
雅憲孫 雅秀/雅茂
 参議。

雅憲孫 頼言
 従三位。父は源雅言とも。

雅守孫 俊言/言俊〔養子:源雅方〕
雅守孫 雅方〔養父:源俊言〕
 従三位。

曾孫 忠具/雅忠
親頼孫 厳信〔養父:慶信〕

源定房の系図

源定房の系図

  源定房(さだふさ)【1130-1188】〔養父:源雅定(→源雅実・雅定の系図)、養子:源宗房(→源雅俊の系図)〕
 大納言。堀川大納言と号した。

祖父 顕房源顕房の系図
 雅兼源雅兼の系図
祖父 源能俊源俊明の系図

 藤原家成の娘
妻の父 藤原家成藤原家成の系図
 雅行【1168-?】
 従三位。
子の妻 藤原実綱の娘
子の妻の父 藤原実綱三条公教の系図

 親行
孫の妻 藤原実綱の娘
孫の妻の父 藤原実綱三条公教の系図

 定忠 師季源定忠・師季の系図
子の夫 大炊御門経宗大炊御門経宗の系図
子の夫 藤原定輔水無瀬親信の系図
子の夫 平範国→平範国の系図
子の夫 吉田定経吉田経房・定経の系図

源定忠・師季の系図

源定忠・師季の系図

  源定忠

祖父 雅兼源雅兼の系図
 定房源定房の系図

 二条定能の娘
妻の父 二条定能二条定能の系図
 家定【1203-?】
 正三位。
 為定/時定
曾孫 定親/守忠【1292-?】
 従三位。
曾孫 定行/定資

孫の夫 源通世中院通方の系図

曾孫 定平/良定
 従三位。
定成孫 定清(さだきよ)【?-1335】

 藤原家行〔養父:藤原能季〕→楊梅季行の系図

子の夫 飛鳥井教定飛鳥井雅経~雅孝の系図


  源師季【1188-?】
 正三位。
 季方→源季方の系図
子の夫 源通行源通親の系図

タイトルとURLをコピーしました