藤原氏北家の系図(鎌足~忠平)

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、藤原氏北家の系図(鎌足~忠平)を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

 藤原北家は藤原房前を祖としますが、藤原鎌足・藤原不比等もこのページに載せています。

スポンサーリンク

藤原氏北家の略系図

藤原氏北家の略系図

1 鎌足藤原鎌足の系図
2 不比等藤原不比等の系図

3 房前藤原房前の系図
3-A1 鳥養藤原鳥養・小黒麿の系図
3-A2 葛野麿道継道雄藤原葛野麿・道継・道雄の系図
3-A3 常嗣常永氏宗藤原常嗣・常永・氏宗の系図
3-B1 永手藤原永手の系図
3-B2 家依藤原家依の系図
3-C1 楓麿藤原楓麿の系図
3-C2 園人藤原園人の系図
3-C3 園主藤原園主の系図

4 真楯藤原真楯の系図
4-A 真永藤原真永の系図

5 内麿藤原内麿の系図
5-A 桜麿長岡藤原桜麿・長岡の系図
5-B 福当麿藤原福当麿の系図

6 冬嗣藤原冬嗣の系図
6-A 良相藤原良相の系図
6-B 良門藤原良門の系図
6-C 良仁藤原良仁の系図

7 良房藤原良房・基経の系図
8-A1 時平藤原時平の系図
8-A2 顕忠藤原顕忠の系図
8-A3 敦忠藤原敦忠の系図
8-A4 助信藤原助信の系図

9 忠平藤原忠平の系図

藤原氏北家の略系図2

10 師輔藤原師輔の系図
10-A1 兼通藤原兼通の系図
10-A2 顕光藤原顕光の系図
10-A3 朝光正光藤原朝光・正光の系図
10-B 遠量忠君遠度遠基藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

11 兼家藤原兼家の系図
12 道長藤原道長の系図
12-A 能信藤原能信の系図
12-B1 教通藤原教通の系図
12-B2 信長藤原信長の系図
12-B3 信家藤原信家の系図

13 頼通藤原頼通の系図
14 師実藤原師実の系図
14-A 能実藤原能実の系図

15 師通藤原師通の系図
15-A 家隆藤原家隆の系図

16 忠実藤原忠実の系図
16-A 頼長藤原頼長の系図

17 忠通藤原忠通の系図
17-A 兼房藤原兼房の系図

スポンサーリンク

藤原鎌足の系図

藤原鎌足の系図

  藤原鎌足(かまたり)/中臣鎌子【614−669】〔養子:中臣意美麿〕
 内臣。藤原氏の祖。中大兄皇子らと大化改新を進めた。臨終の際に天智天皇から藤原の姓と大織冠の冠位を賜った。

祖父 大伴咋(くい)
 物部守屋の討伐に加わったほか、任那の再興のために尽力した。
 中臣御食子(みけこ)
 推古朝の大夫。

 鏡女王(かがみ)【?−683】
 系譜未詳。舒明天皇の皇女との説、額田王の姉との説がある。万葉歌人で『万葉集』には鎌足とやり取りした歌も収録されている。
 車持与志古娘(よしこのいらつめ)
 不比等藤原不比等の系図
 武智麿藤原武智麿の系図
 房前藤原房前の系図
 宇合藤原宇合の系図
 麿藤原麿・浜成の系図

 定恵(じょうえ)【643−665】
 入唐し、長安にある慧日の道場で神泰に師事した。

 安見児(やすみこ)
 采女。天智天皇の命で鎌足の妻になったとされる。『万葉集』にはそれを喜ぶ歌が収められている。

 氷上娘五百重娘天武天皇・持統天皇の系図
 耳面刀自弘文天皇の系図

子の夫 中臣意美麿(おみまろ)【?−711】
 中納言。大津皇子の謀反に関与したとして捕らえられたが、事件後赦された。

スポンサーリンク

藤原不比等の系図

藤原不比等の系図

  藤原不比等(ふひと)【659−720】
 右大臣。大宝律令・養老律令の制定に携わった。

 鎌足藤原鎌足の系図

 蘇我娼子(しょうし)
妻の父 蘇我連子(むらじこ)【?−664】
 武智麿藤原武智麿の系図
 豊成藤原豊成・継縄の系図
 仲麿藤原仲麿の系図
 乙麿藤原乙麿の系図
 巨勢麿藤原巨勢麿の系図

 房前藤原房前の系図
 鳥養藤原鳥養・小黒麿の系図
 永手藤原永手の系図
 真楯藤原真楯の系図
 魚名藤原魚名の系図
 楓麿藤原楓麿の系図

 宇合藤原宇合の系図
 良継藤原良継の系図
 清成藤原清成・種継の系図
 綱手藤原綱手の系図
 百川藤原百川・緒嗣の系図
 蔵下麿藤原蔵下麿の系図

 藤原五百重娘天武天皇・持統天皇の系図
 麿 浜成藤原麿・浜成の系図
 勝人藤原勝人の系図

 県犬養橘三千代(みちよ)【?−733】
 光明子文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図

 賀茂比売(かものひめ)【?−735】
 宮子文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図

 長娥子(ながこ)
子の夫 長屋王天武天皇・持統天皇の系図
 安宿王(あすかべ)
 橘奈良麿の変に連座し、佐渡に流された。
 黄文王(きぶみ)【?−757】
 橘奈良麿の変では太子に擁立されようとしたが、捕らえられて獄中で亡くなった。
 藤原弟貞(おとさだ)/山背王(やましろ)【?−763】
 参議。橘奈良麿が陰謀を企てていることを密告した。後に、母の姓の藤原を継いだ。娘が藤原巨勢麿(→藤原巨勢麿の系図)の妻になった。
 教勝(きょうしょう)

 多比能(たひの)
子の夫 橘諸兄(もろえ)/葛城王【684−757】
 左大臣。藤原四子らが疱瘡で亡くなった後、長い間政権の中心にあった。
 橘奈良麿(ならまろ)【721−757】
 参議。藤原仲麿の台頭を受け、政変を企画するも、発覚して捕らえられて獄中で亡くなった。

 片野藤原房前の系図

子の夫 大伴古慈斐(こしび)【695−777】
 従三位。

スポンサーリンク

藤原房前の系図

藤原房前の系図

  藤原房前(ふささき)【681−737】
 参議。北家の祖。居宅が武智麿よりも北方にあったことによる。天然痘で亡くなった。

祖父 鎌足藤原鎌足の系図
 不比等藤原不比等の系図

 春日倉老女
妻の父 春日倉老(おゆ)
 僧であったが還俗した。『万葉集』や『懐風藻』に作品が収められている。
 鳥養 小黒麿藤原鳥養・小黒麿の系図

 牟漏女王(むろ)【?−746】
 永手藤原永手の系図
 家依藤原家依の系図

 真楯藤原真楯の系図
 真永藤原真永の系図
 内麿藤原内麿の系図

 御楯(みたて)/千尋(ちひろ)【715−764】
 参議。藤原仲麿政権を支えた。
子の妻 藤原児従(こより)
 藤原仲麿(→藤原仲麿の系図)の娘。

 藤原片野
 清河(きよかわ)/河清
 参議。遣唐大使として唐に渡った。永年唐に仕えたが、帰国は叶わなかった。
 喜娘(きじょう)
 父の客死後、帰国のために遣唐使船に乗った。暴風に遭って漂流した末、天草に辿り着いた。

 魚名藤原魚名の系図
 鷹取・鷲取藤原鷲取・鷹取の系図
 末茂藤原末茂の系図
 藤成藤原藤成〜村雄の系図

 阿波采女
 楓麿藤原楓麿の系図
 園人藤原園人の系図
 園主藤原園主の系図

 北夫人文武天皇〜孝謙天皇・称徳天皇の系図
 宇比良古藤原仲麿の系図

子の夫 藤原豊成藤原豊成・継縄の系図

藤原鳥養・小黒麿の系図

藤原鳥養・小黒麿の系図

  藤原鳥養(とりかい)

祖父 不比等藤原不比等の系図
 房前藤原房前の系図

 大伴道足の娘
妻の父 大伴道足(みちたり)【?−741】
 参議。阿倍帯麿の殺人事件の処理を誤った。

子の夫 藤原永手藤原永手の系図
 藤原家依藤原家依の系図


  藤原小黒麿(おぐろまろ)【733−794】
 大納言。征夷にあたったほか、遷都にあたっては、遷都先の地をみる使者になった。
 秦嶋麿の娘
妻の父 秦嶋麿(しままろ)【?−747】
 造宮録として、恭仁宮の造営にあたった。
 葛野麿藤原葛野麿・道継・道雄の系図
 常嗣氏宗 常永藤原常嗣・常永・氏宗の系図

 藤原魚名の娘
妻の父 藤原魚名藤原魚名の系図
 道雄藤原葛野麿・道継・道雄の系図

 道継藤原葛野麿・道継・道雄の系図
 上子桓武天皇の系図
 氏子藤原乙縄の系図

藤原葛野麿・道継・道雄の系図

藤原葛野麿・道継・道雄の系図

  藤原葛野麿(かどのまろ)【755−818】
 中納言。平城天皇に東宮時代から仕えた。薬子の変では、平城上皇を諫めた。

祖父 鳥養 小黒麿藤原鳥養・小黒麿の系図

 菅野浄子(菅野池成の娘)
 常嗣藤原常嗣・常永・氏宗の系図

 和気清麿の娘
妻の父 和気清麿(きよまろ)【733-799】
 従三位。宇佐八幡宮信託事件で左遷された。光仁天皇の即位で呼び戻され、桓武天皇に登用された。
 氏宗藤原常嗣・常永・氏宗の系図

 常永藤原常嗣・常永・氏宗の系図
 弟貞
 豊宗・高貞と同母。
孫の夫 藤原嗣宗藤原真永の系図


  藤原道継(みちつぐ)【756−822】
子の夫 藤原三藤藤原貞嗣の系図


  藤原道雄【771−823】
 参議。

祖父 藤原魚名藤原魚名の系図

 藤原末茂の娘
妻の父 藤原末茂藤原末茂の系図

 世則
孫の妻の父 藤原関雄藤原真夏の系図

藤原常嗣・常永・氏宗の系図

藤原常嗣・常永・氏宗の系図

  藤原常嗣(つねつぐ)【796−840】
 参議。清原夏野らと『令義解』を撰述した。遣唐使として唐にも渡った。

祖父 小黒麿藤原鳥養・小黒麿の系図
 葛野麿藤原葛野麿・道継・道雄の系図

 藤原緒嗣の娘
妻の父 藤原緒嗣藤原百川・緒嗣の系図
 興邦(おきくに)【821-863】
 文弘
子の妻 藤原春津の娘
子の妻の父 藤原春津藤原春津の系図
 澄影影覧
 父は藤原興邦とも。


  藤原常永
 伴真臣の娘
 是法/是清

 清身【?-906】


  藤原氏宗(うじむね)【810−872】
 大納言。『貞観格式』の編纂に携わった。

 菅原門守の娘
 春景(はるかげ)

 藤原藤成の娘
妻の父 藤原藤成藤原藤成〜村雄の系図

 藤原淑子(よしこ・しゅくし)【838-906】
 宇多天皇の養母で、尚侍として後宮で力を持った。
妻の父 藤原長良藤原長良の系図

藤原永手の系図

藤原永手の系図

  藤原永手(ながて)【714−771】
 左大臣。称徳天皇の崩御後、光仁天皇の擁立に尽力した。

祖父 不比等藤原不比等の系図
 房前藤原房前の系図

 藤原鳥養の娘
妻の父 藤原鳥養藤原鳥養・小黒麿の系図
 家依藤原家依の系図
 曹司光仁天皇の系図

 藤原良継の娘
妻の父 藤原良継藤原良継の系図
 雄依(おより)
 藤原種継暗殺事件により、隠岐に流された。
子の妻 大伴潔足の妻
子の妻の父 大伴潔足(きよたり)【716−792】
 参議。

 大野仲仟(なかち)【?−781】
 尚侍及び尚蔵を務めた。
妻の父 大野東人(あずまひと)【?−742】
 参議。陸奥から出羽柵への直通路を建設し、藤原広嗣の乱を鎮圧した。

子の夫 藤原巨勢麿藤原巨勢麿の系図
 藤原貞嗣藤原貞嗣の系図

子の夫 藤原内麿藤原内麿の系図

藤原家依の系図

藤原家依の系図

  藤原家依(いえより)【743−785】
 参議。

祖父 房前藤原房前の系図
 永手藤原永手の系図
祖父 藤原鳥養藤原鳥養・小黒麿の系図

 藤原良継の娘
妻の父 藤原良継藤原良継の系図

 仲子桓武天皇の系図

藤原楓麿の系図

藤原楓麿の系図

  藤原楓麿(かえでまろ)【723−776】
 参議。

祖父 不比等藤原不比等の系図
 房前藤原房前の系図

 藤原良継女
妻の父 藤原良継藤原良継の系図
 園人藤原園人の系図

 園主藤原園主の系図
孫の夫 藤原道麿藤原乙叡・真葛の系図

藤原園人の系図

藤原園人の系図

  藤原園人(そのひと)【756−818】
 右大臣。地方官として治績を挙げたほか、万多親王らと『新撰姓氏録』を撰した。

祖父 房前藤原房前の系図
 楓麿藤原楓麿の系図
祖父 藤原良継藤原良継の系図

 藤原園主の娘
妻の父 藤原園主藤原園主の系図

 氏雄(うじお)

孫の夫 藤原良仁藤原良仁の系図

藤原園主の系図

藤原園主の系図

  藤原園主
 父は藤原園人(→藤原園人の系図)とも。

祖父 房前藤原房前の系図
 楓麿藤原楓麿の系図

子の夫 藤原園人藤原園人の系図

 貞守(さだもり)【798−859】
 参議。承和の変では越後権守に左遷された。
曾孫 今子文徳天皇の系図
曾孫の夫 藤原清経藤原清経・元名の系図

孫の夫 藤原氏主藤原乙叡・真葛の系図

スポンサーリンク

藤原真楯の系図

藤原真楯の系図

  藤原真楯(またて)/八束(やつか)【715−766】
 大納言。公平な人柄であると賞され、聖武天皇にも寵遇された。

祖父 不比等藤原不比等の系図
 房前藤原房前の系図

 佐美飛鳥麿の娘
 真永藤原真永の系図

 阿倍帯麿の娘
 内麿藤原内麿の系図
 真夏藤原真夏の系図
 冬嗣藤原冬嗣の系図
 桜麿長岡藤原桜麿・長岡の系図
 福当麿藤原福当麿の系図

藤原真永の系図

藤原真永の系図

  藤原真永

祖父 房前藤原房前の系図
 真楯藤原真楯の系図

 安倍息道の娘
妻の父 安倍息道(おきみち)/奥道【?−774】
 藤原仲麿の乱で功をあげた。

 佐伯久良麿の娘
妻の父 佐伯久良麿(くらまろ)
 蝦夷の征討で功をあげた。

 嗣宗
孫の妻の父 藤原弟貞藤原葛野麿・道継・道雄の系図

曾孫 敏直
曾孫の妻の父 藤原永雄藤原良因・長道の系図

曾孫 朝野
曾孫の子の夫 藤原敦舒→藤原敦舒の系図

スポンサーリンク

藤原内麿の系図

藤原内麿の系図

  藤原内麿(うちまろ)【756−812】
 右大臣。温雅で信望があり、永く首班にあったが誤りがなかったという。

祖父 房前藤原房前の系図
 真楯藤原真楯の系図

 百済永継桓武天皇の系図
 真夏藤原真夏の系図
 越雄竹雄藤原越雄・竹雄~光業の系図
 浜雄藤原浜雄~輔道の系図

 冬嗣藤原冬嗣の系図
 長良藤原長良の系図
 良房藤原良房・基経の系図
 良相藤原良相の系図
 良門藤原良門の系図
 良仁藤原良仁の系図
 良世藤原良世の系図

 坂上苅田麿の娘
妻の父 坂上苅田麿桓武天皇の系図
 福当麿藤原福当麿の系図

 依常大神の娘
 愛発(ちかなり・あらち)【787−843】
 大納言。承和の変に連座し、京外に追放された。
子の妻の父 藤原真夏藤原真夏の系図

 藤原永手の娘
妻の父 藤原永手藤原永手の系図
 (まもる)【799−857】
子の妻 恒世親王の娘
子の妻の父 恒世親王淳和天皇の系図
 後実(のちみ)/俊実

 桜麿長岡藤原桜麿・長岡の系図
 大津(おおつ)【792−854】
 身長が低かったものの気力があった。良き地方官として慕われたという。
 良縄(よしただ)【814−868】
 参議。文徳天皇に信頼された。
曾孫 邦直(くになお)

 (たすく)【799−853】
 参議。
 緒夏嵯峨天皇の系図
子の夫 紀有常(ありつね)

藤原桜麿・長岡の系図

藤原桜麿・長岡の系図

  藤原桜麿

祖父 真楯藤原真楯の系図
 内麿藤原内麿の系図

 雄滝(おおたき)


  藤原長岡

 奉公(ともきみ)・発生(ちかふ)
 父は藤原春岡(→藤原藤嗣の系図)とも。
孫の夫 藤原言行藤原山蔭の系図

 統仁(むねひと)
 統方(むねまさ)
 潔子淳和天皇の系図

子の夫 藤原清瀬藤原助継の系図

藤原福当麿の系図

藤原福当麿の系図

  藤原福当麿(ふたきまろ・とみまさまろ・ふくたまろ)

祖父 真楯藤原真楯の系図
 内麿藤原内麿の系図

 諸数/緒数
 村松(むらまつ)
 村椙/村榲
孫の妻 榎井嶋長の娘
曾孫 扶幹
 大納言。
扶幹の子の夫 藤原元名藤原清経・元名の系図

扶幹孫 合間(よしちか)/合問

曾孫 澄覚
 父は藤原扶幹とも。
澄覚孫 典雅〔養父:藤原文範(→藤原文範の系図)〕→藤原典雅の系図

曾孫の夫 藤原元名藤原清経・元名の系図
曾孫の夫 藤原正茂藤原高扶~維幾の系図

依作孫 薫文(かおふん)/業文
依作孫 薫久(かおひさ)/業久
依作孫 右賢/有賢

 貞数/真数
貞数孫 維香(ゆきか)

 在淵(あきふか)
曾孫 清雅仁斅/永房
 父は藤原数守とも。

 賀登子仁明天皇の系図

スポンサーリンク

藤原冬嗣の系図

藤原冬嗣の系図

  藤原冬嗣(ふゆつぐ)【775−826】
 左大臣。嵯峨天皇の近臣として、初代蔵人頭を務めた。藤原氏出身の学生のために勧学院を創設した。

祖父 真楯藤原真楯の系図
 内麿藤原内麿の系図

 藤原美都子(みつこ)【791−828】
妻の父 藤原真作藤原真作の系図
 長良藤原長良の系図
 国経藤原国経・忠幹の系図
 遠経藤原遠経の系図
 高経藤原高経・惟岳の系図
 清経藤原清経・元名の系図

 良房 基経藤原良房・基経の系図
 良相藤原良相の系図
 順子仁明天皇の系図
 文徳天皇文徳天皇の系図

 安倍雄笠の娘
 良門藤原良門の系図
 利基藤原利基・兼輔の系図
 高藤藤原高藤の系図

 嶋田村作の娘
 良仁藤原良仁の系図

 大庭王の娘
 良世藤原良世の系図
 恒佐藤原恒佐・懐忠の系図

 古子文徳天皇の系図

藤原良相の系図

藤原良相の系図

  藤原良相(よしみ)【813-867】
 右大臣。『貞観格式』『続日本後紀』の編纂に携わったほか、崇親院を設けた。

祖父 内麿藤原内麿の系図
 冬嗣藤原冬嗣の系図
祖父 藤原真作藤原真作の系図

 大江乙枝の娘
 常行(つねゆき・ときつら)【836-875】
 大納言。百鬼夜行に遭遇した説話をもつ。
子の妻の父 藤原三藤藤原貞嗣の系図

曾孫の夫 藤原繁時藤原浜雄~輔道の系図

 多賀幾子文徳天皇の系図
 多美子清和天皇の系図

藤原良門の系図

藤原良門の系図

  藤原良門

祖父 内麿藤原内麿の系図
 冬嗣藤原冬嗣の系図

 飛鳥部名村の娘
 利基 兼輔藤原利基・兼輔の系図

 高田春子(高田沙弥麿の娘)
 高藤藤原高藤の系図
 定国藤原定国の系図
 定方藤原定方の系図

藤原良仁の系図

藤原良仁の系図

  藤原良仁(よしひと)【819-860】
 読書を好み、馬を愛したとされる。

祖父 内麿藤原内麿の系図
 冬嗣藤原冬嗣の系図

 藤原浜主の娘
妻の父 藤原浜主藤原園人の系図
 藤原有実(ありざね)【847-914】
 参議。
子の妻 藤原有貞の娘
子の妻の父 藤原有貞藤原有貞の系図

孫の夫 宇多天皇宇多天皇の系図
孫の夫 藤原定国藤原定国の系図

行能孫 凉風/淳風

近光孫 盛仲
 父は藤原光憲(→藤原範綱の系図)とも。

当国孫 陳泰
 父は藤原当国とも。

スポンサーリンク

藤原良房・基経の系図

藤原良房・基経の系図

  藤原良房(よしふさ)【804-872】
 摂政・太政大臣。幼い清和天皇を擁立し、外戚として権勢を振るい、摂関政治の基礎を作った。

祖父 内麿藤原内麿の系図
 冬嗣藤原冬嗣の系図
祖父 藤原真作藤原真作の系図

 源潔姫(きよひめ)【810-856】
妻の父 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図
 明子文徳天皇の系図


  藤原基経(もとつね)【836-891】
 摂政・関白・太政大臣。実は藤原長良(→藤原長良の系図)の子。陽成天皇の廃立や阿衡の紛議などにより、勢力の拡大を図った。

 人康親王の娘
妻の父 人康親王人康親王・本康親王・源光の系図
 時平藤原時平の系図
 顕忠藤原顕忠の系図
 敦忠藤原敦忠の系図

 仲平(なかひら)【875-945】
 左大臣。伊勢と歌の交流があり、『伊勢集』に収められている。
 暁子有明親王・源守清の系図
 明子藤原敦忠の系図

 忠平藤原忠平の系図
 実頼藤原実頼の系図
 師輔藤原師輔の系図
 師尹藤原師尹の系図

 頼子佳珠子清和天皇の系図
 穏子 朱雀天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 村上天皇村上天皇の系図

 操子女王(そうし)【850-?】
妻の父 忠良親王嵯峨天皇の系図
 兼平【875-935】
 琵琶が上手であり、比巴宮内卿の号がある。
 温子宇多天皇の系図

子の夫 貞元親王清和天皇の系図
子の夫 源能有源能有の系図

藤原時平の系図

藤原時平の系図

  藤原時平(ときひら)【871-909】
 左大臣。菅原道真の左遷に関与したとされ、若くしての死は道真の祟りともいわれる。

祖父 良房 基経藤原良房・基経の系図
祖父 人康親王人康親王・本康親王・源光の系図

 源昇の娘
妻の父 源昇源融~宛の系図
 顕忠藤原顕忠の系図

 廉子女王
妻の父 本康親王人康親王・本康親王・源光の系図
 保忠(やすただ)【890-936】〔養子:藤原頼忠(→藤原頼忠の系図)〕
 大納言。笙の名手。

 在原棟梁の娘
 藤原国経藤原国経・忠幹の系図
 敦忠藤原敦忠の系図
 助信藤原助信の系図

 褒子宇多天皇の系図
 仁善子醍醐天皇・朱雀天皇の系図
子の夫 克明親王克明親王・重明親王の系図
子の夫 敦実親王敦実親王の系図
 源雅信源雅信の系図
 源重信源重信の系図

子の夫 藤原実頼藤原実頼の系図
 頼忠藤原頼忠の系図
 斉敏藤原斉敏の系図

藤原顕忠の系図

藤原顕忠の系図

  藤原顕忠(あきただ)【898-965】
 右大臣。母は源湛(→源融~宛の系図)の娘とも。菅原道真の怨霊を畏れ、慎み深かったため、長寿を保ったとされる。

祖父 基経藤原良房・基経の系図
 時平藤原時平の系図
祖父 源昇源融~宛の系図

 藤原朝鑑の娘
妻の父 藤原朝鑑藤原興世の系図
 元輔
 参議。
 為義
 父は藤原信義とも。

 重輔/重扶
子の妻 源喜生の娘
 致貞/致直
 父は藤原重家(→藤原顕光の系図)とも。

 心誉(しんよ)【957-1045】
 天台宗僧侶。藤原道長・頼通の信任が厚かった。

 信輔
子の妻 藤原清兼の娘
子の妻の父 藤原清兼藤原興世の系図

子の夫 藤原師輔藤原師輔の系図
 遠量遠基藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

子の夫 行明親王宇多天皇の系図

藤原敦忠の系図

藤原敦忠の系図

  藤原敦忠(あつただ)【906-943】
 権中納言。母は廉子女王(→人康親王・本康親王・源光の系図)とも。和歌に優れ、『百人一首』にも歌が収められている。

祖父 基経藤原良房・基経の系図
 時平藤原時平の系図

 源等の娘
妻の父 源等源信・弘の系図
 助信藤原助信の系図

 藤原明子
妻の父 藤原仲平藤原良房・基経の系図

 藤原玄上の娘
妻の父 藤原玄上藤原有統の系図
 式明親王常明親王・式明親王・兼明親王の系図

 佐理(すけまさ)/真覚(しんがく)
 大雲寺の開山となった。
子の妻 藤原文範の娘
子の妻の父 藤原文範藤原文範の系図
 邦明〔養父:藤原文範(→藤原文範の系図)〕

 文慶(もんきょう)【966-1046】
 大雲寺の別当を務めた。

子の夫 源延光→源延光の系図

藤原助信の系図

藤原助信の系図

  藤原助信(すけのぶ)【?-966】

祖父 時平藤原時平の系図
 敦忠藤原敦忠の系図
祖父 源等源信・弘の系図

 藤原俊連の娘
 相如(すけゆき)【?-995】
 藤原道兼の家司を務めた。
子の妻 藤原安親の娘
子の妻の父 藤原安親藤原安親の系図
 親任
孫の妻 源忠理の娘
孫の妻の父 源忠理是忠親王の系図
曾孫 宗基/親房
宗基孫 有信/文遠
有信の妻 橘俊基の娘
有信の妻の父 橘俊基→橘俊基の系図

孫の夫 源兼澄源信孝の系図
孫の夫 藤原頼政藤原安隆~清兼の系図

 源英明の娘
妻の父 源英明斉世親王・敦慶親王の系図

 平希世の娘
妻の父 平希世人康親王・本康親王・源光の系図

スポンサーリンク

藤原忠平の系図

藤原忠平の系図

  藤原忠平(ただひら)【880-949】
 摂政・関白・太政大臣。『百人一首』に歌が収められている。日記『貞信公記』が伝わる。

祖父 良房 基経藤原良房・基経の系図
祖父 人康親王人康親王・本康親王・源光の系図

 源順子(じゅんし)【875-925】
 生没年から宇多天皇の皇女でない可能性もある。
妻の父 宇多天皇宇多天皇の系図
 実頼藤原実頼の系図
 頼忠藤原頼忠の系図
 斉敏藤原斉敏の系図

 源昭子
妻の父 源能有源能有の系図
 師輔藤原師輔の系図
 伊尹藤原伊尹・義孝の系図
 兼通藤原兼通の系図
 兼家藤原兼家の系図
 遠度 遠量忠君遠基藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図
 為光藤原為光の系図
 公季藤原公季・実成の系図

 師氏(もろうじ)【913-970】
 大納言。
子の妻 靖子内親王(せいし)【915-950】
子の妻の父 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図

 親賢
孫の妻 源信明の娘
孫の妻の父 源信明源信明の系図
曾孫 保信
 父は藤原師氏とも。

 師尹藤原師尹の系図
 定時藤原定時・実方の系図
 済時藤原済時の系図

 忠君藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図
 実は藤原師輔(→藤原師輔の系図)の子。
 貴子醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 寛子克明親王・重明親王の系図
子の夫 藤原諸房藤原諸房の系図

タイトルとURLをコピーしました