持明院家(藤原氏北家・頼宗流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、持明院家(藤原氏北家・頼宗流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

藤原基頼・通基の系図

藤原基頼・通基の系図

  藤原基頼(もとより)【1040-1122】
 持明院家の祖。家名は、基頼が邸内に建立した持仏堂の名に因む。

祖父 頼宗藤原頼宗の系図
 俊家藤原俊家の系図

 藤原国仲の娘
妻の父 藤原国仲藤原国仲の系図


  藤原通基【1090-1148】
 源師隆の娘
妻の父 源師隆源師忠の系図
 一条通重 能保一条通重・能保の系図
 持明院基家持明院基家の系図
 基宗持明院基宗~基世の系図
 保家持明院保家の系図
 園基氏園基氏~基藤の系図

 良基/良喜
子の夫 西園寺公通西園寺公通の系図
 実宗西園寺実宗の系図

 休子藤原信隆の系図
 坊門信清坊門信清の系図

子の夫 藤原実綱三条公教の系図

一条通重・能保の系図

一条通重・能保の系図

  一条通重/長基

祖父 基頼 通基藤原基頼・通基の系図
祖父 源師隆源師忠の系図

 徳大寺公能の娘
妻の父 徳大寺公能徳大寺公能の系図
子の夫 藤原公衡藤原実守・実印・実快の系図


  一条能保(よしやす)【1147-1197】〔養子:隆暁(→源師忠の系図)〕
 権中納言。源頼朝の後ろ盾で昇進し、京都守護として幕府と院の間を仲介した。
 源義朝の娘【1145-1190】
 後鳥羽天皇の乳母。
妻の父 源義朝→源義朝の系図
 高能一条高能の系図
 全子西園寺公経の系図
 西園寺実氏西園寺実氏の系図

子の夫 九条良経九条良経の系図
 道家九条道家の系図

 藤原家恒の娘
 実雅(さねまさ)【1196-1228】〔養父:西園寺公経(→西園寺公経の系図)〕
 参議。伊賀氏の変により越前に流された。
子の妻 北条義時の娘
子の妻の父 北条義時→北条義時の系図
子の妻の夫 唐橋通時唐橋通資の系図

 仁操の娘
妻の父 仁操後三条天皇の系図

 藤原信子
 能円(→能円の系図)の娘。
 堀川通具堀川通具~基具の系図

 信能(のぶよし)【?-1221】
 参議。後鳥羽上皇側として承久の乱に加わり、乱後に配所で殺された。
 保子花山院忠経・定雅の系図
 左衛門督局後嵯峨天皇の系図
子の夫 中院通方中院通方の系図
 通成中院通成~通冬の系図

一条高能の系図

一条高能の系図

  一条高能(たかよし)【1176-1198】
 参議。父と同じく、幕府と朝廷を仲介する立場になったが、若くして亡くなった。

祖父 通重 能保一条通重・能保の系図
祖父 源義朝→源義朝の系図

 松殿基房の娘
妻の父 松殿基房松殿基房の系図
 頼氏【1198-1248】
 従二位。
子の妻 北条時房の娘
子の妻の父 北条時房→北条時房の系図
 能基【1220-1285】
 従二位。
曾孫 公仲/公遠【?-1310】〔養父:徳大寺実基(→徳大寺実基~実孝の系図)、洞院実雄(→洞院実雄の系図)〕
 正三位。
曾孫 能賢/能兼
能賢孫 能俊/能氏
能賢孫 能冬
能冬の子の夫 一条公有→一条公有の系図
能冬の子の夫 源通持中院通成~通冬の系図

曾孫の夫 堀川具俊堀川具守の系図

 能清(よしきよ)【1226-1295】
 参議。
曾孫 公冬〔養父:洞院実雄(→洞院実雄の系図)〕
 正三位。
能清孫 実遠【1262-1308】
 正三位。

孫の夫 洞院実雄洞院実雄の系図
曾孫 小倉公雄小倉公雄~実名の系図

孫の夫 松殿良嗣松殿忠房の系図
孫の夫 鷹司伊頼鷹司頼平の系図

曾孫 冬頼/氏保

 藤原兼光の娘
妻の父 藤原兼光藤原兼光の系図

 藤原隆季の娘
妻の父 藤原隆季藤原隆季の系図

 中御門宗家の娘
妻の父 中御門宗家中御門宗家~宗雅の系図

子の夫 月輪基家九条良経の系図

スポンサーリンク

持明院基家の系図

持明院基家の系図

  持明院基家(もといえ)【1132-1214】〔養子:持明院家能(→持明院基宗~基世の系図)、藤原基能(→藤原盛国の系図)〕
 権中納言。

祖父 基頼 通基藤原基頼・通基の系図
祖父 源師隆源師忠の系図

 隆重の娘
 基宗 家能持明院基宗~基世の系図

 平頼盛の娘
妻の父 平頼盛→平頼盛の系図
 保家持明院保家の系図
 基保持明院基保の系図

 陳子守貞親王~四条天皇の系図
子の夫 西園寺実宗西園寺実宗の系図
 公経西園寺公経の系図

 藤原成親の娘
妻の父 藤原成親藤原成親の系図

 園基氏 基顕園基氏~基藤の系図
 行雲/覚全
子の夫 平資盛→平資盛の系図
子の夫 源兼忠源兼忠の系図
子の夫 惟明親王高倉天皇・安徳天皇の系図
子の夫 八条実清八条公清~一条公邦の系図

持明院保家の系図

持明院保家の系図

  持明院保家(やすいえ)【1167-1210】〔養子:源頼保(→源頼保の系図)、平保教(→平保教の系図)〕
 権中納言。

祖父 通基藤原基頼・通基の系図
 基家持明院基家の系図
祖父 平頼盛→平頼盛の系図

 高階泰経の娘
妻の父 高階泰経→高階泰経の系図
 基保持明院基保の系図
 俊保
子の妻 親尊の娘
子の妻の父 親尊藤原親綱~師平の系図
 相保【1224-?】〔養父:西園寺公相(→西園寺公相の系図)〕
 従二位。
曾孫 長相【1257-?】
 参議。
曾孫の子の夫 正親町三条公秀正親町三条公貫~公秀の系図

俊保孫 家相/長基【?-1315】
 従三位。

 高階経仲の娘
妻の父 高階経仲→高階経仲の系図
 家時【1194-1282】
 正三位。
孫の夫 葉室季頼葉室季頼~頼藤の系図

 家任/家教
 基光【1224-?】
 従二位。
孫の妻 平親盛の娘
曾孫 基澄【?-1322】
 正三位。

曾孫 基雄【?-1334】
 従三位。
曾孫の夫 大炊御門冬実大炊御門信嗣~冬信の系図

子の夫 松殿忠房松殿忠房の系図

持明院基保の系図

持明院基保の系図

  持明院基保【1192-1263】
 権中納言。母は高階経仲(→高階経仲の系図)の娘とも。

祖父 基家持明院基家の系図
 保家持明院保家の系図
祖父 高階泰経→高階泰経の系図

 保藤【1254-1342】
 権中納言。実は松殿良嗣(→松殿忠房の系図)の子。
子の妻 持明院基盛の娘
子の妻の父 持明院基盛持明院基宗~基世の系図
 俊藤【1271-1295】
孫の妻 白河伊定の娘
孫の妻の父 白河伊定白河伊実の系図
曾孫 基孝【1302-1322】
 参議。
曾孫の妻 持明院基長の娘
曾孫の妻の父 持明院基長持明院基宗~基世の系図

子の妻 大炊御門光成の娘
子の妻の父 大炊御門光成大炊御門光能の系図
 保有/保俊
 権中納言。
曾孫 保世
曾孫の子の夫 細川頼之→細川頼之の系図

曾孫 保脩
曾孫の子の夫 山名氏清→山名氏清の系図

曾孫 保冬【1329-1392】
 権中納言。

 房保
 実は御子左為世(→御子左為世の系図)の子。
 保成【?-1326】
孫の夫 洞院実夏→洞院実夏の系図
孫の夫 資英王→資英王の系図

スポンサーリンク

持明院基宗~基世の系図

持明院基宗~基世の系図

  持明院基宗【1155-1202】〔養父:藤原光忠(→大炊御門経実の系図)、養子:藤原宗明(→山科実教の系図)〕
 従三位。母は源長時の娘とも。

祖父 通基藤原基頼・通基の系図
 基家持明院基家の系図

 大炊御門忠成の娘
妻の父 大炊御門忠成大炊御門忠成の系図

 藤原成通の娘
妻の父 藤原成通藤原成通の系図
 宗子滋野井実国~実宣の系図大炊御門師経~冬忠の系図
 滋野井公光滋野井公光~教国の系図


  持明院家能(いえよし)/家行(いえゆき)【1175-1226】〔養父:持明院基家(→持明院基家の系図)〕
 権中納言。母は昌雲(→大炊御門忠成の系図)の娘とも。
 二条定能の娘
妻の父 二条定能二条定能の系図
 別当典侍守貞親王~四条天皇の系図

 厚子二条良実・師忠の系図
子の夫 藤原頼経九条道家の系図


  持明院家定(いえさだ)【?-1251】


  持明院基盛
 平信繁の娘
妻の父 平信繁→平信繁の系図
 基長/基継/基兼【1256-1335】
 正三位。
 家藤【?-1348】
 従三位。
孫の夫 持明院基孝持明院基保の系図

基長孫 大沢基久→大沢基久の系図

 阿野実直の娘
妻の父 阿野実直阿野公佐~公廉の系図

 俊盛/基連
 基行/基範
 従三位。
子の妻 坊門信清の娘
子の妻の父 坊門信清坊門信清の系図

子の夫 持明院保藤持明院基保の系図


  持明院基世/基藤
 基兼→持明院基兼の系図
 家秀
 従三位。

タイトルとURLをコピーしました