後三条天皇~安徳天皇の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、後三条天皇から安徳天皇までの系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

後三条天皇の系図

後三条天皇の系図

第71代 後三条天皇(ごさんじょう)/尊仁親王(たかひと)【1034-1073/在位:1068-1072】
 生母が藤原氏ではないため、親政を行った。荘園整理令などの改革を推し進めた。

祖父 一条天皇円融天皇・一条天皇の系図
 後朱雀天皇後一条天皇~後冷泉天皇の系図
祖父 三条天皇三条天皇の系図

皇后 馨子内親王(けいし)【1029-1093】
 後一条天皇(→後一条天皇~後冷泉天皇の系図)の皇女。斎院。
女御 藤原昭子(あきこ・しょうし)
 藤原頼宗(→藤原頼宗の系図)の娘。
女御 源基子(もとこ・きし)【1049-1134】
 源基平(→源基平の系図)の娘。
 実仁親王(さねひと)【1071-1085】
 白河天皇の皇太子になったが夭折した。
 輔仁親王(すけひと)【1073-1119】
 仁寛の天皇暗殺計画により謹慎させられた。
子の妻 源師忠の娘
子の妻の父 源師忠源師忠の系図
 源有仁(ありひと)【1103-1147】〔養父:白河天皇(→白河天皇の系図)、養子:大炊御門懿子(→後白河天皇~六条天皇の系図)〕
 左大臣。儀礼に通じた。
 守子女王(しゅし・もりこ)【1111-1156】
 斎宮。

子の妻 源政長の娘
子の妻の父 源政長源政長の系図
 信証(しんしょう)【1098-1142】
 東寺長者。

子の妻 源義家の娘
子の妻の父 源義家→源義家の系図
 行恵(ぎょうえ)

子の妻 源行宗の娘
子の妻の父 源行宗→源行宗の系図
 怡子女王(はるこ・いし)
 斎院。

 仁操/応仁(おうにん)【?-1153】
 娘に一条能保(→一条通重・能保の系図)の妻がいる。

後宮 藤原茂子(しげこ・もし)【?-1062】〔養父:藤原能信(→藤原能信の系図)〕
 実は藤原公成(→藤原公成の系図)の子。天皇の即位前に亡くなり、皇太后を贈られた。
 聡子内親王(としこ・そうし)【1050-1131】
 後三条天皇の崩御に伴い、出家して仁和寺に入った。
 白河天皇白河天皇の系図
 堀河天皇堀河天皇の系図

 俊子内親王(としこ)【1056-1132】
 斎宮。
 佳子内親王(かし)【1057-1130】
 斎院。
 篤子内親王堀河天皇の系図

内侍 侍従内侍
 藤原有佐〔養父:藤原顕綱(→藤原顕綱の系図)〕→藤原有佐の系図

スポンサーリンク

白河天皇の系図

白河天皇の系図

第72代 白河天皇(しらかわ)/貞仁親王(さだひと)【1053-1129/在位:1072-1086】〔養子:源有仁(→後三条天皇の系図)〕
 院政を開始したほか、仏教に帰依し、法勝寺などを建立した。

祖父 後朱雀天皇後一条天皇~後冷泉天皇の系図
 後三条天皇後三条天皇の系図
祖父 藤原能信藤原能信の系図

皇后 藤原賢子(けんし)【1057-1084】〔養父:藤原師実(→藤原師実の系図)〕
 実は源顕房(→源顕房の系図)の子。
 敦文親王(あつふみ)【1074-1077】
 僧頼豪の祈願により誕生したとされる。
 媞子内親王(ていし)/郁芳門院(いくほうもんいん)【1076-1096】
 斎宮。堀河天皇の准母。
 令子内親王(よしこ・れいし)【1078-1144】
 斎院。鳥羽天皇の准母。
 堀河天皇堀河天皇の系図
 鳥羽天皇鳥羽天皇~近衛天皇の系図

 禎子内親王(さねこ・ていし)【1081-1156】
 斎院。

女御 藤原道子(みちこ)【1042-1132】
 藤原能長(→藤原能長の系図)の娘。
 善子内親王(よしこ)【1077-1132】
 斎宮。

典侍 藤原経子(けいし)
 藤原経平(→藤原経平の系図)の娘。
 覚行法親王(かくぎょう)/覚念【1075-1105】
 法親王の初例となった。

掌侍 源盛子(せいし)
 多田頼綱(→多田頼綱の系図)の娘。
 官子内親王(かんし)【1090-?】
 斎院。

後宮 源師子(もろこ・しし)【1070-1148】
 源顕房(→源顕房の系図)の娘。
 藤原忠実藤原忠実の系図
 覚法法親王/真行/行信【1091-1153】

後宮 藤原師兼の娘
後宮の父 藤原師兼藤原俊家の系図
 聖恵法親王(しょうけい)【1094-1137】
 長尾宮、華蔵院宮と称された。

後宮 源政長の娘
後宮の父 源政長源政長の系図
 行慶(ぎょうけい)【1101-1165】

後宮 藤原季実の娘
後宮の父 藤原季実藤原経季の系図
 恂子内親王(あやこ・じゅんし)【1093-1132】
 斎宮。

後宮 源有宗の娘
後宮の父 源有宗→源有宗の系図
 円行(えんぎょう)
 園城寺に入った。

後宮 源顕房の娘
後宮の父 源顕房源顕房の系図
 静証(じょうしょう)
 三井寺宮と称された。

後宮 賀茂宇礼志岐賀茂伊波比遠
 姉妹。ともに賀茂女御と呼ばれた。

スポンサーリンク

堀河天皇の系図

堀河天皇の系図

第73代 堀河天皇(ほりかわ)/善仁親王(たるひと)【1079-1107/在位:1086-1107】
 在位中は父が院政を行った。和歌や楽器をよくした。

祖父 後三条天皇後三条天皇の系図
 白河天皇白河天皇の系図
祖父 藤原師実藤原師実の系図

皇后 篤子内親王(とくし)【1060-1114】〔養父:藤原師実(→藤原師実の系図)〕
 後三条天皇(→後三条天皇の系図)の皇女。斎院。
女御 藤原苡子(いし)【1076-1103】
 藤原実季(→藤原実季の系図)の娘。鳥羽天皇を出産して間もなく亡くなった。後に皇太后を追贈された。
 鳥羽天皇 崇徳天皇近衛天皇鳥羽天皇~近衛天皇の系図
 後白河天皇後白河天皇~六条天皇の系図

典侍 仁子女王(にんし)【?-1126】
 康資王(→清仁親王~源顕康の系図)の娘。藤原寛子に仕えた。
 悰子内親王(やすこ・そうし)【1099-1162】
 斎院。

典侍 藤原宗子(そうし)
 藤原隆宗(→藤原良基の系図)の娘。
 藤原家保→藤原家保の系図
 寛暁(かんぎょう)【1103-1159】
 近衛天皇の護持僧を務めた。

後宮 藤原時経の娘
後宮の父 藤原時経藤原兼経の系図
 最雲法親王(さいうん)【1104-1162】
 天台座主。

 喜子内親王(よしこ・きし)
 斎宮。
 懐子内親王(かいし)

スポンサーリンク

鳥羽天皇~近衛天皇の系図

鳥羽天皇~近衛天皇の系図

鳥羽天皇

第74代 鳥羽天皇(とば)/宗仁親王(むねひと)【1103-1156/在位:1107-1123】
 白河上皇崩御後、院政を行った。

祖父 白河天皇白河天皇の系図
 堀河天皇堀河天皇の系図
祖父 藤原実季藤原実季の系図

皇后 藤原璋子(たまこ)/待賢門院(たいけんもんいん)【1101-1145】
 藤原公実(→藤原公実の系図)の娘。和歌をこのんだ。
 禧子内親王(よしこ・きし)【1122-1133】
 斎院。
 通仁親王(みちひと)【1124-1129】
 目が見えなかったとされる。
 君仁親王(きみひと)【1125-1143】
 病弱で早くに出家した。
 統子内親王(むねこ)/恂子/上西門院(じょうさいもんいん)【1126-1189】
 斎院。後白河天皇の准母。
 後白河天皇 二条天皇後白河天皇~六条天皇の系図
 高倉天皇高倉天皇・安徳天皇の系図

 本仁親王(もとひと)/覚性法親王【1129-1169】
 仁和寺門跡。

皇后 藤原泰子(やすこ)/勲子/高陽院(かやのいん)【1095-1155】
 藤原忠実(→藤原忠実の系図)の娘。
皇后 藤原得子(なりこ)/美福門院(びふくもんいん)【1117-1160】
 藤原長実(→藤原長実の系図)の娘。天皇の寵愛を受けた。
 叡子内親王(としこ・えいし)【1135-1148】
 暲子内親王(あきこ・しょうし)/八条院(はちじょういん)【1137-1211】
 二条天皇の准母。
 姝子内親王後白河天皇~六条天皇の系図

女御 橘俊綱の娘【?-1142】
 藤壺女御と呼ばれた。
女御の父 橘俊綱→橘俊綱の系図
 真誉(しんよ)【1136-?】

更衣 三条局(さんじょうのつぼね)【?-1138】
 藤原家政(→藤原家政の系図)の娘。清原盛資に殺害された。
 妍子内親王(よしこ・けんし)【?-1161】
 斎宮。

更衣 美濃局(みののつぼね)
 光清(→光清の系図)の娘。
 道恵法親王(どうえ)【1132-1168】
 覚快法親王(かくかい)/行理/円性【1134-1181】
 天台座主。
 阿夜御前(あや)
 出家して双林寺に住んだ。双林寺宮、高陽院姫宮と呼ばれた。

後宮 春日局
 徳大寺実能(→徳大寺実能の系図)の娘。美福門院に仕えた。
 頌子内親王(しょうし)【1145-1208】
 斎院。高野山に蓮華乗院を建立した。

後宮 藤原実衡の娘
後宮の父 藤原実衡藤原仲実の系図

 最忠法親王(さいちゅう)

崇徳天皇

第75代 崇徳天皇(すとく)/顕仁親王(あきひと)【1119-1164/在位:1123-1141】
 白河法皇の意向により即位したが、鳥羽上皇による院政が始まると譲位させられた。保元の乱に敗れたことで讃岐に流され、その地で崩御した。実は白河天皇の皇子であったため、鳥羽天皇に「叔父子」と呼ばれたとされる。

皇后 藤原聖子(きよこ・せいし)/皇嘉門院(こうかもんいん)【1122-1181】
 藤原忠通(→藤原忠通の系図)の娘。
更衣 兵衛佐局(ひょうえのすけのつぼね)〔養父:源行宗(→源行宗の系図)〕
 実は信縁(→藤原経季の系図)の娘。保元の乱後、崇徳上皇に従って讃岐へ行った。
 重仁親王(しげひと)【1140-1162】
 皇位争いに敗れ、保元の乱後に出家した。

典侍 源師経の娘
典侍の父 源師経源師忠の系図
 元性(がんしょう)/覚恵(かくえ)【1151-1184】

近衛天皇

第76代 近衛天皇(このえ)/体仁親王(なりひと)【1139-1155/在位:1141-1155】
 後宮には藤原忠通・頼長兄弟の養女がそれぞれ入り、対立激化の一因となった。

皇后 藤原呈子(しめこ)/九条院(くじょういん)【1131-1176】〔養父:藤原忠通(→藤原忠通の系図)〕
 実は藤原伊通(→藤原伊通の系図)の娘。
皇后 藤原多子(まさるこ・たし)【1140-1201】〔養父:藤原頼長(→藤原頼長の系図)〕
 実は徳大寺公能(→徳大寺公能の系図)の娘。二条天皇の後宮にも入ったことで「二代の后」と称された。
 二条天皇後白河天皇~六条天皇の系図

スポンサーリンク

後白河天皇~六条天皇の系図

後白河天皇~六条天皇の系図

後白河天皇

第77代 後白河天皇(ごしらかわ)/雅仁親王(まさひと)【1127-1192/在位:1155-1158】
 鳥羽法皇らにより位についた。譲位後は院政を行った。熊野御幸を多く行ったほか、『梁塵秘抄』を著した。

祖父 堀河天皇堀河天皇の系図
 鳥羽天皇鳥羽天皇~近衛天皇の系図
祖父 藤原公実→藤原公実の系図

皇后 徳大寺忻子(よしこ・きんし)【1134-1209】
 徳大寺公能(→徳大寺公能の系図)の娘。
女御 三条琮子(たまこ・そうし)【?-1231】
 三条公教(→三条公教の系図)の娘。
女御 平滋子(しげこ)/建春門院(けんしゅんもんいん)【1142-1176】
 平時信(→平時信の系図)の娘。
 高倉天皇 安徳天皇高倉天皇・安徳天皇の系図
 後鳥羽天皇後鳥羽天皇の系図
 守貞親王守貞親王~四条天皇の系図

後宮 大炊御門懿子(よしこ・いし)【1116-1143】〔養父:源有仁(→後三条天皇の系図)〕
 大炊御門経実(→大炊御門経実の系図)の娘。
後宮 藤原成子(しげこ)【?-1177】
 藤原季成(→藤原実隆・季成の系図)の娘。
 亮子内親王/殷富門院(いんぷもんいん)【1147-1216】
 斎宮。安徳天皇・後鳥羽天皇の准母。
 好子内親王(よしこ・こうし)【?-1192】
 斎宮。
 守覚法親王(しゅかく)/守性【1150-1202】
 仁和寺御室第六代。広沢流と小野流を統合した。
 以仁王(もちひとおう)【1151-1180】
 平氏討伐の令旨を発したが、宇治川の戦いに敗れ、戦死した。
子の妻 大炊御門忠成の娘
子の妻の父 大炊御門忠成大炊御門忠成の系図

子の妻 八条院三位局九条兼実の系図
 高階盛章(→高階盛章の系図)の娘。

 北陸宮(ほくりくのみや)【1165-1230】
 以仁王の敗死後は、源義仲に保護された。木曽宮・還俗宮と称された。

 式子内親王(のりこ・しきし・しょくし)【?-1201】
 斎院。藤原俊成に和歌を学んだ。『百人一首』に歌が収められる。
 休子内親王(やすこ・よしこ・きゅうし)【1157-1171】
 斎宮。

後宮 高階栄子(えいし)【?-1216】
 天皇の寵愛を受け、朝廷内で大きな発言力を持った。
後宮の父 澄雲→澄雲の系図
 平業房→平業房の系図
 覲子内親王/宣陽門院(せんようもんいん)【1181-1252】
 父に寵愛され、長講堂領を譲与された。

後宮 坊門殿(ぼうもんどの)
 徳大寺公能(→徳大寺公能の系図)の娘。忻子に仕えた。
 惇子内親王(あつこ・じゅんし)【1158-1172】
 斎宮。

後宮 坊門局(ぼうもんのつぼね)
 大江信重の娘。
 円恵法親王(えんけい)【1152-1183】
 源義仲が法住寺殿を襲撃した際に殺害された。
 定恵法親王(じょうえ)【1156-1196】
 平等院宮・法輪院宮と称された。
 恒恵(ごうえ)【1159-1206】
 岡崎宮・法輪院宮と称された。土御門天皇の護持僧。
 静恵法親王(じょうえ)【1164-1203】
 千光院宮・青竜院宮と称された。

後宮 仁操の娘
後宮の父 仁操後三条天皇の系図
 道法法親王(どうほう)/尊性【1166-1214】
 仁和寺に入り、後高野御室と称された。
 真禎(しんてい)【1169-?】
 太秦宮・持明院宮と称された。

後宮 丹波局(たんばのつぼね)
 紀孝資の娘。
 承仁法親王(しょうにん)【1169-1197】
 天台座主。建久宮と称された。

二条天皇

第78代 二条天皇(にじょう)/守仁親王(もりひと)【1143-1165/在位:1158-1165】
 父が皇位を継承したことで還俗した。後白河上皇による院政とは対立した。

皇后 姝子内親王(よしこ)/高松院(たかまついん)【1141-1176】
皇后 藤原育子(むねこ・いくし)【1146-1173】〔養父:藤原忠通(→藤原忠通の系図)〕
 実は徳大寺実能(→徳大寺実能の系図)の娘。
後宮 藤原多子鳥羽天皇~近衛天皇の系図
後宮 伊岐致遠(むねとお)の娘
後宮 春日局(かすがのつぼね)【?-1180】
 中原師元の娘。
 僐子内親王(よしこ・ぜんし)【1159-1171】
 斎院。

後宮 源光成の娘
 尊恵(そんえ)/狛宮【1164-11092】
 智恵光院宮と称された。

六条天皇

第79代 六条天皇(ろくじょう)/順仁親王(のぶひと)【1164-1176/在位:1165-1168】
 2歳で即位したため、政務は後白河上皇が担った。元服前に退位した。

スポンサーリンク

高倉天皇・安徳天皇の系図

高倉天皇・安徳天皇の系図

高倉天皇

第80代 高倉天皇(たかくら)/憲仁親王(のりひと)【1161-1181/在位:1168-1180】
 在位中は、平清盛が権勢を極めた。

祖父 鳥羽天皇鳥羽天皇~近衛天皇の系図
 後白河天皇後白河天皇~六条天皇の系図
祖父 平時信平時信の系図

皇后 平徳子(のりこ)/建礼門院(けんれいもんいん)【1155-1213】
 平清盛(→平清盛の系図)の娘。壇ノ浦で入水するも助けられ、大原の寂光院で高倉天皇・安徳天皇の冥福を祈った。

典侍 藤原殖子(たねこ)/七条院(しちじょういん)【1157-1228】
 藤原信隆(→藤原信隆の系図)の娘。
 守貞親王 後堀河天皇守貞親王~四条天皇の系図
 後鳥羽天皇後鳥羽天皇の系図

典侍 按察典侍(あぜちのてんじ)
 堀河頼定(→堀河頼定の系図)の娘。
 潔子内親王(けっし)【1179-?】
 斎宮。

後宮 近衛通子(つうし)
 近衛基実(→近衛基実の系図)の娘。安徳天皇の准母。
後宮 小督局(こごうのつぼね)【1157-?】
 藤原成範(→藤原成範の系図)の娘。範子内親王を生んだが、その後出家した。
 範子内親王(はんし)/坊門院(ぼうもんいん)【1177-1210】
 斎院。土御門天皇の准母。

後宮 藤原公重の娘
後宮の父 藤原公重西園寺通季の系図
 功子内親王(こうし)【1176-?】
 斎宮。伊勢に赴く前に退いた。

後宮 少将内侍(しょうしょうのないし)
 平義範の娘。
 惟明親王(これあきら)【1179-1221】
子の妻 持明院基家の娘
子の妻の父 持明院基家持明院基家の系図
子の妻 唐橋通資の娘
子の妻の父 唐橋通資唐橋通資の系図
子の妻 滋野井公時の娘
子の妻の父 滋野井公時滋野井実国~実宣の系図

 聖海法親王(しょうかい)/聖真【1206-?】
 尊雲(そんうん)

安徳天皇

第81代 安徳天皇(あんとく)/言仁親王(ときひと)【1178-1185/在位:1180-1185】
 平清盛に擁立された。平氏とともに西海へ赴き、壇ノ浦で入水した。

タイトルとURLをコピーしました