正親町三条家(藤原氏北家・公季流)の系図

系図のメモ帳

 このページでは、正親町三条家(藤原氏北家・公季流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

正親町三条公氏・実蔭の系図

正親町三条公氏・実蔭の系図

  正親町三条公氏(きんうじ)【1182-1237】
 権大納言。正親町三条家の祖。

祖父 公教三条公教の系図
 実房三条実房の系図
祖父 大炊御門経宗大炊御門経宗の系図

 藤原泰通の娘
妻の父 藤原泰通藤原泰通の系図

 叡澄【?-1307】


  正親町三条実蔭/実茂【1199-1241】
 参議。
 道寛の娘
妻の父 道寛藤原泰通の系図
 公貫 実躬正親町三条公貫~公秀の系図

 時通の娘
 三条公種
子の妻 藤原為継の娘
子の妻の父 藤原為継藤原信実の系図
 実任/実名【1264-1338】〔養子:三条公世〕
 中納言。日記は『継塵記』。
孫の妻 高倉茂通の娘
孫の妻の父 高倉茂通高倉敦通の系図
曾孫 公綱
 従三位。
公種孫 公世〔養父:三条実任〕

 公行
子の妻 藤原隆信の娘
子の妻の父 藤原隆信藤原為経・隆信の系図

スポンサーリンク

正親町三条公貫~公秀の系図

正親町三条公貫~公秀の系図

  正親町三条公貫(きんつら)【1238-1315】〔養父:洞院実雄(→洞院実雄の系図)〕
 権大納言。

祖父 公氏 実蔭正親町三条公氏・実蔭の系図
祖父 道寛藤原泰通の系図

 藤原経賢の娘
妻の父 藤原経賢吉田経房・定経の系図
 実仲(さねなか)【1258-1352】
 従二位。
子の妻 坊城経俊の娘
子の妻の父 坊城経俊坊城経俊・俊定の系図
 公明(きんあき)【1281-1336】
 権大納言。
曾孫 実治【1292-1353】
 権中納言。実は三条実仲の子。
曾孫の妻 滋野井実前の娘
曾孫の妻の父 滋野井実前滋野井公光~教国の系図

実治孫 公為/公澄/公仲
実治孫 治子崇光天皇~貞成親王の系図

 公躬〔養父:正親町三条実躬〕

 実治〔養父:三条実仲〕

 吉田為経の娘
妻の父 吉田為経吉田為経の系図

子の夫 正親町実明正親町実明~実綱の系図
子の夫 洞院公敏洞院公敏・公泰の系図


  正親町三条実躬(さねみ)【1264-?】
 権大納言。日記は『実躬卿記』。
 公躬【1290-1342】
 従二位。実は三条実仲の子。


  正親町三条公秀(きんひで)【1285-1363】
 内大臣。崇光天皇・後光厳天皇の外祖父になったことで、以降、正親町三条家の極官が内大臣に上がった。
 持明院長相の娘
妻の父 持明院長相持明院保家の系図
 実音【1321-1386】
 准大臣。母は持明院家相(→持明院保家の系図)の娘とも。
 公敦【?-1409】
 権大納言。
 公頼
 参議。

 御子左為通の娘
妻の父 御子左為通御子左為世の系図

 実継 公豊正親町三条実継~公雅の系図
 三条西公時三条西公時~公条の系図

 秀子光厳天皇・光明天皇の系図
 崇光天皇崇光天皇~貞成親王の系図
 後光厳天皇後光厳天皇の系図

子の夫 室町実郷室町公春~四辻公音の系図

スポンサーリンク

正親町三条実継~公雅の系図

正親町三条実継~公雅の系図

  正親町三条実継(さねつぐ)/実世【1313-1388】
 内大臣。

祖父 実躬 公秀正親町三条公貫~公秀の系図

 三条公明の娘
妻の父 三条公明正親町三条公貫~公秀の系図
 三条西公時 実清三条西公時~公条の系図

 英球然観(『嵯峨家譜』による。)


  正親町三条公豊(きんとよ)/公景【1333-1406】
 内大臣。
 三条西公保〔養父:三条西実清〕→三条西公時~公条の系図
 公豊の娘(3人)(『嵯峨家譜』による。)


  正親町三条実豊(さねとよ)【?-1404】
 権大納言。
 実豊の娘(『嵯峨家譜』による。)


  正親町三条公雅(きんまさ)【1384-1427】
 権大納言。内大臣を贈られた。
 実雅→正親町三条実雅の系図
 公綱〔養父:正親町三条実雅〕→正親町三条公綱の系図
 尹子子の夫 足利義教→足利義教の系図
 公雅の娘(『嵯峨家譜』による。)

タイトルとURLをコピーしました