水無瀬家(藤原氏北家・道隆流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、水無瀬家(藤原氏北家・道隆流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

水無瀬家(羽林家)の略系図

水無瀬家の略系図

1 親信水無瀬親信の系図
2 親兼水無瀬親兼~具隆の系図
9 具景水無瀬具景~兼成の系図
14 氏成水無瀬氏成~氏信の系図
17 兼豊水無瀬兼豊~経業の系図
21 師成水無瀬師成~経務の系図

スポンサーリンク

水無瀬親信の系図

水無瀬親信の系図

  水無瀬親信(ちかのぶ)【1137-1197】
 中納言。水無瀬家の祖。

祖父 経忠藤原経忠の系図
 信輔藤原信輔の系図
祖父 藤原家光花山院家忠の系図

 藤原通憲の娘
妻の父 藤原通憲藤原実兼・通憲の系図

 定輔(さだすけ)【1163-1227】〔養子:藤原定親(→藤原宗隆の系図)〕
 権大納言。琵琶をはじめ諸芸にすぐれた。二条帥入道と号した。
子の妻 源定房の娘
子の妻の父 源定房源定房の系図
 家輔/成輔

 師親
 実は藤原信輔(→藤原信輔の系図)の子。
 親定【1183-1238】
 参議。
曾孫 博輔
 父は藤原定輔とも。
定輔孫 博氏〔養父:御子左為氏(→御子左為氏の系図)〕

定輔孫 隆経/通定

孫の夫 中院通方中院通方の系図
孫の夫 藤原実世姉小路公宣~実広の系図

 親兼 信成水無瀬親兼~具隆の系図
 仲経
 権中納言。
孫の夫 鷹司頼平鷹司頼平の系図

子の夫 源通宗源通親の系図
子の夫 藤原朝経藤原朝定藤原朝方の系図
子の夫 山科教成山科教成~資行の系図

スポンサーリンク

水無瀬親兼~具隆の系図

水無瀬親兼~具隆の系図

  水無瀬親兼【1172-1246】
 権中納言。後鳥羽院の近臣。後鳥羽院のあとを追って出家した。

祖父 信輔藤原信輔の系図
 親信水無瀬親信の系図

 平基親の娘
妻の父 平基親平実親・範家の系図
 親忠【1192-1243】
 従三位。
 親仲【1194-1254】
 従三位。
孫の夫 二条良実二条良実・師忠の系図

 足利義兼の娘
妻の父 足利義兼→足利義兼の系図

子の夫 久我通光久我通光の系図
子の夫 大友親秀→大友親秀の系図


  水無瀬信成【1197-1262】〔養父:坊門忠信(→坊門忠信の系図)〕
 参議。後鳥羽院の近臣。後鳥羽院により、坊門忠信の家嫡とされた。
 吉田定経の娘
妻の父 吉田定経吉田経房・定経の系図

 任快/仁快
子の妻 藤原孝時の娘
子の妻の父 藤原孝時藤原孝定の系図

孫の夫 伏見天皇伏見天皇・花園天皇の系図
孫の夫 源具氏中院通方の系図


  水無瀬親成(ちかなり)
 後鳥羽院の近臣。後鳥羽院の崩御後、水無瀬離宮跡に御影堂を建立し、菩提を弔った。


  水無瀬良親
 父は藤原信氏とも。


  水無瀬具良【1269-1331】
 正三位。


  水無瀬具兼【1294-?】
 参議。


  水無瀬具隆
 従三位。
 具景 重親水無瀬具景~兼成の系図

スポンサーリンク

水無瀬具景~兼成の系図

水無瀬具景~兼成の系図

  水無瀬具景(以下、『系図纂要』による。)

祖父 具兼 具隆水無瀬親兼~具隆の系図

子の夫 三条公量三条実冬~公敦の系図


  水無瀬季兼
 参議。実は三条公量(→三条実冬~公敦の系図)の子。
 三条実尚の娘
妻の父 三条実尚三条実冬~公敦の系図

 兼子二条持通~晴良の系図
 広橋具子後奈良天皇~誠仁親王の系図
子の夫 持明院基規持明院基春~基征の系図


  水無瀬英兼【1485-1555】
 参議。


  水無瀬兼成/親氏【1514-1602】
 権中納言。
 高倉永家の娘
妻の父 高倉永家高倉永継~永相の系図

 氏成 兼俊水無瀬氏成~氏信の系図
 七条隆脩七条隆脩~信睦の系図

 堀河親具堀河親具~則康の系図
 実は高倉永家の子。
子の夫 従高→従高の系図

スポンサーリンク

水無瀬氏成~氏信の系図

水無瀬氏成~氏信の系図

  水無瀬氏成【1571-1644】
 権中納言。

祖父 英兼 兼成水無瀬具景~兼成の系図

 高倉永相の娘
妻の父 高倉永相高倉永継~永相の系図

 七条隆脩 隆豊七条隆脩~信睦の系図
 氏子後水尾天皇~後光明天皇の系図
子の夫 足利義種→足利義種の系図
子の夫 甘露寺嗣長(『甘露寺家譜』による。)→甘露寺経元~尚長の系図
子の夫 松尾修理加納十大夫西郷藤左衛門(『水無瀬家譜』による。)


  水無瀬兼俊【1593-1653】
 権中納言。

 福島正則の娘
妻の父 福島正則→福島正則の系図
 町尻具英町尻具英~兼重の系図
子の夫 従高(『水無瀬家譜』による。)→従高の系図

 兼祐【?-1692】
 兼祐の娘〔養父:水無瀬氏信〕(『水無瀬家譜』による。)

 桜井兼里 兼供桜井兼里・兼供の系図
 山井兼仍山井兼仍~氏胤の系図

 通悊【?-1680】(『水無瀬家譜』による。)
 長成(『水無瀬家譜』による。)
 鷹司家に仕えた。
 兼豊〔養父:水無瀬氏信〕→水無瀬兼豊~経業の系図
 兼俊の娘【1635-1659】(『水無瀬家譜』による。)
 奥平左衛門に嫁いだ。
 兼俊の娘【1643-1668】(『水無瀬家譜』による。)
 石川大和守に嫁いだ。
子の夫 白川(『水無瀬家譜』による。)


  水無瀬氏信【1619-1690】
 権中納言。
子・子の夫 兼豊 氏孝水無瀬兼豊~経業の系図
 町尻兼量〔養父:町尻具英〕→町尻具英~兼重の系図
 道栄【1654-1673】
 孝源/興源【?-1702】〔養父:中院通村(→中院通勝~通純の系図)〕
 寂詮/兼記【1673-?】(『水無瀬家譜』による。)
 俊存(『水無瀬家譜』による。)
 氏孝〔養父:水無瀬兼豊〕→水無瀬兼豊~経業の系図
 右衛門佐局(うえもんのすけのつぼね)【?-1706】
 新上西門院に仕えた後、大奥で仕えた。
 長姫中川貞長~堤功長の系図
 氏信の娘(『水無瀬家譜』による。)
 実は水無瀬兼祐の子。
 氏信の娘【1669-1691】(『水無瀬家譜』による。)

スポンサーリンク

水無瀬兼豊~経業の系図

水無瀬兼豊~経業の系図

  水無瀬兼豊【1653-1705】
 参議。実は水無瀬兼俊(→水無瀬氏成~氏信の系図)、町尻具英(→町尻具英~兼重の系図)(『町尻家譜』)の子。

祖父 兼俊 氏信水無瀬氏成~氏信の系図

 堀河則康の娘【1657-1705】
 実は水無瀬氏信(→水無瀬氏成~氏信の系図)の娘。
妻の父 堀河則康堀河親具~則康の系図

 町尻兼量町尻具英~兼重の系図
 氏秀(『水無瀬家譜』による。)
 七条信方〔養父:七条隆福〕→七条隆脩~信睦の系図
 小倉季永〔養父:小倉煕季〕→小倉煕季~長季の系図
 経子東山天皇の系図
子の夫 桜井兼供桜井兼里・兼供の系図
 氏敦桜井氏敦・氏福の系図


  水無瀬氏孝【1675-1741】
 権中納言。実は水無瀬氏信(→水無瀬氏成~氏信の系図)の子。
 忠成〔養父:水無瀬友信、園池房季〕→水無瀬師成~経務の系図
 経業〔養父:水無瀬兼条〕
 氏孝の息子【1694】(『水無瀬家譜』による。)
 長子【1734-1759】〔養父:町尻兼量(→町尻具英~兼重の系図)〕(『水無瀬家譜』による。)
 氏孝の娘(2人)(『水無瀬家譜』による。)


  水無瀬兼条【1699-1715】


  水無瀬経業【1704-1762】〔養父:芝山広豊(→芝山宣豊~弘豊の系図)〕
 従三位。実は水無瀬氏孝の子。
 櫛笥隆賀の娘
妻の父 櫛笥隆賀櫛笥隆胤~隆周の系図

 師成 友信水無瀬師成~経務の系図
 兼超/具尹【1738-1762】
 いく姫町尻説久・説望の系図
 経業の娘【1732-1735】(『水無瀬家譜』による。)
 経業の娘【1733-1750】(『水無瀬家譜』による。)
子の夫 高松実逸→高松実逸の系図

スポンサーリンク

水無瀬師成~経務の系図

水無瀬師成~経務の系図

  水無瀬師成【1734-1762】
 従三位。

祖父 兼条 経業水無瀬兼豊~経業の系図

 氏種【1759-1762】


  水無瀬友信【1760-?】


  水無瀬忠成/氏精/実徳/成徳【1736-1792】〔養父:園池房季(→園池房季の系図)〕
 参議。実は水無瀬氏孝(→水無瀬兼豊~経業の系図)の子。当初、園池家を相続した。
 七条隆則〔養父:七条成信〕→七条隆脩~信睦の系図
 園池公翰→園池公翰の系図
 隆精【1778-1783】(『水無瀬家譜』による。)


  水無瀬成貞【1770-1792】
 油小路隆前の娘
妻の父 油小路隆前油小路隆基~隆董の系図


  水無瀬有成【1789-1864】
 権大納言。
 東坊城益良の娘
妻の父 東坊城益良東坊城恒長~夏長の系図

子の夫 園池公宣→園池公宣の系図


  水無瀬教成【1812-1843】
 経務〔養父:水無瀬経家〕
 教成の娘【1854-?】


  水無瀬経家【1833-1876】
 『系図纂要』によれば、実は広幡基豊(→広幡基豊の系図)の子。
 広幡基豊の娘
妻の父 広幡基豊→広幡基豊の系図
 忠輔【1852-1916】(『水無瀬家譜』による。)
 実は裏松勲光(→裏松勲光の系図)の子。


  水無瀬経務【1845-?】
 実は水無瀬教成の子。

タイトルとURLをコピーしました