藤原氏北家・道隆流の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、藤原氏北家・道隆流の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

藤原道隆の系図

藤原道隆の系図

  藤原道隆(みちたか)【953-995】
 摂政・関白・内大臣。病気になった際には、伊周に関白を譲ろうとしたが許されなかった。大酒飲みであったとされる。

祖父 師輔藤原師輔の系図
 兼家藤原兼家の系図
祖父 藤原中正藤原中正の系図

 高階貴子(きし・たかこ)【?-996】
 高階成忠(→高階成忠の系図)の子。円融天皇の代に内侍を務めた。『百人一首』にも歌が収められる。
 伊周藤原伊周の系図
 隆家藤原隆家の系図
 良頼藤原良頼の系図
 経輔藤原経輔の系図
 季定藤原季定の系図

 隆円(りゅうえん)【980-1015】
 小松僧都と呼ばれた。『枕草子』にも登場する。
 定子円融天皇・一条天皇の系図
 原子三条天皇の系図

 藤原守仁の娘
妻の父 藤原守仁藤原守仁・兼清の系図
 道頼【971-995】〔養父:藤原兼家(→藤原兼家の系図)〕
 権大納言。
子の妻 藤原永頼の娘
子の妻の父 藤原永頼藤原永頼の系図

曾孫 覚尋(かくじん)【1012-1081】
 天台座主。

 奉孝の娘
 周頼
子の妻 源兼澄の娘
子の妻の父 源兼澄源信孝の系図

 橘清子(せいし)
 三条天皇の乳母。

 頼親
子の妻 源満仲の娘
子の妻の父 源満仲→源満仲の系図

孫の夫 源師良源朝任の系図

子の夫 藤原道綱藤原道綱の系図
子の夫 平重義平重義の系図

藤原伊周の系図

藤原伊周の系図

  藤原伊周(これちか)【974-1010】
 内大臣。藤原道長と対立した。花山法皇に矢を射かけたことで左遷された。

祖父 兼家藤原兼家の系図
 道隆藤原道隆の系図
祖父 高階成忠→高階成忠の系図

 大中臣輔親の娘
妻の父 大中臣輔親→大中臣輔親の系図
 忠親→藤原忠親の系図

 源重光の娘
妻の父 源重光源重光の系図
 道雅(みちまさ)【992-1054】
 従三位。荒三位と呼ばれた。『百人一首』に歌が収められる。
子の妻 平惟仲の娘
子の妻の父 平惟仲平時望・真材の系図
子の妻 藤原宣孝の娘
子の妻の父 藤原宣孝藤原宣孝の系図
 上東門院中将(じょうとうもんいんのちゅうじょう)
 中古三十六歌仙の一人。

 覚助(かくじょ)【1013-1063】

 源致明の娘
妻の父 源致明源能有の系図

子の夫 藤原頼宗藤原頼宗の系図
 俊家藤原俊家の系図
 能長藤原能長の系図

スポンサーリンク

藤原隆家の系図

藤原隆家の系図

  藤原隆家(たかいえ)【979-1044】
 権中納言。花山法皇に矢を射かけたことで左遷された。大宰権帥在任中、刀伊の入寇を撃退した。

祖父 兼家藤原兼家の系図
 道隆藤原道隆の系図
祖父 高階成忠→高階成忠の系図

 藤原景斉の娘
妻の父 藤原景斉藤原国章の系図
 良頼藤原良頼の系図
 良基藤原良基の系図

 源兼資の娘
妻の父 源兼資源惟正の系図
 経輔藤原経輔の系図
 師家藤原師家・家範の系図
 長房藤原長房の系図
 師基藤原師基の系図
 師信藤原師信の系図

 藤原為光の娘
妻の父 藤原為光藤原為光の系図
 季定藤原季定の系図

 正光の娘
 家房/家清
 家子藤原師家・家範の系図
曾孫 藤原基隆藤原基隆の系図

 藤原伊尹の娘
妻の父 藤原伊尹藤原伊尹・義孝の系図

 良員/良真
子の妻 藤原師長の娘
子の妻の父 藤原師長藤原興方~師長の系図

 行昭【1015-1062】
 隆明(りゅうみょう)【1019-1104】
 白河天皇・堀河天皇の護持僧。三室戸寺の中興の祖。
子の夫 敦儀親王三条天皇の系図
子の夫 藤原兼経藤原兼経の系図
 敦家藤原敦家の系図

藤原良頼の系図

藤原良頼の系図

  藤原良頼【1002-1048】
 権中納言。

祖父 道隆藤原道隆の系図
 隆家藤原隆家の系図
祖父 藤原景斉藤原国章の系図

 源経房の娘
妻の父 源経房源経房の系図
 良基藤原良基の系図
 忠俊
子の妻 藤原基房の娘
子の妻の父 藤原基房藤原朝光・正光の系図
 保俊【?-1116】
曾孫 皇覚/俊厳
保俊孫 雅円/行雅

子の妻 源憲清の娘
子の妻の父 源憲清是貞親王・源旧鑑・是恒・貞恒・是茂・香泉・友貞の系図

曾孫 仲俊/長俊
曾孫の子の夫 源時持→源時持の系図
俊兼孫 定長/良定

孫の夫 藤原師実藤原師実の系図
孫の夫 源忠宗→源忠宗の系図
孫の夫 藤原家定藤原師基の系図
孫の夫 源師頼源師頼の系図

 家基
子の妻 藤原親経の娘
子の妻の父 藤原親経藤原親経の系図

曾孫 覚讃【?-1180】

子の夫 藤原基貞藤原基貞の系図
子の夫 源基平→源基平の系図

藤原良基の系図

藤原良基の系図

  藤原良基【1023-1075】
 参議。

祖父 隆家藤原隆家の系図
 良頼藤原良頼の系図
祖父 源経房源経房の系図

 平範国の娘
妻の父 平範国平範国~知信の系図
 隆宗【1045-1102】
子の妻 藤原義綱の娘
子の妻の父 藤原義綱藤原邦恒の系図
 宗兼
孫の妻 藤原有信の娘
孫の妻の父 藤原有信藤原有信の系図

曾孫 池禅尼→平忠盛の系図
曾孫の夫 高階泰重→高階泰重の系図

宗兼孫 宗玄〔養父:藤原宗長〕

宗兼孫 範円
 父は弁暁とも。

 良兼
孫の妻 藤原行家の娘
孫の妻の父 藤原行家藤原行家の系図
曾孫 信兼/良季
曾孫の妻 藤原永範の娘
曾孫の妻の父 藤原永範藤原成季~永範の系図

曾孫の夫 藤原基光藤原資憲~快成の系図

良兼孫 範良/季信

 宗子堀河天皇の系図藤原家成の系図

孫の夫 藤原清高藤原季永・清高の系図
孫の夫 源義賢→源義賢の系図

隆宗孫 範円
 父は覚長とも。

 覚信/覚真

藤原季定の系図

藤原季定の系図

  藤原季定

祖父 道隆藤原道隆の系図
 隆家藤原隆家の系図
祖父 藤原為光藤原為光の系図

 藤原惟憲の娘
妻の父 藤原惟憲藤原惟憲の系図

曾孫 宗盛
 父は藤原兼宗(→藤原道綱の系図)とも。
宗盛孫 兼国
 父は藤原長盛とも。
宗盛孫 宗言/宗重
宗盛孫 宗成/家長

スポンサーリンク

藤原経輔の系図

藤原経輔の系図

  藤原経輔(つねすけ)【1006-1081】
 権大納言。

祖父 道隆藤原道隆の系図
 隆家藤原隆家の系図
祖父 源兼資源惟正の系図

 藤原資業の娘
妻の父 藤原資業藤原資業の系図
 師家 家範藤原師家・家範の系図
 長房藤原長房の系図
 師基藤原師基の系図
 師信藤原師信の系図
 経忠藤原経忠の系図

 増誉(ぞうよ)【1032-1116】
 天台座主に補されるも、すぐに辞退した。
子の夫 藤原忠家藤原長家・忠家の系図
 俊忠藤原俊忠の系図

子の夫 藤原師通藤原師通の系図

藤原師家・家範の系図

藤原師家・家範の系図

  藤原師家【1019-1058】

祖父 隆家藤原隆家の系図
 経輔藤原経輔の系図
祖父 藤原資業藤原資業の系図

 藤原泰憲の娘
妻の父 藤原泰憲藤原泰通の系図

 橘成任の娘
妻の父 橘成任→橘成任の系図
 光家/家行
 父は藤原家範とも。


  藤原家範【1048-1123】
 藤原家子
 藤原家房(→藤原隆家の系図)の娘。堀河天皇の乳母。
 基隆藤原基隆の系図
 家保【?-1128】

 宗隆
子の妻 藤原盛実の娘
子の妻の父 藤原盛実藤原盛実の系図

子の夫 平時信平時信の系図
 親宗平親宗・範国の系図

子の夫 藤原顕憲藤原顕憲の系図
 能円能円の系図

子の夫 源有房源顕仲の系図

藤原基隆の系図

藤原基隆の系図

  藤原基隆(もとたか)/家政【1075-1132】
 従三位。白河・鳥羽院政で別当として活躍した。

祖父 師家 家範藤原師家・家範の系図
祖父 藤原家房藤原隆家の系図

 藤原知房の娘
妻の父 藤原知房藤原信長の系図
 隆頼
子の妻 源師隆の娘
子の妻の父 源師隆源師忠の系図

 藤原長忠の娘
妻の父 藤原長忠藤原能長の系図
 忠隆(ただたか)【1102-1150】
 従三位。鳥羽上皇の近臣。国守を歴任した。
子の妻 藤原栄子(えいし)
 藤原顕隆(→藤原顕隆の系図)の娘。崇徳天皇の乳母。
 隆教
孫の妻 平忠盛の娘
孫の妻の父 平忠盛→平忠盛の系図

子の妻 藤原季孝の娘
子の妻の父 藤原季孝藤原定任の系図

曾孫 隆実/経成
曾孫の夫 藤原秀衡藤原秀郷の系図

子の妻 藤原顕頼の娘
子の妻の父 藤原顕頼藤原顕頼の系図
 信頼(のぶより)【1133-1159】〔養子:藤原盛頼(→藤原家成の系図)〕
 権中納言。後白河天皇に取り立てられた。平治の乱では信西を討ったものの、平氏と対立して敗れた。
孫の妻 藤原顕頼の娘
孫の妻の父 藤原顕頼藤原顕頼の系図

孫の妻 藤原家成の娘
孫の妻の父 藤原家成藤原家成の系図

 信説
孫の妻 藤原惟方の娘
孫の妻の父 藤原惟方藤原惟方の系図

孫の夫 近衛基実近衛基実の系図

孫の夫 藤原隆季藤原隆季の系図
曾孫 隆房藤原隆房の系図

曾孫の夫 源有雅→源有雅の系図

 経隆
子の妻 中御門宗能の娘
子の妻の父 中御門宗能中御門宗能の系図

子の夫 藤原信通藤原信通・季通の系図

藤原長房の系図

藤原長房の系図

  藤原長房(ながふさ)/師光【1030-1099】
 参議。

祖父 隆家藤原隆家の系図
 経輔藤原経輔の系図
祖父 藤原資業藤原資業の系図

 藤原基貞の娘
妻の父 藤原基貞藤原基貞の系図

 藤原定雅の娘
妻の父 藤原定雅藤原定国の系図

 藤原資業の娘
妻の父 藤原資業藤原資業の系図

 家信
 実は藤原忠実(→藤原顕良・忠実の系図)の子。
子の妻 行円の娘
子の妻の父 行円→行円の系図

 経宣/経憲
曾孫 家宣/家憲

曾孫 資忠〔養父:藤原資信〕→藤原資仲~資重の系図
曾孫 忠行
 父は藤原信房とも。

子の夫 藤原忠実藤原顕良・忠実の系図

藤原師基の系図

藤原師基の系図

  藤原師基(もろもと)【1031-1077】

祖父 隆家藤原隆家の系図
 経輔藤原経輔の系図
祖父 藤原資業藤原資業の系図

 源定良の娘
 家定/良実【?-1100】
子の妻 藤原忠俊の娘
子の妻の父 藤原忠俊藤原良頼の系図

孫の夫 源雅光源広綱の系図

 国明(くにあき)【1064-1105】〔養父:源俊明(→源俊明の系図)〕
 白河院の院別当を務めた。
 為忠
 実は源家実(→源行任・高房の系図)の子。
孫の夫 源雅俊源雅俊の系図

 平貞叙の娘
妻の父 平貞叙→平貞叙の系図

子の夫 源俊明源俊明の系図
子の夫 藤原公衡藤原師信の系図

スポンサーリンク

藤原師信の系図

藤原師信の系図

  藤原師信【?-1094】

祖父 隆家藤原隆家の系図
 経輔藤原経輔の系図
祖父 藤原資業藤原資業の系図

 藤原頼宗の娘
妻の父 藤原頼宗藤原頼宗の系図
 公衡
子の妻 藤原師基の娘
子の妻の父 藤原師基藤原師基の系図
 能輔〔養子:顕舜〕

公衡孫 顕舜〔養父:藤原能輔〕

孫の夫 藤原為通藤原伊通の系図

 藤原良綱の娘
妻の父 藤原良綱藤原良綱の系図

 長信/行兼
曾孫の夫 源雅通源雅通の系図
曾孫の夫 藤原行隆藤原行隆の系図

孫の夫 藤原忠通藤原忠通の系図

 増秀の娘
 経忠藤原経忠の系図
 忠能藤原忠能の系図
 信輔藤原信輔の系図

スポンサーリンク

藤原経忠の系図

藤原経忠の系図

  藤原経忠【1075-1138】
 中納言。堀川中納言と号した。

祖父 経輔藤原経輔の系図
 師信藤原師信の系図

 藤原実子(じっし)
 藤原公実(→藤原公実の系図)の娘。鳥羽天皇の乳母。
 忠能藤原忠能の系図
 信輔藤原信輔の系図
 信隆藤原信隆の系図
 水無瀬親信水無瀬親信の系図

 経雅
子の妻 藤原光国の娘
子の妻の父 藤原光国藤原範綱の系図
 成忠/信忠

孫の夫 源通定→源通定の系図

 増忠
 父は藤原能忠(→藤原能季の系図)とも。
子の夫 藤原家成藤原家成の系図
 成親藤原成親の系図
 山科実教山科実教の系図

孫の夫 源雅賢→源雅賢の系図

藤原忠能の系図

藤原忠能の系図

  藤原忠能【1094-1158】
 参議。

祖父 師信藤原師信の系図
 経忠藤原経忠の系図
祖父 藤原公実藤原公実の系図

 忠政の娘
 経保
子の妻 橘広房の娘
子の妻の父 橘広房→橘広房の系図

 藤原長忠の娘
妻の父 藤原長忠藤原能長の系図
 長成
子の妻 常盤御前(ときわごぜん)
 九条院の雑仕女。平治の乱で源義朝が敗れた際には、六波羅に出頭して子供の助命を懇願した。
子の妻の夫 源義朝→源義朝の系図
子の妻の夫 平清盛→平清盛の系図
 能成【1163-1238】
 従三位。鷹司三位と号した。

子の夫 藤原公保徳大寺実能の系図

スポンサーリンク

藤原信輔の系図

藤原信輔の系図

  藤原信輔【?-1184】

祖父 師信藤原師信の系図
 経忠藤原経忠の系図
祖父 藤原公実藤原公実の系図

 藤原家光の娘
妻の父 藤原家光花山院家忠の系図
 信隆藤原信隆の系図
 信行【?-1183】
 法住寺合戦で亡くなった。
子の妻 難波忠基の娘
子の妻の父 難波忠基難波忠基の系図
 信雅
 従三位。丹波三位と号した。
曾孫 経行
 従三位。
曾孫の子の夫 室町雅継→室町雅継の系図

曾孫の夫 藤原家時藤原親綱~師平の系図

 忠輔【?-1228】

 水無瀬親信水無瀬親信の系図

 師親〔養父:藤原定輔〕→水無瀬親信の系図
子の夫 藤原公行三条実行の系図
子の夫 藤原顕時藤原長隆・顕時の系図
子の夫 藤原惟方藤原惟方の系図

スポンサーリンク

藤原信隆の系図

藤原信隆の系図

  藤原信隆(のぶたか)【1126-1179】
 正三位。後白河院の近臣。後鳥羽天皇の外祖父になったことで、左大臣従一位を追贈された。

祖父 経忠藤原経忠の系図
 信輔藤原信輔の系図
祖父 藤原家光花山院家忠の系図

 藤原休子
 藤原通基(→藤原基頼・通基の系図)の娘。
 坊門信清→坊門信清の系図
 殖子高倉天皇・安徳天皇の系図
 後鳥羽天皇後鳥羽天皇の系図

 平清盛の娘
妻の父 平清盛→平清盛の系図
 坊門隆清→坊門隆清の系図

 信定(のぶさだ)【1145-1226】
 従三位。
 親輔【1163-1224】
 正三位。
孫の夫 松殿基嗣→松殿基嗣の系図
孫の夫 葉室定嗣→葉室定嗣の系図

タイトルとURLをコピーしました