下冷泉家(藤原氏北家・長家流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、下冷泉家(藤原氏北家・長家流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

下冷泉持為~為豊の系図

下冷泉持為~為豊の系図

  下冷泉持為(もちため)/持和【1401-1454】
 権大納言。下冷泉家の祖。

祖父 為秀 為尹冷泉為相~為之の系図

 持為の娘(『系図纂要』による。)
 持為の息子(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)


  下冷泉政為(まさため)/成為【1446-1523】
 権大納言。後柏原天皇の時代に歌壇で活躍した。
 中山親通の娘
妻の父 中山親通中山忠定~親通の系図

 尭淵(『系図纂要』による。)


  下冷泉為孝【1475-1543】(以下、『系図纂要』による。)
 権中納言。


  下冷泉為豊/為右【1504-?】
 従三位。
 為純 為勝下冷泉為純~為経の系図
 甘露寺経元〔養父:甘露寺伊長〕→甘露寺経元~尚長の系図

スポンサーリンク

下冷泉為純~為経の系図

下冷泉為純~為経の系図

  下冷泉為純(ためずみ)/為房/為能/俊右【1530-1578】
 参議。三木城主別所長治に攻められて亡くなった。

祖父 為孝 為豊下冷泉持為~為豊の系図

 為将〔養父:下冷泉為勝〕
 惺窩(せいか)【1561-1619】
 朱子学者。近世儒学の祖とされる。
 為景〔養父:下冷泉為将〕

 六条有親〔養父:六条有継〕→六条有継~有藤の系図
 為純の娘【1559-1658】
子の夫 沢井左衛門佐仙石但馬(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)


  下冷泉為勝/俊孝【1557-1578】
 父と共に戦死した。


  下冷泉為将【1572-?】
 実は下冷泉為純の子。
 奥子【?-1680】(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)
子の夫 藤県蔵人(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)


  下冷泉為景(ためかげ)【1612-1652】
 実は藤原惺窩の子。後水尾天皇の勅命で下冷泉家を継承した。
 為景の息子【?-1675】(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)
子の夫 正親町三条実昭正親町三条実有~実彦の系図
子の夫 倉橋泰吉→倉橋泰吉の系図
子の夫 佐藤与左衛門(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)


  下冷泉為元【1641-1702】


  下冷泉為経/頼広/為直【1654-1722】
 権大納言。実は葉室頼業(→葉室頼業の系図)の子。
 為俊→下冷泉為俊の系図
 宗家〔養父:下冷泉為俊〕→下冷泉宗家の系図
 経子→東山天皇の系図
 為経の娘【1678】(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)
 為経の娘【?-1756】(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)
 為経の娘【?-1731】(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)
 『冷泉家譜』(下冷泉家)には、梅小路定喬に嫁いだ娘が誰か明記されていない。
子の夫 梅小路定喬梅小路定矩~定輯の系図
子の夫 津守国輝(『冷泉家譜』(下冷泉家)による。)→津守国輝の系図

タイトルとURLをコピーしました