東坊城家(菅原氏)の系図

系図のメモ帳

 このページでは、東坊城家(菅原氏)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

東坊城茂長~長遠の系図

東坊城茂長~長遠の系図

  東坊城茂長(しげなが)/俊長【1284-1343】
 正三位。東坊城家の祖。

祖父 高長 長経五条高長~為清の系図

子の夫 高辻国長高辻国長~長雅の系図


  東坊城長綱(ながつな)【1314-1392】
 参議。後光厳天皇~後小松天皇の侍読を務めた。
子の夫 二条師嗣二条良基~持基の系図

 長政【?-1453】
 参議。大納言を贈られた。
曾孫 顕長
 参議。実は唐橋在豊(→唐橋在雅~在名の系図)の子。
言長孫 長光/長胤
言長孫 唐橋在忠〔養父:唐橋在名〕→唐橋在雅~在名の系図


  東坊城秀長(ひでなが)【1338-1411】
 参議。日記は『迎陽記』。
子の夫 一条経嗣一条経通~兼良の系図


  東坊城長遠(ながとお)【1365-1422】
 参議。
 益長 長清東坊城益長~長維の系図
 長遠の娘【?-1454】

スポンサーリンク

東坊城益長~長維の系図

東坊城益長~長維の系図

  東坊城益長(ますなが)【1407-1474】
 権大納言。後花園天皇・後土御門天皇の侍読を務めた。

祖父 秀長 長遠東坊城茂長~長遠の系図

子の夫 高倉永継→高倉永継の系図


  東坊城長清(ながきよ)【1440-1471】
 参議。


  東坊城和長(かずなが)【1460-1529】〔養子:禅雅(→五条為賢~為経の系図)〕
 権大納言。後柏原天皇の侍読を務めた。日記は『和長卿記』。
 資胤〔養父:二条資冬(→二条資家の系図)〕
 和子【1487-?】


  東坊城長淳(ながあつ)【1506-1548】
 権中納言。筑紫から京都に帰る途中、長門国の赤間関で亡くなった。
 四条隆永の娘
妻の父 四条隆永四条隆郷~隆永の系図

 種長
 実は中御門宣忠(→中御門宣忠の系図)の子。『系図纂要』では、為治と同一人物とする。


  東坊城為治/盛長(もりなが)【1538-1607】
 権中納言。実は五条為康(→五条為賢~為経の系図)の子。


  東坊城長維(ながこれ)【1594-1659】(以下、『系図纂要』による。)
 権大納言。実は五条為経(→五条為賢~為経の系図)の子。
 広橋総光の娘
妻の父 広橋総光→広橋総光の系図
 恒長→東坊城恒長の系図
 高辻豊長〔養父:高辻長純〕→高辻豊長の系図
 滋岡至長【1636-1678】
 大坂天満宮の神職に補された。
 長祇【1661-1746】(以下、『東坊城家譜』による。)
曾孫 業長【1682-1717】
曾孫 辰長/氏顕【1702-1759】
 実は桜井兼供(→桜井兼供の系図)の子。
曾孫の子の夫 藪保季→藪保季の系図

至長孫 長房【1741-1804】
至長孫 強房【1750-1771】
至長孫 長昌【1757-1830】〔養子:滋岡功長〕
至長孫 芳長【1784-1814】
至長孫 長棟【1796-1823】
至長孫 功長
 実は飛鳥井雅光(→飛鳥井雅光の系図)の子。養父は桑原忠長(→桑原忠長)、滋岡長昌とも。

タイトルとURLをコピーしました