宇多源氏の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、宇多源氏の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

宇多源氏の略系図

宇多源氏の略系図

2 敦実親王敦実親王の系図
2-A1 重信源重信の系図
2-A2 道方源道方の系図
2-A3 経信源経信の系図
2-A4 俊頼源俊頼の系図

3 雅信源雅信の系図
3-A 扶義源扶義の系図

4 時中源時中の系図
4-A1 経相源経相~範基の系図
4-A2 経時源経時の系図
4-B1 朝任源朝任の系図
4-B2 朝実源朝実の系図

5 済政源済政・資通の系図
7 政長源政長の系図
8 有賢源有賢の系図
9 資賢源資賢の系図
9-A 通家源通家の系図

10 時賢源時賢・有資の系図

スポンサーリンク

敦実親王の系図

敦実親王の系図

  敦実親王(あつみ・あつざね)【893-967】〔養子:源扶義(→源扶義の系図)〕
 敦実流の宇多源氏の祖。

祖父 光孝天皇光孝天皇の系図
 宇多天皇宇多天皇の系図
祖父 藤原高藤藤原高藤の系図

 藤原時平の娘
妻の父 藤原時平藤原時平の系図
 寛朝(かんじょう・かんちょう)【916-998】
 真言宗の僧。東寺長者などを務めた。
 源雅信源雅信の系図
 時中源時中の系図
 扶義源扶義の系図
 時方源時方~仲棟の系図

 源重信源重信の系図
 道方源道方の系図

 源寛信(ひろのぶ)

 雅慶(がけい)【926-1012】〔養父:源重信(→源重信の系図)〕
 兄寛朝から灌頂を受けた。東寺長者・東大寺別当などを務めた。

源重信の系図

源重信の系図

  源重信(しげのぶ)【922-995】〔養子:雅慶(→敦実親王の系図)〕
 左大臣。

祖父 宇多天皇宇多天皇の系図
 敦実親王敦実親王の系図
祖父 藤原時平藤原時平の系図

 藤原朝忠の娘
妻の父 藤原朝忠藤原定方の系図
 致方【951-989】
 相方
子の妻 平季明の娘
子の妻の父 平季明式瞻王・興我王・忠望王の系図
 慶方/度方
曾孫 頼方
 父は源相方とも。
曾孫の妻 源是輔の娘
曾孫の妻の父 源是輔源清平の系図
相方孫 成方
成方の妻 平維時の娘
成方の妻の父 平維時→平維時の系図

 藤原師輔の娘
妻の父 藤原師輔藤原師輔の系図
 道方源道方の系図
 経信源経信の系図

 源高明の娘
妻の父 源高明源高明の系図
 宣方
子の妻 藤原忠幹の娘
子の妻の父 藤原忠幹藤原国経・忠幹の系図

曾孫 師信/師通/師言
曾孫の夫 敦賢親王三条天皇の系図

 藤原伊尹の娘
妻の父 藤原伊尹藤原伊尹・義孝の系図
 藤原忠君藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

 藤原頼忠の娘
妻の父 藤原頼忠藤原頼忠の系図

 乗方(あきまさ)

源道方の系図

源道方の系図

  源道方(みちかた)【968-1044】
 権中納言。母は源高明(→源高明の系図)の娘とも。

祖父 敦実親王敦実親王の系図
 重信源重信の系図
祖父 藤原師輔藤原師輔の系図

 源国盛の娘
 歌人。家集に『経信卿母集』がある。
妻の父 源国盛源通理・国盛の系図
 経長【1005-1071】〔養子:源政長(→源政長の系図)〕
 権大納言。
 道良【1050-1111】
 従三位。実は源資綱(→源顕基の系図)の子。
孫の妻 源高房の娘
孫の妻の父 源高房源行任・高房の系図

 経信源経信の系図
 俊頼源俊頼の系図

子の夫 源資綱源顕基の系図

源経信の系図

源経信の系図

  源経信(つねのぶ)【1016-1097】
 大納言。詩歌・管絃に通じ、『難後拾遺』を著した。日記は『帥記』。

祖父 重信源重信の系図
 道方源道方の系図
祖父 源国盛源通理・国盛の系図

 源貞亮の娘
妻の父 源貞亮源通理・国盛の系図
 基綱(もとつな)【1049-1116】
 権中納言。父と同様、任地の大宰府で亡くなった。
 信綱/重通〔養父:藤原孝清(→藤原孝清の系図)〕
孫の夫 藤原定実藤原定実~伊行の系図
孫の夫 藤原為隆藤原為隆の系図
孫の夫 源行宗→源行宗の系図

曾孫 実長/信平
実長孫 重定〔養父:源信康〕
実長孫 経観
 父は源実長、玄正とも。
実長孫 清信
 父は源信康とも。

曾孫 信康
曾孫の妻 高階仲範の娘
曾孫の妻の父 高階仲範→高階仲範の系図

信康孫 清信
 父は源実長とも。
信康孫 重定
 実は源実長の子。
信康孫 兵衛督局→後鳥羽天皇の系図

曾孫 寛康【?-1172】

曾孫 憲覚〔養父:藤原憲方(→藤原憲方の系図)〕
曾孫の夫 藤原憲方藤原憲方の系図

 俊頼源俊頼の系図

源俊頼の系図

源俊頼の系図

  源俊頼(としより)【1055-1129】〔養父:橘俊綱(→橘俊綱の系図)〕
 歌人。『金葉和歌集』を撰んだ。家集は『散木奇歌集』。『百人一首』にも歌が収められている。

祖父 道方源道方の系図
 経信源経信の系図
祖父 源貞亮源通理・国盛の系図

 大江清綱の娘
妻の父 大江清綱→大江清綱の系図

 教縁〔養父:難波忠教(→難波忠教の系図)〕
孫の夫 藤原範兼藤原範兼の系図
曾孫 範光藤原範光の系図

 橘敦隆の娘
妻の父 橘敦隆→橘敦隆の系図
 俊恵(しゅんえ)【1113-?】
 歌人。家集は『林葉和歌集』。『百人一首』にも歌が収められている。

子の夫 隆覚源顕房の系図
子の夫 源師俊源俊房の系図

スポンサーリンク

源雅信の系図

源雅信の系図

  源雅信(まさのぶ)【920-993】〔養子:源雅通、源信時(→源時中の系図)〕
 左大臣。

祖父 宇多天皇宇多天皇の系図
 敦実親王敦実親王の系図
祖父 藤原時平藤原時平の系図

 源公忠の娘
妻の父 源公忠源国紀・公忠の系図
 時中源時中の系図
 済政源済政・資通の系図
 経相源経相~範基の系図
 朝任源朝任の系図

 済信(せいじん・さいしん)【954-1030】
 雅慶に学び、東大寺別当や東寺長者を務めた。僧として初めて牛車を聴す宣旨を受けた。

 藤原元方の娘
妻の父 藤原元方藤原元方の系図
 扶義源扶義の系図
 通義【?-998】

 藤原穆子(ぼくし)【931-1016】
妻の父 藤原朝忠藤原定方の系図
 時通
子の妻 源尭時の娘
子の妻の父 源尭時斉世親王・敦慶親王の系図
 雅通〔養父:源雅信〕
曾孫の夫 源兼長源兼長~俊兼の系図

 時叙(ときのぶ)/寂源(じゃくげん)【960/965-1024】
 大原に勝林寺をひらいた。
 時方 仲舒源時方~仲棟の系図
 倫子藤原道長の系図
 藤原頼通藤原頼通の系図
 藤原教通藤原教通の系図

 藤原為光の娘
妻の父 藤原為光藤原為光の系図

子の夫 致平親王村上天皇の系図
子の夫 藤原道綱藤原道綱の系図
 兼経藤原兼経の系図

子の夫 藤原定時藤原定時・実方の系図

源扶義の系図

源扶義の系図

  源扶義(すけよし)【951-998】〔養父:敦実親王(→敦実親王の系図)〕
 参議。

祖父 敦実親王敦実親王の系図
 雅信源雅信の系図
祖父 藤原元方藤原元方の系図

 源是輔の娘
妻の父 源是輔源清平の系図
 経頼(つねより)【976-1039】
 参議。日記は『左経記』。
子の妻 藤原行成の娘
子の妻の父 藤原行成藤原行成の系図

孫の夫 源隆国源隆国の系図
曾孫 俊明源俊明の系図

孫の夫 藤原資仲藤原資仲~資重の系図
孫の夫 源貞亮源通理・国盛の系図

曾孫の夫 藤原能季藤原能季の系図

 成頼→源成頼の系図

子の夫 藤原兼隆藤原兼隆の系図
 兼房藤原兼房~宗綱の系図

スポンサーリンク

源時中の系図

源時中の系図

  源時中【941-1002】
 大納言。

祖父 敦実親王敦実親王の系図
 雅信源雅信の系図
祖父 源公忠源国紀・公忠の系図

 藤原安親の娘
妻の父 藤原安親藤原安親の系図
 済政 資通源済政・資通の系図
 信時〔養父:源雅信(→源雅信の系図)〕
 経相 経宗源経相~範基の系図
 朝任源朝任の系図
 朝実源朝実の系図

 定長永尊定観→源朝任の系図
 父は源朝任とも。
子の夫 藤原経任藤原懐平の系図
子の夫 藤原資房藤原資房・公房の系図

源経相~範基の系図

源経相~範基の系図

  源経相/為能/惟能【?-1039】

祖父 雅信源雅信の系図
 時中源時中の系図
祖父 藤原安親藤原安親の系図

 藤原為盛の娘
妻の父 藤原為盛藤原為盛の系図
 経季
子の妻 藤原信通の娘
子の妻の父 藤原信通藤原信通の系図

 済賢
 実は頼誉の子。

子の夫 藤原資房藤原資房・公房の系図


  源経宗
 高階成順の娘
妻の父 高階成順→高階成順の系図


  源兼俊
子の夫 藤原能仲藤原俊家の系図


  源邦家
 藤原頼季の娘
妻の父 藤原頼季藤原為長~頼綱の系図


  源範基
 経時源経時の系図

源経時の系図

源経時の系図

  源経時/経仲

祖父 邦家 範基源経相~範基の系図

 経氏〔養父:源経逸〕

曾孫 経氏
 実は源経尚の子。
経氏孫 経世
 実は源経逸の子。

曾孫 経世〔養父:源経氏〕

源朝任の系図

源朝任の系図

  源朝任【989-1034】
 参議。

祖父 雅信源雅信の系図
 時中源時中の系図
祖父 藤原安親藤原安親の系図

 源俊賢の娘
妻の父 源俊賢源俊賢の系図
 師良
子の妻 藤原頼親の娘
子の妻の父 藤原頼親藤原道隆の系図
 公房【?-1071】

曾孫 兼昌(かねまさ)
 歌人。『百人一首』にも歌が収められている。
曾孫の夫 源顕仲源顕仲の系図

俊輔孫 通定/俊通

 貞科の娘
 有章【?-1064】
 父は源時中(→源時中の系図)とも。任国から上洛する際に、美濃国で落馬して亡くなったとされる。

 源頼国の娘
妻の父 源頼国→源頼国の系図
 朝実源朝実の系図

 定長定観永尊
 父は源時中(→源時中の系図)とも。

源朝実の系図

源朝実の系図

  源朝実
 父は源有章(→源朝任の系図)とも。

祖父 時中源時中の系図
 朝任源朝任の系図
祖父 源頼国→源頼国の系図

 実基/朝基

曾孫 清実/実清
清実の子の夫 土御門定通土御門定通・顕定の系図

清実孫 重光
 父は源範実とも。

曾孫 俊光【?-1221】
 実は行金の子。
曾孫の夫 土御門定通土御門定通・顕定の系図

曾孫 重光
 父は源清実とも。

 一海
 父は源朝俊とも。

 実慶
 父は源朝実、源実基とも。

曾孫 定兼
 実は高階忠広の子。

スポンサーリンク

源済政・資通の系図

源済政・資通の系図

  源済政(なりまさ)/頼時【?-1041】

祖父 雅信源雅信の系図
 時中源時中の系図
祖父 藤原安親藤原安親の系図

 源頼光の娘
妻の父 源頼光→源頼光の系図

子の夫 藤原能長藤原能長の系図
子の夫 藤原信家藤原信家の系図
子の夫 敦貞親王三条天皇の系図
子の夫 藤原定頼藤原公任の系図
子の夫 藤原政兼藤原朝光・正光の系図


  源資通(すけみち)【1005-1060】
 参議。歌や管絃にすぐれた。菅原孝標の娘とも交遊があった。
 源頼光の娘
妻の父 源頼光→源頼光の系図
 政長源政長の系図
 有賢源有賢の系図

 師賢(もろかた)【1035-1081】
 父と同様、歌や管絃にすぐれた。藤津弁と号した。
 寛助(かんじょ)【1057-1125】
 白河法皇から信頼され、法関白と称された。

 源頼平の娘
妻の父 源頼平→源頼平の系図

子の夫 源経成源重光の系図

スポンサーリンク

源政長の系図

源政長の系図

  源政長(まさなが)【1038-1097】〔養父:源経長(→源道方の系図)〕

祖父 済政 資通源済政・資通の系図
祖父 源頼光→源頼光の系図

 藤原経季の娘
妻の父 藤原経季藤原経季の系図
 有賢源有賢の系図
 資賢源資賢の系図

 藤原憲房の娘
妻の父 藤原憲房藤原憲房・敦輔の系図
 忠政/成仲
子の妻 藤原親信の娘
子の妻の父 藤原親信藤原令尹・成尹の系図

 行祐忠覚
 父は源行長とも。
曾孫 頼仁/頼円

忠政孫 信光〔養父:源行頼〕→源信光の系図
 父は行仁とも。

子の夫 白河天皇白河天皇の系図
子の夫 輔仁親王後三条天皇の系図

スポンサーリンク

源有賢の系図

源有賢の系図

  源有賢(ありかた)【1070-1139】
 従三位。管絃にすぐれた。

祖父 資通源済政・資通の系図
 政長源政長の系図
祖父 藤原経季藤原経季の系図

 高階為家の娘
妻の父 高階為家→高階為家の系図
 資賢源資賢の系図
 通家源通家の系図
 時賢源時賢・有資の系図

 平忠盛の娘
妻の父 平忠盛→平忠盛の系図
 宗賢〔養父:源資賢(→源資賢の系図)〕
 中賢
 父は源資賢(→源資賢の系図)、源資長とも。

 資長
 父は源忠政(→源政長の系図)とも。
 寛経
 父は源宗賢とも。

子の夫 難波忠基難波忠基の系図
 教宗難波教宗の系図

子の夫 藤原光房藤原光房の系図

スポンサーリンク

源資賢の系図

源資賢の系図

  源資賢(すけかた)【1113-1188】〔養子:源宗賢(→源有賢の系図)、源雅賢(→源通家の系図)〕
 権大納言。後白河院の近臣として活躍した。

祖父 政長源政長の系図
 有賢源有賢の系図
祖父 高階為家→高階為家の系図

 賀茂保文の娘
 通家源通家の系図
 資時〔養子:源有資(→源時賢・有資の系図)〕

 徳大寺公能の娘
妻の父 徳大寺公能徳大寺公能の系図
 時賢 有資源時賢・有資の系図

 中賢
 父は源宗賢・源資長(→源有賢の系図)とも。
子の夫 八条公清八条公清~一条公邦の系図

源通家の系図

源通家の系図

  源通家【1133-1167】

祖父 有賢源有賢の系図
 資賢源資賢の系図

 雅賢【1148-1192】〔養父:源資賢(→源資賢の系図)〕
 参議。雅楽にすぐれた。
子の妻 藤原信経の娘
子の妻の父 藤原信経藤原経忠の系図
 有雅【1176-1221】
 権中納言。母は信綱の娘とも。承久の乱で罪に問われ、出家したが殺された。
孫の妻 藤原信家の娘
孫の妻の父 藤原信家藤原基隆の系図

孫の妻 藤原憲子
 藤原範光(→藤原範光の系図)の娘。
曾孫 佐々木野資雅【1200-?】
 従三位。

資雅孫 為雅【?-1304】
資雅孫 為守
 従三位。
資雅孫 守賢【1314-1380】
 従三位。

為雅の子の夫 洞院公敏→洞院公敏の系図

曾孫の夫 土御門天皇土御門天皇の系図
曾孫の夫 九条道家九条道家の系図

 寛済
 父は源雅賢とも。
子の夫 松殿隆忠松殿隆忠・師家の系図
子の夫 二条定能二条定能の系図
 親能定季藤原親能・定季の系図
 資家二条資家の系図

スポンサーリンク

源時賢・有資の系図

源時賢・有資の系図

  源時賢(ときかた)【1176-1255】
 従二位。

祖父 有賢源有賢の系図
 資賢源資賢の系図
祖父 徳大寺公能徳大寺公能の系図

 資信
 従三位。
子の妻 藤原孝道の娘
子の妻の父 藤原孝道藤原孝定の系図

曾孫の夫 源雅憲源兼忠の系図

子の夫 三条実親三条実親・公親の系図


  源有資(ありすけ)【1204-1272】〔養父:源資時(→源資賢の系図)〕
 権中納言。郢曲にすぐれ、後深草天皇・亀山天皇・伏見天皇の師範となり、鈴虫中納言と称された。
 庭田経資 茂賢庭田経資~重賢の系図
 綾小路信有 有頼綾小路信有~資能の系図
子の夫 近衛公斉近衛公明の系図

タイトルとURLをコピーしました