藤原氏北家・長家流の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、藤原氏北家・長家流の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

藤原氏北家・長家流の略系図

藤原氏北家・長家流の系図

1 長家藤原長家・忠家の系図
2-A 顕良忠実藤原顕良・忠実の系図

3 俊忠藤原俊忠の系図
3-A1 忠成大炊御門忠成の系図
3-A2 光能大炊御門光能の系図

4 俊成藤原俊成の系図
5 定家藤原定家の系図
6 為家藤原為家の系図
7 為氏御子左為氏の系図
8 為世御子左為世の系図

スポンサーリンク

藤原長家・忠家の系図

藤原長家・忠家の系図

  藤原長家(ながいえ)【1005-1064】
 権大納言。御子左流の祖。

祖父 兼家藤原兼家の系図
 道長藤原道長の系図
祖父 源高明源高明の系図

 源懿子(いし)【?-1078】
 源高雅(→源高雅の系図)の娘。
 道家【?-1038】
 祐家【1036-1088】
 中納言。
子の妻 藤原憲輔の娘
子の妻の父 藤原憲輔藤原憲輔の系図

孫の夫 藤原能実藤原能実の系図

 藤原斉信の娘
妻の父 藤原斉信藤原斉信の系図

 藤原正光の娘
妻の父 藤原正光藤原朝光・正光の系図

 藤原行成の娘
妻の父 藤原行成藤原行成の系図


  藤原忠家【1033-1091】
 大納言。母は藤原基貞(→藤原基貞の系図)の娘とも。

 藤原経輔の娘
妻の父 藤原経輔藤原経輔の系図
 基忠【1056-1098】
 権中納言。
 信忠
 実は源信宗(→源信宗の系図)の子。
孫の夫 源顕康清仁親王~源顕康の系図

 俊忠藤原俊忠の系図
 大炊御門忠成大炊御門忠成の系図
 俊成藤原俊成の系図

 藤原敦家の娘
妻の父 藤原敦家藤原敦家の系図
 顕良藤原顕良・忠実の系図

 高階業敏の娘
妻の父 高階業敏→高階業敏の系図
 忠実藤原顕良・忠実の系図

 家光花山院家忠の系図
 実は橘俊綱(→橘俊綱の系図)の子。養父は花山院家忠とも。

藤原顕良・忠実の系図

藤原顕良・忠実の系図

  藤原顕良

祖父 長家 忠家藤原長家・忠家の系図
祖父 藤原敦家藤原敦家の系図

 長経/覚遠

 長基/親長
曾孫 忠賢/俊基〔養父:藤原俊成(→藤原俊成の系図)〕

孫の夫 藤原済綱藤原済綱の系図

 最舜
 父は円厳とも。
曾孫の夫 近衛基通近衛基通の系図
曾孫の子 鷹司兼基藤原道経・鷹司兼基の系図


  藤原忠実
 鬼大夫と号した。

祖父 高階業敏→高階業敏の系図

 藤原長房の娘
妻の父 藤原長房藤原長房の系図
 家信〔養父:藤原長房〕→藤原長房の系図

スポンサーリンク

藤原俊忠の系図

藤原俊忠の系図

  藤原俊忠(としただ)/親家【1073-1123】
 権中納言。母は藤原敦家(→藤原敦家の系図)の娘とも。歌人。

祖父 長家 忠家藤原長家・忠家の系図
祖父 藤原経輔藤原経輔の系図

 藤原敦家の娘
妻の父 藤原敦家藤原敦家の系図
 大炊御門忠成大炊御門忠成の系図
 光能大炊御門光能の系図

 公長〔養父:西園寺通季(→西園寺通季の系図)〕
孫の夫 藤原盛国藤原盛国の系図

 俊成藤原俊成の系図
 定家藤原定家の系図

 俊貞〔養父:藤原知通〕→藤原尹通の系図

 重慶
 父は大炊御門忠成(→大炊御門忠成の系図)とも。

曾孫 信忠/信覚

 藤原顕隆の娘
妻の父 藤原顕隆藤原顕隆の系図
 藤原家政藤原家政の系図
 豪子徳大寺公能の系図
 徳大寺実定徳大寺実定・公継の系図
 川原実家川原実家・公国の系図
 藤原実守藤原実守・実印・実快の系図

 俊子藤原顕長の系図
 藤原長方藤原長方の系図

 快修【?-1172】
 忠海/彦珍
 俊子藤原顕頼の系図
 藤原光頼藤原光頼~葉室資頼の系図
 藤原惟方藤原惟方の系図

子の夫 藤原伊通藤原伊通の系図
子の夫 藤原師綱藤原師綱の系図
 済綱藤原済綱の系図
 親綱藤原親綱~師平の系図

子の夫 藤原知通藤原尹通の系図
子の夫 藤原光房藤原光房の系図
 吉田経房吉田経房・定経の系図
 九条光長九条光長・長房の系図

 定長〔養父:藤原俊成〕→藤原俊成の系図

大炊御門忠成の系図

大炊御門忠成の系図

  大炊御門忠成【1091-1158】

祖父 忠家藤原長家・忠家の系図
 俊忠藤原俊忠の系図
祖父 藤原敦家藤原敦家の系図

 源季忠の娘
妻の父 源季忠源広綱の系図
 光能大炊御門光能の系図

 重慶
 父は藤原忠定(→藤原俊忠の系図)とも。
子の夫 徳大寺公能徳大寺公能の系図
子の夫 以仁王後白河天皇~六条天皇の系図
子の夫 持明院基宗持明院基宗~基世の系図

大炊御門光能の系図

大炊御門光能の系図

  大炊御門光能(みつよし)【1132-1183】〔養父:徳大寺公能(→徳大寺公能の系図)〕
 参議。

祖父 俊忠藤原俊忠の系図
 忠成大炊御門忠成の系図
祖父 源季忠源広綱の系図

 遠元の娘
 知光/広家
 光俊【1179-?】
 従二位。
子の妻 平繁雅の娘
子の妻の父 平繁雅→平繁雅の系図
 光成【?-1279】
 従三位。
孫の妻 大江盛幸の娘
 実は平信繁(→平信繁の系図)の娘。
曾孫 光氏
曾孫の子の夫 久我通嗣久我通忠~通雄の系図
曾孫の子の夫 松殿忠冬松殿忠房の系図

光氏孫 光冬/光忠〔養父:大炊御門光輔〕

曾孫 光輔〔養子:大炊御門光冬〕
曾孫の夫 持明院保藤持明院基保の系図

孫の夫 鷹司兼平鷹司兼平~冬教の系図
孫の夫 花山院師継花山院師継~師資の系図

 経尊の娘
妻の父 経尊藤原経季の系図

 大江維順の娘
妻の父 大江維順→大江維順の系図
 中原広季→中原広季の系図
 大江広元→大江広元の系図

 家能〔養父:藤原兼光(→藤原兼光の系図)〕
 親能〔養父:中原広季〕→中原親能の系図
子の夫 五辻家経五辻家経の系図

スポンサーリンク

藤原俊成の系図

藤原俊成の系図

  藤原俊成(としなり・しゅんぜい)/顕広【1114-1204】〔養父:藤原顕頼(→藤原顕頼の系図)、養子:藤原忠賢(→藤原顕良・忠実の系図)〕
 正三位。歌人。『千載和歌集』の撰者となったほか、歌論書『古来風体抄』などを著した。

祖父 忠家藤原長家・忠家の系図
 俊忠藤原俊忠の系図
祖父 藤原敦家藤原敦家の系図

 美福門院加賀(びふくもんいんのかが)【?-1193】
 藤原親忠(→藤原親賢の系図)の娘。美福門院に仕えた。
 藤原為経藤原為経・隆信の系図
 成家(なりいえ)【1155-1220】
 正三位。
 言家【?-1239】
 従三位。
曾孫 家基/基兼

 定家藤原定家の系図
 為家藤原為家の系図

 藤原為忠の娘
妻の父 藤原為忠藤原為忠の系図
 覚長/覚弁

 定長/寂蓮(じゃくれん)【1139?-1202】
 実は俊海(→藤原俊忠の系図)の子。歌人。
 保季〔養父:西園寺実宗(→西園寺実宗の系図)〕
 昌観/尚観

子の夫 藤原成親藤原成親の系図
子の夫 中御門宗家中御門宗家~宗雅の系図
子の夫 高倉家通高倉重通・家通の系図
 敦通高倉敦通の系図

子の夫 堀川通具堀川通具~基具の系図
子の夫 藤原盛頼藤原家成の系図

スポンサーリンク

藤原定家の系図

藤原定家の系図

  藤原定家(さだいえ・ていか)/光季/季光【1162-1241】〔養子:聖覚(→澄憲の系図)〕
 権中納言。歌人として活躍し、『新古今和歌集』・『新勅撰和歌集』の撰修にあたったほか、『源氏物語』をはじめとする多くの古典の書写も行った。日記は『明月記』。家集は『拾遺愚草』。

祖父 俊忠藤原俊忠の系図
 俊成藤原俊成の系図
祖父 藤原親忠藤原親賢の系図

 西園寺実宗の娘
妻の父 西園寺実宗西園寺実宗の系図
 為家藤原為家の系図
 御子左為氏御子左為氏の系図
 冷泉為相冷泉為相~為之の系図

 藤原季能の娘
妻の父 藤原季能藤原顕盛の系図

 後堀河院民部卿典侍(ごほりかわいんのみんぶきょうのすけ)【1195-?】
 歌人。後堀河天皇などに仕えた。
 中納言典侍西園寺公相の系図法性寺雅平の系図

スポンサーリンク

藤原為家の系図

藤原為家の系図

  藤原為家(ためいえ)【1198-1275】〔養父:西園寺公経(→西園寺公経の系図)〕
 権大納言。歌人。『続後撰和歌集』を撰進した。

祖父 俊成藤原俊成の系図
 定家藤原定家の系図
祖父 西園寺実宗西園寺実宗の系図

 宇都宮頼綱の娘
妻の父 宇都宮頼綱→宇都宮頼綱の系図
 御子左為氏御子左為氏の系図
 為世御子左為世の系図

 京極為教(ためのり)【1227-1279】
 従二位。歌人。京極家の祖。
子の妻 三善雅衡の娘
 為兼(ためかね)【1254-1332】
 権大納言。京極派の歌人。『玉葉和歌集』を撰進した。
曾孫 公蔭正親町実明~実綱の系図
 実は正親町実明の子。
曾孫 為仲
 実は藤原為顕の子。

 為子(ためこ・いし)
 歌人。伏見天皇に信任された。

 阿仏尼(あぶつに)【?-1283】
 平度繁(→平度繁の系図)の養女。歌人。『十六夜日記』などを著した。
 冷泉為相 為秀冷泉為相~為之の系図
 為守(ためもり)【1265-1328】
 歌人。夢窓疎石とも交流があった。

 為顕(ためあき)
 歌人。
 為仲〔養父:京極為兼〕
 宣子二条兼基・道平の系図

 室町家信の娘
妻の父 室町家信室町家信の系図

 源承(げんしょう)/為定【1224-?】〔養父:御子左為氏(→御子左為氏の系図)〕
 歌人。歌論書『和歌口伝』を著した。
 慶融(けいゆう)〔養父:御子左為氏(→御子左為氏の系図)〕
 承遍藤原範光の系図
 実は兼遍の子。
 覚源藤原光頼~葉室資頼の系図
 実は頼全の子。
 憲家藤原貞憲の系図
 実は源承の子。
子の夫 二条道良二条良実・師忠の系図

スポンサーリンク

御子左為氏の系図

御子左為氏の系図

  御子左為氏(ためうじ)【1222-1286】〔養子:藤原博氏(→水無瀬親信の系図)〕
 権大納言。歌人。和歌の家である二条家の祖として活躍し、『続拾遺和歌集』を撰集した。

祖父 定家藤原定家の系図
 為家藤原為家の系図
祖父 宇都宮頼綱→宇都宮頼綱の系図

 飛鳥井教定の娘
妻の父 飛鳥井教定飛鳥井雅経~雅孝の系図
 為世御子左為世の系図

 棟清の娘
妻の父 棟清→棟清の系図
 藤原親頼藤原光雅の系図
 為雄【1255-?】〔養子:御子左為藤(→御子左為世の系図)〕
 参議。
孫の夫 堀川具俊堀川具守の系図

 藤原重名の娘
妻の父 藤原重名藤原家輔の系図
 五条為実【1266-1333】
 参議。
 為嗣【1291-1355】
 参議。

 源承慶融藤原為家の系図
 実は藤原為家の子。
 快為/源為

 俊言
 参議。
孫の妻 藤原長綱の娘
孫の妻の父 藤原長綱藤原資綱の系図

曾孫 為基
曾孫の子の夫 今出川実尹今出川兼季~公彦の系図

スポンサーリンク

御子左為世の系図

御子左為世の系図

  御子左為世(ためよ)【1250-1338】〔養子:承憲(→澄憲の系図)〕
 権大納言。歌人。『新後撰和歌集』『続千載和歌集』の撰者となった。

祖父 為家藤原為家の系図
 為氏御子左為氏の系図
祖父 飛鳥井教定飛鳥井雅経~雅孝の系図

 賀茂氏久の娘
 為通(ためみち)/為道【1271-1299】
子の妻 飛鳥井雅有の娘
子の妻の父 飛鳥井雅有飛鳥井雅経~雅孝の系図
 為親【?-1341】
 従三位。
曾孫 尊済(『系図纂要』による。)

 為定(ためさだ)/為孝【1293-1360】〔養父:御子左為藤〕
 権大納言。『新千載和歌集』を撰集した。
曾孫 為遠(ためとお)【1341-1381】〔養父:洞院実夏(→洞院実夏~公連の系図)〕
 権大納言。『新後拾遺和歌集』の撰者になったが、途中で亡くなった。
曾孫の妻 園隆子
 園基隆(→園基成~基有の系図)の娘。

 権大納言三位局後醍醐天皇の系図
孫の夫 正親町三条公秀正親町三条公貫~公秀の系図

 為藤(ためふじ)【1275-1324】〔養父:御子左為雄(→御子左為氏の系図)、養子:御子左為定〕
 中納言。『続後拾遺和歌集』の撰集にあたったが、途中で亡くなった。
子の妻 吉田経長の娘
子の妻の父 吉田経長吉田経長の系図

 為明(ためあき)【1295-1364】
 権中納言。『新拾遺和歌集』の撰者となったが、途中で亡くなった。
 為忠【1310-1373】
 権中納言。
曾孫 為雅為邦(『系図纂要』による。)

 菅原公氏の娘
妻の父 菅原公氏菅原在公~在永・公氏・公頼の系図

 為冬(ためふゆ)【?-1335】
 歌人。後醍醐天皇方として、駿河で足利軍と戦い、討ち死にした。
 為重(ためしげ)【1325-1385】
 権中納言。『新後拾遺和歌集』を完成させた。
曾孫 隆尊芳禅隆覚(『系図纂要』による。)
曾孫 守能(以下、『系図纂要』による。)

 覚専(『系図纂要』による。)

 房保〔養父:持明院保藤〕→持明院基保の系図
 為子後醍醐天皇の系図
 昭訓門院春日西園寺公衡~公宗の系図
子の夫 花山院兼信花山院師継~師資の系図

タイトルとURLをコピーしました