九条家(藤原氏北家)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、九条家(藤原氏北家)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

九条兼実の系図

九条兼実の系図

  九条兼実(かねざね)【1149-1207】〔養子:藤原兼良(→藤原兼房の系図)、道宝〕
 摂政・関白・太政大臣。九条家の祖。源頼朝と協力関係を築き、氏長者となったものの、源通親らによって失脚させられた。日記は『玉葉』。

祖父 忠実藤原忠実の系図
 忠通藤原忠通の系図
祖父 藤原仲光藤原仲実の系図

 楊梅兼子
 楊梅季行(→楊梅季行の系図)の娘。
 良通(よしみち)【1167-1188】
 内大臣。後継者として期待されたが、若くして亡くなった。
子の妻 花山院兼雅の娘
子の妻の父 花山院兼雅花山院忠雅・兼雅の系図

 良経九条良経の系図
 道家九条道家の系図

 任子後鳥羽天皇の系図

 八条院三位局(はちじょういんのさんみのつぼね)【?-1218】
 高階盛章(→高階盛章の系図)の娘。八条院に仕えた。
 以仁王後白河天皇~六条天皇の系図
 良輔(よしすけ)【1185-1218】〔養子:藤原教家(→九条良経の系図)〕
 左大臣。
子の妻 六条経家の娘
子の妻の父 六条経家六条経家の系図

子の妻 玄季の娘
子の妻の父 玄季楊梅季行の系図
 道宝(どうほう)【1214-1281】〔養父:九条兼実、九条道家(→九条道家の系図)〕
 後宇多天皇の護持僧を務めた。

子の妻 坊門信清の娘
子の妻の父 坊門信清坊門信清の系図

 六条顕輔の娘
妻の父 六条顕輔六条顕輔の系図
 良平(よしひら)【1184-1240】〔養父:九条良経(→九条良経の系図)〕
 太政大臣。醍醐太政大臣と号した。
子の妻 藤原兼子
 藤原範光(→藤原範光の系図)の娘。
 高実【1210-1248】〔養父:九条道家(→九条道家の系図)〕
 権大納言。
孫の妻 藤原経通の娘
 実は藤原光親(→藤原光親の系図)の娘。
孫の妻の父 藤原経通藤原泰通の系図
曾孫 忠基【1230-1263】
 参議。

忠基孫 円雄〔養父:洞院実雄(→洞院実雄の系図)〕
忠基孫 良慶〔養父:洞院公守(→洞院公守の系図)〕

忠基孫 実玄/実助

曾孫 良珍
曾孫の子の夫 後二条天皇後二条天皇の系図

子の妻 兼教の娘
 最源【1228-?】
 天台座主。

孫の夫 小倉公雄小倉公雄~実名の系図

 藤原頼輔の娘
妻の父 藤原頼輔六条顕輔の系図
 良円(りょうえん)【1178-1220】
 興福寺別当。
 良快(りょうかい)【1185-1242】
 天台座主。

 良海(りょうかい)【1197-1218】
 醍醐寺座主。
 良恵(りょうえ)【1192-1268】
 東寺長者。
子の夫 範宴→範宴の系図

スポンサーリンク

九条良経の系図

九条良経の系図

  九条良経(よしつね)【1169-1206】〔養子:藤原良平(→九条兼実の系図)〕
 摂政・太政大臣。歌人としても活躍し、『新古今和歌集』の仮名序を著した。『百人一首』にも歌が収められる。

祖父 忠通藤原忠通の系図
 兼実九条兼実の系図
祖父 楊梅季行楊梅季行の系図

 一条能保の娘
妻の父 一条能保一条通重・能保の系図
 道家九条道家の系図
 教実九条教実~師教の系図
 二条良実二条良実・師忠の系図
 一条実経一条実経~内経の系図

 教家(のりいえ)【1194-1255】〔養父:藤原良輔(→九条兼実の系図)〕
 権大納言。
 立子順徳天皇・仲恭天皇の系図

 松殿寿子
 松殿基房(→松殿基房の系図)の娘。
 月輪基家(もといえ)【1203-1280】
 内大臣。歌人。『続古今和歌集』の撰者の一人となった。
子の妻 一条高能の娘
子の妻の父 一条高能一条高能の系図
 経家【1227-?】
 正二位。母は一条能保の娘とも。
曾孫の夫 藤原公兼清水谷公定の系図

子の妻 三条基定の娘
子の妻の父 三条基定三条成定の系図
 良基【1236-1292】
 従二位。
孫の妻 行資王の娘
孫の妻の父 行資王→行資王の系図
曾孫 良忠【?-1299】
 正三位。
曾孫の妻 藤原宗房の娘
曾孫の妻の父 藤原宗房藤原宗隆の系図

良忠孫 忠基/冬家【?-1319】〔養父:二条兼基(→二条兼基・道平の系図)〕
 従三位。

良兼孫 家尹【?-1387】
 従二位。
良兼孫 季尹/基尹
 参議。
良兼孫 尹賢
 参議。
良兼孫 基尹/家輔【?-1455】
 権中納言。父は月輪家尹とも。大納言を贈られた。

良兼孫 成基〔養父:二条師嗣(→二条師嗣の系図)〕(『系図纂要』による。)

良兼孫 氏賢【1504-1526】(『系図纂要』による。)

子の妻 藤原兼季の娘
子の妻の父 藤原兼季中山忠親・兼宗の系図

 小国政綱の娘
妻の父 小国政綱→小国政綱の系図
 良尊(りょうそん)【1189-1246】
 園城寺長吏。

 平信業の娘
 道慶(どうきょう)【?-1285】
 園城寺長吏。

スポンサーリンク

九条道家の系図

九条道家の系図

  九条道家(みちいえ)【1193-1252】〔養子:道宝・藤原高実(→九条兼実の系図)〕
 摂政・関白・左大臣。承久の乱で摂政を罷免されたが、西園寺公経の働きにより復権し、長く実権を握ったほか、東福寺を建立した。光明峯寺殿と号した。日記は『玉蘂』。

祖父 兼実九条兼実の系図
 良経九条良経の系図
祖父 一条能保一条通重・能保の系図

 西園寺綸子(りんし)【1192-1251】
 西園寺公経(→西園寺公経の系図)の娘。
 教実 忠家九条教実~師教の系図
 二条良実 師忠二条良実・師忠の系図
 一条実経 家経一条実経~内経の系図
 頼経(よりつね)【1218-1256】〔養子:法助〕
 権大納言。鎌倉幕府4代将軍(1226-1244)。
子の妻 藤原親能の娘
子の妻の父 藤原親能藤原親能・定季の系図
 頼嗣(よりつぐ)【1239-1256】
 従三位。鎌倉幕府5代将軍(1244-1252)。

 頼経の娘【?-1225】(『系図纂要』による。)

子の妻 持明院家能の娘
子の妻の父 持明院家能持明院基宗~基世の系図

子の妻 竹御所(たけのごしょ)【1203-1234】〔養父:源実朝(→源実朝の系図)〕
 源頼家(→源頼家の系図)の娘。難産の末亡くなった。

 円実(えんじつ)【1214-1272】
 興福寺別当。
 慈源【?-1255】
 天台座主。
 法助(ほうじょ)【1227-1284】〔養父:藤原頼経〕
 竴子守貞親王~四条天皇の系図

 源有雅の娘
妻の父 源有雅源通家の系図

 源重房の娘
妻の父 源重房源有雅の系図
 慈実(じじつ)【1238-1300】
 天台座主。

 行昭【1232-1303】
 園城寺長吏。
 道智(どうち)【1217-1269】
 園城寺長吏。狛僧正と号した。
 勝信(しょうしん)【1235-1287】
 東寺長者。
 仁子近衛家実・兼経の系図
 近衛基平近衛基平の系図

スポンサーリンク

九条教実~師教の系図

九条教実~師教の系図

  九条教実(のりざね)【1211-1235】
 摂政・関白・左大臣。摂政・関白に就くものの、実権は父道家が握っていた。洞院殿と号した。日記は『洞院摂政記』。

祖父 良経九条良経の系図
 道家九条道家の系図
祖父 西園寺公経西園寺公経の系図

 藤原恩子
 藤原定季(→藤原親能・定季の系図)の娘。実は家綱の子。

 西園寺嘉子
 西園寺公経(→西園寺公経の系図)の娘。
 彦子守貞親王~四条天皇の系図

 室町家信の娘
妻の父 室町家信室町家信の系図

 尊信(そんじん)【1223-1283】
 興福寺別当。


  九条忠家(ただいえ)【1229-1275】
 摂政・関白・右大臣。一音院と号した。
 三条公房の娘
妻の父 三条公房三条公房の系図
 忠嗣【1253-?】
 正二位。
 湛恵/順空【?-1332】

 尋慶/清空【?-1308】


  九条忠教(ただのり)【1248-1332】
 関白・左大臣。報恩院殿と号した。
 西園寺公相の娘
妻の父 西園寺公相西園寺公相の系図

 尊覚/覚意

 二条道良の娘
妻の父 二条道良二条良実・師忠の系図
 禖子二条兼基・道平の系図

 藤原有時の娘
妻の父 藤原有時藤原済綱の系図
 房実〔養父:九条師教〕→九条房実の系図

 藤原公持の娘
妻の父 藤原公持一条実有~実連の系図


  九条師教(もろのり)【1273-1320】
 摂政・関白・左大臣。己心院殿と号した。
 守良親王の娘
妻の父 守良親王亀山天皇の系図
 道教〔養父:九条房実〕→九条道教の系図

 亀山天皇の皇女
妻の父 亀山天皇亀山天皇の系図

 房実→九条房実の系図
 孝覚〔養父:九条房実〕→九条房実の系図

タイトルとURLをコピーしました