醍醐天皇~後冷泉天皇の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、醍醐天皇から後冷泉天皇までの系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

醍醐天皇・朱雀天皇の系図

醍醐天皇・朱雀天皇の系図

醍醐天皇

第60代 醍醐天皇(だいご)/敦仁親王(あつぎみ)/維城親王【885-930/在位:897-930】
 宇多天皇に引き続いて親政を行い、律令体制の維持を図った。その治世は延喜の治と称された。

祖父 光孝天皇光孝天皇の系図
 宇多天皇宇多天皇の系図
祖父 藤原高藤藤原高藤の系図

皇后 藤原穏子(やすこ・おんし)【885-954】
皇后の父 藤原基経藤原良房・基経の系図
 保明親王(やすあきら)/崇象親王【903-923】
 立太子したが、若くして病で没した。
子の妻 藤原仁善子(にぜこ)【?-945】
 藤原時平(→藤原時平の系図)の娘。
 慶頼王(よしより)【921-925】
 立太子するも夭折した。

子の妻 藤原貴子(きし)【904-962】
 藤原忠平(→藤原忠平の系図)の娘。
子の妻 藤原玄上の娘
子の妻の父 藤原玄上藤原有統の系図

 康子内親王藤原師輔の系図
 藤原公季藤原公季・実成の系図

 村上天皇村上天皇の系図
 冷泉天皇冷泉天皇・花山天皇の系図
 円融天皇円融天皇・一条天皇の系図
 為平親王為平親王の系図
 具平親王具平親王の系図

 為子内親王(ためこ)【?-899】
 勧子内親王を生んで間もなく亡くなった。
妃の父 光孝天皇光孝天皇の系図
 勧子内親王(かんし)【899-?】

女御 源和子(わし)【?-947】
 慶子内親王宇多天皇の系図
 常明親王式明親王常明親王・式明親王・兼明親王の系図
 有明親王有明親王・源守清の系図
 韶子内親王陽成天皇の系図
 斉子内親王(ただこ・ときこ・せいし)【921-936】
 斎宮。伊勢に下向する前に亡くなった。

女御 藤原能子(よしこ・のうし)【?-964】
女御の父 藤原定方藤原定方の系図
女御の夫 藤原実頼藤原実頼の系図

女御 藤原和香子(わかこ)
女御の父 藤原定国藤原定国の系図

更衣 藤原桑子(そうし)
更衣の父 藤原兼輔藤原利基・兼輔の系図
 章明親王(のりあきら・しょうめい)【924-990】
 隆子女王(たかこ)【?-974】
 斎宮。
 済子女王(なりこ・さいし)
 斎宮。
 慶子女王(よしこ)

更衣 藤原淑姫(よしひめ)【?-969】
更衣の父 藤原菅根藤原良尚・菅根の系図
 長明親王(ながあきら)【913-953】
 兼明親王常明親王・式明親王・兼明親王の系図
 源自明(よりあきら)【911-958】
 参議。
 英子内親王(ひでこ・えいし)【921-946】
 斎宮。伊勢に下向する前に亡くなった。

更衣 源周子(ちかこ・しゅうし)【?-935】
更衣の父 源唱源定の系図
 勤子内親王藤原師輔の系図
 都子内親王(みやこ・くにこ・とし)【905-981】
 雅子内親王藤原師輔の系図
 藤原為光藤原為光の系図

 時明親王(ときあきら)【910-927】
 源高明源高明の系図
 忠賢源忠賢~長季の系図
 俊賢源俊賢の系図
 経房源経房の系図

 源兼子(けんし)
 盛明親王盛明親王~源道成の系図

更衣 源封子(かねこ・ふうし)
更衣の父 源旧鑑是貞親王・源旧鑑・是恒・貞恒・是茂・香泉・友貞の系図
 宣子内親王(のぶこ・せんし)【902-920】
 斎院。
 克明親王克明親王・重明親王の系図
 靖子内親王藤原忠平の系図

更衣 藤原鮮子(せんし)【?-915】
更衣の父 藤原連永藤原直道の系図
 恭子内親王(きょうし)【902-915】
 斎院。
 代明親王代明親王の系図
 源重光源重光の系図

 婉子内親王(えんし)【904-969】
 斎院。
 敏子内親王(としこ)【906-?】

更衣 満子女王(みつこ)【?-920】
 修子内親王陽成天皇の系図
 普子内親王源清平の系図

後宮 藤原伊衡の娘
後宮の父 藤原伊衡藤原敏行の系図
 源為明(ためあきら)【?-961】

後宮 源昇の娘
後宮の父 源昇源融~宛の系図
 重明親王克明親王・重明親王の系図

後宮 源敏相の娘
 源允明(すけあきら)【919-942】

 源厳子(げんし)

朱雀天皇

第61代 朱雀天皇(すざく)/寛明親王(ゆたあきら)【923-952/在位:930-946】
 病弱であり、在位中は藤原忠平が摂政・関白として執政した。

女御 煕子女王(ひろこ・きし)【?-950】
 昌子内親王冷泉天皇・花山天皇の系図

女御 藤原慶子(よしこ)【?-951】
女御の父 藤原実頼藤原実頼の系図

克明親王・重明親王の系図

克明親王・重明親王の系図

  克明親王(かつあきら・よしあきら)/将順親王【903-927】

祖父 宇多天皇宇多天皇の系図
 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
祖父 源旧鑑是貞親王・源旧鑑・是恒・貞恒・是茂・香泉・友貞の系図

 藤原時平の娘
妻の父 藤原時平藤原時平の系図
 源博雅(ひろまさ)【918-980】
 従三位。横笛・琵琶などの楽才があった。
 信義(のぶよし)
 管絃の君と称された。

 源清雅(きよまさ)
 源正雅(ただまさ)
 源助雅(すけまさ)
 妍子女王(けんし)


  重明親王(しげあきら)/将保親王【906-954】
 日記『吏部王記』が伝わる。

祖父 源昇源融~宛の系図

 藤原寛子(ひろこ・かんし)【906-945】
妻の父 藤原忠平藤原忠平の系図
 源邦正(くにまさ)
 青白い顔色をしていたため、青侍従と呼ばれた。
 徽子女王村上天皇の系図
 旅子女王(たびこ)/悦子女王【942-?】
 斎宮。

 藤原登子村上天皇の系図
妻の父 藤原師輔藤原師輔の系図

 源行正(ゆきまさ)
 源信正(のぶまさ)
 麗子女王(れいし)
子の夫 藤原朝光藤原朝光・正光の系図

常明親王・式明親王・兼明親王の系図

常明親王・式明親王・兼明親王の系図

  常明親王(つねあきら)/将明親王【906-944】

祖父 宇多天皇宇多天皇の系図
 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
祖父 光孝天皇光孝天皇の系図

 藤原恒佐の娘
妻の父 藤原恒佐藤原恒佐・懐忠の系図
 源茂親(しげちか)


  式明親王(のりあきら)【907-966】
 藤原玄上の娘
妻の父 藤原玄上藤原有統の系図
 藤原敦忠藤原敦忠の系図
 源親頼(ちかより)

 源親繁(ちかしげ)


  兼明親王(かねあきら)【914-987】
 はじめは臣籍に降り、左大臣に昇った後、親王とされた。

祖父 藤原菅根藤原良尚・菅根の系図

 伊陟(これただ)【938-995】
 中納言。

スポンサーリンク

村上天皇の系図

村上天皇の系図

第62代 村上天皇(むらかみ)/成明親王(なりあきら)【926-967/在位:946-967】
 醍醐天皇と同様に親政を行い、天暦の治と称された。

祖父 宇多天皇宇多天皇の系図
 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
祖父 藤原基経藤原良房・基経の系図

皇后 藤原安子(あんし)【927-964】
 選子内親王を出産した数日後に亡くなった。
皇后の父 藤原師輔藤原師輔の系図
 承子内親王(よしこ・しょうし)【948-951】
 冷泉天皇 花山天皇冷泉天皇・花山天皇の系図
 三条天皇三条天皇の系図

 為平親王為平親王の系図
 源顕定源顕定の系図

 輔子内親王(すけこ・ほし)【953-992】
 斎宮。
 資子内親王(すけこ・しし)【955-1015】
 円融天皇 一条天皇円融天皇・一条天皇の系図
 選子内親王(のぶこ・せんし)【964-1035】
 57年にわたり斎院を務め、大斎院と称された。歌人としても著名。

女御 藤原述子(のぶこ・じゅっし)【933-947】
 懐妊した際の疱瘡で亡くなった。
女御の父 藤原実頼藤原実頼の系図

女御 徽子女王(よしこ・きし)【929-985】
 斎宮。退下後に入内した。三十六歌仙の一人。
女御の父 重明親王克明親王・重明親王の系図
 規子内親王(のりこ・きし)【949-986】
 斎宮。

女御 荘子女王(たかこ・しょうし)【930-1008】
 代明親王(→代明親王の系図)の娘。
 楽子内親王(やすこ・らくし)【952-998】
 斎宮。
 具平親王具平親王の系図
 源師房源師房の系図

女御 藤原芳子(よしこ・ほうし)【?-967】
 寵愛され、藤原安子に妬まれた。『古今和歌集』をよく覚えていた。
女御の父 藤原師尹藤原師尹の系図
 昌平親王(まさひら)【956-961】
 永平親王(ながひら)【965-988】

更衣 源計子(かずこ・けいし)
更衣の父 源庶明斉世親王・敦慶親王の系図
 理子内親王(まさこ・りし)【948-960】
 盛子内親王藤原顕光の系図

更衣 藤原祐姫(すけひめ)
更衣の父 藤原元方藤原元方の系図
 広平親王(ひろひら)【950-971】
 緝子内親王(つぐこ・しゅうし)【?-970】

更衣 藤原正妃(まさひめ・せいひ)【?-967】
更衣の父 藤原在衡藤原有頼~忠輔の系図
 保子内親王藤原兼家の系図
 致平親王(むねひら)【951-1041】
子の妻 源雅信の娘
子の妻の父 源雅信源雅信の系図
 源致信(むねのぶ)
 源成信(なりのぶ)〔養父:藤原道長(→藤原道長の系図)〕【979-?】
 永円(えいえん)【980-1044】

 昭平親王(あきひら)【954-1013】
 一度源姓を与えられた。娘に藤原公任(→藤原公任の系図)の妻がいる。

更衣 藤原脩子(ながこ・しゅうし)
更衣の父 藤原朝成藤原定方の系図

更衣 藤原有序(ゆうじょ)
更衣の父 藤原有相藤原恒佐・懐忠の系図

後宮 藤原登子(なりこ・とうし)【?-975】
 藤原安子の同母妹。安子没後に後宮に入って寵愛された。
 重明親王克明親王・重明親王の系図

スポンサーリンク

冷泉天皇・花山天皇の系図

冷泉天皇・花山天皇の系図

冷泉天皇

第63代 冷泉天皇(れいぜい)/憲平親王(のりひら)〔養子:昭登親王〕【950-1011/在位:967-969】
 幼少期より異常な行動が見られた。その原因は藤原元方の祟りとされた。

祖父 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 村上天皇村上天皇の系図
祖父 藤原師輔藤原師輔の系図

皇后 昌子内親王(まさこ・しょうし)【950-999】
皇后の父 朱雀天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図

女御 藤原懐子(ちかこ・かねこ・かいし)【945-975】
女御の父 藤原伊尹藤原伊尹・義孝の系図
 宗子内親王(むねこ・そうし)【964-986】
 尊子内親王円融天皇・一条天皇の系図

女御 藤原超子(とおこ・ちょうし)【?-982】
女御の父 藤原兼家藤原兼家の系図
 光子内親王(みつこ)【973-975】
 三条天皇三条天皇の系図
 為尊親王(ためたか)【977-1002】
 和泉式部と恋愛関係にあったとされる。
子の妻 藤原伊尹の娘
子の妻の父 藤原伊尹藤原伊尹・義孝の系図

 敦道親王(あつみち)【981-1007】
 恋仲であった和泉式部との歌の贈答が『和泉式部日記』に収められている。
子の妻 藤原済時の娘
子の妻の父 藤原済時藤原済時の系図

 永覚(えいかく)

女御 藤原怤子(よしこ・ふし)
 円融朝では尚侍を務めた。
女御の父 藤原師輔藤原師輔の系図

花山天皇

第65代 花山天皇(かざん)/師貞親王(もろさだ)【968-1008/在位:984-986】
 寵愛した藤原忯子の死を悼んでいたところ、藤原兼家らの陰謀により出家させられた。

女御 藤原忯子(よしこ・しし)【969-985】
 天皇の寵愛を一身に受けるも、若くして亡くなった。忯子の死は天皇の出家の遠因になった。
女御の父 藤原為光藤原為光の系図

女御 藤原姚子(よしこ・ちょうし)【971-989】
女御の父 藤原朝光藤原朝光・正光の系図

女御 藤原諟子(ただこ・しし)【?-1035】
女御の父 藤原頼忠藤原頼忠の系図

女御 婉子女王(よしこ・えんし)【972-998】
女御の父 為平親王為平親王の系図
 藤原実資藤原斉敏の系図

後宮 平祐之の娘
 清仁親王 康資王清仁親王~源顕康の系図

後宮 平平子(ひらこ)
 昭登親王(あきのり)〔養父:冷泉天皇〕【998-1035】
 娘に藤原能長(→藤原能長の系図)の妻がいる。

 覚源(かくげん)【1000-1065】
 東寺長者。
 深観(じんかん)【1001/1003-1050】
 東寺長者。

スポンサーリンク

円融天皇・一条天皇の系図

円融天皇・一条天皇の系図

円融天皇

第64代 円融天皇(えんゆう)/守平親王(もりひら)【959-991/在位:969-984】
 在位中は藤原氏内部の権力争いが熾烈を極めた。譲位後は出家し、御願寺の円融寺を営んだ。

祖父 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 村上天皇村上天皇の系図
祖父 藤原師輔藤原師輔の系図

皇后 藤原媓子(こうし)【947-979】
皇后の父 藤原兼通藤原兼通の系図

皇后 藤原遵子(のぶこ・じゅんし)【957-1017】
 子がなかったため、素腹の后と称された。
皇后の父 藤原頼忠藤原頼忠の系図

女御 藤原詮子(あきこ・せんし)/東三条院【962-1001】
 出家にあたり東三条院の号を宣下された(女院のはじまり)。
女御の父 藤原兼家藤原兼家の系図

女御 尊子内親王(たかこ)【966-985】
 斎院。入内後には内裏が焼失した。
女御の父 冷泉天皇冷泉天皇・花山天皇の系図

女御 藤原朝光の娘
女御の父 藤原朝光藤原朝光・正光の系図

一条天皇

第66代 一条天皇(いちじょう)/懐仁親王(やすひと)【980-1011/在位:986-1011】
 在位中は藤原兼家・道隆・道兼・道長が政治の実権を握り、摂関政治の全盛期を迎える一方、華やかな宮廷文化も栄えた。

皇后 藤原定子(さだこ・ていし)【976-1000】
 媄子内親王出産後に亡くなった。定子に仕えた女房に清少納言がいる。
皇后の父 藤原道隆藤原道隆の系図
 脩子内親王(ながこ・しゅうし)【996-1049】
 敦康親王(あつやす)【999-1018】
 第一皇子であったが、立太子は叶わなかった。
子の妻 祇子女王(しし)
子の妻の父 具平親王具平親王の系図
 嫄子女王後一条天皇~後冷泉天皇の系図

 媄子内親王(よしこ・びし)【1000-1008】

中宮 藤原彰子(あきこ・しょうし)/上東門院【988-1074】
中宮の父 藤原道長藤原道長の系図
 後一条天皇後朱雀天皇 後冷泉天皇後一条天皇~後冷泉天皇の系図
 後三条天皇→後三条天皇の系図

女御 藤原義子(よしこ・ぎし)【974-1053】
女御の父 藤原公季藤原公季・実成の系図

女御 藤原元子(もとこ・げんし)
女御の父 藤原顕光藤原顕光の系図
 源頼定為平親王の系図

女御 藤原尊子(たかこ・そんし)【984-1022】
女御の父 藤原道兼藤原道兼の系図
 藤原通任藤原通任~師季の系図

スポンサーリンク

三条天皇の系図

三条天皇の系図

第67代 三条天皇(さんじょう)/居貞親王(おきさだ)〔養子:敦貞親王・敦昌親王・敦元親王・敦賢親王、儇子内親王(→藤原信家の系図)〕【976-1017/在位:1011-1016】
 藤原道長と対立したほか、目の病気に悩まされた。

祖父 村上天皇村上天皇の系図
 冷泉天皇冷泉天皇・花山天皇の系図
祖父 藤原兼家藤原兼家の系図

中宮 藤原妍子(けんし)【994-1027】
中宮の父 藤原道長藤原道長の系図
 禎子内親王後一条天皇~後冷泉天皇の系図

皇后 藤原娍子(せいし)【972-1025】
皇后の父 藤原済時藤原済時の系図
 敦明親王(あつあきら)【994-1051】
 三条天皇の譲位の際には東宮になったが、藤原道長の圧迫により辞した。
子の妻 藤原延子(のぶこ・えんし)【?-1019】
 藤原顕光(→藤原顕光の系図)の娘。
 敦貞親王(あつさだ)〔養父:三条天皇〕【1014-1061】
 妻に藤原定頼(→藤原公任の系図)の娘、源済政(→源済政・資通の系図)の娘、子に宗家(→藤原信家の系図)がいる。
 敦昌親王(あつまさ)〔養父:三条天皇〕
 栄子内親王(ひでこ)

子の妻 藤原寛子(かんし)【?-1025】
 藤原道長(→藤原道長の系図)の娘。
 敦元親王(あつもと)〔養父:三条天皇〕【1023-1032】
 儇子内親王藤原信家の系図

子の妻 藤原頼宗の娘
子の妻の父 藤原頼宗藤原頼宗の系図
 源基平(もとひら)【1026-1064】
 参議。
 敦賢親王(あつかた)〔養父:三条天皇〕【1039-1077】
 妻に源親方(→源重信の系図)の娘がいる。

子の妻 源長経の娘
子の妻の父 源長経源重光の系図
 嘉子内親王(よしこ・かし)
 斎宮。

子の妻 源政隆の娘【?-1089】
 瑠璃女御と称された。
子の妻の父 源政隆→源政隆の系図
 信子女王(のぶこ)
 源信宗(のぶむね)【?-1074】
 斉子女王(さいし・せいし)
 斎院。

 行観(ぎょうかん)【1013-1073】
 源顕宗(あきむね)
 源当宗(まさむね)
 聖珍(しょうちん)

 敦儀親王(あつのり)【997-1054】
子の妻 藤原隆家の娘
子の妻の父 藤原隆家藤原隆家の系図

 敦平親王(あつひら)【999-1049】
子の妻 源則理の娘
子の妻の父 源則理源重光の系図
 敬子女王(けいし)
 斎宮。

 敦輔王(あつすけ)
 実は敦貞親王の子。

 当子内親王(まさこ・とうし)【1001-1023】
 斎宮。
 禔子内親王藤原教通の系図
 師明親王(もろあき)/性信入道親王(しょうしん)【1005-1085】
 仁和寺で出家し、修行に励んだ。仁和寺二代門跡などを務め、大御室と称された。

尚侍 藤原綏子(やすこ・すいし)【974-1004】
 源頼定との密通が露見し、宮中を退いた。
尚侍の父 藤原兼家藤原兼家の系図
 源頼定為平親王の系図

後宮 藤原原子(もとこ・げんし)【?-1002】
後宮の父 藤原道隆藤原道隆の系図

スポンサーリンク

後一条天皇~後冷泉天皇の系図

後一条天皇~後冷泉天皇の系図

後一条天皇

第68代 後一条天皇(ごいちじょう)/敦成親王(あつひら)【1008-1036/在位:1016-1036】
 藤原道長・頼通父子を摂政・関白とした。

祖父 円融天皇 一条天皇円融天皇・一条天皇の系図
祖父 藤原道長藤原道長の系図

皇后 藤原威子(たけこ)【999-1036】
皇后の父 藤原道長藤原道長の系図
 馨子内親王後三条天皇の系図

後朱雀天皇

第69代 後朱雀天皇(ごすざく)/敦良親王(あつなが)【1009-1045/在位:1036-1045】
 敦明親王の辞退により立太子した。

皇后 禎子内親王(よしこ)/陽明門院【1013-1094】
 三条天皇(→三条天皇の系図)の皇女。
 良子内親王(ながこ・よしこ)【1029-1077】
 斎宮。
 娟子内親王源俊房の系図
 後三条天皇後三条天皇の系図
 白河天皇白河天皇の系図

中宮 嫄子女王(げんし)〔養父:藤原頼通(→藤原頼通の系図)〕【1016-1039】
 敦康親王(→円融天皇・一条天皇の系図)の娘。
 祐子内親王(すみこ・ゆうし)【1038-1105】
 禖子内親王(みわこ・ばいし)【1039-1096】
 斎院。和歌に優れ、六条斎院歌合などの歌合を数多く行った。

尚侍 藤原嬉子(きし)【1007-1025】
 藤原道長(→藤原道長の系図)の娘。親仁親王(後冷泉天皇)を生んで間もなく亡くなった。即位後には皇太后を贈られた。

女御 藤原生子(なりこ・いくこ・せいし)【1014-1068】
 藤原教通(→藤原教通の系図)の娘。

女御 藤原延子(えんし)【1016-1095】
 藤原頼宗(→藤原頼宗の系図)の娘。
 正子内親王(まさこ・せいし)【1045-1114】
 斎院。

後冷泉天皇

第70代 後冷泉天皇(ごれいぜい)/親仁親王(ちかひと)【1025-1068/在位:1045-1068】
 在位中は引き続き藤原頼通が関白を務めた。

中宮 章子内親王(しょうし)/二条院【1026-1105】

皇后 藤原寛子(かんし)【1036-1127】
 藤原頼通(→藤原頼通の系図)の娘。

皇后 藤原歓子(よしこ・かんし)【1021-1102】
 藤原教通(→藤原教通の系図)の娘。皇子を生んだが死産であった。小野に常寿院を建立した。

タイトルとURLをコピーしました