日野家(藤原氏北家・真夏流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、日野家(藤原氏北家・真夏流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

藤原資業の系図

藤原資業の系図

  藤原資業(すけなり)【988-1070】〔養子:藤原実仲(→藤原公業の系図)〕
 従三位。日野に法界寺薬師堂を建立した。以後、日野を家名とした。

祖父 輔道藤原浜雄~輔道の系図
 有国藤原有国の系図
祖父 橘仲遠→橘仲遠の系図

 源重文の娘
妻の父 源重文源信明の系図
 実家
子の妻 源顕定の娘
子の妻の父 源顕定源顕定の系図

子の妻 高階業敏の娘
子の妻の父 高階業敏→高階業敏の系図
 保宗/保家〔養父:藤原実政・藤原清宗(→藤原実政~有成の系図)〕

 実政 敦宗藤原実政~有成の系図

 藤原師長の娘
妻の父 藤原師長藤原興方~師長の系図
 実綱藤原実綱の系図
 有綱藤原有綱~信重の系図
 有俊藤原有俊の系図
 有信藤原有信の系図
 有定藤原有定の系図

 藤原興方の娘
妻の父 藤原興方藤原興方~師長の系図

 良覚/良寛
子の夫 藤原経輔藤原経輔の系図
 師家藤原師家・家範の系図
 師基藤原師基の系図
 師信藤原師信の系図

子の夫 藤原敦宗藤原実政~有成の系図
子の夫 藤原長房藤原長房の系図
子の夫 藤原惟経藤原惟経~知信の系図
子の夫 藤原定房藤原兼隆の系図

藤原実政~有成の系図

藤原実政~有成の系図

  藤原実政(さねまさ)【1019-1093】〔養子:藤原保宗(→藤原資業の系図)〕
 参議。後三条天皇・白河天皇の侍読を務めた。大宰大弐在任時には、鹿子木荘の寄進を受けたほか、宇佐八幡宮と争い、伊豆に流された。

祖父 有国藤原有国の系図
 資業藤原資業の系図
祖父 源重文源信明の系図

 藤原国成の娘
妻の父 藤原国成藤原公利・守義の系図

 保宗
 実は藤原実家(→藤原資業の系図)の子。

子の夫 藤原有信藤原有信の系図
 実光藤原実光の系図
 宗光藤原宗光の系図


  藤原敦宗(あつむね)【1042-1111】
 藤原公房の娘
妻の父 藤原公房藤原資房・公房の系図

 廉実/有実
 父は藤原敦宗とも。

 藤原資業の娘
妻の父 藤原資業藤原資業の系図

 廉実/有実
 父は藤原宗兼とも。


  藤原有成
 藤原俊信の娘
妻の父 藤原俊信藤原正家~顕業の系図
 政業藤原政業の系図
 範業/範宗
 光成/光業
 父は藤原政業(→藤原政業の系図)とも。
 基成/基業
 有頼
 実は寛然、藤原政業(→藤原政業の系図)の子。
 維業/維長
 実は藤原友業(→藤原公利・守義の系図)の子。
 範慶
 父は寛然、藤原政業(→藤原政業の系図)とも。

 資家/俊国

 定資/有康
 清豪/晴豪

 有頼〔養父:藤原範業〕
 父は藤原政業(→藤原政業の系図)とも。
 範慶
 父は藤原範業、藤原政業(→藤原政業の系図)とも。

藤原政業の系図

藤原政業の系図

  藤原政業

祖父 敦宗 有成藤原実政~有成の系図
祖父 藤原俊信藤原正家~顕業の系図

 平繁賢の娘
妻の父 平繁賢→平繁賢の系図
 能業/資頼
子の妻 平範家の娘
子の妻の父 平範家平実親・範家の系図

曾孫 家盛【1197-?】
家盛孫 有実/俊実

 尾張局後鳥羽天皇の系図

スポンサーリンク

藤原実綱の系図

藤原実綱の系図

  藤原実綱(さねつな)【1013-1082】

祖父 有国藤原有国の系図
 資業藤原資業の系図
祖父 藤原師長藤原興方~師長の系図

 源道成の娘
妻の父 源道成盛明親王~源道成の系図
 有綱 実義藤原有綱~信重の系図
 有俊藤原有俊の系図
 有信藤原有信の系図
 実光藤原実光の系図
 宗光藤原宗光の系図
 範綱資光藤原範綱・資光の系図

 有定藤原有定の系図

 有長
 実は源基成(→盛明親王~源道成の系図)の子。
子の夫 中御門宗俊中御門宗俊の系図
 宗忠中御門宗忠の系図

藤原有綱~信重の系図

藤原有綱~信重の系図

  藤原有綱【?-1086】〔養子:藤原資言(→藤原公業の系図)〕

祖父 資業藤原資業の系図
 実綱藤原実綱の系図
祖父 源道成盛明親王~源道成の系図

 藤原永職の娘
妻の父 藤原永職藤原信通の系図

子の夫 源義家→源義家の系図


  藤原実義【1067-1106】
 菅原是綱の娘
妻の父 菅原是綱菅原是綱~長守の系図

 宗業藤原宗光の系図
 実は藤原経尹(→藤原親経の系図)の子。養父は藤原宗光とも。


  藤原信重/親業
 資綱藤原資綱の系図

藤原資綱の系図

藤原資綱の系図

  藤原資綱
 父は藤原信末(→藤原有綱~信重の系図)とも。

祖父 実義 信重藤原有綱~信重の系図

 盛資の娘
 忠綱(ただつな)
 長綱(ながつな)
 歌人。
曾孫 重能
 父は藤原資綱とも。
曾孫 忠雄
曾孫の妻 坊城経俊の娘
曾孫の妻の父 坊城経俊坊城経俊・俊定の系図

曾孫の夫 藤原俊言御子左為氏の系図

 基綱/忠兼
曾孫 資有〔養父:日野資宣〕→日野家光・資宣の系図

孫の夫 日野家光日野家光・資宣の系図

 重能
 父は藤原長綱とも。
 家綱/信綱

秋綱孫 説綱
 父は藤原資有とも。

業氏孫 康氏/義氏
 父は藤原資綱、藤原家綱、藤原業綱とも。
業氏孫 氏繁
 父は藤原資綱とも。

業氏孫 清綱
 弟親綱によって殺されたとされる。
業氏孫 兼氏/季綱

業氏孫 有憲
 父は藤原仲氏とも。

業氏孫 昌氏
 父は藤原資綱、藤原家綱とも。

藤原有俊の系図

藤原有俊の系図

  藤原有俊【1037-1102】

祖父 資業藤原資業の系図
 実綱藤原実綱の系図
祖父 源道成盛明親王~源道成の系図

 橘俊通の娘
 国資【1067-1128】
子の妻 藤原家綱の娘
子の妻の父 藤原家綱藤原実範の系図
 国能/国親
孫の妻 小田知家の娘
孫の妻の父 小田知家→小田知家の系図
曾孫 業実/資能

孫の妻 政家の娘
曾孫 資康
曾孫の妻 藤原師実の娘
曾孫の妻の父 藤原師実藤原師実の系図

資康孫 康業/能光
資康孫 康氏/康光
資康孫 頼舜〔養父:勘解由小路頼資(→勘解由小路頼資~光業の系図)〕

藤原有定の系図

藤原有定の系図

  藤原有定/有房【1043-1094】

祖父 資業藤原資業の系図
 実綱藤原実綱の系図
祖父 源道成盛明親王~源道成の系図

 橘資成の娘
妻の父 橘資成→橘資成の系図

 国定
 実は高階成重の子。
 泰定
 父は藤原国盛とも。
孫の夫 源有房源顕仲の系図
孫の夫 源行頼→源行頼の系図
孫の夫 源雅仲源信雅・雅仲の系図

曾孫 泰定
 父は藤原国定とも。

曾孫 有宗/清定/有家

国清孫 有憲/有範

子の夫 藤原実光藤原実光の系図
 資憲藤原資憲~快成の系図

スポンサーリンク

藤原有信の系図

藤原有信の系図

  藤原有信【1040-1099】

祖父 資業藤原資業の系図
 実綱藤原実綱の系図
祖父 源道成盛明親王~源道成の系図

 藤原実政の娘
妻の父 藤原実政藤原実政~有成の系図
 実光藤原実光の系図
 資憲藤原資憲~快成の系図
 資長藤原資長の系図

 宗光藤原宗光の系図

 有範
 父は藤原経尹(→藤原親経の系図)とも。崇徳天皇の侍読を務めた。
 範宴→範宴の系図
 兼有(けんゆう)・行兼〔養父:藤原範綱(→藤原範綱の系図)〕

 範綱資光藤原範綱・資光の系図
 宗慶/信慶
子の夫 藤原宗兼藤原良基の系図

藤原宗光の系図

藤原宗光の系図

  藤原宗光【?-1143】

祖父 実綱藤原実綱の系図
 有信藤原有信の系図
祖父 藤原実政藤原実政~有成の系図

 資綱/資経
 経尹〔養父:藤原親経・藤原経仲〕→藤原親経の系図
 宗業〔養子:藤原信綱(→藤原範綱・資光の系図)〕
 従三位。実は藤原経尹(→藤原親経の系図)の子。養父は藤原実重(→藤原有綱~信重の系図)とも。
 業茂〔養父:藤原宗業〕
 実は宗慶の子。

業行孫 業房/宗春

遠業孫 光綱
光綱の子の夫 高倉永季→高倉永季の系図

遠業孫 為茂/業茂

基業孫 業宣/業信
基業孫 業貞/業定

光業孫 業仲/業兼

業氏孫 業長
業長の妻 藤原長村の娘
業長の妻の父 藤原長村→藤原長村の系図

藤原範綱・資光の系図

藤原範綱・資光の系図

  藤原範綱/章綱
 父は藤原経尹(→藤原親経の系図)とも。

祖父 実綱藤原実綱の系図
 有信藤原有信の系図

 信綱/広綱〔養父:藤原宗業(→藤原宗光の系図)〕
子の妻 範宴の娘
子の妻の父 範宴→範宴の系図
 宗恵〔養父:日野家光(→日野家光・資宣の系図)〕
 父は藤原広綱とも。
曾孫 宗昭〔養父:如信、勘解由小路兼仲(→勘解由小路頼資~光業の系図)〕→如信の系図

曾孫 宗恵
 父は藤原信綱とも。

 範実
 父は藤原範宗(→藤原範宗の系図)とも。
 範宗→藤原範宗の系図
 実は藤原実澄の子。
子の夫 菅原淳高→菅原淳高の系図


  藤原資光
 藤原忠興の娘
妻の父 藤原忠興藤原成家・忠興の系図
 盛業/盛信【?-1181】
子の妻 藤原懐遠の娘
子の妻の父 藤原懐遠藤原懐遠~経尹の系図
 通業【1153-1191】

 兼業/盛資/盛賢

スポンサーリンク

藤原実光の系図

藤原実光の系図

  藤原実光【1069-1147】
 権中納言。鳥羽天皇・崇徳天皇の侍読を務めた。日野帥と号した。

祖父 実綱藤原実綱の系図
 有信藤原有信の系図
祖父 藤原実政藤原実政~有成の系図

 藤原有定の娘
妻の父 藤原有定藤原有定の系図
 資憲 基光藤原資憲~快成の系図

 高階重仲の娘
妻の父 高階重仲→高階重仲の系図
 資長藤原資長の系図
 兼光藤原兼光の系図

 光成/光盛
子の妻 菅原清能の娘
子の妻の父 菅原清能菅原在良~公輔の系図

 最賢/最遍

光成孫 経恵〔養父:勘解由小路経光〕→勘解由小路頼資~光業の系図
光成孫 有円【?-1314】

 覚海【1122-?】

 尊長/仙長〔養父:藤原資憲(→藤原資憲~快成の系図)〕
 松谷律師と号した。
曾孫 慶親〔養父:藤原親光(→藤原資憲~快成の系図)〕

藤原資憲~快成の系図

藤原資憲~快成の系図

  藤原資憲

祖父 有信藤原有信の系図
 実光藤原実光の系図
祖父 藤原有定藤原有定の系図

 俊光/経光
 親光〔養子:慶親(→藤原実光の系図)〕
 親資〔養父:藤原親経(→藤原俊経・盛経の系図)〕
 時光〔養父:藤原基定〕

 尊長藤原実光の系図
 実は光澄の子。
子の夫 平教盛→平教盛の系図


  藤原基光〔養父:藤原資長(→藤原資長の系図)〕
 藤原良兼の娘
妻の父 藤原良兼藤原良基の系図

 円慶
 父は藤原基重とも。


  藤原基定〔養子:藤原時光〕
 俊定藤原頼成の系図
 父は藤原雅清とも。


  藤原邦俊
 実は藤原邦良(→藤原邦忠の系図)の子。養父は藤原顕盛(→藤原親通の系図)とも。


  藤原邦行
 種範【?-1321】
 従三位。
 行氏【1283-1340】
 正三位。
曾孫の夫 菅原高嗣→菅原高嗣の系図

 俊基(としもと)【?-1332】
 後醍醐天皇の側近。倒幕計画が露見し、捕らえられて殺された。
 行光/光種/高光
 従二位。
曾孫 氏種【1329-1385】
 従三位。


  快成
 快有→快有の系図

スポンサーリンク

藤原資長の系図

藤原資長の系図

  藤原資長(すけなが)【1119-1195】〔養子:藤原基光(→藤原資憲~快成の系図)〕
 権中納言。日野民部卿と号した。

祖父 有信藤原有信の系図
 実光藤原実光の系図
祖父 高階重仲→高階重仲の系図

 源季兼の娘
妻の父 源季兼源季兼~兼教の系図
 兼光藤原兼光の系図
 日野資実日野資実の系図
 勘解由小路頼資勘解由小路頼資~光業の系図

 覚玄/信性
 長遍【?-1178】

スポンサーリンク

藤原兼光の系図

藤原兼光の系図

  藤原兼光(かねみつ)【1145-1196】〔養子:藤原家能(→大炊御門光能の系図)〕
 権中納言。高倉天皇・後鳥羽天皇の侍読を務めた。

祖父 実光藤原実光の系図
 資長藤原資長の系図
祖父 源季兼源季兼~兼教の系図

 源家時の娘
妻の父 源家時源盛長・盛家の系図
 日野資実日野資実の系図
 家光日野家光・資宣の系図

 長親/禅寂(ぜんじゃく)
 出家して法然の弟子となった。

 院慶の娘
 勘解由小路頼資 経光勘解由小路頼資~光業の系図

 平業房の娘
妻の父 平業房→平業房の系図

 山科実教の娘
妻の父 山科実教山科実教の系図

 有兼
 16歳で亡くなった。
 基長〔養父:中御門宗家(→中御門宗家~宗雅の系図)〕
 良兼【?-1227】
 頼円頼誉兼恵
 父は勘解由小路頼資(→勘解由小路頼資~光業の系図)とも。

子の夫 姉小路公宣姉小路公宣~実広の系図
子の夫 藤原行光藤原行隆の系図
子の夫 源信定源有雅の系図
子の夫 一条高能一条高能の系図

スポンサーリンク

日野資実の系図

日野資実の系図

  日野資実(すけざね)/家実【1162-1223】
 権中納言。土御門天皇・順徳天皇の侍読を務めた。日野後帥と号した。

祖父 資長藤原資長の系図
 兼光藤原兼光の系図
祖父 源家時源盛長・盛家の系図

 平棟子(むねこ)【?-1221】
 平棟範(→平行範・棟範の系図)の娘。
 家光 資宣日野家光・資宣の系図
 光国(みつくに)【1206-1270】〔養父:日野家光(→日野家光・資宣の系図)〕
 従三位。
子の妻 覚舜の娘
子の妻の父 覚舜藤原行隆の系図

 資広
 実は範長の子。
曾孫 道名/光氏
 父は藤原資広、藤原資嗣、藤原資兼(→日野家光・資宣の系図)とも。

 実浄真覚光性
 父は日野資実とも。
孫の夫 藤原資頼堀河頼定の系図

 光性
 父は藤原光国とも。
子の夫 藤原範朝藤原範朝の系図

 宗氏〔養父:藤原行光〕→藤原行隆の系図
 正兼/智禅

 家宣【1185-1222】
 参議。
子の妻 親資の娘
 兼資/兼綱/兼持
曾孫 長光
 父は藤原兼親とも。

 兼宣/兼綱
曾孫 家房/家方
曾孫の妻 藤原高業の娘
曾孫の妻の父 藤原高業藤原季永・清高の系図

兼宣孫 家季【?-1322】
兼宣孫 兼親/兼方

 光恵【?-1232】
 実浄真覚
 父は藤原光国とも。
子の夫 鷹司伊平鷹司頼平の系図

曾孫 実源
曾孫の子の夫 藤原光遠藤原光家の系図

スポンサーリンク

日野家光・資宣の系図

日野家光・資宣の系図

  日野家光(いえみつ)【1199-1236】〔養子:藤原光国(→日野資実の系図)〕
 権中納言。

祖父 兼光藤原兼光の系図
 資実日野資実の系図
祖父 平棟範平行範・棟範の系図

 藤原忠綱の娘
妻の父 藤原忠綱藤原資綱の系図
 資定〔養父:勘解由小路経光(→勘解由小路頼資~光業の系図)〕
 従三位。

 宗恵藤原範綱・資光の系図
 実は藤原信綱の子。

 道名日野資実の系図
 父は藤原資広、藤原資嗣とも。
 実存/兼源/尊源


  日野資宣(すけのぶ)【1224-1292】
 権中納言。日記は『仁部記』。
 賀茂能継の娘
 俊光 資名日野俊光・資名の系図

 小笠原長房の娘
妻の父 小笠原長房→小笠原長房の系図

 藤原遠基の娘
妻の父 藤原遠基→藤原遠基の系図

 資有
 実は藤原基綱(→藤原資綱の系図)の子。
子の夫 藤原師藤花山院師継~師資の系図

孫の夫 日野資名日野俊光・資名の系図

スポンサーリンク

日野俊光・資名の系図

日野俊光・資名の系図

  日野俊光(としみつ)【1260-1326】〔養子:俊玄(→俊玄の系図)〕
 権大納言。

祖父 家光 資宣日野家光・資宣の系図

 粟田口良教の娘
 実は僧の娘とも。
妻の父 粟田口良教粟田口基良の系図
 資冬【?-1307】
子の妻 平仲兼の娘
子の妻の父 平仲兼平時高~行高の系図

 朝光
 父は日野資朝とも。

 阿野寛子
 阿野公寛(→阿野公佐~公廉の系図)の娘。

 亀山院三位局
 柳原資明→柳原資明の系図

 資朝(すけとも)【1290-1332】
 権中納言。正中の変により、佐渡に流された後に殺された。
 朝光
 父は藤原資冬とも。
 邦光(くにみつ)/阿新丸(くまわかまる)【1320-1363】
 佐渡に赴き、父の仇を討ったとされる。南朝に仕え、中納言になったとされる。
 慈俊〔養父:日野俊光〕→慈俊の系図
 父は宗昭とも。

 雅光
 従三位。
 賢俊(けんしゅん)【1299-1357】
 東寺長者。醍醐寺座主。足利尊氏の帰依を受けた。
 光海/道俊
 光玄→光玄の系図
 実は宗昭の子。
 慈俊→慈俊の系図
 実は宗昭の子。父は日野資朝とも。
 浄俊【?-1334】
 禅俊/真俊
 俊子亀山天皇の系図
子の夫 鷹司家雅花山院忠経・定雅の系図
子の夫 花山院師賢花山院師継~師資の系図


  日野資名(すけな)【1285-1338】
 権大納言。光厳天皇に重用された。

 頼宣の娘
妻の父 頼宣日野家光・資宣の系図
 氏光【?-1335】

 時光→日野時光の系図
 名子→西園寺公宗の系図
 宣子【?-1382】
 岡松一品と号した。
子の夫 西園寺実俊→西園寺実俊の系図
子の夫 鷹司冬雅花山院忠経・定雅の系図

 房宋
 実は光玄の子。
 武者小路資俊〔養父:武者小路教光〕→武者小路資俊の系図

タイトルとURLをコピーしました