洞院家(藤原氏北家・公季流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、洞院家(藤原氏北家・公季流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

洞院家の略系図

洞院家の略系図

1 実雄洞院実雄の系図
2 公守洞院公守の系図
3 実泰洞院実泰の系図
3-A 公敏公泰洞院公敏・公泰の系図

4 公賢洞院公賢の系図
5 実夏洞院実夏~公連の系図

スポンサーリンク

洞院実雄の系図

洞院実雄の系図

  洞院実雄(さねかつ・さねお)【1217-1273】〔養子:円雄(→九条兼実の系図)、藤原公世(→八条公清~一条公邦の系図)、正親町三条公貫(→正親町三条公貫~公秀の系図)、一条公仲・藤原公冬(→一条高能の系図)〕
 左大臣。洞院家の祖。伏見天皇・後宇多天皇の外祖父として権勢を振るった。山階左大臣と号した。

祖父 実宗西園寺実宗の系図
 公経西園寺公経の系図
祖父 平親宗平親宗・範国の系図

 藤原栄子(えいし)
 公審の子。
 公宗【1241-1263】
 権中納言。
 英子伏見天皇・花園天皇の系図

 公守洞院公守の系図
 実泰洞院実泰の系図
 正親町実明正親町実明~実綱の系図

 佶子亀山天皇の系図
 後宇多天皇後宇多天皇の系図

 一条頼氏の娘
妻の父 一条頼氏一条高能の系図
 小倉公雄 実教小倉公雄~実名の系図

 無量
 白拍子。
 公尹【?-1299】
 権中納言。

 藤原蔵子
 藤原隆房(→藤原隆房の系図)の娘。
 愔子後深草天皇の系図
 伏見天皇伏見天皇・花園天皇の系図

 賀茂能直の娘
 季子 花園天皇伏見天皇・花園天皇の系図
 禖子亀山天皇の系図

 中院通方の娘
妻の父 中院通方中院通方の系図

 守恵【1244-1313】
 実子後醍醐天皇の系図
子の夫 近衛基平近衛基平の系図
子の夫 鷹司基忠鷹司兼平~冬教の系図
子の夫 清水谷公蔭清水谷公定の系図
子の夫 三条公親三条実親・公親の系図
 実重三条実重~公忠の系図

スポンサーリンク

洞院公守の系図

洞院公守の系図

  洞院公守(きんもり)【1249-1317】〔養子:良慶(→九条兼実の系図)、正親町実子(→伏見天皇・花園天皇の系図)〕
 太政大臣。山本相国と号した。

祖父 公経西園寺公経の系図
 実雄洞院実雄の系図

 平親継の娘
妻の父 平親継平惟忠・平有親の系図
 実泰洞院実泰の系図
 公賢洞院公賢の系図
 公敏公泰洞院公敏・公泰の系図

 泰勝の娘
妻の父 泰勝→泰勝の系図
 正親町実明 公蔭正親町実明~実綱の系図

 清水谷持子
 清水谷実持(→清水谷公定の系図)の娘。

 賢助(けんじょ)【1280-1333】
 東寺長者。醍醐寺座主。
 覚深【1303-1345】
子の夫 三条実重三条実重~公忠の系図

スポンサーリンク

洞院実泰の系図

洞院実泰の系図

  洞院実泰(さねやす)【1270-1327】〔養子:桓豪(→一条実経~内経の系図)、慈什(→清水谷公定の系図)〕
 左大臣。後山本左府と号した。

祖父 実雄洞院実雄の系図
 公守洞院公守の系図
祖父 平親継平惟忠・平有親の系図

 小倉季子
 小倉公雄(→小倉公雄~実名の系図)の娘。
 公賢洞院公賢の系図
 実夏洞院実夏~公連の系図

 公敏洞院公敏・公泰の系図

 藤原兼頼の娘
妻の父 藤原兼頼藤原長方の系図
 公泰洞院公敏・公泰の系図
 守子後醍醐天皇の系図
 永福門院東御方亀山天皇の系図鷹司師平~忠冬の系図
子の夫 花山院経定花山院通雅~長定の系図

 高倉康子
 高倉永定(→藤原範昌~冷泉範賢の系図)の娘。
 実守【1314-1372】〔養父:洞院公賢(→洞院公賢の系図)〕
 大納言。南朝では大臣・近衛大将になった。加茂大納言と号した。
 公信
 南朝で大納言になった。
孫の妻 洞院公泰の娘
孫の妻の父 洞院公泰洞院公敏・公泰の系図

洞院公敏・公泰の系図

洞院公敏・公泰の系図

  洞院公敏【1292-1352】
 権大納言。

祖父 公守洞院公守の系図
 実泰洞院実泰の系図
祖父 小倉公雄小倉公雄~実名の系図

 正親町三条公貫の娘
妻の父 正親町三条公貫正親町三条公貫~公秀の系図

 佐々木野為守の娘
妻の父 佐々木野為守源通家の系図
 尊玄(そんげん)【1334-?】〔養父:洞院公賢(→洞院公賢の系図)〕

 佐々木野為雅の娘
妻の父 佐々木野為雅源通家の系図
 大納言局後醍醐天皇の系図

子の夫 洞院公賢洞院公賢の系図
子の夫 鷹司冬通鷹司師平~忠冬の系図


  洞院公泰【1305-?】
 権大納言。冷泉大納言と号した。南朝で大臣になったとされる。

祖父 藤原兼頼藤原長方の系図

 権中納言局後醍醐天皇の系図
子の夫 西園寺実長西園寺公衡~公宗の系図
子の夫 洞院公信洞院実泰の系図
子の夫 康仁親王後二条天皇の系図

スポンサーリンク

洞院公賢の系図

洞院公賢の系図

  洞院公賢(きんかた)【1291-1360】〔養子:阿野廉子(→後醍醐天皇の系図)、尊玄(→洞院公敏・公泰の系図)、洞院実守(→洞院実泰の系図)〕
 太政大臣。有職故実に明るく、朝廷で重きをなした。『皇代暦』を著し、『拾芥抄』を編纂した。中園入道相国と号した。日記は『園太暦』。

祖父 公守洞院公守の系図
 実泰洞院実泰の系図
祖父 小倉公雄小倉公雄~実名の系図

 藤原光子
 藤原光久(→藤原光家の系図)の娘。
 実夏 公定洞院実夏~公連の系図
 綸子一条経通~兼良の系図
 吉子鷹司師平~忠冬の系図

 小倉実教の娘
妻の父 小倉実教小倉公雄~実名の系図

 嘉暦前坊少将局
 境空【?-1394】

 藤原光久の娘
妻の父 藤原光久藤原光家の系図
 慈昭【?-1376】
 示鏡【1348-1448】
子の夫 崇光天皇崇光天皇~貞成親王の系図
子の夫 西園寺実俊西園寺実俊~実遠の系図

 中納言局
 守快【?-1405】
子の夫 近衛道嗣近衛家基~道嗣の系図

 亀谷基俊の娘
妻の父 亀谷基俊堀川通具~基具の系図

 洞院公敏の娘【1320-1399】
妻の父 洞院公敏洞院公敏・公泰の系図

 実世(さねよ)【1308-1358】〔養父:洞院実夏(→洞院実夏~公連の系図)〕
 権中納言。南朝では左大臣になった。
子の妻 徳大寺実孝の娘
子の妻の父 徳大寺実孝徳大寺実基~実孝の系図
孫の夫 近衛道嗣近衛家基~道嗣の系図

子の夫 徳大寺公清徳大寺公清~実盛の系図

スポンサーリンク

洞院実夏~公連の系図

洞院実夏~公連の系図

  洞院実夏(さねなつ)【1315-1367】〔養子:洞院実世(→洞院公賢の系図)、御子左為遠(→御子左為世の系図)〕
 内大臣。

祖父 実泰洞院実泰の系図
 公賢洞院公賢の系図
祖父 藤原光久藤原光家の系図

 持明院保藤の娘
妻の父 持明院保藤持明院基保の系図

 藤原光遠の娘
妻の父 藤原光遠藤原光家の系図
 公頼【1350-1367】
 権中納言。
 公夏【1360-?】

 藤原光久の娘
妻の父 藤原光久藤原光家の系図
子の夫 鷹司冬通鷹司師平~忠冬の系図

子の夫 近衛道嗣近衛家基~道嗣の系図
 兼嗣近衛兼嗣~政家の系図


  洞院公定(きんさだ)【1340-1399】〔養子:良守(→良守の系図)〕
 左大臣。『尊卑分脈』を編修した。後中園左大臣と号した。
 日野時光の娘
妻の父 日野時光日野時光・資康の系図

 実信【1357-1412】
 権大納言。実は正親町忠季(→正親町実明~実綱の系図)の子。
 満季〔養父:洞院公定〕


  洞院満季(みつすえ)【1390-?】
 内大臣。実は洞院実信の子。『本朝皇胤紹運録』を編修した。
 禅信【1400-1467】
 父は洞院実信とも。


  洞院実煕(さねひろ)/実博【1409-?】
 左大臣。有職故実に長け、『名目鈔』などを著した。
 守誉【1446-1484】(『系図纂要』による。)


  洞院公数(きんかず)【1441-?】〔養子:正親町持季の娘(→正親町公仲~公叙の系図)〕
 権大納言。
 武者小路隆光の娘
妻の父 武者小路隆光柳原資明の系図
 足利政氏→足利政氏の系図


  洞院公連(きんつら)
 正三位。実は西園寺実遠(→西園寺実俊~実遠の系図)の子。公数の出家で断絶した洞院家を再興した。公連の出家により、洞院家は再度断絶した。

タイトルとURLをコピーしました