三条家(藤原氏北家・公季流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、三条家(藤原氏北家・公季流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

三条実行の系図

三条実行の系図

  三条実行(さねゆき)【1080-1162】〔養子:藤原公頼(→藤原仲実の系図)、藤原実綱(→三条公教の系図)、藤原行光(→藤原隆佐の系図)〕
 太政大臣。八条太政大臣と号した。

祖父 実季藤原実季の系図
 公実藤原公実の系図
祖父 藤原基貞藤原基貞の系図

 藤原顕季の娘
妻の父 藤原顕季藤原顕季の系図
 公教三条公教の系図
 滋野井実国滋野井実国~実宣の系図
 実房三条実房の系図

 公行/公輔【1105-1148】
 参議。
子の妻 源顕親の娘
子の妻の父 源顕親源雅俊の系図
 実長(さねなが)【1128-1182】〔養子:藤原行雅(→花山院忠雅・兼雅の系図)〕
 権大納言。
孫の妻 藤原雅教の娘
孫の妻の父 藤原雅教藤原雅教・雅長の系図
曾孫 公俊
曾孫の妻 藤原雅長の娘
曾孫の妻の父 藤原雅長藤原雅教・雅長の系図
曾孫の妻の夫 藤原長兼藤原長方の系図

曾孫 公房【1143-?】
 実は藤原雅教(→藤原雅教・雅長の系図)の子。

孫の妻 藤原家成の娘
孫の妻の父 藤原家成藤原家成の系図

子の妻 花山院忠宗の娘
子の妻の父 花山院忠宗花山院忠宗の系図
 行雅〔養父:花山院忠雅〕→花山院忠雅・兼雅の系図
 養父は藤原実長とも。

子の妻 藤原信輔の娘
子の妻の父 藤原信輔藤原信輔の系図

 顕成〔養父:六条顕輔〕→六条顕輔の系図

スポンサーリンク

三条公教の系図

三条公教の系図

  三条公教(きんのり)【1103-1160】〔養父:徳大寺実能(→徳大寺実能の系図)、養子:藤原成兼(→藤原公実の系図)、藤原隆教(→藤原基貞の系図)〕
 内大臣。保元の荘園整理を指揮した。

祖父 公実藤原公実の系図
 実行三条実行の系図
祖父 藤原顕季藤原顕季の系図

 林覚の娘
 実綱(さねつな)/実経【1128-1180】〔養父:三条実行(→三条実行の系図)〕
 権中納言。
子の妻 二条院三河内侍藤原説定・憲頼の系図

子の妻 藤原通基の娘
子の妻の父 藤原通基藤原基頼・通基の系図

孫の夫 源雅行孫の夫 源親行源定房の系図

 藤原憲方の娘
妻の父 藤原憲方藤原憲方の系図
 滋野井実国 公時滋野井実国~実宣の系図
 八条公清八条公清~一条公邦の系図
 阿野公佐阿野公佐~公廉の系図

 藤原清隆の娘
妻の父 藤原清隆藤原清隆の系図
 実房三条実房の系図
 公房三条公房の系図
 姉小路公宣姉小路公宣~実広の系図
 正親町三条公氏正親町三条公氏・実蔭の系図

 琮子後白河天皇~六条天皇の系図

 藤原国隆の娘
妻の父 藤原国隆藤原為房の系図

子の夫 松殿基房松殿基房の系図
 隆忠松殿隆忠・師家の系図

子の夫 藤原俊憲藤原俊憲の系図

スポンサーリンク

三条実房の系図

三条実房の系図

  三条実房(さねふさ)【1147-1225】
 左大臣。源頼朝から議奏公卿に指名された。日記は『愚昧記』。

祖父 実行三条実行の系図
 公教三条公教の系図
祖父 藤原清隆藤原清隆の系図

 大炊御門経宗の娘
妻の父 大炊御門経宗大炊御門経宗の系図
 公房三条公房の系図
 実親三条実親・公親の系図

 姉小路公宣 実尚姉小路公宣~実広の系図
 正親町三条公氏 実蔭正親町三条公氏・実蔭の系図
 公俊【1194-?】〔養父:大炊御門頼実(→大炊御門頼実の系図)〕
 従二位。
子の妻 藤原親能の娘
子の妻の父 藤原親能藤原親能・定季の系図
子の妻の夫 坊門忠信坊門忠信の系図
 公為【1226-?】〔養父:三条実親(→三条実親・公親の系図)、西園寺実氏(→西園寺実氏の系図)〕
 従三位。

孫の夫 平高輔平親輔の系図
孫の夫 名越時基→名越時基の系図
孫の夫 中院通教中院通成~通冬の系図

 藤原季兼の娘
妻の父 藤原季兼藤原敦兼の系図
 公兼/公基
 実兼〔養父:三条公房(→三条公房の系図)〕

 公円(こうえん)【1168-1235】
 天台座主。
 覚教(かくきょう)【1167-1242】
 東寺長者。
子の夫 徳大寺公継徳大寺実定・公継の系図

スポンサーリンク

三条公房の系図

三条公房の系図

  三条公房(きんふさ)【1179-1249】〔養子:藤原実兼(→三条実房の系図)、範海(→藤原脩範の系図)〕
 太政大臣。公房流を転法輪三条家といい、弟公氏に始まる正親町三条家と区別した。

祖父 公教三条公教の系図
 実房三条実房の系図
祖父 大炊御門経宗大炊御門経宗の系図

 中山忠親の娘
妻の父 中山忠親中山忠親・兼宗の系図
 実親 公親三条実親・公親の系図
 実平【1197-?】
 正三位。
 公誉〔養父:三条実親(→三条実親・公親の系図)〕
 公喜/尊順
 大納言典侍亀山天皇の系図

 藤原修子
 藤原範能(→藤原脩範の系図)の娘。
 有子守貞親王~四条天皇の系図

 奝助三条実親・公親の系図
 父は三条実親とも。
 御匣殿後嵯峨天皇の系図
子の夫 九条忠家九条教実~師教の系図

スポンサーリンク

三条実親・公親の系図

三条実親・公親の系図

  三条実親(さねちか)【1195-1263】〔養子:公誉(→三条公房の系図)、藤原公為(→三条実房の系図)〕
 右大臣。

祖父 実房三条実房の系図
 公房三条公房の系図
祖父 中山忠親中山忠親・兼宗の系図

 西園寺公経の娘
妻の父 西園寺公経西園寺公経の系図
 公泰【1231-1305】
 権中納言。
子の妻 近衛実忠の娘
子の妻の父 近衛実忠近衛公明の系図
 実盛【?-1304】
 参議。
曾孫の夫 花山院師信花山院師継~師資の系図

子の妻 橘知茂の娘
子の妻の父 橘知茂→橘知茂の系図
 実永【?-1312】
 参議。
孫の妻 法性寺雅平の娘
孫の妻の父 法性寺雅平法性寺雅平の系図

曾孫 公雅
 実は三条公泰の子。

子の妻 藤原教雅の娘
子の妻の父 藤原教雅飛鳥井雅経~雅孝の系図

 公雅/公夏【1264-1340】〔養父:藤原実永〕
 権中納言。
曾孫 実古/実雅【?-1365】
 参議。
曾孫 実村/実清

 権大納言局後二条天皇の系図

 源時賢の娘
妻の父 源時賢源時賢・有資の系図

 奝助(ちょうじょ)【1217-1290】
 東寺長者。父は三条公房(→三条公房の系図)とも。


  三条公親(きんちか)【1222-1292】
 内大臣。
 洞院実雄の娘
妻の父 洞院実雄洞院実雄の系図
 実重 公茂三条実重~公忠の系図

 深円
 父は三条実重(→三条実重~公忠の系図)とも。
 玄助
 実は鷹司兼基(→藤原道経・鷹司兼基の系図)の子。
 道救/実済〔養父:二条師忠(→二条良実・師忠の系図)〕
 房子後嵯峨天皇の系図
 喜子徳大寺実基~実孝の系図
 御匣殿後二条天皇の系図
子の夫 亀山天皇亀山天皇の系図
子の夫 源彦仁→源彦仁の系図

スポンサーリンク

三条実重~公忠の系図

三条実重~公忠の系図

  三条実重(さねしげ)【1259-1329】〔養子:公雲(→近衛基平の系図)、尊什(→清水谷公定の系図)、藤原重親(→藤原脩範の系図)〕
 太政大臣。三条入道相国と号した。

祖父 実親 公親三条実親・公親の系図
祖父 洞院実雄洞院実雄の系図

 中院通成の娘
妻の父 中院通成中院通成~通冬の系図

 洞院公守の娘
妻の父 洞院公守洞院公守の系図

 実忠〔養父:三条公茂〕


  三条公茂(きんしげ)【1284-1324】
 内大臣。押小路内府と号した。
 教奝
 父は三条実忠とも。


  三条実忠(さねただ)【1304-1347】
 内大臣。実は三条実重の子。後三条内府と号した。
 川原公直の娘
妻の父 川原公直川原実重・近衛実光の系図

子の夫 今出川実尹今出川兼季~公彦の系図
子の夫 九条経教九条房実~満教の系図


  三条公忠(きんただ)【1324-1383】
 内大臣。後押小路内府と号した。日記は『後愚昧記』。
 大宮季衡の娘
妻の父 大宮季衡西園寺公衡~公宗の系図
 実冬 公量三条実冬~公敦の系図

 厳子後円融天皇~称光天皇の系図
 実禅〔養父:徳大寺実時(→徳大寺公清~実盛の系図)〕(『系図纂要』による。)

スポンサーリンク

三条実冬~公敦の系図

三条実冬~公敦の系図

  三条実冬(さねふゆ)【1354-1411】
 太政大臣。後三条入道相国と号した。

祖父 実忠 公忠三条実重~公忠の系図
祖父 大宮季衡西園寺公衡~公宗の系図

 公宣【?-1410】
 権大納言。
 実敒(『系図纂要』による。)

 公承(こうしょう)【1406-1485】
 天台座主。


  三条公量/公光/公冬(きんふゆ)【1391-1459】
 右大臣。後白川入道右府と号した。
 水無瀬具景の娘
妻の父 水無瀬具景水無瀬具景~兼成の系図
 水無瀬季兼〔養父:水無瀬重親〕→水無瀬具景~兼成の系図

子の夫 細川教春→細川教春の系図


  三条実尚/実教/実量(さねかず)【1415-1483】
 左大臣。赤松氏の遺臣に旧南朝方にある神璽の奪還を勧め、実現させた。後三条入道左府と号した。実尚には他にも十数人の子供がいた。
 正親町三条実雅の娘〔養父:正親町三条実雅(→正親町三条実雅~実望の系図)〕
 大炊御門信量〔養父:大炊御門信宗〕→大炊御門宗実~頼国の系図
 冬子(ふゆこ)【1441-1489】
 後花園天皇・後土御門天皇に仕えた。

 公顕〔養父:正親町三条実雅(→正親町三条実雅~実望の系図)〕
 宗一/覚遍
子の夫 水無瀬季兼水無瀬具景~兼成の系図


  三条公敦(きんあつ)【1439-1507】〔養父:正親町三条実雅(→正親町三条実雅~実望の系図)〕
 右大臣。洞院公数の代で洞院家が一度断絶した際に、それまで洞院家に伝わっていた『尊卑分脈』を感得したという。
 徳大寺公有の娘
妻の父 徳大寺公有→徳大寺公有の系図

 実香 公頼三条実香~公広の系図

スポンサーリンク

三条実香~公広の系図

三条実香~公広の系図

  三条実香(さねか)【1469-1558】
 太政大臣。

祖父 実尚 公敦三条実冬~公敦の系図

子の夫 貞敦親王→貞敦親王の系図


  三条公頼(きんより)【1498-1551】
 左大臣。周防国に下向し、大内義隆を頼るが、陶晴賢の乱に巻き込まれた。
 勧修寺尚顕の娘
妻の父 勧修寺尚顕勧修寺政顕~尹豊の系図

 花園実教花園実教~実延の系図
子の夫 細川勝元(『系図纂要』による。)→細川勝元の系図
子の夫 武田晴信(『系図纂要』による。)→武田晴信の系図
子の夫 光佐(『系図纂要』による。)→光佐の系図


  三条実綱(さねつな)/公宣【1562-1581】(以下、『系図纂要』による。)
 権中納言。実は三条西実世(→三条西実世~実条の系図)の子。右大臣を贈られた。
 勧修寺晴秀の娘
妻の父 勧修寺晴秀勧修寺晴秀・晴豊の系図


  三条公広(きんひろ)/公盛(きんもり)【1577-1626】
 権大納言。実は三条西公国(→三条西実世~実条の系図)の子。内大臣を贈られた。
 正親町三条公仲の娘
妻の父 正親町三条公仲正親町三条公兄~公仲の系図
 実秀 公富三条実秀~公充の系図

 公広の息子 公広の娘(『三条家系譜』による。)

スポンサーリンク

三条実秀~公充の系図

三条実秀~公充の系図

  三条実秀(さねひで)【1598-1671】
 左大臣。

祖父 実綱 公広三条実香~公広の系図
祖父 正親町三条公仲正親町三条公兄~公仲の系図

 日野資勝の娘
妻の父 日野資勝日野輝資~光慶の系図

 空英(『三条家系譜』による。)
子の夫 内藤頼長→内藤頼長の系図


  三条公富(きんとみ)【1620-1677】
 右大臣。
 宗義成の娘
妻の父 宗義成→宗義成の系図
子の夫 永井直時→永井直時の系図

子の夫 山内豊昌→山内豊昌の系図
子の夫 久松定澄→久松定澄の系図


  三条実治(さねはる)/季房/実通【1650-1724】〔養子:押小路実岑(→押小路公音~実潔の系図)〕
 左大臣。
 今出川公規の娘
妻の父 今出川公規今出川晴季~公規の系図
子の夫 大炊御門経音(『三条家系譜』による。)→大炊御門経敦~経音の系図
子の夫 井伊直通→井伊直通の系図

 公兼(きんかね)【1679-?】
 従三位。
子の妻 広幡豊忠の娘
子の妻の父 広幡豊忠→広幡豊忠の系図
 実顕〔養父:三条公充〕→三条実顕の系図

 河鰭輝季〔養父:河鰭実詮〕→河鰭実陳~公述の系図

子の夫 八条隆英(『八条家譜』による。)→八条隆英の系図


  三条公充(きんみつ)【1691-1726】
 権大納言。
 井伊直該の娘
妻の父 井伊直該→井伊直該の系図
子の夫 実顕→三条実顕の系図

 公充の娘【?-1714】(『三条家系譜』による。)

タイトルとURLをコピーしました