一条家(藤原氏北家)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、一条家(藤原氏北家)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

一条実経~内経の系図

一条実経~内経の系図

  一条実経(さねつね)【1223-1284】
 摂政・関白・左大臣。一条家の祖。父道家の鍾愛を受けた。円明院殿と号した。

祖父 良経九条良経の系図
 道家九条道家の系図
祖父 西園寺公経西園寺公経の系図

 藤原有信の娘
妻の父 藤原有信坊門信清の系図
 実家(さねいえ)【1250-1314】
 太政大臣。
子の妻 滋野井公光の娘
子の妻の父 滋野井公光滋野井公光~教国の系図
 内家【1289-?】〔養父:一条内実〕
 権中納言。
曾孫 桓豪〔養父:洞院実泰(→洞院実泰の系図)〕

 行快〔養父:一条家経〕
 澄助/源経〔養父:二条兼基(→二条兼基・道平の系図)〕
 空源/実為

 良性の娘
妻の父 良性粟田口忠良の系図
 師良【1258-1293】〔養父:一条家経〕
 正二位。
 慈信【?-1325】
 慈昭【1260-1292】
 静厳(じょうごん)【1243-1299】
 東寺長者。醍醐寺座主。
 慈玄(じげん)【1270-1301】
 青蓮院門跡。

 九条定高の娘
妻の父 九条定高九条定高の系図
 忠輔
 従二位。

 園基氏の娘
妻の父 園基氏園基氏~基藤の系図
 家房【1270-?】
 正二位。

 平成俊の娘
妻の父 平成俊平行範・棟範の系図
 頊子後二条天皇の系図

 大炊御門家嗣の娘
妻の父 大炊御門家嗣大炊御門師経~冬忠の系図


  一条家経(いえつね)【1248-1293】〔養子:松殿冬房(→松殿忠房の系図)、藤原師良、行快〕
 摂政・左大臣。後光明峯寺殿と号した。

 松殿良嗣の娘
妻の父 松殿良嗣松殿忠房の系図
 冬実【1278-1342】
 権中納言。

 平高望の娘
妻の父 平高望平行範・棟範の系図
 厳家(ごんけ)【1275-1308】
 東寺長者。醍醐寺座主。後二条天皇の護持僧を務めた。

 藤原親成の娘
妻の父 藤原親成藤原光雅の系図

 尋覚(じんかく)【1282-1318】
 興福寺別当。
 道昭(どうしょう)【1281-1355】
 園城寺長吏。光明天皇の護持僧を務めた。
 経厳(きょうごん)【?-1353】
 東寺長者。
 良慶(りょうけい)【1291-1360】
 園城寺長吏。


  一条内実(うちざね)【1276-1304】〔養子:一条内家〕
 内大臣。棲心院と号した。
 慈慶/慈仙
子の夫 鷹司冬教鷹司兼平~冬教の系図


  一条内経(うちつね)【1291-1325】
 関白・内大臣。芬陀利花院殿と号した。
 今出河公顕の娘
妻の父 今出河公顕西園寺実兼の系図
 経通 経嗣一条経通~兼良の系図

スポンサーリンク

一条経通~兼良の系図

一条経通~兼良の系図

  一条経通(つねみち)【1317-1365】
 関白・左大臣。後芬陀利花院殿と号した。

祖父 内実 内経一条実経~内経の系図
祖父 今出河公顕西園寺実兼の系図

 洞院綸子
 洞院公賢(→洞院公賢の系図)の娘。
 内嗣(うちつぐ)/内平【1336-?】
 権大納言。南朝に参じた。

 房経(ふさつね)【1347-1366】
 権大納言。


  一条経嗣(つねつぐ)【1358-1418】
 関白・左大臣。実は二条良基(→二条良基~持基の系図)の子。足利義満・義持の信任を得た。日記は『荒暦』。成恩寺殿と号した。
 鷹司冬通の娘
妻の父 鷹司冬通鷹司師平~忠冬の系図
 経輔(つねすけ)/良忠
 権大納言。

 東坊城秀長の娘
妻の父 東坊城秀長東坊城茂長~長遠の系図
 祐厳(ゆうごん)【?-1452】
 東寺長者。
 良済(『系図纂要』による。)

 基央の娘
 一慶(いっけい)【1386-1463】(『系図纂要』による。)

 良鎮/良什(りょうじゅう)【?-1460】
 天台座主。父は一条兼良とも。
 義玄【1411-1431】(『系図纂要』による。)


  一条兼良(かねよし・かねら)【1402-1481】
 摂政・関白・太政大臣。有職故実に通じ、学才を重んじられた。『花鳥余情』・『公事根源』・『樵談治要』など多くの著作がある。後成恩寺殿と号した。
 中御門宣俊の娘
妻の父 中御門宣俊中御門経継~宣豊の系図
 教房一条教房の系図
 尋尊(じんそん)【1430-1508】(『系図纂要』『摂家系図』による。)
 興福寺別当。応仁の乱の際には、一条兼良の記録を大乗院で保管して兵火から守った。
 厳宝(げんぽう)【?-1481】(『系図纂要』『摂家系図』による。)
 東寺長者。
 良鎮
 父は一条経嗣とも。
 教賢桓澄(『系図纂要』『摂家系図』による。)
 慈養兼良の息子(4人)・ 尊秀秀高兼良の娘(『摂家系図』による。)

 町顕郷の娘
妻の父 町顕郷坊城定資~俊継の系図
 冬良 房通一条冬良~昭良の系図
 政尊(『系図纂要』『摂家系図』による。)
 兼良の娘(2人)(『摂家系図』による。)

 源康俊の娘
妻の父 源康俊源則長の系図
 経子鷹司師平~忠冬の系図
 秀賢/尊秀・尊好宗方(『摂家系図』による。)

 恵助(『系図纂要』による。)
 光智了高兼良の娘(『摂家系図』による。)

一条教房の系図

一条教房の系図

  一条教房(のりふさ)【1423-1480】〔養子:一条冬良(→一条冬良~昭良の系図)〕
 関白・左大臣。土佐国幡多荘に下向した。妙華寺殿と号した。

祖父 経嗣 兼良一条経通~兼良の系図
祖父 中御門宣俊中御門経継~宣豊の系図

 上冷泉為之の娘
妻の父 上冷泉為之冷泉為相~為之の系図
 政房(まさふさ)【?-1469】
 権大納言。摂津国福原荘に滞在中、赤松氏と山名氏の戦いに巻き込まれた。

 房家(ふさいえ)【1475-1539】
 権大納言。幡多荘のある中村で京都に倣った町づくりをした。
子の妻 源惟氏の娘
 房通〔養父:一条冬良〕→一条冬良~昭良の系図

子の妻 二条資冬の娘
子の妻の父 二条資冬二条資家の系図
 房冬(ふさふゆ)【1498-1541】
 権中納言。
孫の妻 玉姫宮(たまひめのみや)【1511-1547】
 邦高親王(→邦高親王の系図)の娘。
曾孫 房基(ふさもと)【1522-1549】
 従三位。
曾孫の妻 大友義鑑の娘
曾孫の妻の父 大友義鑑→大友義鑑の系図

房家孫 兼定(かねさだ)【1543-1585】〔養父:一条房通(→一条冬良~昭良の系図)〕(以下、『系図纂要』による。)
 権中納言。長宗我部元親に土佐を追われた。
兼定の妻 大友義鎮の娘
兼定の妻の父 大友義鎮→大友義鎮の系図

兼定の妻 宇都宮豊綱の娘
房家孫 内政(ただまさ・うちまさ)【1557-1580】
 長宗我部元親により土佐国司とされた。のちに元親に対する反乱計画に加わり、追放された。
内政の妻 長宗我部元親の娘
内政の妻の父 長宗我部元親→長宗我部元親の系図

子の妻 五辻富仲の娘
子の妻の父 五辻富仲五辻仲貞~富仲の系図

孫の夫 町顕冬坊城定資~俊継の系図

スポンサーリンク

一条冬良~昭良の系図

一条冬良~昭良の系図

  一条冬良(ふゆよし)【1464-1514】〔養父:一条教房(→一条教房の系図)〕
 関白・太政大臣。桃華坊文庫の復興に努めたほか、『新撰菟玖波集』の撰進に関わった。後妙華寺殿と号した。

祖父 経嗣 兼良一条経通~兼良の系図
祖父 町顕郷坊城定資~俊継の系図

 伊勢貞頼の娘
妻の父 伊勢貞頼→伊勢貞頼の系図

 慈尋【?-1498】(『系図纂要』による。)


  一条房通(ふさみち)【1509-1556】
 関白・左大臣。実は一条房家(→一条教房の系図)の子。唯心院殿と号した。
 内基〔養父:一条兼冬〕
 兼定(『系図纂要』による。)→一条教房の系図
 実は一条房基の子。
 聖信(しょうしん)【1544-1592】〔養父:邦輔親王(→邦輔親王の系図)〕(『系図纂要』による。)


  一条兼冬(かねふゆ)【1529-1554】
 関白・左大臣。後円明寺殿と号した。
 広橋保子
 広橋兼秀(→広橋兼秀・国光の系図)の娘。


  一条内基(うちもと)【1548-1611】
 関白・左大臣。実は一条房通の子。自浄心院殿と号した。


  一条昭良(あきよし)/兼遐(かねとお)【1605-1672】(以下、『系図纂要』による。)
 摂政・関白・左大臣。実は後陽成天皇(→後陽成天皇の系図)の皇子。智徳院と号した。
 西洞院時直の娘
妻の父 西洞院時直西洞院時直~時光の系図
 教輔 兼輝一条教輔~道香の系図

 醍醐冬基 冬煕醍醐冬基~忠順の系図
子の夫 光瑛→光瑛の系図

スポンサーリンク

一条教輔~道香の系図

一条教輔~道香の系図

  一条教輔(のりすけ)/伊実/教良【1633-1707】
 右大臣。

祖父 内基 昭良一条冬良~昭良の系図
祖父 西洞院時直西洞院時直~時光の系図

 池田輝子
 池田光政(→池田光政の系図)の娘。

 教輔の息子(3人)・ 教輔の娘(『一条家譜』による。)


  一条兼輝(かねてる)/内房(うちふさ)/冬経(ふゆつね)【1652-1705】
 摂政・関白・右大臣。霊元上皇に信任され、朝儀の復興に尽力した。日記は『兼輝公記』。
子の夫 久我惟通(『一条家譜』による。)→久我惟通の系図


  一条兼香(かねか)【1692-1751】〔養子:鷹司輔平(→鷹司輔平の系図)〕
 関白・太政大臣。実は鷹司房輔(→鷹司房輔~基輝の系図)の子。日記は『兼香公記』。

 池田綱政の娘
妻の父 池田綱政→池田綱政の系図

 浅野綱長の娘
妻の父 浅野綱長→浅野綱長の系図

 鷹司基輝〔養父:鷹司尚輔〕→鷹司房輔~基輝の系図
 醍醐兼純〔養父:醍醐経胤〕→醍醐冬基~忠順の系図
 良演【1746-1760】
 富子中御門天皇~後桃園天皇の系図
 重子→徳川宗将の系図
 顕子→一橋宗尹の系図
 郁子→徳川宗翰の系図
 兼香の娘(2人)(『一条家譜』による。)


  一条道香(みちか)【1722-1769】〔養子:醍醐兼純・醍醐冬香・醍醐輝久(→醍醐冬基~忠順の系図)〕
 摂政・関白・左大臣。
 輝良→一条輝良の系図
 教君【1767-1772】
 三千君【1746-?】(『一条家譜』による。)
 八代君→徳川治保の系図
 真君→久我信通の系図
 道香の息子 幸君道香の娘(2人)(『一条家譜』による。)

タイトルとURLをコピーしました