河鰭家(藤原氏北家・公季流)の系図

系図のメモ帳

 このページでは、河鰭家(藤原氏北家・公季流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

八条公清~一条公邦の系図

八条公清~一条公邦の系図

  八条公清【1166-1228】
 参議。河鰭家の祖。

祖父 公教三条公教の系図
 実国滋野井実国~実宣の系図
祖父 源雅綱源雅綱の系図

 源資賢の娘
妻の父 源資賢源資賢の系図
 実俊【?-1237】
 従三位。
子の妻 佐々木定綱の娘
子の妻の父 佐々木定綱→佐々木定綱の系図
 公有〔養父:姉小路公宣(→姉小路公宣~実広の系図)〕
 公世【?-1301】〔養父:洞院実雄(→洞院実雄の系図)〕
 従二位。

子の妻 藤原親能の娘
子の妻の父 藤原親能藤原親能・定季の系図
 実清【1207-1292】〔養父:西園寺公経(→西園寺公経の系図)〕
 正二位。父は八条公清とも。
孫の妻 持明院基家の娘
孫の妻の父 持明院基家持明院基家の系図
曾孫 公益〔養子:実尊・公順(→実尊・公順の系図)〕
 正三位。
公益孫 実英
 従三位。
公益孫 清季【1295-1349】
 正三位。
公益孫 実興【?-1366】
 正三位。
公益孫 季興
 従三位。
公益孫 実種【?-1418】
 正三位。
公益孫 実廉【1367-?】
 従三位。
公益孫 実世
 従三位。

 良覚(りょうかく)
 『徒然草』に「榎木の僧正」「きりくいの僧正」「堀池の僧正」と呼ばれた説話が載せられている。
孫の夫 中山忠定中山忠定~親通の系図

 実嗣/実広


  一条実隆(さねたか)【1203-1270】
 従二位。
 公什
 父は藤原公有とも。


  一条公頼/公盛【1247-?】
 従二位。
 実豊【1276-1348】
 参議。
子の夫 近衛経平近衛家基~道嗣の系図


  一条実益【1284-1355】
 参議。


  一条季村【?-1390】
 正三位。


  一条公邦
 実村 公益一条実村~河鰭基秀の系図

スポンサーリンク

一条実村~河鰭基秀の系図

一条実村~河鰭基秀の系図

  一条実村

祖父 季村 公邦八条公清~一条公邦の系図


  一条公益【1435-?】
 参議。


  一条実治【1466-?】
 権中納言。
 光祐〔養父:広橋守光〕→広橋兼郷~守光の系図


  一条季富【1502-1536】


  河鰭公虎/公緒/西洞院時慶(以下、『系図纂要』による。)→西洞院行時~時慶の系図
 河鰭家を再興したが、西洞院家を継ぐことになり、河鰭家は再び中絶した。


  河鰭基秀【1606-1664】
 従三位。実は持明院基久(→持明院基久の系図)の子。河鰭家を再興した。
 土御門泰重の娘
妻の父 土御門泰重→土御門泰重の系図
 実陳→河鰭実陳の系図

 秀子→松木宗条の系図
子の夫 野宮定逸→野宮定逸の系図

タイトルとURLをコピーしました