藤原氏北家の系図(師輔~忠通)

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、藤原氏北家の系図(師輔~忠通)を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

藤原氏北家の略系図

藤原氏北家の略系図

1 鎌足藤原鎌足の系図
2 不比等藤原不比等の系図

3 房前藤原房前の系図
3-A1 鳥養藤原鳥養・小黒麿の系図
3-A2 葛野麿道継道雄藤原葛野麿・道継・道雄の系図
3-A3 常嗣常永氏宗藤原常嗣・常永・氏宗の系図
3-B1 永手藤原永手の系図
3-B2 家依藤原家依の系図
3-C1 楓麿藤原楓麿の系図
3-C2 園人藤原園人の系図
3-C3 園主藤原園主の系図

4 真楯藤原真楯の系図
4-A 真永藤原真永の系図

5 内麿藤原内麿の系図
5-A 桜麿長岡藤原桜麿・長岡の系図
5-B 福当麿藤原福当麿の系図

6 冬嗣藤原冬嗣の系図
6-A 良相藤原良相の系図
6-B 良門藤原良門の系図
6-C 良仁藤原良仁の系図

7 良房藤原良房・基経の系図
8-A1 時平藤原時平の系図
8-A2 顕忠藤原顕忠の系図
8-A3 敦忠藤原敦忠の系図
8-A4 助信藤原助信の系図

9 忠平藤原忠平の系図

藤原氏北家の略系図2

10 師輔藤原師輔の系図
10-A1 兼通藤原兼通の系図
10-A2 顕光藤原顕光の系図
10-A3 朝光正光藤原朝光・正光の系図
10-B 遠量忠君遠度遠基藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

11 兼家藤原兼家の系図
12 道長藤原道長の系図
12-A 能信藤原能信の系図
12-B1 教通藤原教通の系図
12-B2 信長藤原信長の系図
12-B3 信家藤原信家の系図

13 頼通藤原頼通の系図
14 師実藤原師実の系図
14-A 能実藤原能実の系図

15 師通藤原師通の系図
15-A 家隆藤原家隆の系図

16 忠実藤原忠実の系図
16-A 頼長藤原頼長の系図

17 忠通藤原忠通の系図
17-A 兼房藤原兼房の系図

スポンサーリンク

藤原師輔の系図

藤原師輔の系図

  藤原師輔(もろすけ)【908-960】
 右大臣。九条流の祖。

祖父 基経藤原良房・基経の系図
 忠平藤原忠平の系図
祖父 源能有源能有の系図

 藤原盛子
妻の父 藤原経邦藤原経邦の系図
 伊尹 義孝藤原伊尹・義孝の系図
 兼通藤原兼通の系図
 顕光藤原顕光の系図
 朝光正光藤原朝光・正光の系図

 兼家藤原兼家の系図
 道隆藤原道隆の系図
 道兼藤原道兼の系図
 道綱藤原道綱の系図
 道長藤原道長の系図

 忠君藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図
 安子村上天皇の系図
 冷泉天皇冷泉天皇・花山天皇の系図
 円融天皇円融天皇・一条天皇の系図
 為平親王為平親王の系図

 登子村上天皇の系図克明親王・重明親王の系図
 怤子冷泉天皇・花山天皇の系図
子の夫 源高明源高明の系図
 忠賢源忠賢~長季の系図
 俊賢源俊賢の系図

 藤原顕忠の娘
妻の父 藤原顕忠藤原顕忠の系図
 遠量遠基藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

 藤原公葛の娘
妻の父 藤原公葛藤原縄主・貞本の系図
 遠度藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

 雅子内親王(がし)【910-954】
 斎宮。
妻の父 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 為光藤原為光の系図
 斉信藤原斉信の系図
 公信藤原公信~伊信の系図

 高光(たかみつ)【?-994】
 三十六歌仙の一人。『多武峯少将物語』は高光を題材にする。
 尋禅(じんぜん)【943-990】
 天台座主。
 愛宮源高明の系図
 源経房源経房の系図

 康子内親王(やすこ)【920-957】
 公季 実成藤原公季・実成の系図
 深覚(じんがく)【955-1043】
 高野山に無量寿院を草創した。

 勤子内親王(きんし)【904-938】
 源順に命じて『和名類聚抄』を撰述させた。

 繁子藤原道兼の系図
子の夫 源重信源重信の系図
 道方源道方の系図

藤原兼通の系図

藤原兼通の系図

  藤原兼通(かねみち)【925-977】
 関白・太政大臣。弟兼家と政権争いを繰り広げた。

祖父 忠平藤原忠平の系図
 師輔藤原師輔の系図
祖父 藤原経邦藤原経邦の系図

 元平親王の娘
妻の父 元平親王陽成天皇の系図
 顕光藤原顕光の系図

 大江維時の娘
妻の父 大江維時→大江維時の系図
 時光【948-1015】
 中納言。
 忠任
 父は藤原忠輔(→藤原有頼~忠輔の系図)とも。

 能子女王(のうし)/昭子女王(しょうし)【?-994】
 有明親王(→有明親王・源守清の系図)の娘。
 朝光藤原朝光・正光の系図
 媓子円融天皇・一条天皇の系図

 藤原有年の娘
妻の父 藤原有年藤原定国の系図
 正光藤原朝光・正光の系図

 延尋
 父は源扶義(→源扶義の系図)とも。

藤原顕光の系図

藤原顕光の系図

  藤原顕光(あきみつ)【944-1021】
 左大臣。政務に疎く、藤原道長・藤原実資らに非難された。死後、藤原道長を祟ったとされる。

祖父 師輔藤原師輔の系図
 兼通藤原兼通の系図
祖父 元平親王陽成天皇の系図

 盛子内親王(もりこ)【?-998】
 村上天皇(→村上天皇の系図)の皇女。
 重家【977-?】
 容姿にすぐれ、光少将と称されたものの出家した。
 致貞藤原顕忠の系図
 父は藤原重輔とも。

 元子円融天皇・一条天皇の系図
 延子三条天皇の系図

藤原朝光・正光の系図

藤原朝光・正光の系図

  藤原朝光(あさてる・あさみつ)【951-995】
 大納言。昇進は兄顕光よりも早かった。

祖父 師輔藤原師輔の系図
 兼通藤原兼通の系図
祖父 有明親王有明親王・源守清の系図

 重明親王の娘
妻の父 重明親王克明親王・重明親王の系図
 朝経【973-1029】
 権中納言。
 登朝
子の妻 藤原安親の娘
子の妻の父 藤原安親藤原安親の系図
 師経【?-1066】
 従三位。
孫の妻 源俊賢の娘
孫の妻の父 源俊賢源俊賢の系図
曾孫 経俊
曾孫の子の夫 藤原宗実藤原頼宗の系図

曾孫の夫 藤原重房藤原兼隆の系図

 姚子冷泉天皇・花山天皇の系図

子の夫 円融天皇円融天皇・一条天皇の系図

曾孫の夫 藤原忠俊藤原良頼の系図


  藤原正光【957-1014】
 参議。

祖父 藤原有年藤原定国の系図

 藤原永平の娘
妻の父 藤原永平藤原尹文の系図

 源高明の娘
妻の父 源高明源高明の系図

 兼貞
子の妻 藤原説孝の娘
子の妻の父 藤原説孝藤原説孝の系図
 政兼
孫の妻 源済政の娘
孫の妻の父 源済政源済政・資通の系図
曾孫 隆禅(りゅうぜん)【1038-1100】
 興福寺別当。大乗院を創立した。

子の夫 藤原長家藤原長家・忠家の系図
子の夫 藤原公信藤原公信~伊信の系図

藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図

  藤原遠量

祖父 忠平藤原忠平の系図
 師輔藤原師輔の系図
祖父 藤原顕忠藤原顕忠の系図

 藤原有相の娘
妻の父 藤原有相藤原恒佐・懐忠の系図

 藤原国光の娘
妻の父 藤原国光藤原有頼~忠輔の系図

子の夫 藤原道兼藤原道兼の系図
 兼隆藤原兼隆の系図

子の夫 藤原道信藤原為光の系図


  藤原忠君【?-968】〔養父:藤原忠平(→藤原忠平の系図)〕

祖父 藤原経邦藤原経邦の系図

 藤原尹風の娘
妻の父 藤原尹風藤原尹甫・尹忠・尹風の系図
 頼定
 父は藤原有道とも。

 源俊の娘
妻の父 源俊源定の系図

 藤原伊尹の娘
妻の父 藤原伊尹藤原伊尹・義孝の系図
 源重信 源致方源重信の系図

子の夫 源俊賢源俊賢の系図
 顕基源顕基の系図
 隆国源隆国の系図

子の夫 藤原時明藤原連茂~頼任の系図


  藤原遠度【?-989】
 従三位。

祖父 藤原公葛藤原縄主・貞本の系図

 尋空【?-1035】
 朝源【?-1050】
子の夫 藤原広業藤原広業・家経の系図


  藤原遠基
 朝範/朝典
子の妻 藤原兼清の娘
子の妻の父 藤原兼清藤原守仁・兼清の系図
 長算(ちょうさん)【992-1057】

スポンサーリンク

藤原兼家の系図

藤原兼家の系図

  藤原兼家(かねいえ)【929-990】〔養子:藤原道頼(→藤原道隆の系図)、藤原兼隆(→藤原兼隆の系図)、藤原道信(→藤原為光の系図)〕
 摂政・関白・太政大臣。兄兼通と政権を争ったほか、懐仁親王(一条天皇)を即位させるために、花山天皇の退位を計画した。

祖父 忠平藤原忠平の系図
 師輔藤原師輔の系図
祖父 藤原経邦藤原経邦の系図

 藤原時姫(ときひめ)
妻の父 藤原中正藤原中正の系図
 道隆藤原道隆の系図
 伊周藤原伊周の系図
 隆家藤原隆家の系図

 道兼藤原道兼の系図
 兼隆藤原兼隆の系図

 道長藤原道長の系図
 頼通藤原頼通の系図
 頼宗藤原頼宗の系図
 能信藤原能信の系図
 教通藤原教通の系図
 長家藤原長家・忠家の系図

 超子冷泉天皇・花山天皇の系図
 三条天皇三条天皇の系図

 詮子 一条天皇円融天皇・一条天皇の系図

 藤原道綱母(みちつなのはは)【?-995】
 『蜻蛉日記』の作者。歌人としても著名で、『百人一首』にも歌が収められている。
妻の父 藤原倫寧藤原倫寧の系図
 道綱藤原道綱の系図
 兼経藤原兼経の系図

 藤原国章の娘
妻の父 藤原国章藤原国章の系図
 綏子三条天皇の系図

 藤原忠幹の娘
妻の父 藤原忠幹藤原国経・忠幹の系図

 保子内親王(やすこ)【949-987】
妻の父 村上天皇村上天皇の系図

スポンサーリンク

藤原道長の系図

藤原道長の系図

  藤原道長(みちなが)【966-1027】〔養子:源成信(→源成信の系図)、道命(→藤原道綱の系図)〕
 摂政・太政大臣。多くの娘が立后したことで、摂関政治は全盛期を迎えた。

祖父 師輔藤原師輔の系図
 兼家藤原兼家の系図
祖父 藤原中正藤原中正の系図

 源倫子(りんし)【964-1053】
 源雅信(→源雅信の系図)の娘。雅信は当初道長との結婚を反対した。
 頼通藤原頼通の系図
 師実藤原師実の系図

 教通藤原教通の系図
 信長藤原信長の系図
 信家藤原信家の系図

 彰子円融天皇・一条天皇の系図
 妍子三条天皇の系図
 威子後一条天皇~後冷泉天皇の系図
 嬉子後一条天皇~後冷泉天皇の系図

 源明子(めいし・あきこ)【?-1049】〔養父:盛明親王(→盛明親王~源道成の系図)〕
 源高明(→源高明の系図)の娘。
 頼宗藤原頼宗の系図
 俊家藤原俊家の系図
 能長藤原能長の系図
 基貞藤原基貞の系図
 能季藤原能季の系図

 能信藤原能信の系図
 顕信(あきのぶ)【994-1027】
 19歳の時に出家し、父母を嘆かせた。
 長家 忠家藤原長家・忠家の系図
 盛子三条天皇の系図
 寛子三条天皇の系図
 尊子源師房の系図
 源俊房源俊房の系図
 源顕房源顕房の系図

 源重光の娘
妻の父 源重光源重光の系図
 長信【1014-1072】

 藤原儼子(たけこ)【?-1016】
 藤原為光(→藤原為光の系図)の娘。難産で死亡した。

藤原能信の系図

藤原能信の系図

  藤原能信(よしのぶ)【995-1065】
 権大納言。兄頼通と対抗し、後三条天皇の擁立に寄与した。

祖父 兼家藤原兼家の系図
 道長藤原道長の系図
祖父 源高明源高明の系図

 藤原実成の娘
妻の父 藤原実成藤原公季・実成の系図

 能長藤原能長の系図
 実は藤原頼宗(→藤原頼宗の系図)の子。
 茂子後三条天皇の系図
 白河天皇白河天皇の系図

藤原教通の系図

藤原教通の系図

  藤原教通(のりみち)【996-1075】
 関白・太政大臣。娘を後宮に入れたが皇子は誕生しなかった。

祖父 兼家藤原兼家の系図
 道長藤原道長の系図
祖父 源雅信源雅信の系図

 禔子内親王(しし)【1003-1048】
 三条天皇(→三条天皇の系図)の皇女。兄頼通の妻になる話があった。
 嫥子女王(せんし・よしこ)【1005-1081】
 具平親王(→具平親王の系図)の娘。斎宮。

 藤原公任の娘
妻の父 藤原公任藤原公任の系図
 通基【1021-1041】
 従三位。
 信長藤原信長の系図
 信家藤原信家の系図
 静覚(じょうかく)【1024-1083】
 生子後一条天皇~後冷泉天皇の系図
 歓子後一条天皇~後冷泉天皇の系図

 小式部内侍(こしきぶのないし)【998頃-1025】
 橘道貞(→橘道貞の系図)の娘。女流歌人。
 藤原公成藤原公成の系図
 藤原範永藤原範永の系図
 静円(じょうえん)【1016-1074】

藤原信長の系図

藤原信長の系図

  藤原信長(のぶなが)【1022-1094】
 太政大臣。藤原師実と関白の地位を競った。

祖父 道長藤原道長の系図
 教通藤原教通の系図
祖父 藤原公任藤原公任の系図

 源資定の娘
妻の父 源資定源顕定の系図

 藤原定頼の娘
妻の父 藤原定頼藤原公任の系図

 兼実
 実は藤原基貞(→藤原基貞の系図)の子。
子の妻 藤原資仲の娘
子の妻の父 藤原資仲藤原資仲~資重の系図

 時実貞禅永基
 父は藤原基貞(→藤原基貞の系図)とも。

 知房【1046-1112】
 実は源良宗(→源経房の系図)の子。
 知仲
 実は藤原基仲(→藤原基貞の系図)の子。
曾孫 経仲〔養父:藤原盛経〕→藤原公経・成経の系図

孫の夫 藤原基隆藤原基隆の系図

子の夫 藤原師通藤原師通の系図

藤原信家の系図

藤原信家の系図

  藤原信家【1019-1061】〔養子:藤原実兼(→藤原能長の系図)〕
 権大納言。

祖父 道長藤原道長の系図
 教通藤原教通の系図
祖父 藤原公任藤原公任の系図

 儇子内親王(けんし)【1018-1097】〔養父:三条天皇(→三条天皇の系図)〕
 源済政の娘
妻の父 源済政源済政・資通の系図

 忠綱【?-1084】
 実は藤原頼通(→藤原頼通の系図)の子。
子の妻 藤原範永の娘
子の妻の父 藤原範永藤原範永の系図
 長兼【?-1123】
 基兼
孫の妻 藤原清家の娘
孫の妻の父 藤原清家藤原清家の系図

 宗家
 実は敦貞親王(→三条天皇の系図)の子。
子の妻 藤原斉信の娘
子の妻の父 藤原斉信藤原斉信の系図

 麗子藤原師実の系図

スポンサーリンク

藤原頼通の系図

藤原頼通の系図

  藤原頼通(よりみち)【992-1074】〔養子:藤原尊子・源師房(→源師房の系図)、藤原信家(→藤原信家の系図)、源顕基(→源顕基の系図)、源俊房(→源俊房の系図)〕
 摂政・関白・太政大臣。宇治の別業を寺に改めて平等院にした。

祖父 兼家藤原兼家の系図
 道長藤原道長の系図
祖父 源雅信源雅信の系図

 隆子女王(たかこ)/隆姫女王【995-1087】
 具平親王(→具平親王の系図)の娘。

 藤原祇子(ぎし・まさこ)【?-1053】
 藤原頼成(→藤原頼成の系図)の娘。宮中に仕え、進命婦と呼ばれた。
 師実藤原師実の系図
 師通藤原師通の系図
 花山院家忠花山院家忠の系図
 大炊御門経実大炊御門経実の系図
 能実藤原能実の系図
 難波忠教難波忠教の系図

 橘俊綱〔養父:橘俊遠〕→橘俊綱の系図
 定綱〔養父:藤原経家〕→藤原公任の系図
 忠綱〔養父:藤原信家〕→藤原信家の系図
 覚円(かくえん)【1031-1098】
 天台座主となるも、衆徒の反対から3日で辞した。宇治僧正と呼ばれた。
 寛子後一条天皇~後冷泉天皇の系図

 源憲定の娘
妻の父 源憲定為平親王の系図
 通房【1025-1044】
 権大納言。

 嫄子女王後一条天皇~後冷泉天皇の系図

スポンサーリンク

藤原師実の系図

藤原師実の系図

  藤原師実(もろざね)【1042-1101】〔養子:藤原忠実(→藤原忠実の系図)〕
 摂政・関白・太政大臣。村上源氏との結びつきを強めるとともに、白河天皇との協調関係を築いた。

祖父 道長藤原道長の系図
 頼通藤原頼通の系図
祖父 藤原頼成藤原頼成の系図

 源麗子(れいし・よしこ)【1040-1114】〔養父:藤原信家(→藤原信家の系図)〕
 源師房(→源師房の系図)の娘。
 師通藤原師通の系図
 忠実藤原忠実の系図
 家政藤原家政の系図
 家隆藤原家隆の系図

 尋範(じんはん)【1101-1174】
 興福寺別当。内山僧正と称された。

 源頼国の娘
妻の父 源頼国→源頼国の系図
 花山院家忠花山院家忠の系図
 忠宗花山院忠宗の系図

 藤原基貞の娘
妻の父 藤原基貞藤原基貞の系図
 大炊御門経実大炊御門経実の系図
 経宗大炊御門経宗の系図
 堀河経定堀河経定の系図

 能実藤原能実の系図

 藤原永業の娘
妻の父 藤原永業藤原永信・永業の系図
 難波忠教難波忠教の系図
 忠基難波忠基の系図
 頼輔難波頼輔~宗長の系図

 増智(ぞうち)【1078-1135】

 源則成の娘
妻の父 源則成盛明親王~源道成の系図
 覚信(かくしん)【1065-1121】
 母は源頼国の娘とも。興福寺別当。

 藤原忠俊の娘
妻の父 藤原忠俊藤原良頼の系図
 行玄(ぎょうげん)/良実【1097-1155】
 母は源麗子とも。近衛天皇の護持僧。天台座主。

 源顕房の娘
妻の父 源顕房源顕房の系図

 平定親の娘
妻の父 平定親平親信の系図

 平行親の娘
妻の父 平行親平行義の系図
 覚実(かくじつ)【1052-1092】

 賢子白河天皇の系図
 篤子内親王堀河天皇の系図
子の夫 藤原基隆藤原頼宗の系図
子の夫 藤原資康藤原有俊の系図

藤原能実の系図

藤原能実の系図

  藤原能実(よしざね)【1070-1132】〔養子:藤原能定(→藤原能長の系図)〕
 大納言。小野宮大納言と号した。

祖父 頼通藤原頼通の系図
 師実藤原師実の系図
祖父 藤原基貞藤原基貞の系図

 藤原基仲の娘
妻の父 藤原基仲藤原基貞の系図
 基能【?-1121】

 藤原祐家の娘
妻の父 藤原祐家藤原長家・忠家の系図

 定国/忠成

 光清の娘
妻の父 光清→光清の系図

子の夫 花山院忠宗花山院忠宗の系図
子の夫 源師頼源師頼の系図
 師光源師光の系図

子の夫 中御門宗能中御門宗能の系図
子の夫 源師隆源師忠の系図

スポンサーリンク

藤原師通の系図

藤原師通の系図

  藤原師通(もろみち)【1062-1099】
 関白・内大臣。院政に批判的な立場で摂関家の勢力維持に努めた。日記は『後二条師通記』。

祖父 頼通藤原頼通の系図
 師実藤原師実の系図
祖父 源師房源師房の系図

 藤原全子(ぜんし)【1060-1150】
 藤原俊家(→藤原俊家の系図)の娘。忠実を生むが離別した。
 忠実藤原忠実の系図
 忠通藤原忠通の系図
 頼長藤原頼長の系図

 藤原良綱の娘
妻の父 藤原良綱藤原良綱の系図
 源師忠源師忠の系図
 家政藤原家政の系図
 雅教藤原雅教・雅長の系図

 平貞経の娘
 家隆藤原家隆の系図

 藤原信長の娘〔養父:藤原信長(→藤原信長の系図)〕
 実は藤原経輔(→藤原経輔の系図)の娘。

 覚英(かくえい)【?-1157】
 陸奥国信夫郡に庵をむすんだとされる。

藤原家隆の系図

藤原家隆の系図

  藤原家隆【?-1125】

祖父 師実藤原師実の系図
 師通藤原師通の系図

 藤原盛実の娘
妻の父 藤原盛実藤原盛実の系図
 成隆
子の妻 平知信の娘
子の妻の父 平知信平範国~知信の系図

子の妻 藤原孝博の娘
子の妻の父 藤原孝博藤原定輔~孝博の系図
 孝定〔養父:藤原孝博(→藤原定輔~孝博の系図)〕→藤原孝定の系図

曾孫の夫 能暹→能暹の系図

子の夫 平忠盛→平忠盛の系図
子の夫 藤原斉章藤原公章の系図

 親家〔養父:中山忠親(→中山忠親・兼宗の系図)〕
 成覚/忠豪

スポンサーリンク

藤原忠実の系図

藤原忠実の系図

  藤原忠実(ただざね)【1078-1162】〔養父:藤原師実(→藤原師実の系図)、養子:藤原師長(→藤原頼長の系図)〕
 摂政・関白・太政大臣。娘泰子の入内を巡り、白河法皇に疎まれた。息子忠通との対立は保元の乱の一因になった。日記は『殿暦』。

祖父 師実藤原師実の系図
 師通藤原師通の系図
祖父 藤原俊家藤原俊家の系図

 源師子
 源顕房(→源顕房の系図)の娘。
 白河天皇白河天皇の系図
 忠通藤原忠通の系図
 近衛基実近衛基実の系図
 松殿基房松殿基房の系図
 九条兼実九条兼実の系図
 兼房藤原兼房の系図

 泰子鳥羽天皇~近衛天皇の系図

 藤原盛実の娘
妻の父 藤原盛実藤原盛実の系図
 頼長藤原頼長の系図

藤原頼長の系図

藤原頼長の系図

  藤原頼長(よりなが)【1120-1156】〔養父:藤原忠通(→藤原忠通の系図)〕
 左大臣。父に期待され、氏長者の地位にも就いた。保元の乱で敗れた。日記は『台記』。

祖父 師通藤原師通の系図
 忠実藤原忠実の系図
祖父 藤原盛実藤原盛実の系図

 源師俊の娘
妻の父 源師俊源俊房の系図
 兼長(かねなが)【1138-1158】
 権中納言。保元の乱に連座し、出雲に流された。

 源信雅の娘
妻の父 源信雅源信雅・雅仲の系図
 師長(もろなが)【1138-1192】〔養父:藤原忠実(→藤原忠実の系図)〕
 太政大臣。保元の乱で土佐に流された。後白河上皇と平清盛が衝突した際には尾張に流された。管絃をよくした。
子の妻 徳大寺公能の娘
子の妻の父 徳大寺公能徳大寺公能の系図

子の妻 藤原顕頼の娘
子の妻の父 藤原顕頼藤原顕頼の系図

子の妻 藤原成子
 藤原成親(→藤原成親の系図)の娘

 成宗
 実は藤原成親(→藤原成親の系図)の子。
孫の夫 粟田口忠良粟田口忠良の系図

 徳大寺幸子(こうし)【1112-1155】
 徳大寺実能(→徳大寺実能の系図)の娘。

 多子鳥羽天皇~近衛天皇の系図後白河天皇~六条天皇の系図

スポンサーリンク

藤原忠通の系図

藤原忠通の系図

  藤原忠通(ただみち)【1097-1164】〔養子:藤原頼長(→藤原頼長の系図)〕
 摂政・関白・太政大臣。父忠実・弟頼長とは政治的に対立した。『百人一首』に歌が収められている。

祖父 師通藤原師通の系図
 忠実藤原忠実の系図
祖父 源顕房源顕房の系図

 源信子
 源国信(→源国信の系図)の娘。
 近衛基実近衛基実の系図
 基通近衛基通の系図
 粟田口忠良粟田口忠良の系図

 源俊子
 源国信(→源国信の系図)の娘。
 松殿基房松殿基房の系図
 隆忠師家松殿隆忠・師家の系図
 忠房松殿忠房の系図

 信円(しんえん)【1153-1224】
 興福寺別当。東大寺の大仏開眼供養の呪願師や大仏殿落慶供養の導師を務めた。

 藤原仲光の娘
妻の父 藤原仲光藤原仲実の系図
 九条兼実九条兼実の系図
 良経九条良経の系図

 兼房藤原兼房の系図
 慈円(じえん)【1155-1225】
 天台座主。『愚管抄』を著した。歌人としても活躍した。

 藤原基信の娘
妻の父 藤原基信藤原師信の系図
 恵信(えしん)/覚継【1124-1171】
 興福寺別当。延暦寺と争い、伊豆に流された。

 藤原宗子
 藤原宗通(→藤原宗通の系図)の娘。
 聖子鳥羽天皇~近衛天皇の系図

 覚忠(かくちゅう)【1118-1177】
 天台座主や園城寺長吏を務めた。
 育子後白河天皇~六条天皇の系図
 呈子鳥羽天皇~近衛天皇の系図

藤原兼房の系図

藤原兼房の系図

  藤原兼房(かねふさ)【1153-1217】
 太政大臣。

祖父 忠実藤原忠実の系図
 忠通藤原忠通の系図
祖父 藤原仲光藤原仲実の系図

 藤原隆季の娘
妻の父 藤原隆季藤原隆季の系図
 兼良【1167-1221】〔養父:九条兼実(→九条兼実の系図)〕
 大納言。
 大納言局守貞親王~四条天皇の系図
孫の夫 二条良実二条良実・師忠の系図

 大炊御門経宗の娘
妻の父 大炊御門経宗大炊御門経宗の系図

 藤原清通の娘
妻の父 藤原清通白河伊実の系図

 道誉(どうよ)【1179-1240】
子の夫 後嵯峨天皇後嵯峨天皇の系図

タイトルとURLをコピーしました