鷹司家(藤原氏北家)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、鷹司家(藤原氏北家)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

鷹司兼平~冬教の系図

鷹司兼平~冬教の系図

  鷹司兼平(かねひら)【1228-1294】
 摂政・関白・太政大臣。称念院殿と号した。鷹司家の祖。家名は邸宅が京都鷹司室町にあったことによる。

祖父 基通近衛基通の系図
 家実近衛家実・兼経の系図
祖父 楊梅忠行楊梅重季~経季の系図

 一条実有の娘
妻の父 一条実有一条実有~実連の系図

 平親継の娘
妻の父 平親継平惟忠・平有親の系図
 兼忠(かねただ)【1262-1301】〔養父:鷹司基忠、養子:鷹司冬平〕
 摂政・関白・左大臣。歓喜園院殿と号した。
子の妻 近衛基平の娘
子の妻の父 近衛基平近衛基平の系図
 冬経【1283-1319】
 権大納言。
曾孫 基教【1299-?】
 参議。
曾孫の妻 松殿基教の娘
曾孫の妻の父 松殿基教松殿忠房の系図

曾孫 増仁(ぞうじん)【1302-1368】〔養父:鷹司基忠〕
 園城寺長吏。

子の妻 高階頼泰の娘
 兼冬【1289-1308】
 従三位。
 基教〔養父:鷹司冬経〕

子の夫 近衛家基近衛家基~道嗣の系図

 大炊御門光俊の娘
妻の父 大炊御門光俊大炊御門光能の系図


  鷹司基忠(もとただ)【1247-1313】〔養子:鷹司兼忠、増仁〕
 関白・太政大臣。円光院殿と号した。

 衣笠経平の娘
妻の父 衣笠経平粟田口忠良の系図
 冬基【1285-1309】〔養父:鷹司冬平〕
 権大納言。
 冬教〔養父:鷹司冬平〕
 良信(りょうしん)【1278-1329】
 興福寺別当。

 丹波良基の娘
妻の父 丹波良基→丹波良基の系図
 聖忠(しょうちゅう)【1268-1319】
 東寺長者。醍醐寺座主。

 良盛の娘
妻の父 良盛藤原俊経・盛経の系図
 増基(ぞうき)【1282-1352】
 園城寺長吏。花園天皇などの護持僧を務めた。

 洞院実雄の娘
妻の父 洞院実雄洞院実雄の系図
子の夫 猪熊兼教近衛基平の系図

 聖尋(しょうじん)
 東寺長者。醍醐寺座主。


  鷹司冬平(ふゆひら)【1275-1327】〔養父:鷹司兼忠、養子:鷹司冬経、鷹司冬基〕
 摂政・関白・太政大臣。後称念院殿と号した。
 中院通頼の娘
妻の父 中院通頼中院通成~通冬の系図

 師平〔養父:鷹司冬教〕→鷹司師平~忠冬の系図


  鷹司冬教(ふゆのり)【1305-1337】
 関白・左大臣。実は鷹司基忠の子。後円光院殿と号した。
 一条内実の娘
妻の父 一条内実一条実経~内経の系図

 師平 冬通鷹司師平~忠冬の系図

スポンサーリンク

鷹司師平~忠冬の系図

鷹司師平~忠冬の系図

  鷹司師平(もろひら)【1310-1353】
 関白・右大臣。実は鷹司冬平(→鷹司兼平~冬教の系図)の子。昭光院殿と号した。

祖父 冬平 冬教鷹司兼平~冬教の系図

 永福門院東御方
 洞院実泰(→洞院実泰の系図)の娘。
 恒明親王亀山天皇の系図

 洞院吉子
 洞院公賢(→洞院公賢の系図)の娘。


  鷹司冬通(ふゆみち)【1330-1386】
 関白・左大臣。一心院殿と号した。
 洞院公敏の娘
妻の父 洞院公敏洞院公敏・公泰の系図
子の夫 一条経嗣一条経通~兼良の系図

 洞院実夏の娘
妻の父 洞院実夏洞院実夏~公連の系図

 孝尋孝信〔養父:九条経教〕→九条房実~満教の系図


  鷹司冬家(ふゆいえ)【1367-1428】
 右大臣。後一心院殿と号した。
 昭円(『系図纂要』による。)


  鷹司房平(ふさひら)【1411-1472】
 関白・左大臣。後昭光院殿と号した。応仁の乱の際には、奈良に避難した。
 性深(しょうじん)
 東寺長者。
 信玄尊雅(『系図纂要』による。)


  鷹司政平(まさひら)【1445-1517】
 関白・太政大臣。専称院殿と号した。
 一条経子
 一条兼良(→一条経通~兼良の系図)の娘。母は『摂家系図』による。


  鷹司兼輔(かねすけ)【1480-1552】
 関白・左大臣。法音院殿と号した。
 正親町三条公治の娘
妻の父 正親町三条公治正親町三条実雅~実望の系図


  鷹司忠冬(ただふゆ)【1509-1546】
 関白・左大臣。後専称院殿と号した。
 信房→鷹司信房の系図

タイトルとURLをコピーしました