飛鳥井家(藤原氏北家・師実流)の系図

系図のメモ帳

 このページでは、飛鳥井家(藤原氏北家・師実流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

飛鳥井雅経~雅孝の系図

飛鳥井雅経~雅孝の系図

  飛鳥井雅経(まさつね)【1170-1221】
 参議。飛鳥井家の祖。蹴鞠にすぐれた。『新古今和歌集』の編纂にも携わった。『百人一首』にも歌が収められる。

祖父 頼輔 頼経難波頼輔~宗長の系図
祖父 源顕雅源顕房の系図

 大江広元の娘
妻の父 大江広元→大江広元の系図

孫の夫 三条長顕三条成定の系図
孫の夫 三条公泰三条実親・公親の系図
孫の夫 難波教俊→難波教俊の系図

教雅孫 教藤
 父は藤原兼教とも。

子の夫 安達義景→安達義景の系図


  飛鳥井教定(のりさだ)【1210-1266】
 正三位。九条頼経・頼嗣・宗尊親王に仕えた。
 源定忠の娘
妻の父 源定忠源定忠・師季の系図

 定有【?-1286】
 雅朝
 父は飛鳥井雅有とも。

子の夫 御子左為氏御子左為氏の系図
 為世御子左為世の系図

 雅孝〔養父:飛鳥井雅有〕


  飛鳥井雅有(まさあり)/雅名【1241-1301】〔養子:隆恵(→藤原惟方の系図)〕
 参議。母は北条実時(→北条実時の系図)の娘とも。関東祗候の廷臣として京と鎌倉を往復した。仮名日記の『春のみやまち』を著した。
 北条実時の娘
妻の父 北条実時→北条実時の系図
 雅顕(まさあき)【?-1278】

子の夫 御子左為通御子左為世の系図


  飛鳥井雅孝【1282-1353】
 権中納言。実は藤原基長の子。
 平経親の娘
妻の父 平経親平惟忠・平有親の系図
 経有/教親/経孝【?-1343】
 従三位。

 雅宗/雅光【?-1343】
 従三位。
 雅冬
 実は飛鳥井雅孝の子。
曾孫の夫 庭田経有庭田経資~重賢の系図

 雅冬〔養父:飛鳥井雅宗〕
 雅家 雅縁飛鳥井雅家~雅俊の系図

スポンサーリンク

飛鳥井雅家~雅俊の系図

飛鳥井雅家~雅俊の系図

  飛鳥井雅家【?-1385】
 従三位。

祖父 雅有 雅孝飛鳥井雅経~雅孝の系図


  飛鳥井雅縁(まさより)【1358-1428】
 権中納言。歌学書『諸雑記』を著した。
 雅永
 権中納言。
孫の夫 勧修寺教秀勧修寺経顕~教秀の系図


  飛鳥井雅清/雅氏/雅幸/雅世(まさよ)【1390-1452】
 権中納言。足利義教の寵を得て、歌壇で指導的地位を占めた。『新続古今和歌集』の撰者。
 雅康(まさやす)【1436-1509】〔養父:飛鳥井雅親〕
 権中納言。
 頼孝/頼高
曾孫 雅量(以下、『系図纂要』による。)
雅量孫 虎熊丸【1563-?】

孫の夫 兼盛→兼盛の系図


  飛鳥井雅親(まさちか)【1417-1490】〔養子:飛鳥井雅康〕
 権大納言。
 益豊(『飛鳥井家譜』による。)


  飛鳥井雅俊(まさとし)【1462-1523】〔養子:覚雅(→室町公春~四辻公音の系図)〕
 権大納言。
 享清の娘
妻の父 享清→享清の系図
 雅綱 雅春飛鳥井雅綱~雅敦の系図

 行雅(『系図纂要』による。)

スポンサーリンク

飛鳥井雅綱~雅敦の系図

飛鳥井雅綱~雅敦の系図

  飛鳥井雅綱(まさつな)【1489-1571】
 権大納言。

祖父 雅親 雅俊飛鳥井雅家~雅俊の系図
祖父 享清→享清の系図

 丹波親康の娘
妻の父 丹波親康→丹波親康の系図

 尭恵→尭恵の系図
 目々典侍後奈良天皇~誠仁親王の系図
子の夫 経範→経範の系図
子の夫 朽木晴綱→朽木晴綱の系図

 西洞院時慶〔養父:西洞院時当〕→西洞院行時~時慶の系図

曾孫 藤江雅良/定将【1603-?】
 従三位。父は覚澄とも。


  飛鳥井雅春/雅教【1520-1594】
 権大納言。
 松木宗満〔養父:松木宗藤〕→松木宗満の系図
 西洞院時慶〔養父:西洞院時当〕→西洞院行時~時慶の系図

 竜雲の娘〔養父:飛鳥井雅庸〕→飛鳥井雅庸の系図


  飛鳥井雅敦【1548-1578】
 参議。母は『飛鳥井家譜』による。
 雅庸→飛鳥井雅庸の系図

タイトルとURLをコピーしました