後鳥羽天皇~四条天皇の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、後鳥羽天皇から四条天皇までの系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

後鳥羽天皇の系図

後鳥羽天皇の系図

第82代 後鳥羽天皇(ごとば)/尊成親王(たかひら)【1180-1239/在位:1183-1198】
 譲位後に院政を行った。承久の乱で敗れると隠岐に流された。

祖父 後白河天皇後白河天皇~六条天皇の系図
 高倉天皇高倉天皇・安徳天皇の系図
祖父 藤原信隆藤原信隆の系図

皇后 九条任子(にんし)/宜秋門院(ぎしゅうもんいん)【1173-1238】
 九条兼実(→九条兼実の系図)の娘。兼実が失脚した際に内裏を退出した。
 昇子内親王(しょうし)/春華門院(しゅんかもんいん)【1195-1211】
 順徳天皇の准母。

後宮 源在子(ありこ)/承明門院(しょうめいもんいん)【1171-1257】〔養父:源通親(→源通親の系図)〕
 実は能円(→能円の系図)の子。通親と密通したことにより、寵が衰えた。
 土御門天皇土御門天皇の系図
 後嵯峨天皇後嵯峨天皇の系図

後宮 高倉重子(じゅうし)/範子/修明門院(しゅうめいもんいん)【1182-1264】
 高倉範季(→高倉範季の系図)の娘。承久の乱後に出家した。
 順徳天皇 仲恭天皇順徳天皇・仲恭天皇の系図
 雅成親王(まさなり)【1200-1255】
 承久の乱により、但馬に流された。六条宮と称された。
子の妻 藤原親経の娘
子の妻の父 藤原親経藤原俊経・盛経の系図
 澄覚法親王(ちょうかく)【1219-1289】
 天台座主。

 寛成親王/尊快入道親王(そんかい)【1204-1246】
 天台座主。

後宮 大宮局
 二条定能(→二条定能の系図)の娘。
 尊円法親王(そんえん)【1207-1231】
 行超(ぎょうちょう)

後宮 坊門局
 坊門信清(→坊門信清の系図)の娘。
 長仁親王(ながひと)/道助入道親王(どうじょ)【1196-1249】
 光台院御室と称された。
 礼子内親王(れいし)/嘉陽門院(かようもんいん)【1200-1273】
 斎院。
 頼仁親王(よりひと)【1201-1264】
 承久の乱により、備前の児島に流された。冷泉宮・児島宮と称された。
子の妻 花山院経子
 花山院忠経(→花山院忠経・定雅の系図)の娘。

後宮 兵衛督局/丹波局
 源信康(→源信康の系図)の娘。
 粛子内親王(しゅくし)【1196-?】
 斎宮。

後宮 尾張局(おわりのつぼね)【?-1204】
 顕清(→藤原政業の系図)の娘。
 朝仁親王/道覚入道親王(どうかく)【1204-1250】
 天台座主。西山宮と称された。

後宮 少納言典侍
 道守(どうしゅ)
 宮僧正と呼ばれた。

後宮 丹波局(たんばのつぼね)
 煕子内親王(ひろこ・きし)【1205-?】
 斎宮。

後宮 姫法師
 覚誉(かくよ)
 道伊(どうい)
 道縁(どうえん)

後宮 (たき)【?-1265】
 舞女。
 覚仁法親王(かくにん)【1198-1266】
 桜井宮と称された。後嵯峨上皇の熊野御幸の先達を務めた。

スポンサーリンク

土御門天皇の系図

土御門天皇の系図

第83代 土御門天皇(つちみかど)/為仁親王(ためひと)【1195-1231/在位:1198-1210】
 後鳥羽院の倒幕計画には関与しなかったが、承久の乱後、幕府に願い出て土佐国に下った。

祖父 高倉天皇高倉天皇・安徳天皇の系図
 後鳥羽天皇後鳥羽天皇の系図
祖父 源通親源通親の系図

皇后 大炊御門麗子(れいし)/陰明門院(おんめいもんいん)【1185-1243】
 大炊御門頼実(→大炊御門頼実の系図)の娘。

典侍 源通子(つうし)【?-1221】
 源通宗(→源通親の系図)の娘。皇太后を追贈された。
 春子女王(はるこ)
 覚子内親王(あきこ)/正親町院(おおぎまちいん)【1213-1285】
 仁助法親王(にんじょ)【1214-1262】
 静仁法親王(じょうにん)【1216-1296】
 熊野三山検校。後深草天皇の護持僧を務めた。
 後嵯峨天皇後嵯峨天皇の系図
 後深草天皇後深草天皇の系図
 亀山天皇亀山天皇の系図

掌侍 美作掌侍
 高階仲資(→高階仲資の系図)の娘。
 道仁法親王(どうにん)【1210-1263】

掌侍 源貞光の娘
 秀子女王(ひでこ)

後宮 源有雅の娘
後宮の父 源有雅源通家の系図
 曦子内親王(てるこ・ぎし)/仙華門院(せんかもんいん)【1224-1262】
 斎宮。後嵯峨天皇の准母。

後宮 治部卿局(じぶきょうのつぼね)
 定勝(→藤原顕頼の系図)の娘。
 道円法親王(どうえん)【1224-1281】
 信子女王(のぶこ)

後宮 尋恵の娘
後宮の父 尋恵→尋恵の系図
 尊助法親王(そんじょ)【1217-1290】
 天台座主。

後宮 円誉の娘
後宮の父 円誉→円誉の系図
 最仁法親王(さいにん)【1231-1295】
 天台座主。

後宮 左京大夫局(さきょうのだいぶのつぼね)
 証遍(→源師頼の系図)の娘。
 諄子内親王(あつこ・じゅんし)【?-1260】

後宮 宮内卿局
 藤原範光(→藤原範光の系図)の娘。
 知子女王(ともこ)

後宮 兼尊の娘
後宮の父 兼尊藤原尹通の系図

後宮 尾張局(おわりのつぼね)
 覚宴の娘。
 尊守法親王(そんしゅ)【1209-1260】
 後嵯峨天皇の護持僧を務めた。

後宮 丹波局(たんばのつぼね)

スポンサーリンク

順徳天皇・仲恭天皇の系図

順徳天皇・仲恭天皇の系図

順徳天皇

第84代 順徳天皇(じゅんとく)/守成親王(もりなり)【1197-1242/在位:1210-1221】
 有職故実や和歌などに明るく、『禁秘抄』を著した。『百人一首』にも歌が収められている。承久の乱で佐渡に流された。

祖父 高倉天皇高倉天皇・安徳天皇の系図
 後鳥羽天皇後鳥羽天皇の系図
祖父 高倉範季→高倉範季の系図

皇后 九条立子(りっし)/東一条院(ひがしいちじょういん)【1192-1247】
 九条良経(→九条良経の系図)の娘。
 諦子内親王(あきこ・ていし)/明義門院(めいぎもんいん)【1217-1243】

後宮 大納言局(だいなごんのつぼね)
 坊門信清(→坊門信清の系図)の娘。
 穠子内親王(しげこ・じょうし)/永安門院(えいあんもんいん)【1216-1279】

後宮 藤原清季の娘
後宮の父 藤原清季藤原長輔の系図
 尊覚法親王(そんかく)【1215-1264】
 天台座主。
 覚恵法親王(かくえ)【1217-?】
 忠成王(ただなり)【1222-1280】
子の妻 藤原範能の娘
子の妻の父 藤原範能高倉範茂の系図
 尊忠(そんちゅう)
 彦豊王(ひことよ)
 源彦仁(ひこひと)
 正三位。

子の妻 高倉範茂の娘
子の妻の父 高倉範茂高倉範茂の系図

後宮 東御方(ひがしのおんかた)
 藤原範光(→藤原範光の系図)の娘。
 善統親王(よしむね)【1233-1317】
 四辻宮と号した。
 尊雅王(たかまさ)
 深恵(しんえ)

 彦成王(ひこなり)

後宮 宰相局(さいしょうのつぼね)
 公雅(→源雅綱の系図)の娘。
 寒巌義尹(かんがんぎいん)【1217-1300】

 慶子女王(よしこ)
 忠子女王(ただこ)

仲恭天皇

第85代 仲恭天皇(ちゅうきょう)/懐成親王(かねなり)/九条廃帝【1218-1234/在位:1221】
 承久の乱の結果、幕府によって譲位を強いられた。

後宮 右京大夫局(うきょうのだいぶのつぼね)
 性慶(→源信雅・雅仲の系図)の娘。
 義子内親王(ぎし)/和徳門院(かとくもんいん)【1234-1289】

スポンサーリンク

守貞親王~四条天皇の系図

守貞親王~四条天皇の系図

守貞親王

  守貞親王(もりさだ)/後高倉院(ごたかくら)/行助法親王(ぎょうじょ)【1179-1223】
 承久の乱と無関係であったことで、息子が即位し、院政を行った。

祖父 後白河天皇後白河天皇~六条天皇の系図
 高倉天皇高倉天皇・安徳天皇の系図
祖父 藤原信隆→藤原信隆の系図

 持明院陳子/北白河院(きたしらかわいん)【1173-1238】
 持明院基家(→持明院基家の系図)の娘。
 尊性法親王(そんしょう)【1194-1239】
 天台座主。
 利子内親王(としこ・りし)/式乾門院(しきけんもんいん)【1197-1251】
 斎宮。四条天皇の准母。
 本子内親王(もとこ)【?-1239】
 押小路宮と称された。
 能子内親王(よしこ)【1200-1245】
 白河姫宮と称された。
 道深法親王(どうしん)【1206-1249】
 邦子内親王(くにこ・ほうし)/安嘉門院(あんかもんいん)【1209-1283】
 後堀河天皇の准母。

 有子内親王(ありこ)

後堀河天皇

第86代 後堀河天皇(ごほりかわ)/茂仁親王(ゆたひと)【1212-1234/在位:1221-1232】
 承久の乱の結果、即位することになった。

皇后 三条有子(ゆうし)/安喜門院(あんきもんいん)【1207-1286】
 三条公房(→三条公房の系図)の娘。

中宮 近衛長子(ながこ)/鷹司院(たかつかさいん)【1218-1275】
 近衛家実(→近衛家実・兼経の系図)の娘。四条天皇の准母。

中宮 九条竴子(しゅんし)/藻璧門院(そうへきもんいん)【1209-1233】
 九条道家(→九条道家の系図)の娘。皇子を産んだがそのまま亡くなった。
 暐子内親王(あきこ)

後宮 大納言局(だいなごんのつぼね)
 藤原兼良(→藤原兼房の系図)の娘。
 昱子内親王(あきこ)【1231-1246】
 斎宮。

後宮 別当典侍
 持明院家能(→持明院基宗~基世の系図)の娘。
 暉子内親王(てるこ・きし)/室町院(むろまちいん)【1228-1300】
 体子内親王後嵯峨天皇の系図

四条天皇

第87代 四条天皇(しじょう)/秀仁親王(みつひと)【1231-1242/在位:1232-1242】
 転倒が原因で死に至ったとされる。
女御 九条彦子(ひろこ)/宣仁門院(せんにんもんいん)【1227-1262】〔養父:二条良実(→二条良実・師忠の系図)〕
 九条教実(→九条教実~師教の系図)の娘。

タイトルとURLをコピーしました