嵯峨源氏の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、嵯峨源氏の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

源信・弘の系図

源信・弘の系図

  源信(まこと)【810-868】
 左大臣。応天門の変に巻き込まれた。

祖父 桓武天皇桓武天皇の系図
 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図

 (たいら)
 (つつしむ)
 陸奥守として元慶の乱の対応にあたった。
 (たもつ)/泰
 春尋(たずぬ)
 生まれつき障害があり、父により系譜から削除された。その後、兄弟からの願い出により、春朝臣が与えられた。

 
 父は源信とも。


  源弘(ひろむ)【812-863】
 大納言。
 阿保親王の娘
妻の父 阿保親王平城天皇の系図
 
 参議。
曾孫 
任の子の夫 藤原邦昌藤原邦昌の系図
任の孫 邦恒藤原邦恒の系図

 (まれ)【849-902】
 中納言。
 (ひとし)【880-951】
 参議。『百人一首』に歌が収められている。
曾孫の夫 藤原敦忠藤原敦忠の系図
曾孫の子 助信藤原助信の系図
曾孫の夫 藤原合茂藤原正峯~敦信の系図

曾孫 
学の子の夫 藤原知章藤原知章の系図 

希孫 
 父は源悦とも。

曾孫 
致の子の夫 藤原経臣藤原智泉の系図

スポンサーリンク

源常・明の系図

源常・明の系図

  源常(ときわ)【812-854】
 左大臣。

祖父 桓武天皇桓武天皇の系図
 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図

 (おこる)【828-872】
 
 父は源明とも。
 【830-900】
 参議。


  源明(あきら)【814-852】
 参議。仁明天皇の崩御をきっかけに出家した。
 橘時子
妻の父 橘氏公文徳天皇の系図
 (のぶる)【832-881】
 参議。
舒孫 親長
親長の子の夫 藤原敦光藤原敦光の系図
親長の孫 有光藤原有光の系図

舒孫 盛行
 実父は源親長。

 
 父は源常とも。

スポンサーリンク

源定の系図

源定の系図

  源定(さだむ)【815−863】
 大納言。淳和天皇に寵愛された。

祖父 桓武天皇桓武天皇の系図
 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図

 /聞
孫の夫 菅原資忠菅原高視~孝標の系図

 
 父は源寛(→嵯峨天皇の系図)とも。

 【?-902】
曾孫 (したごう)【911-983】
 三十六歌仙の一人。梨壺の五人の一人として、『万葉集』の読解や『後撰和歌集』の撰集に携わった。

 (うつく)
 歌人。『古今和歌集』に歌が収められている。
曾孫 寛静(かんじょう)【901-979】
 東寺長者などを務めた。

 周子醍醐天皇・朱雀天皇の系図
曾孫 盛明親王盛明親王~源道成の系図

曾孫の夫 藤原忠君藤原遠量・忠君・遠度・遠基の系図
曾孫の夫 源満仲→源満仲の系図
曾孫の夫 藤原輔道藤原浜雄~輔道の系図
曾孫の子 有国藤原有国の系図

曾孫の夫 源高明源高明の系図

スポンサーリンク

源生・澄・勤・勝・啓の系図

源生・澄・勤・勝・啓の系図

  源生(いける)【821−872】
 参議。

祖父 桓武天皇桓武天皇の系図
 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図


  源澄(すめる)
 田中君と称された。
曾孫の夫 藤原倫寧藤原倫寧の系図
曾孫の夫 藤原有行藤原山人・藤生・世嗣の系図


  源勤(つとむ)【824−881】
 参議。
曾孫 
 父は源激とも。


  源勝(まさる)【?−886】
 出家し、竹田禅師と称された。
  源啓(ひらく)【829−869】
 文章を好み、射術をよくした。

スポンサーリンク

源融~宛の系図

源融~宛の系図

  源融(とおる)【822−895】
 左大臣。陽成天皇が退位した際には、即位の意向を示した。

祖父 桓武天皇桓武天皇の系図
 嵯峨天皇嵯峨天皇の系図

 藤原総継の娘
妻の父 藤原総継藤原総継の系図
 (たたう)【845-915】
 大納言。

 /嗣


  (のぼる)【848-918】
 大納言。
 藤原門宗の娘
妻の父 藤原門宗藤原浜雄~輔道の系図
 是茂〔養父:光孝天皇(→光孝天皇の系図)〕→是貞親王・源旧鑑・是恒・貞恒・是茂・香泉・友貞の系図

 
 父は源若とも。
 (いこう)

 衆望〔養父:源是恒〕→是貞親王・源旧鑑・是恒・貞恒・是茂・香泉・友貞の系図
 貞子宇多天皇の系図
子の夫 醍醐天皇醍醐天皇・朱雀天皇の系図
 重明親王克明親王・重明親王の系図

子の夫 藤原時平藤原時平の系図
 顕忠藤原顕忠の系図


  (あつる)
 渡辺綱→渡辺綱の系図

タイトルとURLをコピーしました