小倉家(藤原氏北家・公季流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、小倉家(藤原氏北家・公季流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

小倉公雄~実名の系図

小倉公雄~実名の系図

  小倉公雄(きんお)〔養子:正親町公蔭(→正親町実明~実綱の系図)〕
 権中納言。小倉家の祖。

祖父 公経西園寺公経の系図
 実雄洞院実雄の系図
祖父 一条頼氏一条高能の系図

 藤原実世の娘
妻の父 藤原実世姉小路公宣~実広の系図

 藤原良平の娘
妻の父 藤原良平九条兼実の系図
 季子洞院実泰の系図
 洞院公賢洞院公賢の系図
 洞院公敏洞院公敏・公泰の系図

子の夫 亀山天皇亀山天皇の系図
子の夫 衣笠冬良粟田口忠良の系図


  小倉実教(さねのり)【1264-1349】
 権大納言。二条派の歌人として活躍した。
 季雄【1289-1336】
 権中納言。
 実遠【1321-1384】
 権中納言。
 賢季〔養父:花山院師信〕→花山院師継~師資の系図

 季長(『系図纂要』による。)
 従三位。
子の夫 洞院公賢洞院公賢の系図
子の夫 園基成園基成~基有の系図
子の夫 忠房親王→忠房親王の系図


  小倉公脩【1294-1337】
 権中納言。


  小倉実名/季保【1315-1404】
 権大納言。
 公種 実右小倉公種~実躬の系図

スポンサーリンク

小倉公種~実躬の系図

小倉公種~実躬の系図

  小倉公種【1384-?】
 権大納言。

祖父 公脩 実名小倉公雄~実名の系図


  小倉実右【1418-1470】
 権中納言。実は正親町実秀(→正親町公仲~公叙の系図)の子。


  小倉季種/季煕【1456-1529】
 権大納言。実は正親町持季(→正親町公仲~公叙の系図)の子。
 四辻実仲の娘
妻の父 四辻実仲室町公春~四辻公音の系図


  小倉公右【1511-1536】


  小倉季藤/季滋【1569-?】
 実は四辻公遠(→四辻季遠~季満の系図)の子。勅勘を蒙り、家領を没収された。
 季藤の娘(『系図纂要』による。)
子の夫 岩倉具起(『系図纂要』による。)→岩倉具起の系図


  小倉公根【1584-1644】(以下、『系図纂要』による。)
 参議。実は花園実教(→花園実教の系図)の子。小倉家を再興した。


  小倉実為【1604-1637】
 母は戸渡遠江守女(『小倉家譜』)とも。


  小倉実起(さねおき)/季雅【1622-1684】
 権大納言。実は藪嗣良(→藪嗣良の系図)の子。済深法親王の出家に反対した結果、蟄居・流罪になり、佐渡で亡くなった。
 小倉公根の娘
 煕季〔養父:小倉実躬〕→小倉煕季の系図

 中納言典侍局→霊元天皇の系図


  小倉公連(きんつら)/公代【1647-1684】
 参議。父と共に佐渡に配流された。
 吉田兼起の娘
妻の父 吉田兼起→吉田兼起の系図


  小倉実躬【1672-1685】
 煕季→小倉煕季の系図

タイトルとURLをコピーしました