西園寺家(藤原氏北家・公季流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、西園寺家(藤原氏北家・公季流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

西園寺通季の系図

西園寺通季の系図

  西園寺通季(みちすえ)【1090-1128】
 権中納言。西園寺家の祖。昇進は早かったが若くして亡くなった。

祖父 実季藤原実季の系図
 公実藤原公実の系図
祖父 藤原隆方藤原隆方の系図

 難波忠教の娘
妻の父 難波忠教難波忠教の系図
 公通西園寺公通の系図
 実宗西園寺実宗の系図

 公重(きんしげ)【1118-1178】〔養父:徳大寺実能(→徳大寺実能の系図)〕
 梢少将と号した。
子の妻 藤原定信の娘
子の妻の父 藤原定信藤原定実~伊行の系図

子の妻 中原師遠の娘
子の妻の父 中原師遠→中原師遠の系図

曾孫 公順/公方〔養父:徳大寺実定(→徳大寺実定・公継の系図)〕

子の妻 難波忠基の娘
子の妻の父 難波忠基難波忠基の系図
 実広/実信

孫の夫 高倉天皇高倉天皇・安徳天皇の系図

 藤原盛輔の娘
妻の父 藤原盛輔藤原盛実の系図

 公長藤原俊忠の系図
 実は藤原俊忠の子。
子の夫 堀河経定堀河経定の系図
 三条成定三条成定の系図

子の夫 徳大寺実能徳大寺実能の系図

スポンサーリンク

西園寺公通の系図

西園寺公通の系図

  西園寺公通(きんみち)【1117-1173】
 権大納言。

祖父 公実藤原公実の系図
 通季西園寺通季の系図
祖父 難波忠教難波忠教の系図

 藤原通基の娘
妻の父 藤原通基藤原基頼・通基の系図
 実宗西園寺実宗の系図
 清水谷公定清水谷公定の系図
 公経西園寺公経の系図

 実明(さねあき)【1153-1223】
 参議。
子の妻 玄修の娘
子の妻の父 玄修中御門宗能の系図
 公雅(きんまさ)【1183-1248】
 権大納言。
孫の妻 忠恵の娘
曾孫 実任【1207-?】
 権中納言。
曾孫の妻 佐原盛連の娘
曾孫の妻の父 佐原盛連→佐原盛連の系図

曾孫の子の夫 亀山天皇亀山天皇の系図

曾孫 実躬/実時【1211-?】
 従三位。

曾孫の夫 中御門経任中御門経任の系図

曾孫 房順
 父は明暹とも。

明暹孫 実印
 父は藤原公兼(→藤原公兼の系図)とも。

子の夫 藤原清通白河伊実の系図

スポンサーリンク

西園寺実宗の系図

西園寺実宗の系図

  西園寺実宗(さねむね)【1144-1212】〔養子:藤原保季(→藤原俊成の系図)〕
 内大臣。

祖父 通季西園寺通季の系図
 公通西園寺公通の系図
祖父 藤原通基藤原基頼・通基の系図

 藤原教良の娘
妻の父 藤原教良難波忠教の系図
 藤原泰通藤原泰通の系図
 清水谷公定清水谷公定の系図

 持明院基家の娘
妻の父 持明院基家持明院基家の系図
 公経西園寺公経の系図
 実氏西園寺実氏の系図
 一条実有一条実有~実連の系図
 洞院実雄洞院実雄の系図
 室町実藤室町実藤~実為の系図

子の夫 松殿隆忠松殿隆忠・師家の系図
子の夫 川原公国川原実家・公国の系図
子の夫 藤原定家藤原定家の系図
 為家藤原為家の系図

 公澄〔養父:西園寺実氏(→西園寺実氏の系図)〕

清水谷公定の系図

清水谷公定の系図

  清水谷公定(きんさだ)/実経【1163-?】
 権中納言。一度佐渡に配流された。三条と号した。

祖父 公通西園寺公通の系図
 実宗西園寺実宗の系図
祖父 藤原教良難波忠教の系図

 藤原成親の娘
妻の父 藤原成親藤原成親の系図
 実持【1189-1256】
 権大納言。
子の妻 宇佐公通の娘
 公蔭【?-1271】
 正三位。母は源定清の娘とも。
孫の妻 洞院実雄の娘
孫の妻の父 洞院実雄洞院実雄の系図
曾孫 実時【1251-1308】
 参議。

 公兼【1240-1312】
 正二位。
孫の妻 藤原経家の娘
孫の妻の父 藤原経家九条良経の系図
曾孫 実秀【1271-1339】
 参議。
実秀孫 公広【1327-1377】
 参議。
実秀孫 実秋一条公有~清水谷公栄の系図
 実は一条公勝の子。

曾孫 長嗣〔養父:鷹司長雅(→花山院忠経・定雅の系図)〕
曾孫の妻 源資平の娘
曾孫の妻の父 源資平源清信の系図

長嗣孫 成経/成雅【1297-1351】
 参議。

曾孫の子の夫 源顕実中院通方の系図
曾孫の子の夫 二条師基二条兼基・道平の系図

長嗣孫 慈什〔養父:洞院実泰(→洞院実泰の系図)〕
長嗣孫 尊什〔養父:三条実重(→三条実重~公忠の系図)〕

 持子洞院公守の系図
 按子花山院忠経・定雅の系図

 実基(さねもと)
 後鳥羽上皇の怒りを買い、配流された。

スポンサーリンク

西園寺公経の系図

西園寺公経の系図

  西園寺公経(きんつね)【1171-1244】〔養子:八条実清(→八条公清~一条公邦の系図)、藤原為家(→藤原為家の系図)、藤原実雅(→一条通重・能保の系図)〕
 太政大臣。源頼朝との姻戚関係で勢力を伸ばし、天皇家や九条家とも姻戚関係を築いた。北山第を築き、西園寺を建立した。

祖父 公通西園寺公通の系図
 実宗西園寺実宗の系図
祖父 持明院基家持明院基家の系図

 一条全子
 一条能保(→一条通重・能保の系図)の娘。
 実氏西園寺実氏の系図
 公相西園寺公相の系図

 綸子九条道家の系図
 九条教実九条教実~師教の系図
 二条良実二条良実・師忠の系図
 一条実経一条実経~内経の系図

 源雅頼の娘
妻の父 源雅頼源雅頼の系図
 一条実有 公藤一条実有~実連の系図

 平親宗の娘
妻の父 平親宗平親宗・範国の系図
 洞院実雄洞院実雄の系図
 小倉公雄小倉公雄~実名の系図
 公守洞院公守の系図

 舞女
 平親清平実親・範家の系図
 室町実藤 公重室町実藤~実為の系図
 実材(さねき)【1229-1267】
 中納言。
 成子後深草天皇の系図

 公子後嵯峨天皇の系図
 嘉子九条教実~師教の系図
子の夫 三条実親三条実親・公親の系図

スポンサーリンク

西園寺実氏の系図

西園寺実氏の系図

  西園寺実氏(さねうじ)【1194-1269】〔養子:藤原公為(→三条実房の系図)、公澄(→西園寺実宗の系図)〕
 太政大臣。後深草天皇・亀山天皇の外祖父となった。幕府との関係も深く、関東申次になった。

祖父 実宗西園寺実宗の系図
 公経西園寺公経の系図
祖父 一条能保一条通重・能保の系図

 藤原幸子
 藤原親雅(→藤原親雅の系図)の娘。
 公基(きんもと)【1220-1274】〔養子:藤原公澄(→阿野公佐~公廉の系図)〕
 右大臣。
子の妻 藤原親子
 藤原隆衡(→藤原隆衡の系図)の娘。
 実平/実綱【1251-?】
 権中納言。
孫の妻 坊城経俊の娘
孫の妻の父 坊城経俊坊城経俊・俊定の系図

曾孫 雲助
 父は藤原公基とも。
曾孫 相助〔養父:西園寺公相(→西園寺公相の系図)〕

子の妻 園基氏の娘
子の妻の父 園基氏園基氏~基藤の系図

 実宝〔養父:徳大寺実基(→徳大寺実基~実孝の系図)〕
 実静〔養父:西園寺実兼(→西園寺実兼の系図)〕
 雲助
 父は藤原実平とも。
孫の夫 藤原実顕西園寺公相の系図
孫の夫 衣笠経平粟田口忠良の系図

 藤原貞子(ていし)/今林准后【1196-1302】
 藤原隆衡(→藤原隆衡の系図)の娘。100歳を超える長寿を保った。
 姞子後嵯峨天皇の系図
 後深草天皇後深草天皇の系図
 亀山天皇亀山天皇の系図

 公子後深草天皇の系図

 公相西園寺公相の系図
 実兼西園寺実兼の系図
 橋本実俊橋本実俊~公国の系図

 道勝【?-1273】
 道耀(どうよう)【1234-1304】
 東寺長者。
 守助【?-1295】

スポンサーリンク

西園寺公相の系図

西園寺公相の系図

  西園寺公相(きんすけ)【1223-1267】〔養子:相助(→西園寺実氏の系図)、持明院相保(→持明院保家の系図)、藤原寿子(→亀山天皇の系図)〕
 太政大臣。

祖父 公経西園寺公経の系図
 実氏西園寺実氏の系図

 中原師朝の娘
妻の父 中原師朝→中原師朝の系図
 実兼西園寺実兼の系図
 公衡西園寺公衡~公宗の系図
 今出川兼季今出川兼季~公彦の系図

 実康
 出家して丹波国に住んだ。
 嬉子亀山天皇の系図

 中納言典侍
 藤原定家(→藤原定家の系図)の娘。
 法性寺雅平法性寺雅平の系図
 実顕【?-1272】
 参議。
子の妻 藤原公基の娘
子の妻の父 藤原公基西園寺実氏の系図

 園基氏の娘
妻の父 園基氏園基氏~基藤の系図
 橋本実俊橋本実俊~公国の系図

 高平の娘
 尊教(そんきょう)
 天台座主。

 徳大寺教子
 徳大寺実基(→徳大寺実基~実孝の系図)の娘。

 相子後深草天皇の系図
子の夫 近衛基平近衛基平の系図
子の夫 徳大寺公孝実孝徳大寺実基~実孝の系図
 公清徳大寺公清~実盛の系図

子の夫 九条忠教九条教実~師教の系図

スポンサーリンク

西園寺実兼の系図

西園寺実兼の系図

  西園寺実兼(さねかね)【1249-1322】〔養子:実静(→西園寺実氏の系図)、性玄(→橋本実俊~公国の系図)〕
 太政大臣。関東申次を継いだほか、両統迭立に関与した。

祖父 実氏西園寺実氏の系図
 公相西園寺公相の系図
祖父 中原師朝→中原師朝の系図

 中院顕子(けんし)
 中院通成(→中院通成~通冬の系図)の娘。
 公衡 実衡西園寺公衡~公宗の系図
 鏱子伏見天皇・花園天皇の系図
 瑛子亀山天皇の系図

 花山院師継の娘
妻の父 花山院師継花山院師継~師資の系図
 今出河公顕(きんあき)【1274-1321】
 右大臣。
子の妻 菅原在綱の娘
子の妻の父 菅原在綱菅原定義~在茂の系図
 実顕【?-1333】
 権中納言。
曾孫 公冬【1330-1380】
 参議。

子の妻 堀川具守の娘
子の妻の父 堀川具守堀川具守の系図

孫の夫 二条道平二条兼基・道平の系図
曾孫 良基二条良基~持基の系図

孫の夫 一条内経一条実経~内経の系図
曾孫 経通一条経通~兼良の系図

孫の夫 今出川兼季今出川兼季~公彦の系図
孫の夫 尊良親王後醍醐天皇の系図

 藤原孝子
 藤原孝泰(→藤原孝定の系図)の娘。
 今出川兼季 実尹今出川兼季~公彦の系図
 性守【?-1325】
 道意(どうい)【1290-1356】
 東寺長者。
 禧子後醍醐天皇の系図

 公具
 北山池に身を投げたとされる。

スポンサーリンク

西園寺公衡~公宗の系図

西園寺公衡~公宗の系図

  西園寺公衡(きんひら)【1264-1315】
 左大臣。関東申次を務めたほか、『春日権現霊験記』の制作を主導した。竹林院左府と号した。

祖父 公相西園寺公相の系図
 実兼西園寺実兼の系図
祖父 中院通成中院通成~通冬の系図

 藤原兼子
 藤原光保(→難波教宗の系図)の娘。
 大宮季衡(すえひら)【1289-1346】〔養子:恒助法親王(→亀山天皇の系図)〕
 右大臣。
子の妻 久我通雄の娘
子の妻の父 久我通雄久我通忠~通雄の系図

 氏衡【1305-?】
 従三位。
 公名【1318-1352】
 大納言。
曾孫 実尚【1344-1399】
 権大納言。

 道巌(『系図纂要』による。)
孫の夫 九条道教九条房実~満教の系図
孫の夫 三条公忠三条実重~公忠の系図
曾孫 実冬三条実冬~公敦の系図

 寧子後伏見天皇の系図
 光厳天皇光明天皇光厳天皇・光明天皇の系図

 中御門経子
 中御門経任(→中御門経任の系図)の娘。
 室町公行の娘
妻の父 室町公行室町実藤~実為の系図

子の夫 恒明親王亀山天皇の系図


  西園寺実衡(さねひら)【1290-1326】
 内大臣。関東申次の職を継ぐも、若くして亡くなった。
 昭訓門院春日(しょうくんもんいんのかすが)
 御子左為世(→御子左為世の系図)の娘。歌人。

 公重(きんしげ)【1317-1367】
 内大臣。兄公宗の謀反を密告した。のちに南朝に仕え、太政大臣になった。
 実長【?-1355】
 権中納言。
孫の妻 洞院公泰の娘
孫の妻の父 洞院公泰洞院公敏・公泰の系図

子の夫 大炊御門冬信大炊御門信嗣~冬信の系図
 宗実大炊御門宗実~頼国の系図


  西園寺公宗(きんむね)【1309-1335】
 権大納言。北条氏の遺臣と謀反を計画し、捕らえられて殺された。
 日野名子(めいし)【?-1358】
 日野資名(→日野俊光・資名の系図)の娘。『竹むきか記』を著した。
 実俊 公永西園寺実俊~実遠の系図

スポンサーリンク

西園寺実俊~実遠の系図

西園寺実俊~実遠の系図

  西園寺実俊(さねとし)【1335-1389】
 右大臣。

祖父 実衡 公宗西園寺公衡~公宗の系図
祖父 日野資名日野俊光・資名の系図

 四条隆資の娘
妻の父 四条隆資四条隆親~隆宗の系図

 洞院公賢の娘
妻の父 洞院公賢洞院公賢の系図

 日野資名の娘
妻の父 日野資名日野俊光・資名の系図

 公兼【?-1417】
 権大納言。
 実敦【?-1401】
 参議。
曾孫 実光〔養父:西園寺公兼〕

 実光/実種【?-1448】
 権大納言。実は西園寺実敦の子。
曾孫 公家(以下、『系図纂要』による。)
実光孫 公広【?-1587】
実光孫 宣久【?-1580】

 良守〔養父:洞院公定(→洞院実夏~公連の系図)〕


  西園寺公永【1353-1390】
 権大納言。


  西園寺実永(さねなが)【1377-1431】
 右大臣。
 持明院基親の娘
妻の父 持明院基親持明院基兼~基信の系図


  西園寺公名(きんな)【1410-1468】〔養子:橋本実淳の息子(→橋本実俊~公国の系図)〕
 太政大臣。観音寺相国と号した。
 広橋兼宣の娘
妻の父 広橋兼宣広橋兼綱~兼宣の系図

 公承【?-1485】(『系図纂要』による。)
 公忍(『西園寺家譜』による。)


  西園寺実遠(さねとお)【1434-1495】
 左大臣。母は『西園寺家譜』による。
 公藤→西園寺公藤の系図
 洞院公連〔養父:洞院公数〕→洞院実夏~公連の系図
 実怡(『西園寺家譜』による。)

タイトルとURLをコピーしました