広橋家(藤原氏北家・真夏流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、広橋家(藤原氏北家・真夏流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

勘解由小路頼資~光業の系図

勘解由小路頼資~光業の系図

  勘解由小路頼資(よりすけ)【1182-1236】〔養父:藤原光範(→藤原成季~永範の系図)〕
 権中納言。広橋家の祖。

祖父 資長藤原資長の系図
 兼光藤原兼光の系図

 源兼資の娘
妻の父 源兼資源季兼~兼教の系図
 兼恵頼誉
 父は良兼(→藤原兼光の系図)とも。
 頼源【1222-1283】

 経朝〔養父:藤原行能〕→藤原伊経の系図
 頼円
 父は良兼(→藤原兼光の系図)とも。
 頼舜藤原有俊の系図
 実は頼全の子。


  勘解由小路経光(つねみつ)【1212-1274】〔養子:藤原資定(→日野家光・資宣の系図)〕
 権中納言。日記は『民経記』。
 藤原親実の娘
妻の父 藤原親実藤原成親の系図
 兼頼【1239-1280】

 経恵【?-1314】
 実は円弁(→藤原実光の系図)の子。
 朝円
 実は藤原経朝(→藤原伊経の系図)の子。


  勘解由小路兼仲(かねなか)【1244-1308】
 権中納言。日記は『勘仲記』。
 源親時の娘
 光資【1282-1303】

 宗昭→宗昭の系図
 実は宗恵(→藤原範綱・資光の系図)の子。
子の夫 藤井嗣実粟田口基良の系図
子の夫 六条氏家六条経家の系図


  勘解由小路光業【1287-1361】
 権中納言。
 坊門俊輔の娘
妻の父 坊門俊輔坊門隆清の系図
 広橋兼綱 仲光広橋兼綱~兼宣の系図

スポンサーリンク

広橋兼綱~兼宣の系図

広橋兼綱~兼宣の系図

  広橋兼綱【1315-1381】〔養子:通蔭(→通蔭の系図)〕
 准大臣。瑞雲院贈左大臣と号した。

祖父 兼仲 光業勘解由小路頼資~光業の系図
祖父 坊門俊輔坊門隆清の系図

 綱厳→綱厳の系図
 実は光玄の子。
 仲子後光厳天皇の系図
 後円融天皇後円融天皇~称光天皇の系図


  広橋仲光(なかみつ)【1342-1406】
 権大納言。
 竹屋兼俊 冬俊竹屋兼俊~光昭の系図
 周鳳【?-1425】
 寅助/仲助
 公助/祐助/兼応【?-1510】

 光雅
 実は懐雅(→徳大寺実定・公継の系図)の子。
 光暁/円暁
 実は葉室光資(→藤原光親の系図)の子。
 慈達→慈達の系図
 実は綱厳の子。


  広橋兼宣(かねのぶ)【1366-1429】
 准大臣。武家伝奏を務めた。日記は『兼宣公記』。
 定光【1388-1407】
 資光【1392-1420】
 権中納言。実は竹屋光俊(→竹屋兼俊~光昭の系図)の子。
 兼郷 綱光広橋兼郷~守光の系図
 貞兼(ていけん)【1403-1452】
 実は伊勢貞国(→伊勢貞国の系図)の子。
 兼暁【1402-?】
 宣雅
 実は良清の子。
 光憲/宜暁
 円兼→円兼の系図
 実は玄康の子。
 慈賢→慈賢の系図
 実は慈達の子。
子の夫 西園寺公名西園寺実俊~実遠の系図

スポンサーリンク

広橋兼郷~守光の系図

広橋兼郷~守光の系図

  広橋兼郷(かねさと)/宣光/親光【1401-1446】〔養子:日野郷子(→後花園天皇~後柏原天皇の系図)〕
 権中納言。

祖父 仲光 兼宣広橋兼綱~兼宣の系図

 豊子女王
 資忠王(→資忠王~雅業王の系図)の娘。
 春龍丸【1425-1432】〔養父:日野秀光(→日野時光・資康の系図)〕
 阿婦丸【1433-1447】
 兼尋【1441-1470】
 顕子
 後土御門天皇の乳母。
子の夫 万里小路冬房万里小路資通~冬房の系図
子の夫 二条政嗣二条持通~晴良の系図

 兼円
 実は竹屋兼俊(→竹屋兼俊~光昭の系図)の子。
 兼寿→兼寿の系図
 実は円兼の子。
 慈範
 実は慈賢(→慈賢の系図)の子。


  広橋綱光(つなみつ)【1431-1477】〔養子:蓮乗(→蓮乗の系図)、享清の娘(→享清の系図)〕
 准大臣。内大臣を贈られた。日記は『綱光公記』。
 澄承【1458-1470】
 聖慶【1465-1536】
 守子【1465-1529】
 後柏原天皇の乳母。


  広橋兼顕(かねあき)【1449-1479】〔養子:広橋綱光の娘、兼寿の娘(→兼寿の系図)〕
 権中納言。日記は『兼顕卿記』。
 兼継【1474-1553】
 実は町広光(→町資藤の系図)の子。
 兼親/貞就
 実は伊勢貞親(→伊勢貞親の系図)の子。
 宏助
 実は菅原在永(→菅原在公~在永・公氏・公頼の系図)の子。


  広橋守光(もりみつ)【1471-1526】〔養子:光実(→日野勝光~晴光の系図)〕
 准大臣。実は町広光(→町資藤の系図)の子。内大臣を贈られた。日記は『守光公記』。
 広橋綱光の娘【1467-1517】〔養父:広橋兼顕〕
 兼秀 国光広橋兼秀・国光の系図
 妙祐→兼琇の系図
 宗玉【1503-1516】

 貞雅【?-1539】
 実は伊勢貞陸(→伊勢貞陸の系図)の子。
 光尊【1502-?】
 実は中山宣親(→中山宣親~孝親の系図)の子。
 猷静【1514-?】
 実は伊勢貞泰(→伊勢貞泰の系図)の子。
 兼範【?-1554】
 実は竹屋光継(→竹屋兼俊~光昭の系図)の子。
 光祐【1509-1546】
 実は一条実治(→一条実村~河鰭基秀の系図)の子。
 具子後奈良天皇~誠仁親王の系図

スポンサーリンク

広橋兼秀・国光の系図

広橋兼秀・国光の系図

  広橋兼秀(かねひで)【1506-1567】〔養子:光実(→日野勝光~晴光の系図)〕
 内大臣。

祖父 綱光兼顕 守光広橋兼郷~守光の系図

 勧修寺政顕の娘
妻の父 勧修寺政顕勧修寺政顕~尹豊の系図
 光俊/光遍【1518-1550】
 国子後奈良天皇~誠仁親王の系図
 聖音〔養父:近衛稙家(→近衛尚通~信尹の系図)〕
 桂玉【1537-1547】

 源陸益の娘
 保子一条冬良~昭良の系図

 源承の娘
妻の父 源承源基の系図
 円清【1539-1547】
 秀貴〔養父:近衛稙家(→近衛尚通~信尹の系図)〕
 7歳で亡くなった。
 理広〔養父:大内義隆(→大内義隆の系図)〕
子の夫 庭田重保庭田雅行~重保の系図
 重具庭田重具~重秀の系図

 大江重家の娘
 寿玉〔養父:大内義隆(→大内義隆の系図)〕

 慈澄
 実は高倉範久(→高倉範継~教遠の系図)の子。
 兼真
 実は上冷泉為和(→上冷泉為富~為益の系図)の子。
子の夫 大内義隆→大内義隆の系図


  広橋国光【1526-1568】
 権大納言。
 高倉永家の娘
妻の父 高倉永家高倉永継~永相の系図
 日野輝資〔養父:日野晴光〕→日野輝資~光慶の系図
 兼勝 総光広橋兼勝・総光の系図

 烏丸光康の娘
妻の父 烏丸光康烏丸豊光~光康の系図

 宏俊
 実は高辻長雅(→高辻国長~長雅の系図)の子。
 光恵
 実は庭田重保(→庭田雅行~重保の系図)の子。
 光紹【1561-1620】(『系図纂要』による。)

スポンサーリンク

広橋兼勝・総光の系図

広橋兼勝・総光の系図

  広橋兼勝(かねかつ)【1558-1622】
 内大臣。江戸時代最初の武家伝奏を務めた。

祖父 兼秀 国光広橋兼秀・国光の系図
祖父 高倉永家高倉永継~永相の系図

 烏丸光康の娘
妻の父 烏丸光康烏丸豊光~光康の系図
 油小路隆基〔養父:油小路隆秀〕(『系図纂要』による。)→油小路隆基~隆董の系図
 兼祐(『広橋家譜』による。)
子の夫 三浦監物(『広橋家譜』による。)

 内堀壱岐守の娘
 鷲尾隆量〔養父:鷲尾隆尚〕(『系図纂要』による。)→鷲尾隆尚~隆尹の系図
 勧助/観助(『系図纂要』による。)
 牛古丸(『広橋家譜』による。)
 兼勝の娘(3人)(『広橋家譜』による。)
子の夫 裏辻季福(『系図纂要』による。)→裏辻季福~実脩の系図
子の夫 松木宗保(『系図纂要』による。)→松木宗満~宗条の系図

 信遍(『系図纂要』による。)
 実は上冷泉為満(→上冷泉為満~為清の系図)の子。
 聖春兼勝の娘(2人)(『広橋家譜』による。)
子の夫 樋口信孝(『系図纂要』による。)→樋口信孝~康煕の系図
子の夫 中院通村(『広橋家譜』による。)→中院通勝~通純の系図


  広橋総光【1580-1629】
 権大納言。
 若杉越後守の娘
 兼賢 綏光広橋兼賢~貞光の系図
 西大路隆郷〔養父:西大路隆範〕(『系図纂要』による。)→西大路隆郷~隆脩の系図
 竹屋光長〔養父:竹屋光継〕→竹屋兼俊~光昭の系図
 日野西総盛日野西総盛~延栄の系図
 日野西光氏〔養父:日野西総盛〕(『系図纂要』による。)→日野西総盛~延栄の系図
 若王子意経鶴松丸菊松丸光時 総光の娘(4人)(『広橋家譜』による。)
子の夫 東坊城長維(『系図纂要』による。)→東坊城益長~長維の系図
 恒長東坊城恒長~夏長の系図

スポンサーリンク

広橋兼賢~貞光の系図

広橋兼賢~貞光の系図

  広橋兼賢【1595-1669】〔養子:巌雄〕(以下、『系図纂要』による。)
 准大臣。

祖父 兼勝 総光広橋兼勝・総光の系図

 正親町季康の娘
妻の父 正親町季康正親町実彦~実豊の系図
 賢定光英八丸 兼賢の娘(2人)(『広橋家譜』による。)
子の夫 松平忠昌→松平忠昌の系図
子の夫 藪嗣孝(『広橋家譜』による。)→藪嗣良~嗣義の系図

 竹屋光忠〔養父:竹屋光久〕→竹屋兼俊~光昭の系図
 日野西国豊〔養父:日野西国宣〕→日野西総盛~延栄の系図
 勝海(『広橋家譜』による。)
 光深(『広橋家譜』による。)
 実は三条西実条(→三条西実世~実条の系図)の子。
 兼尊(『広橋家譜』による。)
 実は土御門泰重(→土御門泰重の系図)の子。
 実定
 実は滋野井季吉(→滋野井季吉~実光の系図)の子。
 幸子→光瑛の系図


  広橋綏光【1616-1654】
 権中納言。
 三条西公勝の娘
妻の父 三条西公勝三条西公勝~公福の系図
 貞光〔養父:広橋兼茂〕
 西大路隆平〔養父:西大路隆郷〕→西大路隆郷~隆脩の系図

 巌雄〔養父:広橋兼賢〕
 宗光綏尚厳耀光英(『広橋家譜』による。)


  広橋兼茂【1636-1687】


  広橋貞光/国宣【1643-1699】〔養父:日野西光氏(→日野西総盛~延栄の系図)〕
 権中納言。実は広橋綏光の子。当初、日野西家を継いだ。
 兼廉→広橋兼廉の系図
 西大路隆業〔養父:西大路隆栄〕→西大路隆業の系図
 日野西国豊日野西総盛~延栄の系図
 光範(『広橋家譜』による。)
 聖円(『広橋家譜』による。)
 実は万里小路雅房(→万里小路雅房の系図)の娘。
子の夫 松木宗顕→松木宗顕の系図
子の夫 六条有藤六条有継~有藤の系図
 有起六条有起~有義の系図

タイトルとURLをコピーしました