桓武平氏・高棟流の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、桓武平氏・高棟流の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

桓武平氏・高棟流の略系図

桓武平氏・高棟流の略系図

3 高棟王高棟王・平惟範の系図
5 時望平時望・真材の系図
7 親信平親信の系図
7-A 重義平重義の系図

8 行義平行義の系図
8-A1 実親平実親・範家の系図
8-A2 行範棟範平行範・棟範の系図

9 範国平範国~知信の系図
11-A1 時信平時信の系図
11-A2 親宗平親宗・範国の系図
11-A3 惟忠有親平惟忠・平有親の系図

12 信範平信範・信基の系図
12-A 信国信実平信国・信実の系図

14 親輔平親輔の系図
15 時高平時高~行高の系図

スポンサーリンク

高棟王・平惟範の系図

高棟王・平惟範の系図

  高棟王(たかむね)/平高棟【804−867】
 大納言。高身長で読書を好んだ。晩年は深く仏教に帰依した。

祖父 桓武天皇桓武天皇の系図
 葛原親王葛原親王・万多親王・仲野親王の系図

 藤原有子(ありこ)【?-866】
妻の父 藤原長良藤原長良の系図

 平実雄(さねお)
 平正範(まさのり)
 平季長(すえなが)【?-897】
 中興〔養父:忠望王〕→式瞻王・興我王・忠望王の系図

子の夫 藤原房雄藤原村田・富士麿の系図


  平惟範(これのり)【855-909】
 中納言。『延喜格』の編纂にも携わった。

 人康親王の娘
妻の父 人康親王人康親王・本康親王・源光の系図
 時望 真材平時望・真材の系図

 伊望【881-939】
 大納言。
曾孫 覚慶(かくけい)【928-1014】
 天台座主。応和の宗論に参加した。

スポンサーリンク

平時望・真材の系図

平時望・真材の系図

  平時望(ときもち)【877-938】
 中納言。

祖父 高棟王 惟範高棟王・平惟範の系図
祖父 人康親王人康親王・本康親王・源光の系図

 惟仲(これなか)【944-1005】
 中納言。宇佐八幡宮の宝殿に封をしたために、同宮から訴えられた。腰の骨折が原因で亡くなった。
孫の妻 藤原繁子藤原道兼の系図
孫の妻の父 藤原師輔藤原師輔の系図

曾孫 忠貞
 実は源致治(→源当年の系図)の子。
曾孫の夫 藤原道雅藤原伊周の系図
曾孫の夫 藤原義忠藤原近主~仲実の系図
曾孫の夫 源頼光→源頼光の系図

 生昌(なりまさ)
 父は平惟仲とも。藤原定子が生昌邸で出産した。『枕草子』にも登場する。
曾孫 雅康
曾孫の妻 藤原興方の娘
曾孫の妻の父 藤原興方藤原興方~師長の系図

生昌孫 国仲〔養父:藤原資国(→藤原資国の系図)〕


  平真材【900-968】
 藤原定高の娘
 親信平親信の系図
 重義平重義の系図
 行義平行義の系図

 出羽弁(でわのべん・いでわのべん)
 女流歌人。藤原彰子・藤原威子・馨子内親王・章子内親王らに仕えた。

スポンサーリンク

平親信の系図

平親信の系図

  平親信【945-1017】
 参議。

祖父 時望 真材平時望・真材の系図

 源通理の娘
妻の父 源通理源通理・国盛の系図
 行義平行義の系図
 範国平範国~知信の系図

 重義平重義の系図
子の夫 源道成盛明親王~源道成の系図

 定親【?-1063】
孫の妻 藤原典雅の娘
孫の妻の父 藤原典雅藤原典雅の系図
曾孫の夫 藤原師実藤原師実の系図

孫の夫 源定成盛明親王~源道成の系図

平重義の系図

平重義の系図

  平重義

祖父 真材平時望・真材の系図
 親信平親信の系図

 藤原道隆の娘
妻の父 藤原道隆藤原道隆の系図

曾孫の夫 源惟兼盛明親王~源道成の系図

珍賀孫 珍喜
珍喜の子の夫 源通氏→源通氏の系図

子の夫 藤原頼宣藤原宣孝の系図

 仲子/周防内侍(すおうのないし)
 歌人。『百人一首』にも歌が収められている。

スポンサーリンク

平行義の系図

平行義の系図

  平行義

祖父 真材平時望・真材の系図
 親信平親信の系図
祖父 源通理源通理・国盛の系図

 源致明の娘
妻の父 源致明源能有の系図
 範国 経方平範国~知信の系図

 師季
 父は平範国(→平範国~知信の系図)とも。
 行親
子の妻 藤原頼祐の娘
子の妻の父 藤原頼祐藤原頼祐の系図
 定家
孫の妻 藤原家任の娘
孫の妻の父 藤原家任藤原寧親の系図
曾孫 時範(ときのり)【1054-1109】
 藤原師通の家司を務めた。日記は『時範記』。
曾孫の妻 平経章の娘
曾孫の妻の父 平経章平範国~知信の系図
曾孫の子 実親平実親・範家の系図

曾孫の子の夫 藤原邦忠藤原邦忠の系図

孫の夫 藤原師実藤原師実の系図
孫の夫 藤原隆方藤原隆方の系図
曾孫 為房藤原為房の系図

平実親・範家の系図

平実親・範家の系図

  平実親【1087-1148】
 参議。

祖父 定家 時範平行義の系図
祖父 平経章平範国~知信の系図

 藤原為隆の娘
妻の父 藤原為隆藤原為隆の系図

子の夫 藤原俊経藤原俊経・盛経の系図


  平範家【1114-1161】〔養子:藤原仲職(→藤原邦忠の系図)〕
 従三位。
 藤原清隆の娘
妻の父 藤原清隆藤原清隆の系図
 親範(ちかのり)【1137-1220】
 参議。出家後は、出雲寺などの再建に尽力した。左大臣正一位を追贈された。
子の妻 高階泰重の娘
子の妻の父 高階泰重→高階泰重の系図
 基親(もとちか)【1151-?】
 従三位。『官職秘抄』を撰進した。
曾孫の夫 水無瀬親兼水無瀬親兼~具隆の系図

孫の夫 吉田定経吉田経房・定経の系図
曾孫 資経吉田資経の系図

曾孫 親清
曾孫の妻 舞女
曾孫の妻の夫 西園寺公経西園寺公経の系図

 行範棟範平行範・棟範の系図

子の夫 藤原脩範藤原脩範の系図
子の夫 吉田経房吉田経房・定経の系図
子の夫 藤原能業藤原政業の系図

平行範・棟範の系図

平行範・棟範の系図

  平行範

祖父 実親 範家平実親・範家の系図
祖父 藤原清隆藤原清隆の系図

 経高(つねたか)【1180-1255】〔養父:吉田経房(→吉田経房・定経の系図)〕
 参議。一貫して鎌倉幕府に批判的であった。日記は『平戸記』。
曾孫 高望
曾孫の子の夫 一条家経一条実経~内経の系図

 範耀〔養父:藤原脩範〕→藤原脩範の系図


  平棟範(むねのり)【1150-1194】
 棟基
子の妻 藤原忠方の娘
子の妻の父 藤原忠方藤原顕能の系図
 成俊【1217-1292】〔養父:藤原定俊(→藤原顕能の系図)〕
 権中納言。
曾孫 惟俊
 正三位。
曾孫の夫 一条実経一条実経~内経の系図
曾孫の夫 二条資氏二条資家の系図

棟俊孫 勾当内侍後二条天皇の系図

 棟子後嵯峨天皇の系図
孫の夫 吉田為経吉田為経の系図

 棟子日野資実の系図
 日野家光日野家光・資宣の系図

スポンサーリンク

平範国~知信の系図

平範国~知信の系図

  平範国(のりくに)
 後一条天皇から後朱雀天皇の御代で蔵人を務めた。日記は『範国記』。

祖父 親信平親信の系図
 行義平行義の系図
祖父 源致明源能有の系図

子の夫 藤原良基藤原良基の系図

孫の夫 平時範平行義の系図
曾孫 実親平実親・範家の系図


  平経方
 藤原惟信の娘
妻の父 藤原惟信藤原永頼の系図

 一宮小弁
 娘とともに祐子内親王に仕えた。
 祐子内親王家紀伊(ゆうしないしんのうけのきい)/一宮紀伊
 父は源忠重とも。祐子内親王に仕えた。歌人として活躍し、『百人一首』にも歌が採られている。


  平知信(とものぶ)【?-1144】
 藤原忠実の家司を務めた。日記は『知信朝臣記』。
 藤原惟信の娘
妻の父 藤原惟信藤原永頼の系図
 信範 信基平信範・信基の系図
 信国信実平信国・信実の系図

 時信平時信の系図
 親宗平親宗・範国の系図

子の夫 藤原親隆藤原親隆の系図
 親雅藤原親雅の系図

子の夫 藤原成隆藤原家隆の系図

平時信の系図

平時信の系図

  平時信(ときのぶ)【?-1149】
 高倉天皇の外祖父となったことで、正一位左大臣を追贈された。

祖父 経方 知信平範国~知信の系図

 藤原家範の娘
妻の父 藤原家範藤原師家・家範の系図
 藤原顕憲藤原顕憲の系図
 親宗 範国平親宗・範国の系図

 藤原祐子
 藤原顕頼(→藤原顕頼の系図)の娘。
 滋子後白河天皇~六条天皇の系図
 高倉天皇高倉天皇・安徳天皇の系図

 時忠(ときただ)【1130-1189】〔養子:平時兼(→平信国・信実の系図)〕
 権大納言。平氏の都落ちに同行し、壇ノ浦で捕らえられて能登に流された。
子の妻 藤原領子(むねこ・りょうし)
 藤原顕時(→藤原長隆・顕時の系図)の娘。建春門院・建礼門院に仕え、安徳天皇の乳母になった。平氏の都落ちにも同行した。

 時実(ときざね)【1151-1213】
 従三位。平氏の都落ちに同行した。のちに上総に流された。
孫の妻 藤原経房の娘
孫の妻の父 吉田経房吉田経房・定経の系図

 時家(ときいえ)/信時【?-1193】
孫の夫 源義経→源義経の系図
孫の夫 藤原道経藤原道経・鷹司兼基の系図
孫の夫 大炊御門頼実大炊御門頼実の系図
曾孫 鷹司頼平鷹司頼平の系図

孫の夫 中山忠親中山忠親・兼宗の系図

 時子→平清盛の系図
子の夫 平宗盛→平宗盛の系図
子の夫 平重盛→平重盛の系図
子の夫 藤原親隆藤原親隆の系図

平親宗・範国の系図

平親宗・範国の系図

  平親宗(ちかむね)【1144-1199】
 中納言。

祖父 知信平範国~知信の系図
 時信平時信の系図
祖父 藤原家範藤原師家・家範の系図

 親長(ちかなが)/親季
 正三位。
 宗宣(むねのぶ)/宗信【1177-1231】
 従三位。
子の夫 平維盛→平維盛の系図
子の夫 西園寺公経西園寺公経の系図
 洞院実雄洞院実雄の系図

子の夫 松殿兼嗣松殿忠房の系図
子の夫 藤原光房藤原光房の系図


  平範国/親国(ちかくに)【1165-1208】
 従三位。
 壬生光隆の娘
妻の父 壬生光隆壬生光隆の系図
 有親平惟忠・平有親の系図

 惟忠平惟忠・平有親の系図

平惟忠・有親の系図

平惟忠・有親の系図

  平惟忠【1187-1263】
 参議。

祖父 親宗 範国平親宗・範国の系図

 親継(ちかつぐ)【?-1265】
 従三位。
孫の夫 洞院公守洞院公守の系図
曾孫 実泰洞院実泰の系図

孫の夫 鷹司兼平鷹司兼平~冬教の系図
孫の夫 堀川具守堀川具守の系図

曾孫 親守/親賢
曾孫 親明【1294-1354】
 従三位。

子の夫 堀川基具堀川通具~基具の系図
 具守堀川具守の系図


  平有親(ありちか)/知親【1194-1261】
 参議。

祖父 壬生光隆壬生光隆の系図

 時継(ときつぐ)【1222-1294】
 権大納言。
子の妻 高階経雅の娘
子の妻の父 高階経雅→高階経雅の系図
 経親(つねちか)【1260/62-?】
 権大納言。伏見天皇の崩御に際して出家した。
曾孫 親時【1284-1339】
 権大納言。
親時孫 親顕【1317-1378】
 権中納言。

曾孫 宗経(むねつね)【1294-1349】
 権中納言。
曾孫の夫 飛鳥井雅孝飛鳥井雅経~雅孝の系図

 忠世【?-1291】
 権中納言。

孫の夫 土御門定実土御門定実の系図

スポンサーリンク

平信範・信基の系図

平信範・信基の系図

  平信範(のぶのり)【1112-1187】
 正三位。摂家の家司や鳥羽院・後白河院の院司として仕えた。日記は『兵範記』。

祖父 経方 知信平範国~知信の系図
祖父 藤原惟信藤原永頼の系図

 藤原能忠の娘
妻の父 藤原能忠藤原能季の系図

 親輔〔養父:平信基〕→平親輔の系図

 能瀬資国の娘
妻の父 能瀬資国→能瀬資国の系図

 信国信実平信国・信実の系図
子の夫 近衛基通近衛基通の系図
 道経藤原道経・鷹司兼基の系図

子の夫 藤原定長藤原定長の系図


  平信基
 親輔平親輔の系図
 時高平時高~行高の系図

子の夫 藤原有経藤原有佐の系図

平信国・信実の系図

平信国・信実の系図

  平信国

祖父 知信平範国~知信の系図
 信範平信範・信基の系図

 時兼(ときかね)【1168-1249】〔養父:平時忠(→平時信の系図)〕
 従三位。
 兼親(かねちか)
 従三位。
曾孫 高兼【1219-1281】
 従二位。
信国孫 惟継(これつぐ)【1266-1343】
 権中納言。

孫の夫 藤原光俊藤原光俊の系図


  平信実
信実孫 兼有
 従三位。
信実孫 定有/有信
信実孫 惟清【1318-1369】
 従三位。
信実孫 惟有【?-1419】
 従三位。

スポンサーリンク

平親輔の系図

平親輔の系図

  平親輔(ちかすけ)
 従三位。実は平信季(→平信範・信基の系図)の子。

祖父 信範 信基平信範・信基の系図

 山科実教の娘
妻の父 山科実教山科実教の系図
 時高 時仲平時高~行高の系図

 範輔(のりすけ)【1192-1235】
 権中納言。
子の妻 藤原清実の娘
子の妻の父 藤原清実→藤原清実の系図

曾孫 範賢/範忠【?-1282】
 従三位。
範頼孫 信忠
信忠の子の夫 猪熊兼教近衛基平の系図

子の妻 源仲章の娘
子の妻の父 源仲章源光遠の系図
 高輔【?-1270】
孫の妻 藤原公俊の娘
孫の妻の父 藤原公俊三条実房の系図

曾孫 信輔【?-1296】〔養子:平高有〕
 参議。
曾孫の妻 範誉の娘
曾孫の妻の父 範誉藤原憲親・経憲の系図

曾孫の子の夫 後二条天皇後二条天皇の系図

信輔孫 惟輔【1272-1330】
 権中納言。
信輔孫 成輔(なりすけ)【1291-1332】
 参議。後醍醐天皇の倒幕計画に参加した。

曾孫 高有
 実は範誉(→藤原憲親・経憲の系図)の子。養父は平信輔とも。
高有孫 棟有【?-1389】〔養子:玄有(→藤原光家の系図)〕
 従三位。

曾孫の夫 五辻忠継五辻雅継の系図
曾孫の夫 高倉永定藤原範昌~冷泉範賢の系図

スポンサーリンク

平時高~行高の系図

平時高~行高の系図

  平時高(ときたか)/範実/知時【1196-1254】
 従二位。

祖父 信基平信範・信基の系図
 親輔平親輔の系図
祖父 山科実教山科実教の系図


  平時仲
 惟宗行貞の娘
 仲親【1249-?】
 参議。

 仲覚
 父は平仲兼とも。
 帥典侍亀山天皇の系図


  平仲兼(なかかね)【1248-1312】〔養子:平行高〕
 権中納言。近衛家・鷹司家で家司を務めた。
 範高
 従三位。
 信兼【?-1381】
 参議。
曾孫 惟之/惟以

子の夫 藤原資冬日野俊光・資名の系図


  平行高【1296-?】〔養父:平仲兼〕
 従三位。
 安居院行兼【1316-1352】
 従三位。
 行知
 権中納言。
曾孫 知輔【?-1393】
 参議。

 西洞院行時→西洞院行時の系図

タイトルとURLをコピーしました