高松家(藤原氏北家・公季流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、高松家(藤原氏北家・公季流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

高松実名~公雄の系図

高松実名~公雄の系図

  高松実名/実号【?-1662】
 高松家の祖。西郊とも号した。

祖父 公国 実条三条西実世~実条の系図

 福島正頼の娘
妻の父 福島正頼→福島正頼の系図


  高松実信【?-1688】
 武者小路実陰〔養父:武者小路公種〕→武者小路公種~公香の系図


  高松重季【1698-1745】
 参議。実は武者小路実陰(→武者小路公種~公香の系図)の子。霊元上皇の勅命で高松家を再興した。
 交野時香の娘
妻の父 交野時香交野時貞~時万の系図
 重季の息子【1735】(『高松家譜』による。)


  高松実逸【1732-1756】
 実は山本公尹(→山本勝忠~実政の系図)の子。
 水無瀬経業の娘
妻の父 水無瀬経業→水無瀬経業の系図


  高松季昵【1755-1795】
 正三位。
 季昵の息子【?-1830】(『高松家譜』による。)
 了真(『高松家譜』による。)
子の夫 浅草徳本寺(『高松家譜』による。)


  高松公祐【1774-1851】
 権中納言。
 滋野井冬康の娘
 実は滋野井公麗(→滋野井公麗の系図)の娘。
妻の父 滋野井冬康→滋野井冬康の系図
 実貫【1796-?】
 直実【1814-?】
 『高松家譜』によれば、保実と同一人物。
 公祐の息子(『高松家譜』による。)
 積子【?-1852】
 公子祐子(『高松家譜』による。)
 【1799】(『高松家譜』による。)
 【?-1808】(『高松家譜』による。)
 【1805】(『高松家譜』による。)
 為子(『高松家譜』による。)
 実は下冷泉為訓(→下冷泉為訓の系図)の娘。

 保実〔養父:高松季実〕


  高松季実【1806-1856】
 正三位。
 公雄〔養父:高松保実〕
 公村〔養父:高松実村〕(『高松家譜』による。)
 道弘(『高松家譜』による。)

 六月丸【1830-1833】(『高松家譜』による。)
 西四辻公業〔養父:西四辻公恪〕→西四辻公業の系図
 元丸親賢道煕(『高松家譜』による。)
 豊丸【1842-1848】(『高松家譜』による。)
 為丸〔養父:三好清庵〕(『高松家譜』による。)
 【1827-1833】(『高松家譜』による。)
 (『高松家譜』による。)


  高松保実【1817-1878】
 正三位。実は高松公祐の子。
 実演(『高松家譜』による。)
子の妻 六角能通の娘
子の妻の父 六角能通六角基維~博通の系図

 実村【1842-1907】(『高松家譜』による。)
 保子梅園実縄~実静の系図


  高松公雄【1830-1859】
 実は高松季実の子。

タイトルとURLをコピーしました