白川家(花山源氏)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、白川家(花山源氏)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

白川家(半家)の略系図

白川家の略系図

2 清仁親王清仁親王~源顕康の系図
5 顕広王顕広王・仲資王の系図
6-A 資宗王資宗王の系図

7 業資王業資王~顕邦王の系図
14 資忠王資忠王~雅業王の系図
18 雅朝王雅朝王~白川資訓の系図

スポンサーリンク

清仁親王~源顕康の系図

清仁親王~源顕康の系図

  清仁親王(きよひと)

祖父 冷泉天皇 花山天皇冷泉天皇・花山天皇の系図

 源延信(のぶさね)
子の妻 高階成順の娘
 歌人。
子の妻の父 高階成順→高階成順の系図
 康資王〔養父:清仁親王〕

 信子女王藤原能長の系図
 兼文王(かねぶみ)
 父は源延信とも。
兼文孫 兼任
兼任の子の夫 二条兼基二条兼基・道平の系図


  康資王
 藤原隆方の娘
妻の父 藤原隆方藤原隆方の系図

 仁子女王堀河天皇の系図


  源顕康〔養父:源顕房(→源顕房の系図)〕
 藤原敦憲の娘
妻の父 藤原敦憲藤原憲房・敦輔の系図
 顕広王 仲資王顕広王・仲資王の系図

 藤原基忠の娘
妻の父 藤原基忠藤原長家・忠家の系図
 公顕(こうけん)【1110-1193】
 園城寺長吏。天台座主。鎌倉幕府にもたびたび招請された。

 藤原憲房の娘
妻の父 藤原憲房藤原憲房・敦輔の系図

スポンサーリンク

顕広王・仲資王の系図

顕広王・仲資王の系図

  顕広王(あきひろ)【1095-1180】
 顕広王以降、神祇伯を世襲した。日記は『顕広王記』。

祖父 康資王 顕康清仁親王~源顕康の系図
祖父 藤原敦憲藤原憲房・敦輔の系図

 大江宗秀の娘
 顕綱王/顕仲
 父は源顕康(→清仁親王~源顕康の系図)とも。
 猷尊
 父は仲資王とも。

 藤原能忠の娘
妻の父 藤原能忠藤原能長の系図

 顕経王
子の妻 小槻隆職の娘
子の妻の父 小槻隆職→小槻隆職の系図
曾孫 猷宗
 父は資宗王(→資宗王の系図)とも。

子の妻 小槻国宗の娘
子の妻の父 小槻国宗→小槻国宗の系図
曾孫の夫 月輪良基九条良経の系図


  仲資王(なかすけ)/顕順【1157-1222】
 正三位。日記は『仲資王記』。
 業資王 資光王業資王~顕邦王の系図
 資宗王資宗王の系図
 猷尊(ゆうそん)【1178-1252】
 父は顕綱王とも。

資宗王の系図

資宗王の系図

  資宗王【1191-?】〔養子:資光王・宗舜(→業資王~顕邦王の系図)〕
 従二位。

祖父 顕広王 仲資王顕広王・仲資王の系図

 藤原盛実の娘
妻の父 藤原盛実藤原顕盛の系図
 資基王【1226-1264】
 従二位。
子の妻 大友親秀の娘
子の妻の父 大友親秀→大友親秀の系図
 資緒王【1250-1305】
 従二位。
曾孫 資通王/康家/資茂【1273-1327】
 従二位。
資緒王孫 資継王/定仲【1299-1371】〔養子:資方王〕
 従二位。
資緒王孫 資方王【?-1398】〔養父:資継王〕
 従三位。

 康仲【1258-1306】
 従三位。

 資顕/博仲王【?-1302】
 従三位。
曾孫 顕親/登通

 藤原行光の娘
妻の父 藤原行光藤原行隆の系図

 康成/守資/淳資王

スポンサーリンク

業資王~顕邦王の系図

業資王~顕邦王の系図

  業資王(なりすけ)/康家【1184-1224】
 従三位。

祖父 顕広王 仲資王顕広王・仲資王の系図

 藤原行光の娘
妻の父 藤原行光藤原行隆の系図
 宗舜/覚信〔養父:資宗王(→資宗王の系図)〕


  資光王【?-1268】〔養父:資宗王(→資宗王の系図)〕
 藤原信実の娘
妻の父 藤原信実藤原信実の系図


  資邦王【?-1299】
 従二位。
 藤原宗氏の娘
妻の父 藤原宗氏藤原行隆の系図

 業邦
 父は業顕王とも。


  業顕王【1266-1320】
 従二位。


  資清王【1289-1330】
 正三位。
 葉室長隆の娘
妻の父 葉室長隆葉室長隆~頼継の系図

 業定王【?-1421】
 従二位。
業清王孫 定兼
 従二位。


  資英王【1309-1366】
 従二位。
 持明院保藤の娘
妻の父 持明院保藤持明院基保の系図

 顕英【?-1397】
 従三位。父は顕邦王とも。


  顕邦王【1339-1394】
 従二位。
 資忠王 雅兼王資忠王~雅業王の系図

スポンサーリンク

資忠王~雅業王の系図

資忠王~雅業王の系図

  資忠王(すけただ)【1372-1440】
 正二位。日記は『資忠王記』。

祖父 資英王 顕邦王業資王~顕邦王の系図

 豊子女王広橋兼郷~守光の系図


  雅兼王
 従二位。
 資益王(すけます)【1417-1484】
 正二位。日記は『資益王記』。
 資氏王【1456-1504】
 従三位。
孫の妻 兼寿の娘
孫の妻の父 兼寿→兼寿の系図
曾孫 雅業王〔養父:忠富王〕

曾孫 忠富王
 実は雅兼王の子。

子の夫 二条持通二条持通~晴良の系図


  忠富王(ただとみ)【1428-1510】〔養父:資氏王〕
 正二位。神祇官代の復興を計画したが実現しなかった。日記は『忠富王記』。
子の夫 康照→康照の系図


  雅業王【1488-1560】
 正二位。
 橘以緒の娘
妻の父 橘以緒→橘以緒の系図

 忠富王の娘
 兼親/孝顕

 雅朝王 顕成雅朝王~白川資訓の系図
子の夫 中山親綱(『系図纂要』による。)→中山親綱~英親の系図

スポンサーリンク

雅朝王~白川資訓の系図

雅朝王~白川資訓の系図

  雅朝王【1555-1631】(以下、『系図纂要』による。)
 参議。実は中院通右(→中院通氏~通右の系図)の子。

祖父 忠富王 雅業王資忠王~雅業王の系図


  白川顕成【1584-1621】
 顕成の娘(『白川家譜』による。)
子の夫 鷹司信房鷹司信房~教平の系図


  白川雅陳【1592-1663】
 従二位。実は高倉永孝(→高倉永孝~永俊の系図)の子。
 宥雅雅直 雅陳の娘(3人)(『白川家譜』による。)


  白川雅喬【1620-1688】
 正二位。
 四辻公理の娘
妻の父 四辻公理四辻季継~季輔の系図
 雅冬〔養父:白川雅光〕

 定英 雅喬の娘(『白川家譜』による。)
子の夫 園基勝園基福~基香の系図


  白川雅光/雅元【1660-1706】
 従二位。
 東園基賢の娘
妻の父 東園基賢東園基教~基雅の系図

 四辻季藤〔養父:四辻公尚〕→四辻公韶~公賀の系図


  白川雅冬/康起【1679-1734】
 正三位。実は白川雅喬の子。


  白川雅富/英方【1702-1759】
 従二位。実は梅渓通条(→梅渓通条の系図)の子。
 資顕〔養父:白川雅辰〕
子の夫 植松幸雅→植松幸雅の系図


  白川雅辰【1727-1747】


  白川資顕【1731-1785】
 正二位。実は白川雅富の子。
 雅言【1752-1765】


  白川資延【1770-1824】
 正二位。
 松平頼昌の娘
妻の父 松平頼昌→松平頼昌の系図

子の夫 竹屋光有竹屋兼俊~光昭の系図


  白川雅寿【1807-1834】
 実は梅渓行通(→梅渓行通の系図)の子。


  白川資敬【1822-1851】
 実は下冷泉為起(→下冷泉為起の系図)の子。
 千代麿 芳子資敬の娘(2人)(『白川家譜』による。)


  白川資訓【1841-1906】
 正三位。

タイトルとURLをコピーしました