高辻家(菅原氏)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、高辻家(菅原氏)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

高辻家(半家)の略系図

高辻家の略系図

1 是綱菅原是綱~長守の系図
4 為長高辻為長~長宣の系図
8 国長高辻国長~長雅の系図
16 遂長高辻遂長~長量の系図
20 総長高辻総長~修長の系図

スポンサーリンク

菅原是綱~長守の系図

菅原是綱~長守の系図

  菅原是綱(これつな)【1030-1107】
 高辻家の祖。

祖父 孝標菅原高視~孝標の系図
 定義菅原定義~在茂の系図
祖父 藤原相任藤原相任~国重の系図

 清隆(『高辻家譜』による。)
 聖教/寛賢
子の夫 藤原俊信藤原正家~顕業の系図
子の夫 藤原為宣藤原隆方の系図
子の夫 藤原実義藤原有綱~信重の系図

孫の夫 菅原時登菅原時登の系図


  菅原長守【1129-1203】
 実は菅原在長(→菅原在良~公輔の系図)の子。
 高辻為長 長成高辻為長~長宣の系図
 五条高長五条高長~為清の系図

スポンサーリンク

高辻為長~長宣の系図

高辻為長~長宣の系図

  高辻為長(ためなが)【1158-1246】
 参議。土御門天皇や後堀河天皇の侍読を務めた。『貞観政要』の講義を得意とした。

祖父 宣忠 長守菅原是綱~長守の系図

 弁暁の娘
 五条高長 長経五条高長~為清の系図

 中原師茂の娘
妻の父 中原師茂→中原師茂の系図
 長貞〔養子:五条高長(→五条高長~為清の系図)〕
曾孫 長員/長国/長憲【1273-1352】
 従二位。
長貞孫 周長【?-1380】
 従三位。

 公良【1195-1260】〔養父:菅原公輔(→菅原在良~公輔の系図)、養子:菅原在公(→菅原在公~在永・公氏・公頼の系図)〕
 正三位。
 公長【1225-1273】
曾孫 長輔【?-1290】
公良孫 忠長【1273-1331】
 正三位。父は五条長経(→五条高長~為清の系図)とも。
公良孫 長嗣【?-1386】
 参議。実は菅原行長の子。
長綱の妻 菅原在淳の娘
長妻の妻の父 菅原在淳菅原在公~在永・公氏・公頼の系図

公良孫 豊長
 従三位。
公良孫 長方【1363-1422】〔養父:菅原淳嗣〕
 正三位。実は菅原豊長の子。
公良孫 長勝
 父は菅原長嗣とも。

公良孫 長秋
 『系図纂要』によれば、父は菅原行長。

公良孫 行長
 『系図纂要』によれば、父は長珍。
公良孫 長嗣〔養父:菅原忠長〕

 定教(『高辻家譜』による。)
子の夫 藤原宗親藤原俊経・盛経の系図
子の夫 菅原在頼(『高辻家譜』による。)→菅原在高~良頼の系図


  高辻長成【1205-1281】
 参議。後深草天皇・亀山天皇の侍読を務めた。
 氏長【1221-1278】
 長俊〔養子:高辻定長〕
氏長孫 定長〔養父:高辻長俊〕

 長誉(『高辻家譜』による。)
子の夫 四条隆行藤原隆衡の系図
 西大路隆政西大路隆政~隆範の系図


  高辻清長【1237-1303】
 従二位。
 源仲遠の娘
妻の父 源仲遠五辻仲兼・遠兼の系図

子の夫 五条長冬五条為視五条高長~為清の系図


  高辻長宣【1271-1325】
 正三位。
 国長 長衡高辻国長~長雅の系図
 為成【?-1364】
 従三位。

スポンサーリンク

高辻国長~長雅の系図

高辻国長~長雅の系図

  高辻国長【1294-1370】
 従二位。

祖父 清長 長宣高辻為長~長宣の系図

 東坊城茂長の娘
妻の父 東坊城茂長東坊城茂長~長遠の系図


  高辻長衡【1321-1389】
 正三位。


  高辻久長(ひさなが)【?-1414】
 従三位。


  高辻長広/長興/長則/長郷【?-1455】
 参議。


  高辻継長【1414-1475】
 権大納言。後花園天皇・後土御門天皇の侍読を務めた。


  高辻長直【1441-1522】
 権大納言。


  高辻章長【1469-1525】
 権中納言。後柏原天皇の侍読を務めた。
 町広光の娘【?-1540】
妻の父 町広光町資藤の系図
 邦輔親王→邦輔親王の系図
 町資将〔養父:町広光〕→町資藤の系図

 日野勝光の娘
妻の父 日野勝光日野勝光~晴光の系図


  高辻長雅【1515-1580】〔養子:五条為経(→五条為賢~為経の系図)〕
 権大納言。
 遂長 長純高辻遂長~長量の系図
 宏俊〔養父:広橋国光〕→広橋兼秀・国光の系図

スポンサーリンク

高辻遂長~長量の系図

高辻遂長~長量の系図

  高辻遂長【1600-1642】(以下、『系図纂要』による。)
 参議。実は五条為経(→五条為賢~為経の系図)の子。

祖父 章長 長雅高辻国長~長雅の系図

子の夫 姉小路実道姉小路公景~実武の系図


  高辻長純【1619-1648】
 母は『高辻家譜』による。


  高辻豊長【1625-1702】〔養子:宗賀(→五条為適~為房の系図)〕
 権大納言。実は東坊城長維(→東坊城益長~長維の系図)の子。
 按察使局後西天皇の系図
 豊長の息子(2人)・ 豊長の娘(『高辻家譜』による。)


  高辻長量【1662-1695】
 実は東坊城恒長(→東坊城恒長~夏長の系図)の子。
 高辻総長 冬長高辻総長~修長の系図
 前田長泰→前田長泰の系図
 菅内侍東山天皇の系図
 長量の息子 長量の娘(2人)(『高辻家譜』による。)

スポンサーリンク

高辻総長~修長の系図

高辻総長~修長の系図

  高辻総長【1688-1741】
 権中納言。

祖父 豊長 長量高辻遂長~長量の系図

 梅小路共方の娘
妻の父 梅小路共方梅小路定矩~定輯の系図
 家長〔養父:高辻冬長〕

 六角知通〔養父:六角孝通〕(『高辻家譜』による。)→六角基維~博通の系図
 総長の息子【?-1786】(『高辻家譜』による。)
 友丸総長の息子(『高辻家譜』による。)
子の夫 阿野実惟阿野公業~実惟の系図
子の夫 五条為成五条為範~為定の系図


  高辻冬長【1709-1735】


  高辻家長【1715-1776】
 権大納言。実は高辻総長の子。
 桑原忠長〔養父:桑原為彬〕→桑原長義~為政の系図
 信賢【?-1812】(『高辻家譜』による。)
 家長の息子【?-1811】(『高辻家譜』による。)
 家長の息子【?-1813】(『高辻家譜』による。)
 信子/倍子【?-1836】
 【?-1783】(『高辻家譜』による。)
 家長の娘〔養父:高辻胤長〕(『高辻家譜』による。)
 尭弁家長の息子 家長の娘(『高辻家譜』による。)
子の夫 油小路隆前油小路隆基~隆董の系図


  高辻胤長/世長【1740-1803】
 権大納言。母は『高辻家譜』による。
 五条為成の娘
妻の父 五条為成五条為範~為定の系図

 総子【?-1782】(『高辻家譜』による。)
 胤長の娘【?-1807】〔養父:持明院権中納言〕(『高辻家譜』による。)
 酒井内匠に嫁いだ。
 胤長の娘【?-1838】(『高辻家譜』による。)
 専念寺に嫁いだ。
 胤長の娘【?-1840】(『高辻家譜』による。)
 実は高辻家長の娘。桐間伊東に嫁いだ。
 信廉 貫子胤長の娘(『高辻家譜』による。)


  高辻福長【1761-1819】
 権中納言。
 土御門泰子
 土御門泰邦(→土御門泰邦の系図)の娘。

 福長の息子【?-1826】(『高辻家譜』による。)
 寛梁(『高辻家譜』による。)
 信観【?-1857】(『高辻家譜』による。)
 豊子【?-1862】
 福長の娘【?-1862】(『高辻家譜』による。)
 稲田九郎兵衛に嫁いだ。
 福長の娘【?-1850】(『高辻家譜』による。)
 浅野孫左衛門に嫁いだ。


  高辻俊長【1779-1811】
 正三位。
 俊長の娘【?-1851】(『高辻家譜』による。)
 山内太郎左衛門に嫁いだ。
 俊長の娘【?-1862】(『高辻家譜』による。)
 桐間蔵人に嫁いだ。


  高辻以長【1799-1859】
 正三位。
 中院通知の娘
妻の父 中院通知→中院通知の系図
 学長【1829-1839】

 西高辻信厳(のぶかね)【1846-1899】(『高辻家譜』による。)
 阿栄(『高辻家譜』による。)→東坊城恒長~夏長の系図
 西高辻信全 八千(『高辻家譜』による。)


  高辻修長(おさなが)【1840-1921】
 従三位。岩倉使節団に随行した。

タイトルとURLをコピーしました