霊元天皇~孝明天皇の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、霊元天皇から孝明天皇までの系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

霊元天皇の系図

霊元天皇の系図

第112代 霊元天皇(れいげん)/識仁親王(さとひと)【1654-1732/在位:1663-1687】
 大嘗祭などを再興した。40年以上院政を行い、たびたび幕府と対立した。文芸にも明るく、多くの和歌を遺した。追号は孝霊天皇・孝元天皇から1字ずつ取られた。

祖父 後陽成天皇後陽成天皇の系図
 後水尾天皇後水尾天皇~後光明天皇の系図
祖父 園基音園基富~基音の系図

皇后 鷹司房子(ふさこ)/新上西門院(しんじょうさいもんいん)【1653-1712】
 鷹司教平(→鷹司信房~教平の系図)の娘。
 栄子内親王二条昭実~綱平の系図

典侍 坊城房子(ふさこ)【1652-1676】
 坊城俊広(→坊城俊国~俊広の系図)の娘。
 憲子内親王→近衛家煕の系図

典侍 中納言典侍局
 小倉実起(→小倉公種~実躬の系図)の娘。
 済深法親王(さいじん)/寛清親王【1671-1701】
 当初は出家を拒み、蟄居になった。のちに東大寺別当となり、大仏開眼の導師を務めた。

典侍 松木宗子(むねこ)/敬法門院(けいほうもんいん)【1657-1732】
 松木宗条(→松木宗満~宗条の系図)の娘。
 東山天皇東山天皇の系図
 中御門天皇中御門天皇~後桃園天皇の系図

 福子内親王→邦永親王の系図
 永秀女王(えいしゅう)【1677-1725】
 文仁親王→文仁親王の系図
 田鶴宮/梅宮【1681-1683】
 勝子内親王(かつこ)【1686-1716】
 清宮【1688-1693】

掌侍 愛宕福子(とみこ)
 愛宕通福(→愛宕通福の系図)の娘。
 寛隆法親王(かんりゅう)/師永親王(もろなが)【1672-1707】
 綱宮【1675-1677】

掌侍 五条庸子(ようこ)【1660-1683】
 五条為庸(→五条為適~為房の系図)の娘。
 三宮【1675-1677】
 尭延法親王(ぎょうえん)/周慶親王(ちかよし)【1676-1718】
 天台座主。
 台嶺院【1679】

掌侍 東久世博子(ひろこ)【1672-1752】
 東久世通廉(→東久世通廉の系図)の娘。
 徳宮【1692-1693】
 力宮【1697】

後宮 多奈井小路局
 西洞院時良(→西洞院時直~時光の系図)の娘。
 智光院宮【1669】

後宮 五条経子(つねこ)【1673-?】
 五条為庸(→五条為適~為房の系図)の娘。
 作宮→作宮の系図
 性応法親王(しょうおう)/寛敦親王【1690-1712】
 文喜女王(ぶんき)【1693-1702】
 元秀女王(げんしゅう)【1696-1752】

後宮 松室仲子(なかこ)
 松室重仲の娘。
 尊胤法親王(そんいん)/栄貞親王(ひでさだ)【1715-1739】

後宮 藤式部局
 今城定淳(→中山冷泉為親~今城定国の系図)の娘。
 尊賞法親王(そんしょう)/庶賢親王(もろかた)【1699-1746】
 興福寺別当。
 永応女王(えいおう)/文応女王【1702-1754】

後宮 松室敦子(あつこ)【?-1746】
 松室重敦の娘。
 職仁親王→職仁親王の系図
 吉子内親王(よしこ)【1714-1758】
 徳川家継との婚約がなされたが、家継が早世したため入輿に至らなかった。
 尭恭法親王(ぎょうきょう)/久嘉親王(ひさよし)【1717-1764】
 天台座主。

後宮 中将局
 倉橋泰貞(→倉橋泰貞の系図)の娘。
 峯宮【1710-1714】

後宮 入江伊津子【?-1763】
 入江相尚(→入江相尚~為遂の系図)の娘。
 嘉智宮【1709-1713】
 留宮【1710-1712】

後宮 少将局
 南相忠の娘。
 八重宮【1721-1723】

スポンサーリンク

東山天皇の系図

東山天皇の系図

第113代 東山天皇(ひがしやま)/朝仁親王(あさひと)【1675-1709/在位:1687-1709】
 中絶していた立太子の儀や大嘗会を再興した。

祖父 後水尾天皇後水尾天皇~後光明天皇の系図
 霊元天皇霊元天皇の系図
祖父 松木宗条松木宗満~宗条の系図

皇后 幸子女王(ゆきこ)/承秋門院(しょうしゅうもんいん)【1681-1720】
 幸仁親王(→幸仁親王の系図)の娘。
 秋子内親王→貞建親王の系図

典侍 櫛笥賀子(よしこ)/慶子/新崇賢門院(しんすうけんもんいん)【1675-1709】
 櫛笥隆賀(→櫛笥隆賀の系図)の娘。
 一宮【1693-1694】
 二宮【1696-1698】
 寿宮【1700-1701】
 中御門天皇 桜町天皇中御門天皇~後桃園天皇の系図
 福宮【1703-1705】
 直仁親王→直仁親王の系図

典侍 下冷泉経子(つねこ)/兼子【1678-1755】〔養父:水無瀬兼豊(→水無瀬兼豊~経業の系図)〕
 下冷泉為経(→下冷泉為純~為経の系図)の娘。
 公寛法親王(こうかん)/有定親王【1697-1738】
 天台座主。

掌侍 菅内侍(かんのないし)
 高辻長量(→高辻遂長~長量の系図)の娘。
 光明定院宮【1707】
 聖祝女王(しょうしゅく)【1709-1721】

スポンサーリンク

中御門天皇~後桃園天皇の系図

中御門天皇~後桃園天皇の系図

中御門天皇

第114代 中御門天皇(なかみかど)/慶仁親王(やすひと)【1701-1737/在位:1709-1735】
 閑院宮家を創立させ、『公事部類』を著した。

祖父 霊元天皇霊元天皇の系図
 東山天皇東山天皇の系図
祖父 櫛笥隆賀→櫛笥隆賀の系図

女御 近衛尚子(ひさこ)/新中和門院(しんちゅうわもんいん)【1702-1720】
 近衛家煕(→近衛家煕の系図)の娘。昭仁親王(桜町天皇)を産んで20日後に亡くなった。

典侍 清水谷石子(いわこ)【1703-1735】
 清水谷実業(→清水谷実業~実睦の系図)の娘。
 公遵法親王(こうじゅん)/保良親王(やすのり)【1722-1788】
 天台座主。
 理秀女王(りしゅう)【1725-1764】
 尊乗女王(そんじょう)【1730-1788】
 周宮【1735】

典侍 園常子(つねこ)【?-1763】
 園基勝(→園基福~基香の系図)の娘。
 忠誉法親王(ちゅうよ)/忠篤親王(ただあつ)【1722-1788】
 園城寺長吏。
 清浄法院宮【1724-1725】

掌侍 久世夏子(なつこ)【?-1734】
 久世通夏(→久世通夏の系図)の娘。
 妙智院宮【1723】
 成子内親王→典仁親王の系図
 永皎女王(えいこう)【1732-1808】
 大聖寺門跡。
 信宮【1734】

掌侍 五条寛子(ひろこ)【1718-?】
 五条為範(→五条為範~為定の系図)の娘。
 遵仁法親王(じゅんにん)/寛全親王【1736-1747】

後宮 錦小路頼庸の娘【1703-1770】〔養父:錦小路頼庸(→錦小路頼庸の系図)、石井行康(→石井行豊~行忠の系図)〕
 実は小森頼季(→小森頼季の系図)の子。
 聖珊女王(しょうさん)【1721-1759】
 慈仁法親王(じにん)/良視親王【1723-1735】

桜町天皇

第115代 桜町天皇(さくらまち)/昭仁親王(てるひと)【1720-1750/在位:1735-1747】
 新嘗祭などの多くの朝儀を再興した。また、和歌を好んだ。

女御 二条舎子(いえこ)/青綺門院(せいきもんいん)【1716-1790】
 二条吉忠(→二条吉忠の系図)の娘。
 盛子内親王(もりこ)【1737-1746】

典侍 姉小路定子(さだこ)/開明門院(かいめいもんいん)【1717-1789】
 姉小路実武(→姉小路公景~実武の系図)の娘。

典侍 日野資子(すけこ)
 日野資時(→日野資時の系図)の娘。

桃園天皇

第116代 桃園天皇(ももぞの)/遐仁親王(とおひと)【1741-1762/在位:1747-1762】
 垂加神道に傾倒した公家から『日本書紀』の進講を受け、宝暦事件に繋がった。

女御 一条富子(とみこ)/恭礼門院(きょうれいもんいん)【1743-1795】
 一条兼香(→一条兼香の系図)の娘。
 貞行親王→貞行親王の系図

後桜町天皇

第117代 後桜町天皇(ごさくらまち)/智子内親王(としこ)【1740-1813/在位:1762-1770】
 女帝。幼少の英仁親王(後桃園天皇)が成長するまでの中継ぎとして皇位を継いだ。

後桃園天皇

第118代 後桃園天皇(ごももぞの)/英仁親王(ひでひと)【1758-1779/在位:1770-1779】
 誕生間もなく儲君となり、皇位を継いだが若くして亡くなった。
 
女御 近衛維子(これこ)
 近衛内前(→近衛内前の系図)の娘。
 欣子内親王光格天皇~孝明天皇の系図

スポンサーリンク

光格天皇~孝明天皇の系図

光格天皇~孝明天皇の系図

光格天皇

第119代 光格天皇(こうかく)/師仁親王(もろひと)/兼仁親王(ともひと)【1771-1840/在位:1779-1817】
 元々は出家して聖護院門跡を継ぐ予定であったが、後桃園天皇の養子となって皇位を継いだ。父に尊号を贈ろうとしたが老中松平定信に阻止された。

祖父 直仁親王→直仁親王の系図
 典仁親王→典仁親王の系図

皇后 欣子内親王(よしこ)/新清和院(しんせいわいん)【1779-1846】
 後桃園天皇(→中御門天皇~後桃園天皇の系図)の皇女。
 温仁親王(ますひと)【1800】
 儲君となったが夭逝した。
 悦仁親王【1816-1821】

典侍 勧修寺婧子(ただこ)/東京極院(ひがしきょうごくいん)【1780-1843】
 勧修寺経逸(→勧修寺経逸の系図)の娘。
 多祉宮(たけ)【1808】
 娍宮(はる)【1817-1819】

典侍 姉小路聡子(さとこ)
 姉小路公聡(→姉小路公聡の系図)の娘。
 永潤女王(えいじゅん)【1820-1830】
 媛宮(つる)【1826-1827】
 嘉糯宮(かのめ)【1833-1835】

典侍 園正子(まさこ・おさこ)【1774-1846】〔養父:園基理(→園基衡~基祥の系図)〕
 高野保香(→高野保香の系図)の娘。
 猗宮(なか)【1815-1819】

典侍 葉室頼子(よりこ)【1773-1846】
 葉室頼煕(→葉室頼煕の系図)の娘。
 礼仁親王(うやひと)【1790-1791】
 寿賀宮【1792-1793】
 俊宮(たか)【1793-1794】

掌侍 東坊城和子(かずこ)【1782-1811】
 東坊城益良(→東坊城恒長~夏長の系図)の娘。
 盛仁親王→盛仁親王の系図
 霊妙心院宮【1811】

掌侍 富小路明子(てるこ)【?-1828】
 富小路貞直(→富小路重直~敬直の系図)の娘。
 治宮(まさ)【1822】
 蓁子内親王(もりこ)【1824-1842】

仁孝天皇

第120代 仁孝天皇(にんこう)/恵仁親王(あやひと)【1800-1846/在位:1817-1846】
 長く絶えていた諡号を再興し、堂上子弟のための学習所の創設を計画した。

女御 鷹司繋子(つなこ)/新皇嘉門院(しんこうかもんいん)【1798-1823】
 鷹司政煕(→鷹司政煕の系図)の娘。
 安仁親王(しずひと)【1820-1821】
 慈悲心院宮【1823】

女御 鷹司祺子(やすこ)/新朔平門院(しんさくへいもんいん)【1811-1847】〔養父:鷹司政通(→鷹司政通の系図)〕
 鷹司政煕(→鷹司政煕の系図)の娘。
 女二宮【1829-1831】

典侍 正親町雅子(なおこ)/新待賢門院(しんたいけんもんいん)【1803-1856】
 正親町実光(→正親町実光の系図)の娘。
 鎔宮(のり)【1825-1827】
 節仁親王→節仁親王の系図
 恭宮(ゆき)【1837-1838】

典侍 甘露寺妍子(きよこ)【1806-1851】
 甘露寺国長(→甘露寺国長の系図)の娘。天皇の崩御後、剃髪した。
 成宮【1825-1826】
 淑子内親王→淑子内親王の系図
 三宮【1830-1831】
 総宮【1832-1833】
 経宮【1836】

典侍 中山績子(いさこ)/愛子【1795-1875】
 中山愛親(→中山愛親の系図)の娘。日記は『中山績子日記』。
典侍 橋本経子(つねこ)【1826-1865】
 橋本実久(→橋本実久の系図)の娘。
 胤宮【1844-1845】
 親子内親王→徳川家茂の系図

掌侍 今城媋子(たつこ)/敏子【1809-1875】
 今城定成(→中山冷泉為親~今城定国の系図)の娘。天皇の崩御後、剃髪した。
 常寂光院宮【1832】

孝明天皇

第121代 孝明天皇(こうめい)/統仁親王(おさひと)【1831-1866/在位:1846-1866】
 幕末の激動の中、鎖国攘夷・公武合体の立場を取った。

女御 九条夙子(あさこ)/英照皇太后(えいしょう)【1833-1897】
 九条尚忠(→九条尚忠の系図)の娘。明治天皇の嫡母。
 順子内親王(よりこ)【1850-1852】
 富貴宮【1858-1859】

典侍 中山慶子(よしこ)【1835-1907】
 中山忠能(→中山忠能の系図)の娘。
 明治天皇(めいじ)/睦仁親王(むつひと)
 第122代天皇。
 大正天皇(たいしょう)/嘉仁親王(よしひと)
 第123代天皇。

典侍 坊城伸子(ただこ)【1830-1850】
 坊城俊明(→坊城俊明の系図)の娘。皇子を生んだが間もなく亡くなった。
 妙香華院宮【1850】

掌侍 堀河紀子(もとこ)/衛門内侍(えもんのないし)【1837-1910】
 堀河康親(→堀河康親の系図)の娘。
 寿万宮(すま)【1859-1861】
 理宮【1861-1862】

タイトルとURLをコピーしました