坊城家(藤原氏北家・高藤流)の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、坊城家(藤原氏北家・高藤流)の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

坊城経俊・俊定の系図

坊城経俊・俊定の系図

  坊城経俊(つねとし)【1214-1276】
 中納言。日記は『経俊卿記』。坊城の他、勧修寺と号した。

祖父 定経吉田経房・定経の系図
 資経吉田資経の系図
祖父 藤原親綱藤原親綱~師平の系図

 平業光の娘
 中御門経継 経宣中御門経継~宣豊の系図
 経世
子の妻 大炊御門信嗣の娘
子の妻の父 大炊御門信嗣大炊御門信嗣~冬信の系図
 俊顕/俊幹【?-1391】
曾孫 資顕【?-1391】
 従三位。
曾孫の夫 二条資兼二条資家の系図

 経円
 父は万里小路資通(→万里小路資通~冬房の系図)とも。
子の夫 藤原経藤吉田為経の系図
子の夫 堀川具守堀川具守の系図
子の夫 藤原実平西園寺実氏の系図
子の夫 藤原忠雄藤原資綱の系図
子の夫 三条実仲正親町三条公貫~公秀の系図


  坊城俊定【1252-1310】
 権大納言。母は敦経の娘とも。坊城大納言入道と号した。

 定資 俊実坊城定資~俊継の系図
 勧修寺経顕勧修寺経顕~教秀の系図

 吉田国房【1277-1330】
 参議。
 国俊【1308-?】
 権中納言。
曾孫 増俊(『系図纂要』による。)

スポンサーリンク

坊城定資~俊継の系図

坊城定資~俊継の系図

  坊城定資(さだすけ)/俊隆【1275-1330】
 権中納言。

祖父 経俊 俊定坊城経俊・俊定の系図

 藤原隆康の娘
妻の父 藤原隆康藤原隆衡の系図
 勧修寺経顕 経重勧修寺経顕~教秀の系図

 町経量【1316-1380】〔養子:町経秀〕
 従三位。
曾孫 経秀〔養父:町経量〕
経量孫 顕郷【?-1479】
 正三位。
顕郷の子の夫 一条兼良一条経通~兼良の系図
顕郷の孫 冬良一条冬良~昭良の系図

経量孫 顕基
 従三位。
経量孫 顕量〔養子:町顕古〕
 実は勧修寺政顕(→勧修寺政顕~尹豊の系図)の子。

経量孫 顕冬
顕冬の妻 一条房家の娘
顕冬の妻の父 一条房家一条教房の系図
経量孫 顕古〔養父:町顕量〕


  坊城俊実(としざね)【1296-1350】
 権中納言。母は藤原隆氏の娘、隆定の娘とも。六波羅探題滅亡後、光厳天皇に供奉して京都を脱出したが、近江国番場宿で北条仲時らが討たれたため、出家した。
 甘露寺隆長の娘
妻の父 甘露寺隆長甘露寺隆長~兼長の系図


  坊城俊冬【1319-1367】
 権中納言。


  坊城俊任【1346-?】
 権大納言。


  坊城俊継【?-1412】
 俊国 俊秀坊城俊国~俊広の系図

スポンサーリンク

坊城俊国~俊広の系図

坊城俊国~俊広の系図

  坊城俊国【?-1426】

祖父 俊任 俊継坊城定資~俊継の系図


  坊城俊秀【1423-1465】
 権大納言。
 卜部兼尚の娘
妻の父 卜部兼尚→卜部兼尚の系図


  坊城俊顕【1443-1471】
 権中納言。


  坊城俊名【1463-1540】
 権中納言。実は勧修寺経茂(→勧修寺経顕~教秀の系図)の子。


  坊城俊昌/俊房【1582-1609】(以下、『系図纂要』による。)
 参議。実は勧修寺晴豊(→勧修寺晴豊の系図)の子。55年間中絶していた坊城家を再興した。
 松倉重政の娘
妻の父 松倉重政→松倉重政の系図
 勧修寺経広〔養父:勧修寺教豊〕→勧修寺経広の系図

子の夫 小堀正春→小堀正春の系図


  坊城俊完/頼豊【1609-1662】〔養父:葉室頼宣(→葉室頼宣の系図)〕
 権大納言。初めは葉室家を継いだ。
 岩倉具尭の娘
妻の父 岩倉具尭→岩倉具尭の系図

 織田尚長の娘
妻の父 織田尚長→織田尚長の系図


  坊城俊広【1626-1702】
 権大納言。
 飛鳥井雅章の娘
妻の父 飛鳥井雅章飛鳥井雅庸~雅豊の系図
 房子霊元天皇の系図

 俊方【1662-?】
 参議。
 俊清→坊城俊清の系図
子の夫 中御門宣顕→中御門宣顕の系図

タイトルとURLをコピーしました