文徳源氏・文徳平氏の系図

系図のメモ帳
スポンサーリンク

 このページでは、文徳源氏・文徳平氏の系図を掲載しています。系図は、直系2親等・配偶者・姻族1親等の人物を目安に作成しています。

スポンサーリンク

源能有の系図

源能有の系図

  源能有(よしあり)【845-897】
 右大臣。

祖父 仁明天皇仁明天皇の系図
 文徳天皇文徳天皇の系図

 藤原基経の娘
妻の父 藤原基経藤原良房・基経の系図
 昭子藤原忠平の系図
 師輔藤原師輔の系図
 師尹藤原師尹の系図

 人鑑
孫の妻 藤原季縄の娘
孫の妻の父 藤原季縄藤原岳雄の系図

 当時 相職源当時・相職の系図

 紀仁/純仁

 当年源当年の系図

曾孫 致明〔養子:源方弘〕
曾孫の子の夫 藤原伊周藤原伊周の系図
曾孫の子の夫 藤原理明藤原文範の系図
曾孫の子の夫 平行義平行義の系図
曾孫の孫 範国平範国~知信の系図

当季孫 方基
 実は源致明の子。
当季孫 方弘〔養父:源致明〕
当季孫 馬内侍(うまのないし)
 女流歌人。徽子女王・藤原媓子・選子内親王・藤原定子・藤原彰子らに奉仕したとされる。

 厳子清和天皇の系図
 柄子清和天皇の系図

源当年の系図

源当年の系図

  源当年/当平

祖父 文徳天皇文徳天皇の系図
 能有源能有の系図

 中正/中忠
子の夫 源相職源当時・相職の系図
 惟正源惟正の系図

孫の夫 源経生→源経生の系図

曾孫 致文/致書〔養子:源致道〕
致文孫 著信
 実は源為親(→源為親の系図)、源為規(→源近善~清敏の系図)の子。
致文孫 上総乳母
 父は源国光とも。

致遠孫 致道〔養父:源致文〕
致遠孫 桓舜(かんしゅん)【978-1057】
 父は和気兼信とも。叡山の四傑の一人。

致治孫 忠貞〔養父:平惟仲(→平時望・真材の系図)〕

致時孫 隆子藤原泰通の系図
致時孫 頼仲
 父は源兼資(→源惟正の系図)とも。
頼仲の子の夫 藤原泰憲藤原泰通の系図

スポンサーリンク

源当時・相職の系図

源当時・相職の系図

  源当時(まさとき)【857-921】
 中納言。

祖父 文徳天皇文徳天皇の系図
 能有源能有の系図

 弘景
 父は源忠直とも。

曾孫 弘景
 父は源相国とも。
曾孫 忠敏〔養父:源相国〕

 忠敏
 実は源忠直の子。

孫の夫 藤原棟利藤原保方・棟利の系図


  源相職/相成
 源当年の娘
妻の父 源当年源当年の系図
 惟正源惟正の系図

スポンサーリンク

源惟正の系図

源惟正の系図

  源惟正【929-980】
 参議。

祖父 当時 相職源当時・相職の系図
祖父 当年源当年の系図

 藤原守文の娘
妻の父 藤原守文藤原諸房の系図
 兼宣→源兼宣の系図

 藤原国章の娘
妻の父 藤原国章藤原国章の系図

 頼仲源当年の系図
 父は源致時とも。
孫の夫 藤原隆家藤原隆家の系図
曾孫 経輔藤原経輔の系図

 兼相/遠相
子の夫 藤原実資藤原斉敏の系図

孫の夫 藤原景舒藤原国章の系図

スポンサーリンク

惟彦親王・源定有・行有・載有の系図

惟彦親王・源定有・行有・載有の系図

  惟彦親王(これひこ)【850-883】

祖父 仁明天皇仁明天皇の系図
 文徳天皇文徳天皇の系図

 惟世王(これよ)
寧幹孫 平安直
安直の子の夫 藤原共政藤原連茂~頼任の系図

 直子女王(なおこ)
子の夫 藤原有声藤原諸房の系図


  源定有(さだあり)
子の夫 藤原恒佐藤原恒佐・懐忠の系図


  源行有(ゆきあり)【854-887】


  源載有(ことあり)

タイトルとURLをコピーしました